生き死にの問題は如来の問題であって、如来が解決される問題(『なもあみだぶのつぶやき部屋』3-12.明信仏智 より)

『なもあみだぶのつぶやき部屋』3-12.明信仏智

を読んでいて「その通りだなぁ」と思ったことがあるので紹介します。全文は上リンク先を参照頂くとして、当ブログでは該当箇所を抜き出します。


1.信前に間違った他力の信心のイメージを強く持っていると、如来の願心を聞き受けたとしても「これが他力の信心なのだろうか」と混乱する
********************
A君 つまりね、実際に信を頂く、という経験は、信を頂くまでに思い浮かべていたイメージとはまったく違うものなんだ。予想外も予想外。だから、信前に抱いていた誤ったイメージが強ければ強いほど、実際の経験とそのイメージとのギャップは大きくなる。そうすると、人は、これが他力の信なのだろうかと混乱するんだね。

B君 あぁ、分かった。つまり、人の認識のありかたに関わる問題なんだ。

A君 そうなんだね。人は言葉の概念をもって物などを認識しているが、人はそのような認識のあり方をしている。机という概念をもってるから、いま見ている物が机か、それ以外かを判断している。ところが、既存の概念をもたないものに遭遇すると、それが何であるのか理解できないんだね。例えば、こんな記事を読んだことがある。大都会のビル群を空中から撮影した写真をビルという物を知らないアフリカ奥地の原住民に見て貰ったところ、そもそも写真だということが理解できなかった。そして、写っている物がビルだと理解することができず、四角い形のものが整然と並んでいるので、きれいな花壇だと認識したという話しだった。他力の信というものに関しては、信前において、概念化して信をとらえていたとしても、それは大間違いだ。つまり、信前においては誤った理解をし、誤ったイメージしか持つことができない。そうした人が如来のまことの願心を聞いて聞き受けたとしても、それが他力信だと直ちに判断することはできないんだ。信について誤ったイメージを強く持っている人ほど心の中でのギャップは大きくなる。だから、これが他力の信なのだろうかと混乱するんだ。因みに、信後においても信を言葉で表現し、概念化することができたとしても、その概念化された信は実際の信とは違ったものになってしまう。

********************

親鸞会では、他力の信心についてとにかく誤ったイメージを会員に植え付けています。例えば、

・信の一念はハッキリと自覚できる。ハッキリした自覚がないのは他力の信心ではない。
・他人に確かめずとも他力の信心を獲たことが火に触れたよりもハッキリ分かる。
・51段高とびして弥勒と肩を並べる身になったということが実感として知らされる。
・現生十種の利益を獲たことが実感として知らされる。
・地獄しか行き場のない自己の姿(逆謗の屍)が知らされる。
・曠劫流転してきた過去も明らかになり、未来永劫の後生の一大事も知らされる。
・自力無功、必堕無間の苦しい体験をし、同時に如来の喚び声が五臓六腑を貫いて救われる。
・いつ死んでも極楽参り間違いなし、極楽へ必ず往けると疑い晴れる。
・「人間に生まれてよかった」「よくぞ人間に生まれたものぞ」という生命の大歓喜が起きる。
・誰の命も平等に尊い、「人命は地球より重い」ということが実感として知らされる。
・親鸞聖人のように、どんな苦難をも生き抜く強く逞しい人生が開かれる。
・最高無上の、最悪の死に直面しても変わらない安心、満足、喜びの境地に出る。
・苦しみがやって来ても煩悩即菩提ですぐさま喜びに転じ変わる。
・経典やお聖教がすらすら読めるようになる。意味が理解できるようになる。
・親鸞聖人や高森先生のように、伝えずにおれない叫ばずにおれない身になる。
・深信因果させられ、阿頼耶識に納まっている業がどんなものか分かるようになる。


とまぁ挙げればキリがありませんが、私は高森会長の話しぶりや著書などから「このようになったのが他力の信心だ」というイメージを抱いて、そういう身になりたいと思って聞いていました。しかし実際に本願の仰せを聞き受けてみても思い描いていたような事は実現せず、当時はA君が言うように随分と混乱したものです。その後、お聖教やその解説を学んでいく内に、浄土真宗の教義についても信心についても念仏についても、ものすごい間違ったイメージを持っていたことが知らされていきました。


2.信心を獲ても、「この信が間違っていたらどうしようか」などと思うこともある
********************
A君 もう少し、先のことをいうよ。信を得た人は、この信が間違っていたらどうしょうか、などとは思わないと思うかい?

Cさん いいえ。そう思うことはあると思うわ。私は、そう思ったもの。

B君 じゃ、どうして、今は、間違っていないと思うようになったの。

Cさん 間違っていないと思ったわけじゃないのよ。間違っているかどうか、そんなことを詮索する必要はないと分かったのよ。

A君 そうだね。ここが大事な所なんだ。Cさん、説明してよ。

Cさん つまりね、信心が間違っていたとしても、自分ではどうしようもないってことに気づいたのね。信心が間違っていて、また何かを得ようとして聞いてゆくとしても、私の生き死にの問題は私が解決できる問題じゃないってことが分かったの。生き死にの問題は如来の問題であって、如来が解決される問題なの。浄土往生は決定されていると聞いたので、私は、それでもういいのって分かったの。だから、今さら、どうしようもないのね。

********************

本当にCさんの言う通りで、生死の問題は私の力が及ぶものではありません。何もかも阿弥陀仏におまかせしたのを他力の信心というのであって、何もかもハッキリするというものではないのです。極楽の様相を見たわけではありませんから、信後も相変わらず死ねばどのような世界に行くのか、私の側からは分かりません。もしかしたら地獄へ堕ちるかも知れません。でも、地獄だとしても元々の自分の罪業からしたら地獄なのですから仕方がないです。ただかたじけなくも、そのような私を阿弥陀様は哀れに思召して、「我を一心にたのまん衆生を必ず救うべし」とお誓い下さっているので、そのお言葉をそのまま受け容れて念仏致しているのみです。今更私がジタバタしたって、どうにかなる問題じゃないんです。だから阿弥陀様におまかせなんです。

往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。(執持鈔)

往生の一大事は自分が何とかできるレベルの問題ではないと自らの手を離れ、我が行く先を阿弥陀様におまかせしたのを自力を捨てて他力に帰した信心発得の行者というのです。韋提希のように極楽世界を見たのなら「そのような世界へ往くのだな」とハッキリするのかも知れませんが、そうではないのですから「極楽参り間違いなし」とハッキリなどしません。そうしたハッキリしないことをハッキリすると説く高森会長は、浄土真宗に非ざる異安心なのです。

「ジタバタしたって、どうにかなるお前じゃないぞ」「お前は決して迷いを離れられん者だぞ」と見抜かれて本願を発され、「まかせておくれ。お前を必ず浄土に連れて行って仏に成すぞ」と真実の言葉で仰せられるその勅命を聞いたなら、もはや私の「どうしたら」「こうしたら」なんて思いは邪魔者だと自力が廃るのです。そして、後は如来の仰せをひたすら仰いで念仏申すのみです。「生き死にの問題は如来の問題であって、如来が解決される問題」ですから、私の手出しは無用です。口出し無用です。その手出し、口出し無用のものに手を出し、口を挟むのを自力の計らいというのです。手を出し、口を挟んで生死の問題が解決できるならば大いにやればいいですが、それが邪魔で如来の仰せを素直に聞けませんから「捨てよ」と言われるのです。


浄土真宗とはこうした教えだということを知らず、まんまと会長が説くスーパー信心を本物だと誤解して、それを獲たいと利用されていた自分は本当に愚か者でした。幸いにも途中で間違った教えを間違った教えと受け止め、正しい教えを求め、そして出遇うことができて本当に良かったです。自分の言葉に耳を貸す者などほとんどいなかったかつての仲間達を思うと、よく自分は今まで正しいと信じ求めてきたものを間違った教えと受け止めることができたなと不思議に思います。まことに「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」であります。

自分が正しいという判断を下し、何年何十年と求めてきたものを間違いであったと認めるということは実に苦しいことです。それは、何年何十年という時間だけでなく、それに費やしたお金や労力が全て無駄だったって認めることです。また活動に割くために切り捨てたいくつもの輝きはもはや取り戻せないものばかりですから、本当にこれ以上の地獄はないですよ。そして、今いる場所、共に求めてきた仲間から離れて新たに正しい教えを探そうとするのは、随分と勇気の要ることです。大概は不安に負けてしまうでしょう。ですから、中々離れようとしない会員が少なくないというのも分からなくはありません。

しかし、それで今死ぬとなって満足して死んでいけますか? 今の救いを求め続けた苦しみの人生で終わり、死ねば自らの業に報いた世界にゆくのですよ? 満足だという人はどうしようもありませんが、一向に救われない現状や組織のやり方に疑問を持っている方は、ぜひとも一度立ち止まって徹底的に調べて頂きたいものです。1、2ヵ月かかったって、何十年という時間からすればたかだか数%です。モヤモヤしながら求めるよりも、よほど良いと思います。「このまま皆と活動していけば、たとえ今生ダメだとしても遠生の結縁にはなるだろう」などと既にあきらめムードの方もあるかも知れませんが、阿弥陀様は決して諦めていません。どうか親鸞会だけが全てだと思わずに、もっと広く探し求める気持ちを持って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自ずから然らしむ、法に依りて爾らしむ

Abcです。

私もこの方のブログを拝見させていただきましたが、
なかなかに味わい深いものでした。

>信前に間違った他力の信心のイメージを強く持っていると、如来の願心を聞き受けたとしても「これが他力の信心なのだろうか」と混乱する

これは本当にそのとおりで、善信上人は「末灯抄」や「御消息集」をかかれ、
本願寺蓮如は「御文」や「帖外御文」などが残されています。
黒谷の源空聖人の御法話も「西方指南抄」という形で残されてはいますが、
日々のおつとめではあまりお目にかかることがございませんので
気になる方は別途お探しください。

>2.信心を獲ても、「この信が間違っていたらどうしようか」などと思うこともある
>>********************
>>A君 もう少し、先のことをいうよ。信を得た人は、この信が間違っていたらどうしょうか、などとは思わないと思うかい?
>>
>>Cさん いいえ。そう思うことはあると思うわ。私は、そう思ったもの。
>>
>>B君 じゃ、どうして、今は、間違っていないと思うようになったの。
>>
>>Cさん 間違っていないと思ったわけじゃないのよ。間違っているかどうか、そんなことを詮索する必要はないと分かったのよ。
>>
>>A君 そうだね。ここが大事な所なんだ。Cさん、説明してよ。
>>
>>Cさん つまりね、信心が間違っていたとしても、自分ではどうしようもないってことに気づいたのね。信心が間違っていて、また何かを得ようとして聞いてゆくとしても、私の生き死にの問題は私が解決できる問題じゃないってことが分かったの。生き死にの問題は如来の問題であって、如来が解決される問題なの。浄土往生は決定されていると聞いたので、私は、それでもういいのって分かったの。だから、今さら、どうしようもないのね。
>>********************

私もCさんの意見に同意します。

そのように思い立った証文としまして淳心房さんは「執持抄」を挙げられましたので私は、「末灯抄」より挙げたいと思います。

 自然法爾の事
  「自然」といふは、「自」はおのづからといふ、行者のはからひにあらず、「然」といふは、しからしむといふことばなり。しからしむといふは、行者のはからひにあらず、如来のちかひにてあるがゆゑに法爾といふ。「法爾」といふは、この如来の御ちかひなるがゆゑに、しからしむるを法爾といふなり。法爾はこの御ちかひなりけるゆゑに、およそ行者のはからひのなきをもつて、この法の徳のゆゑにしからしむといふなり。すべて、ひとのはじめてはからはざるなり。このゆゑに、義なきを義とすとしるべしとなり。「自然」といふは、もとよりしからしむるといふことばなり。

弥陀仏の御ちかひの、もとより行者のはからひにあらずして、南無阿弥陀仏とたのませたまひて迎へんと、はからはせたまひたるによりて、行者のよからんとも、あしからんともおもはぬを、自然とは申すぞとききて候ふ。

 ちかひのやうは、無上仏にならしめんと誓ひたまへるなり。無上仏と申すは、かたちもなくまします。かたちもましまさぬゆゑに、自然とは申すなり。かたちましますとしめすときには、無上涅槃とは申さず。かたちもましまさぬやうをしらせんとて、はじめて弥陀仏と申すとぞ、ききならひて候ふ。弥陀仏は自然のやうをしらせん料なり。この道理をこころえつるのちには、この自然のことはつねに沙汰すべきにはあらざるなり。つねに自然を沙汰せば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。これは仏智の不思議にてあるなるべし。
   正嘉二年十二月十四日
                    愚禿親鸞八十六歳

--書き下し文

 自然法爾について
 自然という言葉のうちで、「自」はおのずからという意味で、念仏する人のはからい(行者のはからい)に依るものではなく、その人の思いを超えて、なるようにならしめるおはたらきを言う言葉なのです。「然」はあるようにあらしめるという言葉です。人のはからいに依るのではなく、阿弥陀仏のお誓いによるはたらきであるのです。
 法爾は、このような阿弥陀仏のお誓いであるからこそ、そこには人のはからいは全く加わらないので、すべてが法の徳のはたらきとして、はじめからそのようにあらしめられてあるということになるのです。人のはからいの一切まじわらない世界です。ですから、他力においては、私たちのはからいを離れることを本来の義(本来のはからい)とするのだと知るべきと、このようにいわれるのです。
 自然とはもともとはからいを超えてしからむということばです。

阿弥陀仏のお誓いは「南無阿弥陀(仏)と私にまかせよ。汝(行者)のはからいがすたるとき、お浄土に迎え入れん」と、如来の方からお手回しくださったものです。 ですから、これでよかろうとか、悪かろうとか自分の思いで、思案することのないのを自然というのだと聞いています。

阿弥陀仏のお誓いの要は、信心の人を無上仏(この上ない仏)にならせようとお誓いになられたものです。この上ない仏というのは、すがたかたちにあらわせられないものですから、そのこころを自然と申し上げるのです。かたちがあると示されるときは、無上涅槃(この上ないさとり)とは申しません。本来は、すがたかたちがないのだということを教えるためにこそ阿弥陀仏とお示しになったのだと聞き及んでいます。阿弥陀仏というのは、自然という自己の本来のありようを知らしめるためのおすがたなのです。以上の道理を理解できた後には、この自然について、もはやあれこれと詮索すべきではありません。それ以上詮索するのなら、はからいのないことが本来の意味であるにも拘らず、なおある種のはからいになってしまいます。自然とは、私たちの考え、思いなどが、全く及ばない仏の智慧そのものなのです。
(上人にあいまいらせてのききがき。そのとき顕智これをかくなり。)

どうかこれを読んでひとりでも多くのとも同朋が弥陀にすくわれていただきたいと願ってやみません。

Abc

Re: Abc様

皆さんのブログを拝見していきますと、「そうだなぁそうだなぁ」と頷くことがよくあります。それぞれのやり方、それぞれの言葉で法を讃嘆されていて素晴らしいです。

>弥陀仏の御ちかひの、もとより行者のはからひにあらずして、南無阿弥陀仏とたのませたまひて迎へんと、はからはせたまひたるによりて、行者のよからんとも、あしからんともおもはぬを、自然とは申すぞとききて候ふ。

挙げて頂いた御文で、これが本願、南無阿弥陀仏におまかせした信心獲得の行者なのかと有難く拝読させていただきました。ありがとうございます。私も、一人でも多くの方が本願力に遇って念仏して頂きたいと願っています。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

No title

 私も他力の信心を賜るまでは、ハッキリしたものが得たい、信心を得たという
確証が欲しい、飛び上がるような喜びが無ければ真実信心ではない等々
自分の心にばかり目がいっていました。
 そして救われるには「どうすればいいのか。どう聞けばいいのか、どう思えば
いいのか。どんな心で念仏を唱えればいいのか」と自分の心を詮索するのに明け暮れていました。前々から、自分の心のありようを詮索せずに本願に向かい
なさいと聞いたり読んだりしていたのですが、10年以上もの親鸞会のマインドコントロールから抜けることが出来ていなかったのでしょう。
 だけどある時、ふっと気付ました。どうしたら、どうにかなりたい、ハッキリしたい、極楽往生の確証が欲しいという思いが全く無くなっているのです。
 「助かりたい」という思い自体が無くなっているのです。私の実感では、「いつの
間にか。知らないうちに。怪我や病気がいつの間にか治っていた」そんな感じでした。本願に対しては「極楽往生の身にして頂いたとハッキリした」訳でもないです。凡夫の分際でハッキリすることなど何もないと思います。
 今の私には後生の問題は阿弥陀仏に丸投げ、「極楽に連れていってくれるなら有難うございます。地獄なら まあしょうがないか。お任せしたんだから文句は言いません」 いう心境です。
 私は、高森顕徹のデタラメ教義やエセ信心からなかなか抜け出すことが出来ませんでした。どうか高森一族のような宗教詐欺師を見限って本当の真宗
で信を獲て下さる方々が出て下さることを切望します。
 
 

高森教で言われていることについて

Abcです

本当に伝えたいことは先ほど書いたので、ここに書くことは上記されていることに対してのツッコミです。高森教でのことなので、「本当の教え」とは全く関係ありません。

>・信の一念はハッキリと自覚できる。ハッキリした自覚がないのは他力の信心ではない。
>・他人に確かめずとも他力の信心を獲たことが火に触れたよりもハッキリ分かる。
>・51段高とびして弥勒と肩を並べる身になったということが実感として知らされる。
>・現生十種の利益を獲たことが実感として知らされる。

ハッキリ系は、ここでハッキリと切り捨てておきましょう。
結論から言うと「ハッキリとは知らされません」。


>・地獄しか行き場のない自己の姿(逆謗の屍)が知らされる。
>・曠劫流転してきた過去も明らかになり、未来永劫の後生の一大事も知らされる。
>・自力無功、必堕無間の苦しい体験をし、同時に如来の喚び声が五臓六腑を貫いて救われる。
>・いつ死んでも極楽参り間違いなし、極楽へ必ず往けると疑い晴れる。
>・「人間に生まれてよかった」「よくぞ人間に生まれたものぞ」という生命の大歓喜が起きる。
>・誰の命も平等に尊い、「人命は地球より重い」ということが実感として知らされる。

これも知らされません。名無し様が書かれているとおり(上記Cさんがいわれているとおり)、すべてを弥陀にまかせるので自分自身では何も知らされません。

>・親鸞聖人のように、どんな苦難をも生き抜く強く逞しい人生が開かれる。
>・最高無上の、最悪の死に直面しても変わらない安心、満足、喜びの境地に出る。
>・苦しみがやって来ても煩悩即菩提ですぐさま喜びに転じ変わる。
これこそ三業で判断している文言だと私は考えます。
上のとおり「すべては自然の理に依る(本願力回向による)」なので
三業では判断できません。ここが高森教の大きな矛盾です。

>・経典やお聖教がすらすら読めるようになる。意味が理解できるようになる。
確かに本質の「南無阿弥陀仏のいわれ」を了したら、方向性は見えるかもしれませんが、古文特有の言い回し、候文(古い手紙の文法)まではわからないかと存じます。そのため私は、「古語辞典の併用」を推奨しています。(ただこれも「当面読み」「当面読み以外の読み方」と2つの解釈があるので注意して解釈してゆかねばなりません。)

>・親鸞聖人や高森先生のように、伝えずにおれない叫ばずにおれない身になる。
高森さんはどうかは知りませんが、親鸞聖人や本願寺蓮如のように「念仏行ずべし」と勧める身となるのは確かです。そもそも易行道において「弥陀に任せて「われらが後生の一大事おん助け候へ」と頼む一念のとき」が易行道(浄土門)の基であるからそうあることは何も間違っていません。
ただ、本願寺蓮如と専修寺真慧とで言い合うことはありますが・・・

>・深信因果させられ、阿頼耶識に納まっている業がどんなものか分かるようになる。
「行者のはからい廃るとき」でありますので、深信因果とは180度違う方角に弥陀によって進まされます。(これも本願力のひとつです。)
正確に申し上げるならば、

×深信因果させられ、 「深信因果=因果の理 19,20願」
○「深信因果」というはからいを廃てさせられ、 「自然法爾=他力回向 18願」

です。

上に書かれていることがさも当然かのように言われており、私としても悲しい限りです。救われるには「ただ念仏のみぞまことにておわします」とあるとおり「念仏とは」とのことだけ行者は学び、「称名念仏励む可し」ともいわれるのです。

Abc

No title

話の腰をへし折りますが、五十数年前の高森親鸞会の人は「明信仏智、明信仏智」と煩かったものです。
あきらかに仏智を信受したなら、そんなに声高に言わなくてもいいのにと思っていたものです。
ともあれ、高森顕徹氏の、最初のボタンのかけ間違いが、だんだんおかしくなっていったのでしょう。

で、「明信仏智」の項に追記してみた。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E6%98%8E%E4%BF%A1%E4%BB%8F%E6%99%BA

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ



コメント返信

名無し様

>今の私には後生の問題は阿弥陀仏に丸投げ

そう、まさに丸投げです。何て他人任せと思われる方もあるかも知れませんが、この世をどう生きていくかということならともかく後生、往生という大問題についてですと全く私の智慧や計らい、力の及ぶ範囲の問題ではありません。阿弥陀様は私の力の及ぶ範囲の問題ではないことを問題にされ、助ける手はずは整えたから南無(我にまかせよ)阿弥陀仏(必ず救う)と仰せられる。ならば私はその仰せを受け容れておまかせ、丸投げする以外にないですよね。適切な表現、ありがとうございます。

>どうか高森一族のような宗教詐欺師を見限って本当の真宗で信を獲て下さる方々が出て下さることを切望します。

私もこれを願います。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏



Abc様

私としては、信の一念がハッキリするかどうかについてはその明確な根拠がないので、「ハッキリする」を否定はしません。ですが、「ハッキリした(と思った)」から信心ではありませんし、信の一念が「ハッキリしていない」から信心ではないというものでもありません。ハッキリするならそのハッキリするまま、ハッキリしないならそのハッキリしないまま、本願を聞いて疑いなくおまかせしたのを他力信心の行者というわけですね。私が「ハッキリ自覚できたかどうか」が問題ではなく、如来の「間違いなく助けるぞ」を心にしかと受け止めているかどうかが問題なのでした。名無しさんも仰るように、私の心の有り様を問題にして本願、念仏は二の次と考えていたのが間違いだったのですね。

とにかく他力の信心について間違ったイメージを与え続ける親鸞会。他の皆さんがどのようなイメージをお持ちだったかはそれぞれでしょうが、当時私が「こうなるだろう」と思っていたことを箇条書きにしてみました。1つ1つ検証して頂いてありがとうございます。



林遊@なんまんだぶ様

いえいえ。リンク先は元々林遊さんのおっしゃる内容について述べられていましたので(;^ω^)
「明信仏智」は「不了仏智」に対してのお言葉で、仏智を了せず疑う者は化土に留まり、明らかに仏智(18願)を信じて疑いない者は報土往生することを言われているので、親鸞会のように「阿弥陀如来に救い摂られると、ハッキリする」(『教学聖典(3)30』)ということを言われたものではありませんでした。林遊さんお示しのリンク先の言葉には

>明らかに不可思議の五智の仏智の顕現である第十八願を信じて疑わないこと。

とあるので、如来の本願すなわち18願について疑いないことと分かりますが、会員は仏智そのものが明らかに知らされるように勘違いしていると思われます。仏智そのものが明らかに知らされたらもはやその人は仏なんですがね・・・。

ともあれ、自説の正当性を主張するために経典や聖教の言葉を利用する高森顕徹会長のやり方は、自身が言っているように「帽子に合わせて頭を削る」ようなもので、当方としては見過ごせません。

No title

OHE様

これまで色々丁寧に教えて下さり、ありがとうございました。

ところで、少し分からないことがでてきましたので、お尋ねしたく思います。

謗法罪に軽重や大小の違いはあるのでしょうか。

「仏の教えはない」という人でも 、心でそっと思うだけの人や、大声で言う人や、他人の前で堂々と言う人など色々あると思います。
謗法罪には重さに違いがあるのでしょうか、それとも皆同じ重さでしょうか。

よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
確認事項

「(18願を信じていない人は、)三業で信心の有無を判定できる」

「謗法罪を造っている者は真実信心でないと断定できる」

「(真実信心を獲た人は)、さるべき業縁のもよおせば、謗法罪(・闡提)を除いて、それ以外のいかなるふるまいもすべし。」
(なお、五逆罪は入りません。)

謗法罪の定義
親鸞聖人 仏はいない、仏の説かれた教えはないと信じ言う人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
OHE様は、お口は悪いお方ですが、明確に教えてくださるので助かります。

No title

>謗法罪に軽重や大小の違いはあるのでしょうか。

>「仏の教えはない」という人でも 、心でそっと思うだけの人や、大声で言う人や、他人の前で堂々と言う人など色々あると思います。

当然あるでしょう。

いずれにしても、

高森会長の謗法罪の定義が間違っていることを認めましょうね。
認めないなら、高森会長をここに呼んできなさい。法論するから。

ふじたさんへの返答

こんにちは、Abcです。
ふじたさんは、「法謗罪」についてどうしても知りたいそうなのでここに記しておきます。まずは、OHEさんが示された定義をここに記します。

OHEさんが記された 謗法罪の定義
>親鸞聖人 仏はいない、仏の説かれた教えはないと信じ言う人

次に「教学聖典(1)35」に記されている「法謗罪」について記します。
  善知識をおろかに思い、師をそしる者をば、謗法の者を申すなり。
  (末灯抄)

ここで「善知識である高森先生を謗ることは法謗罪であるから、何も間違っていない」と申し上げられましょうから、
  ここからは命題を「高森さんは善知識なのだろうか」ということを申してゆきたいと考えます。
  まず、高森さんがよく言われている「六度万行」に関しては天台宗の教えの根本であるため(もしくは「自力というもの」の根本にあるため)これらを永く聞いていて「自力をすてよ」と申されるのは大きな矛盾であることに気づかなければなりません。
  次に、「善のすすめ」ですが、前述「六度万行」がこれですので「真宗(易行道)の教えに「往生の糧とする善のすすめ」はひとつもありません。むしろ「往生の糧とする善のすすめは「罪福信」であるから捨てよとは正像末法和讃ないで申されております。(著者は善信上人でありますので「なにごともなにごとも聖人のめされたとおり」とのことに従うなら「往生の糧とする善のすすめ」は捨てるべきです。

  しかし、一方で「親鸞聖人は善をすすめられている」ともうされ、ハコモノを立てる際は「善のすすめ」の下で、財施を募っています。これはあたかも「財施すればしただけ光にすすむ」ともいいたげです。過去に「お金を積めば往生できるとは申していない」と申されたそうですが、「教学聖典(1)17」にあるように「善因善果 悪因悪果」であるから「お金を積んだら積んだ分だけ結果がある」と申して募っている方がいらっしゃるのも事実です。
(因果の理は 19,20願でこれを深信したとしても化身土(疑城胎宮 宮殿とも)にしかいけません)

  そのため親鸞聖人が「弥陀の浄土に行くには疑情が廃り、弥陀にたすけていただくだけ」といい、本願寺蓮如が「やうもなく弥陀を一心一向にたのみたてまつりて二心なく信じまいらすこと」と申されているのに対し、高森さんは「因果深信じることこそまこと」のようにいわれています。
  つまり、高森さんは親鸞聖人などとは違う方角へ導いていることになります。

  このことと、1つ目の命題(本来の命題)である、

  OHEさんが記された 謗法罪の定義
  >親鸞聖人 仏はいない、仏の説かれた教えはないと信じ言う人

  を合わせると、「高森は法謗罪のものである」となるわけです。


おわりに
 ふじたさんが、「法謗罪」について質問されましたので、1つ1つ例を挙げてご説明いたしましたがいかがでしたでしょうか。

 ここまで記して申し上げるのもなんですが、「弥陀にすくわれる」ということは「弥陀にまかせる」ということなので「自己のすがた」がどうだ、ということは1つも弥陀は申されていないのです。

ただ弥陀を信じ、弥陀に任せて、「おん助けそうらへ」とただただ弥陀にお願いするだけなのです。

Abc

前述「ふじたさんに対しての返信」について

Abcです。

前述の返信文はふじたさんに対してかかれたものですが、
他の方が「ここはおかしいのでは」等々のツッコミがございましたら
記してもらって構いません。どうぞよろしくお願いします。

添削
「因果深信じることこそまこと」は、
「因果深信、信じることこそまこと」です。
ここで添削を行っておきます。

Abc

No title

OHE様

この度も、お答え下さりありがとうございました。

「謗法罪に軽重や大小の違いはあるのでしょうか。」

という私の質問 に対し、

「当然あるでしょう」

と明快にお答え下さり、誠にありがとうございます。

そうしますと、どのくらい重い謗法罪の時に

「謗法罪を造っている者は真実信心でないと断定できる」のでしょうか。

それとも、心をかすめるように、「仏はいないのではないか」とほんの一瞬だけ思っただけの人でも、真実信心でないと断定できるのでしょうか。

すみません。謗法罪に軽重や大小があるとすれば、どの段階で真実信心でないと断定できるのかの程度をお示しくださいませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
確認事項

「(18願を信じていない人は、)三業で信心の有無を判定できる」

「謗法罪を造っている者は真実信心でないと断定できる」

「(真実信心を獲た人は)、さるべき業縁のもよおせば、謗法罪(・闡提)を除いて、それ以外のいかなるふるまいもすべし。」
(なお、五逆罪は入りません。)

謗法罪の定義
親鸞聖人 仏はいない、仏の説かれた教えはないと信じ言う人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No title

高森会長の謗法罪の定義が間違いだという私の度重なる確認に対して、ふじたさんは一度として、反論も否定もしていませんので、以下は確定事項となりました。

============================================
ふじたさんは

「高森会長の言っている謗法罪の定義は、完全に間違っている」

と認めた。
=============================================

No title

さて、親鸞聖人がおっしゃる謗法罪の定義について、明確にしたつもりですが、未だ理解できていないようで、余りにも幼稚です。
そうくることを予想していなかったとでも思われたのなら、浅はかです。

>「仏はいないのではないか」とほんの一瞬だけ思っただけ

これが謗法罪になるなんて、私がいつ言いましたか?

親鸞聖人のおっしゃる謗法罪の定義

もし無仏・無仏法・無菩薩・無菩薩法といはん。かくのごときらの見をもつて、もしは心にみづから解り、もしは他に従ひてその心を受けて決定するを、みな誹謗正法と名づくと。

あなたがくどく確認しているあなたの書いたコメントが理解できない程の知能では、高森会長に騙されるのも仕方ないですね。

OHE様

高森教では、高森会長の中身の無い話を居眠り半分に聞いただけで謗法罪と叩き込まれるので仕方ありません。その他にも、高森会長の話を聞きに来ないのは体で謗法罪を造っているとか言われてしまうので、もはや何でもアリですよね。そのような脳でもって親鸞聖人のおっしゃる謗法罪の定義を受け入れるだけでもすごいことかと思います。

http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-entry-113.html

に高森教で言われる謗法罪を詳しく書いてありますので、読者の方は参照して下さい。

No title

世間一般に出回っている辞書で、謗法の意味は、

「仏法をそしり、真理をないがしろにすること。」

ふじたさんの勘違いは、世間一般でも通用しないし仏教界でも笑い者になるよ。

No title

ふじたさんは、過去のやりとりも覚えていないようなので、以下をしっかり読みましょう。

===============================
No title
OHE様

また愚問かもしれませんが教えてください。


「念仏誹謗、謗法の人は、真実の信心でない」

と教えていただきましたが、その対偶命題である

「真実信心の人は念仏誹謗、謗法はしない」

というのも真ですね。

では「さるべき業縁の催せば、親鸞いかなる振る舞いもすべし」

とおっしゃっておられますが、この「いかなる振る舞い」の中には「仏法を知らず知らず謗ってしまった」、ということは入らないのでしょうか。

よろしくお願いします。
2017-07-14(20:55) : ふじた URL : 編集

No title
無い知恵を絞り出しての愚問の連続ですね。その程度の愚問を予想していなかったとでも思っているのか?

>「仏法を知らず知らず謗ってしまった」、ということは入らないのでしょうか。

謗法罪の定義も知らないなんて、お笑いです。
だから教行信証を読めと言っているのに、かの箇所を読まないから恥の上塗り。

一応親切に教えておきますが、親鸞聖人はお手紙で、
「真実信心を獲た人は、師を謗り善知識を侮るようなことは決してしない」と断言されているのを親鸞会の人は、「救われても謗法罪を造ることがある」と真逆に解釈しているんだから、高校生以下の古文の能力しかないってことを恥じた方がいいよ。
2017-07-15(03:34) : OHE URL : 編集

>ふじた様
謗法罪の定義
(謗法罪の定義さえ知らない高森顕徹会長
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-bb9b.htmlより)

問うていはく、なんらの相か、これ誹謗正法なるやと。
 答へていはく、もし無仏・無仏法・無菩薩・無菩薩法といはん。かくのごときらの見をもつて、もしは心にみづから解り、もしは他に従ひてその心を受けて決定するを、みな誹謗正法と名づくと。

(現代語訳)
 問うていう。正しい法を謗るとは、どのようなことをいうのか。
 答えていう。仏もなく仏の教えもなく、菩薩もなく菩薩の教えもないというような考えを、自分自身でおこしたり、他の人に教えられて、その通りと心に定めることを、みな正しい法を謗るというのである。

要は異教徒のことです。教義を誤解していたというのはあっても、知らず知らず仏法を謗ってしまったなどということは通常はあり得ないことです。

また、「真実信心の人は念仏誹謗、謗法はしない」ことを聖人は

往生の金剛心のおこることは、仏の御はからひよりおこりて候へば、金剛心をとりて候はんひとは、よも師をそしり善知識をあなづりなんどすることは候はじとこそおぼえ候へ。(御消息第二通、末灯鈔(20))

と教えられています。

何が目的でこのようなことを聞いてくるのか察しはつきますが、何にせよ「師をそしり善知識をあなづりなんどする」、また阿弥陀仏を誹謗する外道の高森顕徹会長を信じるのは謗法罪です。即刻離れることをお勧めします。
2017-07-15(04:47) : 淳心房 URL : 編集
=================================

謗法罪とは、異教徒と言い換えても概ね良いでしょう。

過去のことを蒸し返して、同じ愚問を繰り返す暇があるなら、お聖教を読みましょうね。読む能力がないでしょうけど。

No title

比較的軽い謗法罪ー宗教は皆嘘で仏教も同じ
普通の謗法罪ー一般のキリスト信者、イスラム系信者など
極めて重い謗法罪ー仏像や寺院を破壊、念仏無間と暴言吐いて真宗門徒を脅迫する

以上の謗法罪の軽重によらず、真実信心でないと断言できる。

こんな簡単なことが理解できないのが、ふじたさんの知能。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード