浄土往生の証拠

この一年、楽しかったことや嬉しかったこと、また苦しかったことや辛かったこと、色々とありました。苦しい時は「いつまでこの状態が続くのか」と時間の経過が遅く感じられたりもしましたが、振り返ってみればあっという間に終わってしまったというのが実感です。皆さんは今年一年を振り返って如何でしょうか?
気がつくと、「今日も明日も、今週も来週も、今年も来年も、今日と同じように過ごせる、永遠に生きていられる」と思っている私。でも命には限りがあります。今日、今週、そして今年があっという間に終わってしまうように、人生もあっという間に終わってしまうのでしょう。その短い一生、たいていはそのまま輪廻していくしかない者が、阿弥陀仏の本願に値えたということはまたとないご縁です。TS会で聞いて想像していたような「絶対の幸福」なるものとは違いましたが、人生を浄土の旅とさせて頂き、後生に関しては阿弥陀さまにお任せと安心させて頂きました。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
ところがせっかくこの阿弥陀仏の本願ましますことを聞いていても、まだ本願を聞いていなかったり、聞いたつもりであったりしては大変です。直ちに本願を聞いて只今救われて下さい。浄土の旅を共にさせて頂きましょう。「何時でも聞ける、まだまだ聞ける」と思っていたり、「自分は未熟な機だから」と慮っていてはなりません。聞くのは今であり、そして成熟した私ではなく今ここにいる私が本願を聞くのです。
また往生の証拠は、私の聞きぶりや思いにあるのではなく、阿弥陀仏が仕上げて下さった南無阿弥陀仏にあるのです。今年の最後に、その加茂仰順師のお言葉を書きます。


浄土往生の証拠

『親鸞の世界』(加茂仰順師)より引用

 その名号を聞かせていただいたその信の一念と同時に、即得往生住不退転の往生は、如来の方より定めて下さいます。
 その証拠は、南無をたのむものを阿弥陀仏と助けたもうが南無阿弥陀仏のゆわれでありますから、たのむ一念に往生とお定め下さる証拠は、この南無阿弥陀仏であります。
 この南無阿弥陀仏は弥陀のおさとりの仕上ったすがたであり、これを証拠として、たのむ一念に往生一定といただいた上は、何も文句はありません。それで、これで助かろうか、助かるまいかの私の心の扱いはいりません。心配は少しもありません。
 しかし、しかし、うわの空で聞いてはいないか。まだ本当に本願のいわれを聞かぬのではないか。ご用心。ご用心。

(p.390~p.391)


当ブログを読んで下さった皆様、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード