宿善にしても三願転入にしても、求道のプロセス・方法論を教えたものではない

ちょっと古い内容なのですが、せっかくなので(;^ω^) 林遊さんのコメントを見て、なるほどと思ったので書きます。

「善の勧め」という高森顕徹の宿善論も、浄土真宗に於ける宿善とは、獲信の現在から過去をふり返る言葉を求道のプロセスとした誤謬なのでした。

以前本願寺と揉めた宿善論も、獲信の現在から過去を振り返って阿弥陀仏のお育てを喜ぶという本願寺の主張と、これから獲信しようという人が未来に向かって善を修めて求道のプロセス・方法論とする親鸞会の主張がぶつかったものでした。

・宿善とは、現在から過去をふり返っているのであって、これから獲信のために修することを宿善といっているのではない。(『本願寺 なぜ 答えぬ』)

・宿善は、将来の獲信のために積まねばならないという方向で語られるものではなく、遇法獲信の現在から過去にさかのぼって、宿善のお陰である、と、その縁由を喜ぶ方向で語られるものである。(『同』)


本願寺としてはこのように主張していますが、これで間違いないです。

これは三願転入にしても同じ事で、選択の願海に転入し難思議往生を遂げる身となった親鸞聖人が、現在から過去を振り返って遥か遠い昔からの阿弥陀仏のお育てを喜ばれたというものです。これから選択の願海に転入しようという人が、まず19願から始めて20願へと進み、そして18願の世界に入る、という求道のプロセス・方法論として書かれたものではありません。

その証拠が、数多くの聖人の書物の中で三願転入の御文と呼ばれるものは「化身土文類」の唯一ヶ所だということ、19願を勧められた根拠が皆無だということ、誡疑讃等にて20願を厳しく誡められているということです。もし三願転入を求道のプロセス・方法論として聖人が教えられたとするなら、そんな大事なことを『教行証文類』に唯一ヶ所しか記さないとは考えられません。次に、19願の実践が獲信に不可欠なプロセスだというなら、至る箇所で勧められていて当然です。ところが、唯の一ヶ所も19願や定散二善の実践を勧めた箇所が無いのです。そして、親鸞会理論で言えば20願の行者は一般人や聖道門・19願の行者より獲信に近い優れた人であるはずなのに、聖人は褒めたり、「あとちょっとだぞ」と励ましたりすることもなく、それどころか重ねて重ねて誡められています。


『教行証文類』始め沢山のお聖教には、阿弥陀仏が我々に本願を信じさせ、念仏を称えさせ、浄土に迎え取って仏に成らしめるということが書かれています。私達がどうやって本願を信じ、念仏を称え、浄土に往生して仏に成るかという方法論・ハウツーが書かれているのではありません。

平成29年親鸞会機関紙顕正新聞・年頭所感「大悲の願船に乗じ難度海を普く照らそう」(高森顕徹会長)を読んで思ったこと。

にあるように、難度海を度する大船で言うなら私達がどうやって乗るかという「乗り方」ではなく、「難度海を度する大船に阿弥陀仏がどうやって私を乗せるかの乗せ方」です。

このように親鸞会では語られる方向性が真逆ですから、会員はいつまで経っても仏願の生起・本末、南無阿弥陀仏の六字のこころが分からず、方法論に囚われて如来広大の恩徳を迷失しているのです。本願招喚の勅命の前には、獲信へのプロセス・方法論などありません。直ちに疑いなく聞き受け念仏する他ないのです。それは長いこと求道してゆかねば聞けないというのではなく、正覚大音響流十方ですから既に届いているのです。それを我々の方であれこれ計らって聞かないだけです。

本願に救われるに当たって、「私のターン」というものはなく、私がどうこうしなければならないということもありません。獲信へのプロセス・方法論はありません。縦と横の線で言う「横の道」も、高森顕徹会長のでっち上げであって、実際に存在する道ではないのです。只今、この場で、何も変わらない今のままの私が、既に回向せられている本願の名号を聞き受け念仏するのみです。早く利用・搾取される人生から脱して本願の行者となって頂きたいばかりです。
スポンサーサイト

「方便仮門」を捨てるのは、白道に踏み出す前、東岸の水火二河の直前で白道を進もうと決心した只今のことです

親鸞会の「二河白道の譬え」は、とにかく邪義だらけです。最近は善導大師の「二河白道の譬え」|阿弥陀仏に救われるまでの心の道のりという動画まで作っていますが、まず

阿弥陀仏に救われるまでの心の道のり

というのが邪義そのものです。二河白道の譬えは、

また一切往生人等にまうさく、いまさらに行者のために一つの譬喩(喩の字、さとす)を説きて、信心を守護して、もつて外邪異見の難を防がん。なにものかこれや。(信文類)

【現代語訳】
また、往生を願うすべての人々に告げる。念仏を行じる人のために、今重ねて一つの譬えを説き、信心を護り、考えの異なる人々の非難を防ごう。その譬えは次のようである。

とあるように、他力の信心を守護する譬えであり、真実の他力信心を譬えられたものです。他力信心、真実信心を明かされた『信文類』に引文されているのですから、信前の

阿弥陀仏に救われるまでの心の道のり
信心獲得するまでの求道の道程を示すため

なわけがないこと位当然なのですが、親鸞会の邪義に毒されている人は、かつての私がそうだったように高森会長の話を受け入れてしまうのです。中には、実際の譬え話と高森会長の話が違うことを知りながら、「譬え話をより分かりやすくするために話を変えられている」という詭弁に納得してしまう人もあります。


さて、上リンク先では内容の詳しい邪義までは判りませんので、『安心問答』「親鸞会・高森顕徹会長の二河白道の喩えはおかしいと思います。どこがおかしいのでしょうか?」(頂いた質問)を基に譬え話から紹介します。

親鸞会の二河白道の喩え
 1.旅人が無人の荒野を旅していました。
 2.尊い人が現れて、西へ行けと教えます。
 3.西に向かうと、水の河、火の河が突如として現れます。
 4.再び尊い人が、二つの河の間にある幅四五寸の白道を往けと勧めます。
 5.それで旅人は、中間の白道を少しずつですが進みます。
 6.白道を進む旅人に、群賊・悪獣・悪知識が現れて「帰ってこい」と誘惑、妨害してきます。
 7.白道を真ん中ほどまで進むと、往くも死、帰るも死、とどまるも死の三定死の状態になります。
 8.その時に、西岸から「直ちに来たれ」という喚び声が聞こえます。
 9.声が聞こえると同時に幅四五寸の白道は無碍の大道に、水火二河は光明の広海に変わります。
 10.旅人は白道を進んで、西の岸に着きました。


善導大師の二河白道の喩え
 1.旅人が無人の荒野を旅していました。
 2.群賊悪獣に追われて、死を畏れて西に向かいました。
 3.西に向かうと、水の河、火の河が突如として現れます。
 4.群賊悪獣に追われて、帰るも死、とどまるも死、先にゆけばまた水火の二河に落ちて死んでしまう。
 5.旅人はそこで、どのみち行き場がないのなら、むしろ前に進んで行こうと決心をします。
 6.こう考えた時、旅人は東の岸に「この道を尋ねて行け」と人の勧める声と、同時に西の岸の上に人がいて
  「直ちに来たれ」と喚ぶ声とをたちまちに聞きます。
 7.その声を聞いた旅人は、疑いや恐れる心がなくなり、白道を進んでいきます。
 8.その後も白道は幅四五寸と狭いまま、水の河、火の河も変化はありません。
 9.白道を進み始めると、群賊悪獣が「帰ってこい」と誘惑します。
 10.それらの声に惑わされることなく、旅人は白道を進み、西の岸に着きました。


まず時系列で話の流れがそもそも違います。高森会長の話では、旅人は東岸にいる時から白道を進む過程において東岸の人の勧める声を聞き、白道を真ん中ほどまで進んでどうにもならなくなった時に西岸上の人の喚び声を聞きます。これは誤りです。本物の話では東岸で群賊・悪獣に追い詰められて、白道を進む決意をした時に、東岸の人の勧める声と西岸上の人の喚ぶ声を同時に聞きます。そして西岸上の人の喚ぶ声とは、

〈汝一心に正念にして直ちに来れ、我能く汝を護らん。すべて水火の難に堕せんことを畏れざれ〉

というものですが、これについては親鸞聖人が

「また、西の岸の上に、人ありて喚ばうていはく、〈汝一心正念にして直ちに来れ、我能く護らん〉」といふは、
「西の岸の上に、人ありて喚ばうていはく」といふは、阿弥陀如来の誓願なり。
「汝」の言は行者なり、これすなはち必定の菩薩と名づく。
(中略)
「一心」の言は、真実の信心なり。
「正念」の言は、選択摂取の本願なり、また第一希有の行なり、金剛不壊の心なり。
「直」の言は、回に対し迂に対するなり。また「直」の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり。
(愚禿鈔)

と解説されています。注目すべきは「」です。「捨てて」と言われる「方便仮門」とは、この前にて既に

上よりこのかた一切の定散の諸善ことごとく雑行と名づく、六種の正に対して六種の雑あるべし。雑行の言は人・天・菩薩等の解行雑するがゆゑに雑といふなり。もとよりこのかた浄土の業因にあらず、これを発願の行と名づく、また回心の行と名づく、ゆゑに浄土の雑行と名づく、これを浄土の方便仮門と名づく、また浄土の要門と名づくるなり。おほよそ聖道・浄土、正雑、定散、みなこれ回心の行なりと、知るべし。(同)

と解説されているように「一切の定散の諸善」であり、「雑行」「発願の行」「回心の行」「浄土の雑行」「浄土の要門」です。高森会長の話では、白道の半分ほどまで進んでから「直ちに来れ」と聞くのですから、それまでは「方便仮門である一切の定散の諸善を信前の求道としてやれという話と辻褄が合います。

しかし、本物の話では白道へ一歩踏み出す前に「直ちに来れ」と聞くのですから、当然「方便仮門を捨てるのは、白道に踏み出す前です。東岸の水火二河の直前で白道を進もうと決心した只今のことです。「阿弥陀如来の誓願」の前には「方便仮門」である「一切の定散の諸善」「雑行」「発願の行」「回心の行」「浄土の雑行」「浄土の要門」は捨てものでしかないのです。方便仮門」である一切の定散の諸善を信前の求道としてやれという高森会長の話とは辻褄が合いません。

ところで、「「直」の言は、回に対し迂に対するなり。」と書かれていますが、これは

横超断四流(玄義分 二九七)といふは、横超とは、横は竪超・竪出に対す、超は迂に対し回に対するの言なり。竪超とは大乗真実の教なり。竪出とは大乗権方便の教、二乗・三乗迂回の教なり。横超とはすなはち願成就一実円満の真教、真宗これなり。また横出あり、すなはち三輩・九品、定散の教、化土・懈慢、迂回の善なり。大願清浄の報土には品位階次をいはず。一念須臾のあひだに、すみやかに疾く無上正真道を超証す。ゆゑに横超といふなり。(信文類)

とあるように横超他力を顕されたものです。対する「」「」とは浄土門内の自力の教えである横出の教えを指しています。それは「すなはち三輩・九品、定散の教、化土・懈慢、迂回の善」ということですから、「方便仮門」である「一切の定散の諸善」「雑行」「発願の行」「回心の行」「浄土の雑行」「浄土の要門」と同じことです。

やはりお聖教のどこを読んでも、「如来大願の他力」すなわち18願と、「方便仮門」すなわち19願とは対比する形で教えられ、しかも「方便仮門(19願)を捨てて如来大願の他力(18願)に帰すること以外勧められていません。方便仮門である19願の勧めは皆無です。

18願の救いを求めて19願の善をやれ

だとかいう珍説は、親鸞聖人の教えからは出てきようはずもないのです。高森会長が譬え話を変えた目的は、「譬え話をより分かりやすくするため」ではなく「親鸞会の邪義を正当化し会員に刷り込むため」でしょう。


私はお聖教に書かれていることを正見して親鸞聖人のお勧めに順おうと決意し、親鸞聖人とは真逆のことを勧める高森会長・親鸞会とは決別しました。退会した当初は不安もありましたが、そういう経緯からついに本願を信じ念仏する身となれました。親鸞会が教える絶対の幸福だとかいう幻想的な楽は得られませんでしたが、阿弥陀さまに往生をおまかせし、後生をくつろがせて頂いた安心というのは何にも代えがたいものです。

他にも記すべき邪義が満載な親鸞会流「二河白道の譬え」ですが、長いのでこの記事では割愛します。

『親鸞会教義の誤り』宿善とは7
『同』宿善とは8
『親鸞会邪義を破る』▼二河白道の譬喩(1)
『同』▼二河白道の譬喩(2)

等をご覧下さい。また、動画では二河白道譬喩が正しい聖教に基づいた譬え話です。

会員の皆さんが高森会長の珍説を捨てて、親鸞聖人の教えに帰されるよう願っています。只今、ここにいる、このままの私が方便仮門を捨てて、如来大願の他力に帰するのです。「直ちに来たれ」すなわち「助けるぞよ」の仰せを、自分の計らいを交えずにそのままお聞きするだけです。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

「なにごともなにごとも」は口だけの高森顕徹会長

何とかクリスマスの修羅場を乗り切りました。とは言っても自分のエリアを死守しただけで、まだまだ事業所には大量の荷物の山が・・・。新たな荷物を配りつつ、不良債権(不在にして連絡よこしてこない客の荷物)処理をしてきましたが、やはり不良債権は残ってしまうもので、それらが常々頭を悩ませています。あんたらの荷物が邪魔で新たな荷物が積めないんだよ! ポチって満足してんなら最初から頼むんじゃねぇよって心底思います。また、このくそ忙しい時に日付と時間を指定しておいてすっぽかし、あとで再配依頼してきて何食わぬ顔で受け取る客。こっちが遅れると怒るくせにどういう神経してんだとブチ切れそうになります。


ところで、昨日はアニメ映画『なぜ生きる』の蓮如上人の台詞

「『聞く一つ』で、大船に乗せる」ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです

から、本願や成就文、和讃を出して話があったそうです。

『飛雲』「若不生者」の「生」を”信楽に生まれさせる”とする解釈にまた戻りました

に既に書かれていますが、『なぜ生きる2』でしれっと修正したのを内輪ではかねてからの解釈に戻しています。飛雲さんの仰る通り、会員に往生・獲信してほしいという気はさらさらないことが分かります。

話の中で、浄土和讃

若不生者のちかひゆゑ
 信楽まことにときいたり
 一念慶喜するひとは
 往生かならずさだまりぬ


を出して、「若不生者」の「生」は「信楽に生まれさせる」ことだという説の正当性を訴えていたようですが、大間違いです。若不生者のちかひゆゑ」は「往生かならずさだまりぬ」にかかっており、「若不生者 不取正覚」と誓われた阿弥陀仏の第十八願によって、我ら(信楽まことにときいたり、一念慶喜するひと)の往生が間違いなく定まることを教えられているのです。

「若不生者不取正覚」といふは、「若不生者」はもし生れずはといふみことなり、「不取正覚」は仏に成らじと誓ひたまへるみのりなり。このこころはすなはち至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生れずは仏に成らじと誓ひたまへる御のりなり。(尊号真像銘文)

にて聖人が仰せのように、本願の仰せを疑いなく信楽した人、信楽を獲た人が、阿弥陀仏の浄土に若し生まれることができなければ決して仏に成らないというのが聖人の解釈です。大沼師の解釈をパクって聖人とは別のことを言っておいて、

さらに親鸞めづらしき法をもひろめず、如来の教法をわれも信じ、ひとにもをしへきかしむるばかりなり。(御文章)

を挙げて自分の説を頑なに主張しているとは、どういう神経をしているのかと疑わざるを得ません。

(159)
一 前々住上人へある人申され候ふ。開山(親鸞)の御時のこと申され候ふ。これはいかやうの子細にて候ふと申されければ、仰せられ候ふ。われもしらぬことなり。なにごともなにごともしらぬことをも、開山のめされ候ふやうに御沙汰候ふと仰せられ候ふ。
(御一代記聞書)

の、親鸞聖人の教えられた通りに教えを説くことは「なにごともなにごとも」の中に入らないのでしょうか?

所詮は浄土真宗を利用して私利私欲を満たしているのが高森顕徹会長であり、親鸞会なのだということです。本当の親鸞聖人の教えを知りたい人、本願に救われて往生したいと願う人は、一刻も早く離れた方が身のためです。

「三願転入は法の必然」なのかも知れないが、親鸞会流「三願転入の教え」は邪義(2)

今回は、私の入信までの過程を振り返ってみたいと思います。

大学1年の時、偽装勧誘に遇って話を聞くようになった私は、諸行無常、無常迅速、罪悪深重と教えられ、確かに(必堕無間の意味で)後生は一大事だと思うようになりました。この後生の一大事を解決するには、善知識から真剣に聴聞して信心決定するしかないと、先輩の勧めもあって親鸞会に入会しました。それから教義の誤りを知らされて退会するまでは、停滞期もあったものの、自分が聴聞して、自分がおつとめをして、自分が勧められる活動に参加して、自分が少しでも身口意の三業を立派にしてと、縦と横の線で言うところの縦の線を目指して、横の道を進もうとしていました。救って下さるのは阿弥陀仏だが、その阿弥陀仏の救いに遇うところまでは自分から積極的にアクションを起こして進まなければならない、要は自力で進まなければならない、そうしなければ阿弥陀さまは救って下さらないと思っていたのです。

退会して後は、往生にはただ18願、ただ念仏一つに依らねばならないと教えて頂き、18願一つ聞き、念仏一行を称えるようになりました。この時、自力で聴聞や勤行や善行など、様々な行に励んで助かろうというところから離れましたので、三願転入の御文になぞらえますと、

ここをもつて淳心房、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。

と言えるのかなと感じます。実感としては万行諸善の仮門の前をうろうろしていただけで、19願如実の実践はしておらず、臨終来迎による化土往生も願ってはおりませんのでそこは違いますが。このようなわけで淳心房は、知識同行方のお導きによって、久しく親鸞会の邪道を出て、永く高森信心を離れたと言った方がより適当です。

ところが、ただ18願、ただ念仏一つと教えて頂いても、本願力回向のお心が分からず、念仏を自分の善根として称えて助かろうという自力心はしばらく私を煩わせていました。いや、阿弥陀仏のお手を煩わせていたといった方が適切でしょうか。その時、直ちに本願力回向を受け容れない未熟な機をも見捨て給わぬ阿弥陀仏の大悲から発して下さった第二十願に不本意ながら留まっていたのかなと推察されます。それが後に心を翻され、阿弥陀仏による一方的な救いを受け容れて、一心一向に念仏して報土往生を願う身とさせて頂きました。このような心境の変化を、再び三願転入の御文になぞらえますと、

善本徳本の真門に回入して、ひとへに難思往生の心を発しき。しかるに、いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。すみやかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。

と言えるのかなと感じます。ただし、難思往生の心を発したわけではなく、あくまで本願の実報土に往生したいと願っていたのでその点でも違いがあります。ですから、淳心房の入信の過程としては

親鸞会(真宗もどき)→(20願)→18願

といった感じです。三願転入の御文通りというのは適当ではありませんが、何らかの形で三願転入で表せるような宗教体験はありました。


このように振り返りますと、自力のはからいを離れて選択の願海に転入したものには、何らかの形で三願転入で表せるような宗教体験があったと考えられるとする梯師の考えは確かにそうかも知れません。獲信者全員に尋ねたわけではないのでアレですが、往生に関して私は

雑行・雑修(自力心)→専修念仏(自力心)→専修念仏(他力心)
(※19願・20願如実の行の実践はしていませんので、あくまで個人的な感覚です。)

という過程を経ましたので、三願転入は必然とまでは断定できないが個人的に何らかの形で三願転入で表せるような宗教体験はあるのではないかと思います。ただしこれも一つの考え方なので、読者の皆さん、どうぞ選択はご自由に。


ところが、こうした梯師の説をもって親鸞会流「三願転入の教え」がどうこう言えないことは先日述べた通りです。三願転入の御文を始め『教行証文類』は、林遊@なんまんだぶ様が仰るように信心へのハウツー書ではありません。

御開山の著された『教行証文類』は、行信を得る為のプロセスを説いた教科書ではない。御開山が到達された視点から全仏教を俯瞰した書物であることを忘れて、まるで信心へのハウツー書のように読めば、高森顕徹氏が説くあほみたいな行信へのプロセスとしての三願転入になるのであった。
ようするに、「宿善を求めよ」という金集め人集め作戦が本願寺によって論破されたために編み出したのが要門→真門→弘願門という三願転入であった。あほである。


この通りです。あくまで獲信の現在から過去を振り返って「このようなお導きによって本願を信じ念仏して報土往生を遂げる身とさせて頂いた」ということであって、これから獲信・往生しようという人に「19願→20願→18願と進んで助かるのですよ」と獲信へのハウツーを教えたのが三願転入の御文ではないことをよく知らなければなりません。

祖師がお示し下されたように、我々が聞くべきは、説くべきは、あくまで18願、仏願の生起・本末、南無阿弥陀仏の六字のこころであって別にはありません。19願を説き与えるなど、猫でもないネズミの絵を与えて「虎を描け」と言っているようなもので、一生虎を描くことはできないことは度々述べている通りです。親鸞会の邪義に未だ迷っている方々は、一刻も早く利用・搾取されている現状に気づき、邪道を出でて本願他力の直道に赴いて頂きたいと思います。


【参照】
『用管窺天記』真仮を知らざるによりて

「三願転入は法の必然」なのかも知れないが、親鸞会流「三願転入の教え」は邪義

そういえば20願についての記述は?

の記事に、名無し様からコメントを頂いています。内容は「三願転入は法の必然」なのかどうかについてです。その中で、梯実円著「顕浄土方便化身土文類講讃」の中の一文が紹介されています。

********************
「単なる聖人(親鸞聖人のこと)個人の宗教経験に止まらず、自力を捨てて他力に帰するという廃立の信心の性格として、自ずから三願転入が為されると考える。同時に、権仮方便の教法を設定して、未熟の機を誘引される如来の摂機の次第からいっても三願転入は法の必然であると考えている。」

「自力のはからいを離れて選択の願海に転入したものには、何らかの形で三願転入で表せるような宗教体験があったと考えられる。」

********************

と書かれているとのことです。今回は、この文章と親鸞会流「三願転入の教え」について考察します。

諸行無常、罪悪深重、無常迅速と知らされるにつけ、この問題を何とかしなければならない、何とかしたいという思いになります。それで、我々は過去世において仏道修行に励んでいたのかも知れません。親鸞聖人も、

三恒河沙の諸仏の
 出世のみもとにありしとき
 大菩提心おこせども
 自力かなはで流転せり
(正像末和讃)

と仰っています。そんな過去がなければ、今生において仏教を聞けなかったのかも知れません。ところが、

自力聖道の菩提心
 こころもことばもおよばれず
 常没流転の凡愚は
 いかでか発起せしむべき
(同)

で、親鸞聖人のような方でさえ自力でどうにかなる問題ではないと仰せです。そして、

像末五濁の世となりて
 釈迦の遺教かくれしむ
 弥陀の悲願ひろまりて
 念仏往生さかりなり
(同)

と仰せられ、ご自身も念仏往生の教えに帰依なされています。これがいわゆる、

ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。(化身土文類)

なのかなと思います。断定的な言い方をしないのは、「万行諸善の仮門」とは普通第十九願の教法を指すのであり、親鸞聖人が今生において19願を実践されたのかどうか不明だからです。聖道門を含めて「万行諸善の仮門」ということなのかも知れませんが、こればかりは聖人にお聞きしなければ分かりません。

あと、これは私の想像ですが、ただ法然聖人から教えを受けられるようになってからもしばらくは、念仏を自分の善根としてとらえ、念仏を称えて往生しようという自力心が離れず、泣かれていたのかもしれません。その時に、図らずも第二十願に入っておられたことを、

善本徳本の真門に回入して、ひとへに難思往生の心を発しき。(同)

と述懐なされているのかも知れません。それが、如来大悲の恩を知り、如来二種の回向を頂かれて選択の願海に転入された後に方便の教えであったと知らされ、

しかるに、いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。すみやかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。果遂の誓(第二十願)、まことに由あるかな。ここに久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。至徳を報謝せんがために、真宗の簡要を摭うて、恒常に不可思議の徳海を称念す。いよいよこれを喜愛し、ことにこれを頂戴するなり。(同)

とお慶びになったのかもしれません。

このように考察しますと、梯師の考え方もなるほどと思えます。遠い過去世から獲信の現在までを振り返ると、誰しも三願転入で表せるような宗教体験をしているのかも知れません。ただこれは考え方の一つであって断定はできませんので、梯師も断定的な言い方は避けています。「三願転入は法の必然」なのかどうか、どちらの説を取ろうとそれは各々自由であろうと思います。


ただし、親鸞会が言うような「三願転入の教え」は邪義です。善知識方は、「今生においてまず19願から始めなければならない」と言って19願を勧めるようなことはしておられないからです。

いつも申しているように、善知識方のお勧めはもっぱら18願のみです。20願すら厳しく誡められているというのに、まして19願はです。19願の実践を勧められた箇所が至る所に見られるなら分かりますが、20願すら「化身土文類」に唯一ヶ所、19願の実践の勧めは皆無です。その20願すら先ほど申し上げた通りです。

梯師の仰る説と、親鸞会流「三願転入の教え」は全く指している部分が違いますので、梯師の文章を通して親鸞会流「三願転入の教え」がどうこうとは言えないと思います。それに梯師ももしまだご存命であれば、親鸞会流「三願転入の教え」は否定するでしょう。梯師が19願を勧められているかどうか、著書を見れば明らかです。

以上、梯師の文章と親鸞会流「三願転入の教え」についての考察を終了します。

そういえば20願についての記述は?

「三願転入の教え」だとかいう邪義によって、会員の皆さんは直ちに18願を聞信できないばかりか、19願を根拠に善もどきの善をさも獲信に近づく行であるかのように吹き込まれ、組織拡大要員として利用・搾取されています。このままではこの世も苦しみ、そして念仏誹謗の罪によって未来も苦しみです。現当二益とは言葉だけで、高森会長は会員の皆さんに現当二益を得させようという気は全くなく、ただ私利私欲を満たすためにそういう文言で釣っているだけです。

さて、この邪義を破るべく色々とお聖教を読んでいく内に、以下のようなことに気づきました。

①19願と18願は対比する形で教えられ、18願のみを勧められている
②19願の先にあるという20願については、親鸞聖人は厳しく誡められている
③親鸞聖人以外で具体的に20願を出して説明されているお言葉はほとんど無い


①については、

本願念仏(18願)の機の不体失往生と、非本願諸行往生(19願)の機の体失往生の諍論
第十八の願のこころと第十九の願のこころ ― 自力の行者・諸行往生のひとになること、臨終をまち来迎をたのむこと、辺地・胎生・懈慢界の往生を勧めている高森顕徹会長
「諸行の行人、自力不真実の行人になること」、「十九の願をたのみて来迎にあづかること」、「報土の往生をとげず、胎生辺地の往生」、「臨終正念ならずしては辺地胎生の往生もなほ不定な救い」を勧める高森顕徹会長
「19願を捨てて18願一つ聞きなさい」。これが次第相承の善知識のあさからざる御勧化です

等の記事で、法然聖人、親鸞聖人、覚如上人、存覚上人、蓮如上人のお言葉を見てきました。まだご覧になっていない方はリンク先をお読み下さい。

②については、『正像末和讃』誡疑讃を23首も詠まれ、

以上二十三首、仏不思議の弥陀の御ちかひをうたがふつみとがをしらせんとあらはせなり。

と厳しく自力念仏往生(20願往生)を誡め、他力念仏往生(18願往生)を勧められています。また、『信文類』三心決釈

真実の信心はかならず名号を具す。名号はかならずしも願力の信心を具せざるなり。

【現代語訳】
この真実の信心には、必ず名号を称えるというはたらきがそなわっている。しかしながら、名号を称えていても必ずしも他力回向の信心がそなわっているとは限らない。

や、『化身土文類』真文決釈

まことに知んぬ、専修にして雑心なるものは大慶喜心を獲ず。
(中略)
おほよそ大小聖人、一切善人、本願の嘉号をもつておのれが善根とするがゆゑに、信を生ずることあたはず、仏智を了らず。かの因を建立せることを了知することあたはざるゆゑに、報土に入ることなきなり。


【現代語訳】
いま、まことに知ることができた。もっぱら念仏しても、自力の心で励むものは大きな喜びの心を得ることができない。
(中略)
大乗や小乗の聖者たちも、またすべての善人も、本願の名号を自分の功徳として称えるから、他力の信心を得ることができず、仏の智慧のはたらきを知ることがない。すなわち阿弥陀仏が浄土に往生する因を設けられたことを知ることができないので、真実報土に往生することがないのである。


『末灯鈔』(12)

弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。

などなど、自力念仏(20願)を誡め本願を信じ念仏する他力念仏(18願)のみを専らお勧めになっています。このように自力念仏さえ誡められてしかいないのですから、少善根であり、諸仏の勧めがなく、付属もされず、仏と疎遠であり、往生への遠回りであり、化土の業因であり、本願において選び捨てられた行である自力諸善が勧められているわけがないのです。


そして③についてですが、三願転入は万人の獲信までのプロセスだとか言っているものの、20願についての高僧知識方の記述は19願に増して少なく、中々見当たらないことに気づきました。「20願」という言葉は出さないまでも、南無阿弥陀仏の六字のいわれをよく知らずに念仏称えていても極楽には往生できないとか、自力念仏と他力念仏を対比して他力念仏を勧められている箇所は『御文章』、『御一代記聞書』にも見られます。しかし、やはり20願も19願と同様、18願と対比する形で教えられ、20願は誡められてしかいない、18願しか勧められていないのでした。

それで、本当に全くと言っていいほど親鸞聖人以外で20願文に触れている記述がなかったので、飛雲様、林遊様に伺ってみたところ、ようやく2箇所ほど見つかりました。1つは善導大師の『観念法門』摂生縁

また四十八願(大経・上意)のなかに説きてのたまふがごとし。「たとひ われ仏を得たらんに、十方の衆生、菩提心を発し、もろもろの功徳を修し、心を至して発願してわが国に生ぜんと欲せん。命終の時に臨みて、われ大衆とその前に現ぜずは、正覚を取らじ」(第十九願)と。これまたこれ摂生増上縁なり。
また下の願(大経・上意)にのたまふがごとし。「たとひわれ仏を得たらんに、 十方の衆生、わが名号を聞きて、念をわが国に計け、心を至して回向してわが国に生ぜんと願ぜん。果遂せずは、正覚を取らじ」(第二十願)と。これまたこれ摂生増上縁なり。
また下の願(同・上意)にのたまふがごとし。「たとひわれ仏を得たらんに、十方世界に、それ女人ありて、わが名字を聞きて、歓喜信楽し、菩提心を発して、女身を厭悪せん。命終の後に、また女身とならば、正覚を取らじ」(第三十五願)と。義にいはく、すなはち弥陀の本願力によるがゆゑに、女人、仏の名号を称すれば、まさしく命終の時すなはち女身を転じて男子となることを得。弥陀手を接し、菩薩身を扶けて宝華の上に坐せしむ。仏に随ひて往生し、仏の大会に入りて無生を証悟す。また一切の女人もし弥陀の名願力によらずは、千劫・万劫・恒河沙等の劫にも、つひに女身を転ずることを得べからず、知るべし。いまあるいは道俗ありて、女人浄土に生ずることを得ずといはば、これはこれ妄説なり、信ずべからず。またこの経をもつて証す。またこれ摂生増上縁なり。


もう1つは法然聖人の『西方指南抄』十七条御法語

或人念仏之不審を、故聖人に奉問曰、第二十の願は、大綱の願なり。係念といふは、三生の内にかならず果遂すべし。仮令通計するに、百年の内に往生すべき也。 云云
これ九品往生の義意釈なり。極大遅者をもて、三生に出(いで)ざるこころ、かくのごとく釈せり。又『阿弥陀経』の已発願等は、これ三生之証也と。


です。これは知らなんだよ~( ̄д ̄) 流石のお二人です。『西方指南抄』のお言葉は既に林遊@なんまんだぶさんが『用管窺天記』三生果遂の願にてご紹介下さっています。

ただ、前者は往生を誓われた願の1つとして紹介されているだけ、後者は三生果遂を誓われた願として教えられているだけであり、親鸞会で教えられるような

「19願を実践していくと、善のカケラもできない自己が知らされて、20願へ進む」
「20願を実践していくと念仏も称え切れない自己が知らされて、18願に転入する」
「18願の救いを求めて20願を実践せよ、精一杯自力念仏に励め」


というような意味はこれらのお言葉から伺うことはできません。18願の世界に入るには、19願の善、20願の念仏を実践しなければならないという邪義は、親鸞聖人は勿論、経典上にも聖教上にもどこにも見られない珍らしき法です。


ところで、『西方指南抄』十七条御法語を読み進めていくとこのような御文もあります。

又云、『玄義』に云く、「釈迦の要門は定散二善なり。定者(は)息慮凝心なり、散者(は)廃悪修善なりと。弘願者如大経説、一切善悪凡夫得生」といへり。予(よが)ごときは、さきの要門にたえず、よてひとへに弘願を憑也と云り。

又云、善導は第十八の願、一向に仏号を称念して往生すと云り。恵心のこころ、観念・称念等みな、これを摂すと云り。もし『要集』のこころによらば、行者においては、この名をあやまてらむ歟と。
又云、第十九の願は、諸行之人を引入して、念仏之願に帰せしめむと也。


19願は諸行の人、すなわち聖道門の人を念仏の願(18願)に帰依させるための願であると教えられています。そして、法然さま自身も要門の修行に堪えられない身であるからひとえに弘願をたのむのだと仰っています。にもかかわらず要門を実践しようとしているのは、どれだけ我が身知らずで自惚れ強いのでしょうか。


このように聖教を伺っていきますと、いよいよ親鸞会の邪義が明らかになり、いよいよ18願に依るしか我々が往生し成仏する道はないのだと知らされます。そして

○19願を実践していくとどうなるか

親鸞聖人 (臨終に来迎があれば)辺地・胎生・懈慢界の往生。20願へ進むという説示は無い
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
高森会長 善のカケラもできない自己が知らされて、20願へ進む



○20願について

親鸞聖人 20願を捨てよ
―――――――――――
高森会長 20願を実践せよ

       ※実態は19願の勧めばかりで20願は無視状態

という教義の差別があることも分かりました。19願を実践していく先は、死ぬまで求道、臨終来迎、化土往生です。平生業成、報土往生をし、法然聖人や親鸞聖人と同じ果報を得ようというなら、19願は捨てて18願一つ聞いて下さい。仏願の生起・本末、つまり「たすけるぞ」を聞き、念仏するのみです。

いつなんだ?

因果の道理が心底分かって、廃悪修善の気持ちが強くなるのは、いつなんだ?

悪しかできない己の姿が本当に知らされるのって、いつなんだ?

後生は一大事と驚き立つのって、いつなんだ?

後生に驚き立って、横の線の軌道に乗るのって、いつなんだ?

19願の実践をしていって、善のできない自分が知らされるのって、いつなんだ?

信仰が進んで、20願へ進むのって、いつなんだ?

20願の実践をしていって、心からの念仏も称えられない自分が知らされるのって、いつなんだ?

結局のところ、18願の世界へ転入するのって、いつなんだ?




【投稿文】 第4回 「 親鸞会を退会して 講師部の皆さんへ 」

等で嶋田元講師が仰るように、親鸞会教義とは

「雑行を知るだけでも30年40年かかる、真実信心は50年100年で 獲られるものではない」

という教えですから、今日や明日にも無常が迫っている人、肉体的精神的な病気・怪我で十分に親鸞会の活動ができない人は救われっこないことが分かります。一念の救いに遇うのに、雑行を知るだけで30年40年かかる、真実信心は50年100年で獲られるものではないというなら、結局は

30年40年では救われない、50年や100年では救われない

ということです。これに気づき、おかしいと疑問を持たねばなりません。会員の皆さんの多くは、

こんな こと言われて はーそうですかと  受け入れている

ようですが、嶋田さんも仰るように早く目を覚まして下さい。先に挙げた疑問をもっと深く自分の上に突き詰めて、親鸞会の教えで自分は助かるのかどうか、もっと真剣に考えて下さい。


仏願の生起・本末」とは18願のことです。19願・20願は入りません。
南無阿弥陀仏の六字のこころ」も18願のことです。19願・20願は入りません。

信心獲得すといふは第十八の願をこころうるなり。この願をこころうるといふは、南無阿弥陀仏のすがたをこころうるなり。このゆゑに、南無と帰命する一念の処に発願回向のこころあるべし。これすなはち弥陀如来の凡夫に回向しましますこころなり。(『御文章』5帖目5通)

どこに、18願を心得るために19願・20願を実践せよなんて説かれていますか? 高森会長が私利私欲を満たすために教えを利用し、捻じ曲げているところから、こんな邪義が発生してくるのです。19願を勧めるのは、虎どころか、猫でもない、ネズミの絵を与えて「虎を描け」と言っているようなもので、一生虎は描けません。

私達が聞くべきは、最初から最後まで18願のみです。方便仮門は直ちに捨てて、「南無阿弥陀仏の六字のこころ」、「助けるぞ」の仰せを聞いて下さい。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

もし(親鸞会流の)三願転入をもって本願とせば、いのち一刹那につづまる無常迅速の機、いかでか本願に乗ずべきや。されば真宗の肝要、一念往生をもつて淵源とす。

先日日曜の高森会長の話の中で出てきた「口伝鈔」のお言葉

如来の大悲、短命の根機を本としたまへり。もし多念をもつて本願とせば、いのち一刹那につづまる無常迅速の機、いかでか本願に乗ずべきや。されば真宗の肝要、一念往生をもつて淵源とす。

が出てくる一段は、元々題名にもあるように

一念にてたりぬとしりて、多念をはげむべしといふ事。
往生は一念で十分であると知った上で、一生涯にわたって多念の称名を励むべきである

ということを言われています。「一念」とは一念の信あるいは称名の一声を表し、「多念」とは「多念の称名」ということで、多くの念仏、一生涯の念仏ということを表しています。なお最初に注意しておきますが、この一段は「念仏」及び本願の名号を信ずる「信心」について教えられているのであり、親鸞会の大好きな「諸善」は教えられておりません。「諸善」は「非本願」であるとして選び捨てられた難行・劣行であるからです。

なぜ覚如上人が「一念」、「多念」ということについて仰っているかというと、実は法然門下の中で、法然聖人の念仏往生の真実義を誤り、一念義の立場・多念義の立場という邪義が生じていたからです。一念義とは、一声の称名または一念の信で往生の業事は成就すると偏執して、多念の称名を嫌い否定する立場のことをいいます。それに対して多念義とは、平生に多念の称名を積むことによって、臨終に往生の業事が成弁すると偏執して、一念業成を否定する立場をいいます。それらの邪義に対し、法然聖人の教えられた専修念仏は一念・多念のいずれにも偏執しない念仏往生の義であることを親鸞聖人は明らかにされ、その親鸞聖人の教えを覚如上人もここで教えておられるのです。

いわゆる、往生が決定するのは信一念においてであり、その後の称名は仏恩報謝として命のある限り一生涯相続すべきであると教えられています。それを多念の称名により往生が決定するととらえるのは、弥陀の本願に違反し、釈尊の教えに背くものであるというのです。なぜなら、ということで先に挙げた一文が出てきます。如来の大悲は「短命の根機」を本とし、もし多念の称名により往生が決定するという本願だとすると、「いのち一刹那につづまる無常迅速の機」は多念の称名を行ずる間もなく命が終わり、本願では助からないからです。ですから、真宗の肝要は一念往生であるというのです。

ここで会員の皆さんに考えて頂きたいのが、「もし(親鸞会流の)三願転入をもって本願とせば」という問題です。親鸞会流の三願転入の教えとは、

まず19願の自力諸善を精一杯励み、信仰が進んで善のできない自分が知らされて20願へ進む。
次に20願の自力念仏を精一杯励み、更に信仰が進んで心からの念仏も称えられない自分が知らされる。
微塵の善もできないと地獄の釜底に叩き落された時、ただで救うと誓われた18願の世界に転入する。


といった類のものです。要は

まず19願の自力諸善、次に20願の自力念仏を精一杯励んで、微塵の善もできないと知らされること

が往生が決定する因であると言うのと変わりません。そうしなければ18願の世界に転入できないというのですから。これを「口伝鈔」のお言葉に照らし合わせて考えますと、こう言えます。

如来の大悲、短命の根機を本としたまへり。もし(親鸞会流の)三願転入をもつて本願とせば、いのち一刹那につづまる無常迅速の機、いかでか本願に乗ずべきや。されば真宗の肝要、一念往生をもつて淵源とす。

如来の大悲は、極めて短命な者を障りなく救うことを根本とされているからです。もし「まず19願の自力諸善、次に20願の自力念仏を精一杯励んで、微塵の善もできないと知らされること」を往生の因とするというような本願をお立てになったならば、一瞬の後に死が迫っているような迅速な無常にさらされている者は、どうして本願のお救いに遇うことができましょうか。そういうわけですから、浄土真宗の肝要は、本願を信ずる一念(時)に往生が定まるという宗義を根源としております。

お分かり頂けたでしょうか? 親鸞会流「三願転入の教え」は、「短命の根機」「いのち一刹那につづまる無常迅速の機」は本願のお救いに遇うことができない、本願のお救いから漏れてしまう、そういう教えなのです。


最近、東北地方で津波を観測する大きな地震があったことは既にご存じかと思います。5年前の東日本大震災を想起させるような出来事でしたが、当時このブログでは

「短命の根機」「いのち一刹那につづまる無常迅速の機」とは誰の事だと思っていますか?

という記事を書いています。親鸞会流「三願転入の教え」は、この先何十年も健康で活動できることを前提として説かれているため、今日や明日にも命が終わってしまう人には不相応な教えなのです。5年以上前からこうしたことを訴え続けているのですが、会員の皆さんはまだ気づかれないでしょうか? 今臨終となって気づいても遅いのです。早く気づかないか、早く気づかないかとやきもきしているのは私だけでしょうか?


ところで、もし「まず19願の自力諸善、次に20願の自力念仏を精一杯励んで、微塵の善もできないと知らされること」を往生の因とするような本願をお立てになったとすると、往生が決まるという18願の世界に転入する時はどの時と定めたらいいのでしょうか。もし「いのち」が終る最後の時とするならば、凡夫にとって死の縁はまちまちであって、火に焼かれて死ぬかも知れませんし、水に流されて死ぬかも知れません。あるいはまた刀剣に突かれ切られて死ぬこともあり、眠っている間に死んでしまうかも知れません。これらはみな過去の業因縁の催しであって、逃れるすべはありません。ところがもしこのような業縁に催されて、死んでいく者が、今が18願の世界に転入する時であるぞと思い、かねてから期待してきた通りに、たじろぐことなく、改めて心を静め、「南無阿弥陀仏」と十遍称えて、如来の来迎引接に預かることは極めてむつかしく、会員としては、たといかねてから思いめぐらせていたことであったとしても、阿弥陀仏の第十九願のはたらきから言って、必ず来迎されるかどうかは大変不確かなことです。

ですから第十九願の文にも「現其人前者(その人の前に現れる)」の上に「仮令不与」などの言葉が置かれています。「仮令」とは「たとい」と訓読すべき言葉です。「たとい」とは「あらまし」ということで、「大体のところ」「おおよそ」という曖昧さを表しています。阿弥陀仏が、往生の行としては選び捨てられた非本願の諸行を修行して浄土に往生したいと願う行者を、阿弥陀仏の大慈大悲は見放したまわずに、行者が、その諸行の中の一つとして行じていた自力念仏を評価し、それを根拠として、もし来迎に値するならばその人の前に現れてやろうといわれているのです。必ず来迎するとは決まっていませんから「仮令」の二字を置かれたのです。 「もしもそういうこと(来迎に値すること)がありうるならば」という意味を表しているのです。

親鸞会の会員は来迎が不定であるという結果を招いた過失の大部分は、自力の企てによって第十八願に背き、仏智に違反していることです。自力の企てというのは、凡夫が我を立ててはからうことで、それを過ちとして嫌うのです。「18願の世界に転入するには、19願・20願の道程を経なければならない」とする親鸞会流「三願転入の教え」が、第十八願に背き、仏智に違反している邪義だということは、もうお気づきでしょう。

今、「口伝鈔」の言葉になぞらえて書いてきましたが、多念の行者と親鸞会会員とで違う点がいくつかあります。重大な違いは、やはり本願の行である念仏一行を往生の行としているのと、本願において選び捨てられた諸善を自力の企てにより拾ってやろうとしている点でしょう。それに、往生を願うか、絶対の幸福だとかいう幻想的な楽を追い求めているかという、行を修める動機という点も違うと思います。あとは、親鸞会教義の観点・高森会長の言葉から、多念の行者は20願の行者、親鸞会会員は19願の入口にも入っていない者ということが言えるでしょう。往生という点においては、親鸞会会員は多念の行者よりはるかに遠い存在であることが判ると思います。こんな体たらくで、ある時は「今助かる」だとか言っているのですから、おめでたいという他ないでしょう。「今助かる」わけがありません。「今助かる」教えではないんですもの。「今助からない」教えを信じていて、どうして「今助かる」というのでしょうか?


「平生業成」「現生不退」「不体失往生」とは言葉だけで、親鸞会では「臨終業成」「現生活動」「体失往生」の教えになってしまっています。否、臨終に救いにあずかれるならまだいい方で、平生邪義を聞かされ続け、邪義を弘め伝える善もどきの善を懸命に積み、自力念仏の者は必堕無間などと念仏を誹謗する罪を重ね続けていますから、必堕無間はあながち間違いではないかもしれません。ただそういう人であっても、今までの悪心をひるがえし、改悔懺悔して一心に本願のこころ、南無阿弥陀仏の六字のこころを頂けば、本願を信じたその時往生定まる身とさせて頂けます。もう邪義に惑わされて後生は勿論、今生でも多くの犠牲を伴わないようにと、会員の皆さんにはそう願うばかりです。


【参照】
『口伝鈔』(21)一念と多念
『口伝鈔』現代語訳
「短命の根機」「いのち一刹那につづまる無常迅速の機」とは誰の事だと思っていますか?

親鸞聖人が「信ずべし」とお勧めになっている「この高僧の説」の中に、三願転入は入らないということです

親鸞聖人は、三願転入の文にて、

ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。(化身土文類)

と仰っています。善知識方の教えによって、19願を永久に離れ出たと仰っています。ここから、

善知識方の教えとは、19願を永久に離れ出なさい

ということが判ります。親鸞聖人はその仰せに順って19願を永久に離れ出ました。七高僧方の中には、19願について言及さえない方もいらっしゃる(『飛雲』高森邪義の根底にある理論参照)のですから、私達が19願から始めなければならないなどという珍説が真宗にあるはずがないのです。

この三願転入について、林遊@なんまんだぶ様からコメントを頂いたので紹介します。

********************
高森顕徹氏の提唱する、いわゆる三願転入は仮である要門、真門を決釈したあとで説かれている文なのでした。求法のプロセスとしてではなく三願を考察して、要門、真門、弘願門という法義を差を表現する論理的な次第を顕す御開山の筆致ですね。
原文では、

 久出万行諸善之仮門 永離双樹林下之往生。
 (久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る)

と、「久出」、「永離」とありますから、この道を行くのではないですよという御開山のお勧めであることは明白です。
このことは、「玄義分」の要弘二門釈p.300で

 しかも娑婆の化主(釈尊)はその請によるがゆゑにすなはち広く浄土の要門を開き、安楽の能人(阿弥陀仏)は別意の弘願を顕彰したまふ。

以下の文から解るのでした。釈尊は要門という法義を開き、阿弥陀仏は弘願という法義を顕したというのが観経の二尊一教の教説なのでした。
しこうして、『観経』の結論としての流通分では、

 汝好持是語 持是語者 即是持無量寿仏名
  (なんぢ、よくこの語を持て。この語を持てといふは、すなはちこれ無量寿仏の名を持てとなり)

と、釈尊は定善散善を説いてきましたが、流通分において阿弥陀仏の意に望めて、なんまんだぶの称名を阿難に付属したのでした。
善導大師が、

 上来定散両門の益を説くといへども、仏の本願に望むるに、意、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり。

と、された所以でした。古来から『観経』は、釈尊と阿弥陀仏の二尊一経であるといわれますが、流通分(教えを末代に伝えること)に至って釈尊は定善散善を廃して、なんまんだぶという一行を阿難に付属したのでした。

********************

『観経』ではそれまで広く説いてきた定散二善ではなく、下三品にわずかに説かれた念仏を阿難に付属されています。このことは『行文類』念仏諸善比挍対論にも、

付嘱不嘱対、念仏は釈迦・弥陀二尊の本意にかなった法であるから付属されたが、諸善は付属されなかった。

とあります。「この道(19願)を行くのではないですよ」という御開山のお勧めであるということがよく分かります。


ちなみに、親鸞聖人は『正信偈』最後に

弘経の大士・宗師等、無辺の極濁悪を拯済したまふ。
道俗時衆ともに同心に、ただこの高僧の説を信ずべしと。


【現代語訳】
釈尊の正意を伝えてくださった菩薩や祖師方は、濁悪の世に生きるすべてのものに救いの光をもたらされた。出家といわず在家といわず、いまこの法縁に遇うものは、この高僧方の教えをはからいなく受けいれて信じるがよい。

と仰っていることは、朝晩のおつとめをきちんとしているであろう会員の皆さんはよくご存じかと思います。尤もおつとめをしていない高森会長は知らないかもしれません。正本堂落慶法要か何かのおつとめで、御和讃を一つすっ飛ばしたことはまだ覚えていますからね。

さて、三願転入については親鸞聖人が初めて仰ったことであり、しかも『化身土文類』の唯一ヶ所のみ述べられています。そして親鸞聖人の教えを面受口決されたという覚如上人、親鸞聖人の教えを一器の水を一器に移すが如く伝えられたという蓮如上人も、三願転入について触れている記述はありません。つまり、親鸞聖人が「信ずべし」とお勧めになっている「この高僧の説」の中に、三願転入は入らないということです。

当然、高森邪義満載の「三願転入の教え」など欠片もないことは言うまでもありません。もし会員の皆さんが真に後生助かりたいと願うならば、「三願転入の教え」だとかいう邪義は捨てて、18願一つ疑いなく聞いて念仏して下さい。それで往生は定まります。

19願からは、自分の意思で、あるいは教えてもらうことで離れることができます

会員の皆さんの大きな誤解の一つに、

19願の善に励んで、できない自分を知らされてからでなければ次へ進めない

というものがあります。念仏往生、平生業成の教えをいつの間にか諸行往生、臨終業成、死ぬまで求道の教えにすり替えられていたらこうした考えは無理からぬこと、というか当然のことです。


19願からは、自分の意思で、あるいは教えてもらうことで離れることができます。19願による往生を願わない、19願に誓われている雑行・雑修の行をやらなければいいだけの話です。こんな簡単なことができないとは、会員の皆さんにかけられている深いマインドコントロールの恐ろしさが知らされるというものです。

行を自分の意思で選んで捨てられることは、会員の皆さんが五雑行を自分の意思で選んで捨てていることからも分かると思います。言っておきますが、五雑行は諸善万行の一つです。「修諸功徳」の中の行の一つです。親鸞会で「方便の善だからやりなさい。やらねば信仰は進みません」なんかと言われている善の一つです。でも、高森会長から「心も行為も間違い」と教えられるから、自分の意思で選んで捨てているでしょう?


ちなみにこの「選んで」ということですが、私達が迷いを離れさとりを得るには何を捨て、何を「選んで」取るべきなのでしょうか。これについては法然聖人が教えられています。

それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。選択本願念仏集

【現代語訳】
そもそも、速やかに迷いの世界を離れようと思うなら、二種のすぐれた法門のうちで、聖道門をさしおき、浄土門に入れ。浄土門に入ろうと思うなら、正行と雑行の中で、雑行を捨てて正行に帰せ。正行を修めようと思うなら、正定業と助業の中で、助業を傍らにおいておきもっぱら正定業を修めよ。正定業とは、すなわち仏の名号を称えることである。称名するものは必ず往生を得る。阿弥陀仏の本願によるからである。

この御言葉は「選」という字が三回も重ねられていることから「三選の文」と呼ばれますが、その中で

浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。

と言われていることに会員の皆さんは注目です。「五正行以外の諸善」=「雑行」ですから、五雑行であろうが他の諸善であろうが関係なく法然聖人は抛ててと教えられています。

更には助業を差し置いて正定業である称名念仏一行を専らにしなさい。本願の御名を二心なく専ら修する者は必ず往生を得る。なぜならそれが本願に誓われ、阿弥陀仏のお心にかなった行為であるからだと仰せです。

実に分かりやすい仰せです。いやぁ、法然聖人のご教化、マジパネェっす! 親鸞聖人もこの、宗の淵源が尽くされ、教の理致がきわめられている法然聖人の『選択本願念仏集』を

『選択本願念仏集』は、禅定博陸[月輪殿兼実、法名円照]の教命によりて撰集せしめるところなり。真宗の簡要、念仏の奥義、これに摂在せり。見るもの諭り易し。まことにこれ希有最勝の華文、無上甚深の宝典なり。(化身土文類・後序)

【現代語訳】
『選択集』は、関白九条兼実公の求めによって著されたものである。浄土真実の教えのかなめ、他力念仏の深い思召しがこの中におさめられていて、拝読するものは容易にその道理に達することができる。まことに、たぐいまれなすぐれたご文であり、この上なく奥深い教えが説かれた尊い書物である。

と絶賛されていることは度々述べています。これは諭り易いですわ。法然聖人は捨てるものは「捨てよ」、選び取るものは「選んで何々せよ」とこれ以上ないくらいハッキリ仰せです。であるが故に明恵上人高弁は『選択本願念仏集』を激しく批判し、『摧邪輪』という書物を著しているほどなのですが…。


話を元に戻します。19願を自分の意思で捨てるということについてです。19願は定散諸機が対機であり、19願の善は化土往生する因であり、この世は生涯修諸功徳の善に努め、往生が定まるのは臨終、来迎がなければ化土往生することもできない、阿弥陀仏はそういった雑行・雑修を修める者を照らし摂めない、これは浄土を願わせるための方便の教えだということを聞いて、私が救われる教えではないと自分の意思で19願から離れればいいだけのことです。

経家によりて師釈を披くに、雑行のなかの雑行雑心・雑行専心・専行雑心あり。また正行のなかの専修専心・専修雑心・雑修雑心は、これみな辺地・胎宮・懈慢界の業因なり。ゆゑに極楽に生ずといへども三宝を見たてまつらず。仏心の光明、余の雑業の行者を照摂せざるなり。仮令の誓願(第十九願)まことに由あるかな。仮門の教、欣慕の釈、これいよいよあきらかなり。(化身土文類)

【現代語訳】
釈尊の経説にもとづき、祖師方の解釈を見てみると、雑行の中には、雑行雑心、雑行専心、専行雑心があり、また正行の中には、専修専心、専修雑心、雑修雑心がある。これらはみな自力の行であって、辺地・疑城胎宮・懈慢界といわれる方便の浄土に生れる因なのである。だから、浄土に生れても仏を見たてまつることができず、教えを聞くことができず、菩薩や声聞たちを見ることもできない。阿弥陀仏の光明は自力の行をまじえるものを照らしおさめることはないのである。第十九願を方便の願とするのは、まことに意味深いことである。釈尊が『観無量寿経』に定善・散善を説かれ、善導大師がこれは浄土を慕い願わせるための方便の教えであると解釈されたおこころが、いよいよ明らかに知られるのである。

このようなことですから、「19願を捨てよ」というのが聖人のお心なわけです。


実態としては、会員の皆さんは19願の善の真似事の真似事(にもならない?)をやっているだけであって、高森会長が言うように講師部員でさえ「君たちは十九願の入口にも入ってない」のです。私も会員だった頃の感覚としては、19願の門前でうろうろしているというものでした。
元々19願には入っていないのですから、その門戸を叩くのは止めて、引き返して直ちに18願の門戸を叩けばいいだけです。19願の先に20願、20願の先に18願があるという誤った理解は捨てて下さい。直ちに18願を聞いて、そして平生に往生定まる身となれます。仏の本願によるが故です。

中には、あなたは、自分の頭の中で三願転入した(したつもりになっている) 仏教を舐めている。なんかと、親鸞会で勧められる善もどきの善をやった程度で19願を実地にやったつもりになっているおめでたい方もいらっしゃいますが、こうした主張は六度万行、修諸功徳の善、定散二善、19願などに対する無知から生じる謬見です。実際に19願の行に励まれている方から見れば、親鸞会での行など仏教の行の内に入らないと一笑に付すことでしょう。

末法の世でしかも在家の身である私達は、とてもではないが六度万行、修諸功徳の善、定散二善に堪えられぬ末代不善の凡夫でありますから、親鸞聖人や蓮如上人がお勧めのように雑行・雑修・自力のこころをふり捨てて、一心に弥陀に帰命する以外に救われる手立てはありません。言葉通りの「親鸞学徒」であるなら、直ちに親鸞聖人、蓮如上人の仰せに順いましょう。


ところで、私が以前から求めているところの

親鸞聖人が「他力の信心を獲るために19願を実践せよ、定散二善をせよ」と仰った直接的な根拠

が提示されないままもう幾日も経過しています。高森流解釈による間接的な根拠(しかも根拠になっていない)しか出してこないのが現状です。私が求めているのは、例えば

・もつぱらこの行に奉へ、ただこの信を崇めよ。(総序)

・誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法聞思して遅慮することなかれ。(総序)

・「それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて、選んで浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲はば、正・雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛ちて、選んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正・助二業のなかに、なほ助業を傍らにして、選んで正定をもつぱらにすべし。正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに」(行文類)

・大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。(行文類)

・万善の自力、勤修を貶す。円満の徳号、専称を勧む。(行文類)

・『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。(化身土文類)

・それ濁世の道俗、すみやかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願ふべし。(化身土文類)


というような根拠です。ちなみに今挙げたお言葉ですが、前の6つは18願の信心・念仏を勧められ、一番最後は20願を勧められています。20願を勧められた根拠はこの唯一ヶ所ですが、親鸞聖人は化土往生を厳しく誡められた方ですから、親鸞聖人のお勧めは18願一つと見るべきだということは散々述べてきました。

こんな感じで、実際は無いですけれども、

・それ濁世の道俗、すみやかに万行諸善の仮門に入りて、双樹林下往生を願ふべし。

・大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰せんがために定散二善を修すべし。


みたいな文言があれば親鸞会の主張も筋が通るというものです。こういう根拠が最低一ヶ所、19願の実践が他力への不可欠なプロセスであるというなら18願を勧められたお言葉のように至る箇所に散見されれば、私を含め親鸞会批判者の皆さんも高森顕徹会長の主張に納得すると思います。しかし、何度も何度も言うように、親鸞聖人の教えに19願の勧め、修諸功徳の善の勧め、六度万行の勧め、定散二善の勧めはありません。19願を勧められた根拠は、聖教上にただの一ヶ所も見出すことができないのです。

いくらあなたが尤もらしいことを申されても、
聖教にないことでは浄土真宗ではありません!


どっかのアニメをもじって言ってみました。親鸞会が正しいと主張するなら、根拠の提示をお願いします。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード