FC2ブログ

念仏という正定業を、「五雑行」や、題目を唱えることより下に見ている高森顕徹会長

一心にもつぱら弥陀の名号を念じて、行住坐臥に時節の久近を問はず念々に捨てざるは、これを正定の業と名づく、かの仏の願に順ずるがゆゑなり。『観経疏』散善義

それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。『選択集』三選の文

つつしんで往相の回向を案ずるに、大行あり、大信あり。
大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり。
「行文類」大行釈

正しく浄土往生が決定する行業は、この通り如来回向の「念仏一行」です。であるから、

親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。『歎異抄』第二条

と「ただ念仏」一行が勧められるのです。なぜなら、

・かの仏の願に順ずるがゆゑなり
・仏の本願によるがゆゑなり


阿弥陀仏の本願がそうであるからだと善知識方は教えられています。だから本願のおこころにかなって念仏する者は、正しく浄土往生が定まった正定聚の機だと親鸞聖人は教えられるのです。


この「ただ念仏」をヘンテコな解釈をして、「念仏一行」を否定しているのが高森顕徹会長です。それどころか、朝晩の勤行を「五正行の実践」だとか言って助正間雑を勧め、高森会長の話を聞くことや、親鸞会への献金・勧誘、上司の指示に無条件に従うことなどを「」という名目で勧めています。親孝行や親切など世俗的な善も勧められますから、ひいき目に見て雑行を勧めていると言えます。ただ、会員のメインの活動は先述した雑行とも呼べない悪業悪行で、それらを「尊い宿善」だとか、「信仰が進む」などと言われてやっているだけです。

悲しきかな、垢障の凡愚、無際よりこのかた助正間雑し、定散心雑するがゆゑに、出離その期なし。

正定業と助業の区別もつかずに往生には如来回向の念仏一つと心が定まらない、それでいて、自力心で称えた念仏や助業を我が善根功徳として、それによって往生しようとしているから迷いを離れることができないのだと聖人は仰せです。これは真門である第20願の決釈のお言葉ですが、ならなおのこと、雑行を修めている者は弘願である第18願から遠いです。まして悪業悪行をそれとは知らずに修めていたら・・・。


高森会長は「多功徳・多善根・多福徳因縁」である念仏よりも、念仏に対して「少功徳・少善根・少福徳因縁」と言える諸善を勧めています。諸善は

善をしなければ信仰は進みません

と勧めながら、念仏に関しては

念仏を称えなければ信仰は進みません

とは絶対に勧めません。誰か現会員元会員問わず聞いたことがありますか? 念仏を勧めたら「称名正因」に陥る危険があるなら、諸善を勧めたら同様に「諸行往生」に陥ってしまいます。諸善が勧められるなら、念仏は万善万行恒沙の功徳ですから勧められて当然なのに、その念仏の勧めが無いのです。それどころか

自力念仏の者は必堕無間

と念仏を誹謗しています。これは念仏を諸善より下、あるいは「無功徳・無善根・無福徳因縁」のものと見ているからでしょう。そんな思想の持ち主が『歎異抄』を講釈しているのですから危険極まりないです。


ところで、法然聖人は浄土三部経以外の経典を読む行為を「読誦雑行」と仰っていますが、これは雑行の一種です。言葉を換えると、高森会長の大好きな「諸善万行」の一種です。会員の皆さんは雑行の中に「五雑行」と「諸善万行」とがあって、「五雑行」は心も行為も間違いだからやってはならないが、「諸善万行」は行為はいいことであり、やらねば信仰は進まない、つまり救われないと思っていることでしょう。が、それは誤りです。

無量にある「諸善万行(雑行)」のほんの一例が「五雑行」

です。「五雑行」はダメだが「諸善万行」はやらねばならないとか、そんな教えではないのです。会員の中には「五雑行」さえやらなければ雑行はやっていないと思っている人があるかもしれませんが、「五雑行」だろうと「五雑行」以外の「諸善万行」だろうと雑行雑行です。本願の念仏の前には、「五雑行」も「諸善万行」も共に廃捨すべき雑行だと教えているのが浄土真宗です。勿論、高森会長の大好きな「布施」も雑行です。

会員は、実は堅く千中無一の雑修雑行を執していることを自覚すべきです。そんな体たらくで「大悲の願船」に乗るとか、「信心決定」とか言っていても、「百即百生の専修正行を捨てて」いるのですから無理な話です。

わたくしにいはく、この文を見るに、いよいよすべからく雑を捨てて専を修すべし。あに百即百生の専修正行を捨てて、堅く千中無一の雑修雑行を執せんや。行者よくこれを思量せよ。

雑行をやっていたら、専修正行を捨てているのと同じです。雑行正行の兼行では専修になりません。会員はこの法然聖人のお言葉を重く受け止め、仰せの通りよく思量すべきでしょう。


ここで「読誦雑行」とか「五雑行」の話をしたのは、「南無妙法蓮華経」と題目を唱えるのも修行の一つである、「諸善万行」の一種であることを述べるためです。『​想学談林』南無妙法蓮華経によると天台大師も唱えていたようです。『葬儀レビ』天台宗によると、日蓮宗のように連続しては唱えないけれども、天台宗でも朝の勤行の中で「南無妙法蓮華経」と唱えるそうです。「私は妙法蓮華経(法華経)の教えに帰依します」と所依の経典たる『法華経』を受持するのですから、題目を唱えるのは「読誦雑行」と言えるでしょう。

勿論、各宗派で題目に対する捉え方、読み方など、様々な違いはあります。それに、近現代の新興宗教のようにこの世のご利益を求めて唱えるのは如何かと思いますが、ともかく「南無妙法蓮華経」と題目を唱えるのも「少功徳・少善根・少福徳因縁」である諸善の一種であるということです。

それで先ほど、高森会長は念仏を諸善より下に見ていることを述べました。ということは、ここから

高森会長は念仏という正定業を、「五雑行」や、題目を唱えることより下に見ている

ことが伺えます。このように考察すると、「自力念仏の者は必堕無間」と念仏を誹謗するのも、「絶対の幸福」だとかいう創価学会の信心を勧め、念仏は救われた後のお礼と言って救われるには関係のないものとするのも納得です。「念仏がないから信心一つ」と本願成就文から念仏を抜き、「本願寺は念仏さえ称えていたら」云々と他の真宗宗派を一括りに非難することを考えても、自身が「念仏者」「信心の行者」ではないからと断ぜざるを得ません。隠れて唱題していても、少しも不思議ではないのが高森会長です。


南無阿弥陀仏」はお経にハッキリ書かれているが、「南無妙法蓮華経」とはどのお経にも載っていない

位の認識で、念仏と題目はどう違うのか、本当のところはよく分かっていない会員が多いかと思います。諸善を勧められるということは雑行を勧められることであり、「五雑行」や題目を勧められるのと本質は変わらないことを知るべきです。お経に有る無いで言うなら、「絶対の幸福」も「一切衆生必堕無間」もお経には有りません。

絶対の幸福」というこの世のご利益を求めて「高森の行」という善もどきの善を励んでいる人は、言葉が真宗用語なだけで構造はパクリ元の団体の構成員と何ら変わりません。会員の皆さんは、念仏軽視、念仏誹謗の悪知識の元を一刻も早く離れ、阿弥陀仏が唯一つ選び択ってお与え下さる本願の念仏を称えて往生を願って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんばんわ、Abcです。

>「自力念仏の者は必堕無間」と念仏を誹謗するのも、「絶対の幸福」だとかいう創価学会の信心を勧め、念仏は救われた後のお礼と言って救われるには関係のないものとするのも納得です。「念仏がないから信心一つ」と本願成就文から念仏を抜き、「本願寺は念仏さえ称えていたら」云々と他の真宗宗派を一括りに非難することを考えても、自身が「念仏者」「信心の行者」ではないからと断ぜざるを得ません。隠れて唱題していても、少しも不思議ではないのが高森会長です。(淳心房さんのエントリー文 より)

さようでございます。以下に一文づつ抜き出しながら「私なりのコメント」を記してまいります。

>「自力念仏の者は必堕無間」と念仏を誹謗するのも、「絶対の幸福」だとかいう創価学会の信心を勧め、念仏は救われた後のお礼と言って救われるには関係のないものとするのも納得です。

誠におっしゃるとおりであります。「創価学会の信心」ならば「南無妙法蓮華経」つまり、「『法華経』という経典に帰依いたします」と言うことですが、そうではないらしいので正しく「創価学会の信心」ではないのは明らかかと思います。
 「南無妙法蓮華経」はいま記されているように「題目をとなえる」といわれる行いであります。「私はこの経典(ここでは法華経)に書かれていることに疑いを持ちません」と言う具合です。

 対して、浄土教では、(ここでは源空聖人の言葉より解説)
それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。
→龍樹菩薩で言うところ「「難行道 と 易行道」のうち「易行道」を行いなさい」と言うことであります。「難行道」は「八万四千の法門」といわれるように様々あり、衆生からしますととても堪えられるものではありません。反対に「易行道」は「弥陀の名号称ふべし」でありますので、「南無阿弥陀仏」なり「帰命尽十方無碍光如来」なりを称えるだけです。「あら、こころえやすの安心や」であります。

浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。
→雑行(20願)を捨てて、正行(18願)に帰すべし です。「もろもろ」であるから諸行(19願)も入るのでは、と考えるでしょうが 私の考えといたしましては19願は「聖道行」に含んでいる(高森さんの好きな「因果の道理」です)と見ていますので、「20願(自力称名)」としました。

正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。
→「助業」とは、「浄土三部経を読むこと」、「阿弥陀仏を瞑想すること」、「阿弥陀仏を敬い礼拝すること」、「阿弥陀仏を賛嘆供養すること」 の4つであります。このどれも尊い行いでありますが次に挙げます「阿弥陀仏の仏号を称えること(称名念仏)」こそ「行うべし」とされています。

その「阿弥陀仏の仏号を称える(称名念仏)」ということは、なんのこともない「南無阿弥陀仏」ということにほかなりません。
 ここですこし横道ですが、「南無阿弥陀仏」という読み方については場所または宗派によって様々あります。

なんまんだぶ :林遊さんがよく言われている読み方ですね。本願寺派(または大谷派)などがこちらの読み方をされています。次の「なむあみだぶつ」も行われます。

なむあみだぶつ :こちらは、「南無阿弥陀仏」を文字通り読まれたものになります、「つ」の部分が詰まった「なむあみだぶ」、「む」の部分を「も」とした「なもあみだぶつ」等もございます。

なもあみだ :こちらは直前に記した「なもあみだぶ」の更に詰まった形であり、「阿弥陀(仏)におまかせします」というものであり、「なむあみだぶつ」と「なもあみだ」は別物?と思われている方に言いますと「別物ではない」です。

このように様々な称え方をしるしましたが、結局のところ「阿弥陀さまにお任せします」ということなのです。そして「ワシは何回唱えたから他の人よりいいところにいけるだろう」という「自分の計らい」を交えたならば「自力称名:なほ義のあるになる」になってしまいます。

 おわりに
「真宗の教え」としましては「なにのやうもなく、弥陀如来を一心一向にたのみたてまつる理ばかりなり」(『御文』2帖目7通 より)です。この文面を見られている方は、はやく阿弥陀さまにおまかせしていただきたい、はやく「念仏となえる仲間」となられて欲しい とおもうばかりです。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

Abcです その2

連投申し訳ございません、Abcです。
 先ほどの続きです。

>念仏がないから信心一つ」と本願成就文から念仏を抜き、「本願寺は念仏さえ称えていたら」云々と他の真宗宗派を一括りに非難することを考えても、自身が「念仏者」「信心の行者」ではないからと断ぜざるを得ません。

仰るとおり「高森教」は「高森教」であり「真宗」ではありません。はやく「浄土真宗」と「親鸞」をはずしていただきたいです。

>隠れて唱題していても、少しも不思議ではないのが高森会長です。
これこそ「自力称名」であり、「地位をいいように使っているだけ」でしかないです。
「阿弥陀さまの誓い」は「念仏を称える、迷える衆生を助ける」ということです。「ワシがワシが」は、「我利我利亡者」でしかないです。

連投申し訳ございませんでした。
Abc

Re: Abc様

正確に言うと仰るように創価学会の信心とは異なるのですが、「絶対の幸福」といい「正本堂」といい、組織拡大法といい、数々の念仏誹謗、謗法の言動といい、その団体からのパクリが多々見られることから高森会長とゆかいな仲間たちの信心をそう言っています。浄土真宗でもなく、その団体のように大きくもない弱小の、何とも中途半端な教団です。が、浄土真宗の名が汚れますので浄土真宗を名乗るからには教義について批判し続けていきたいと考えています。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード