正信偈の内容(16)ー信疑得失の妙判

『親鸞の世界』(加茂仰順師)より引用

   一

 法然上人は、智慧第一の法然と仰がれながら、出離生死の大事においては、源信僧都の「往生要集」の「往生之業念仏為本」を先達とし、善導大師の散善義の「一心専念云々」の文に着眼し、ここに本願念仏の実義に遇いたまいて、自ら他力を仰信し、道俗善悪の機を教化なされたのであります。
 もとより法然上人以前において念仏を修し、浄土を願生したものはすくなくはありませんでしたが、まだ聖道門外に独立せず、寓宗的なものでありました。しかるに上人悲智の徳溢れて、ここに一宗の旗幟鮮明となるに至ったのです。かくて選択本願の念仏、すなわち第十八願の他力往生法を弘く興し、これを宣布なされたのです。
 「選択集」(上)には「まさに知るべし、生死の家には疑いを以て所止と為し、涅槃の城には信を以て能入と為す。ゆえにいま二種の信心を以て九品の往生を決定するものなり」とあります。けだしわれら凡夫は無始以来、三界六道を往還去来して輪廻をつづけているのは、もとより無量の惑業にくくられているからではありますが、いま特に「疑いを以て所止と為す」と仰せられるのは、弥陀はすでにわれわれのために、六字名号を成就せられてあるゆえに、われわれは、ただその仏願に信順し、名号を領受すれば、大きな利益を蒙り、生死を超えて仏果に至らせていただくのです。しかるに疑い心にとどこおって願力を信受しなければ他力の利益を得ず、生死の家にとどまることは自業自得のことであります。それゆえ「必以信心為能入」(かならずしんじんをもってのうにゅうとなす)の一句は、まことに法然上人より宗祖親鸞聖人への伝法の真印であります。
 法然上人に信疑決判のお示しがありますゆえ、念仏往生の真髄は、信心往生のこころに結帰すること明らかであります。

   二

 法然上人は、念仏往生の教格にあって、信疑を決判なされたことは、まことに上人のご本意であり、選択本願の真髄です。念仏為本のお示しは、ややもすれば称えるということや念ずるというところに力味心が入りやすいものですが、「選択集」三心章には「念仏行者必ず三心を具足すべきの文」があり、「和語灯」には「問、念仏申すひとはみな往生すべきや、答、他力の信心は往生すべし、自力の信心は往生すべからず。問、その他力のやうはいかん、答、ただひとすぢに我身の善悪をかへりみず、決定往生せんとおもふて(信心)まふす(称名)を他力の念仏と申すなり」とありまた「一枚起請文」には「疑ひなく往生するとおもひとりて(信心)まふす(称名)ほか別に仔細候はず」と候せられてあります。念仏往生の実義、信心往生に終帰することを知らしめてくださること、まさしくこの信疑得失の妙判であり、また仏仏祖祖の本懐でもあります。

   三

 このようなこころにおいて法然上人は「念仏申す」が「弥陀をたのむ」ことであるとも仰せられています。また蓮如上人は「弥陀をたのむ」が念仏であるともさとされています。これについても弥陀をたのむこころをうかがいますと、真宗安心は雑行すてて弥陀をたのむことのほかはありません。なぜ雑行すてるかといえば、六字名号をお受け申すゆえいらぬからすてるのです。それならば弥陀を何とたのむのかといえば、後生助けたまえとたのむのです。それは口か、心か、言わず語らず思わず知らず、御意の仰せにしたがいもうす一念が後生助けたまえとたのむこころです。それなら仰せの御意はといえば、たのむものを助ける勅命です。その勅命の体は六字です。また六字は何かといえば第十八願です。それは至心信楽欲生の三信です。さらに三信とは無上仏智の一念です。その仏智の一念は、法におけば勅命、教におけばたのめの御意、機におけば助けたまえの一念です。さらに第十七願では名号、第十八願では三信です。その六字の内容を三つにすれば三信、二つにすれば帰命と発願廻向、一つにすればたのむ一念です。その帰命と発願廻向とは機にあっては、助けたまえとたのめば、たのむところにお助けがあたえられます。また称えて往生か、たのんで往生かといえば、たのむ一念の刹那称えるを待たずすでに往生が定まります。それは助けたまうことわりを、助けたまえと信じた一念です。つまり御意の仰せにしたがいたてまつるのがたのむこころです。六字のいわれを明らかに聞き得させていただいたとき、たのむ一念に往生が定まり、いのち終わりしだい浄土へ迎えとられるのです。

(p.253~p.256)
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード