方便の行とは、「真実へ入るための行」ではなく、「方便化土へ往生する行」

19願の善をしてくと20願へ入り、20願の念仏を称えていくと18願へ転入するのではありません

の記事にて、『善知識方の教えとは、「19願から出て離れなさい」という教え』であると書きました。19願とは、菩提心を発し、さまざまな善根功徳を積んで、心から浄土に生まれたいと願う者の臨終に、阿弥陀仏が諸仏菩薩に取り巻かれて迎えに行くという願です。親鸞聖人は19願をどのように見ておられるのでしょうか。

しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども、真なるものははなはだもつて難く、実なるものははなはだもつて希なり。偽なるものははなはだもつて多く、虚なるものははなはだもつて滋し。ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。すでにして悲願います。修諸功徳の願(第十九願)と名づく、また臨終現前の願と名づく、また現前導生の願と名づく、また来迎引接の願と名づく、また至心発願の願と名づくべきなり。(化身土文類)

「五濁の世の人々、煩悩に汚れた人々が、九十五種のよこしまな教え(外道)を離れて、半字教(小乗仏教)、満字教(大乗仏教)、権教(四車家の立場から聖道門内の三乗)、実教(四車家の立場から聖道門内の一乗)といった仏教のさまざまな法門(二双四重の教判では堅出、堅超に分類される)に入ったといっても、真実のものははなはだ少なく、虚偽のものははなはだ多い。このようなわけで釈尊は、福徳蔵(観経の定散二善)を説いて多くの人々を誘い入れ、阿弥陀仏はその本となる誓願を発して広く迷いの人々を導いて下さるのである。すなわち、すでに慈悲の心からおこしてくださった第十九願がある。この願を修諸功徳の願と名づけ、また臨終現前の願と名づけ、また現前導生の願と名づけ、また来迎引接の願と名づける。また至心発願の願とも名づけることができる」という意味です。
親鸞聖人は19願のことをいくつもの呼び名で仰っていますが、たとえば臨終に行者の前に現れるという願ですから臨終現前の願、阿弥陀仏が来迎して浄土へ引き入れるという願ですから来迎引接の願と仰っています。臨終来迎の意味合いが強いことが、臨終現前の願、現前導生の願、来迎引接の願と3つも名を挙げて仰っていることから分かります。また19願は、行は自力諸行であり、行者を方便化土へ往生させるという誓いですから自力諸行往生の願と言われます。
自力諸行のことを善導大師は雑行と仰り、法然聖人も同様に雑行と仰っています。本師法然聖人は、すみやかに迷いの世界を離れようと思うならどうせよと教えらえているのでしょうか。それを明確に顕されているのが、「三選の文」です。

はかりみれば、それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。(選択本願念仏集)

聖道門を閣きて浄土門に入れ、雑行を抛てて正行に帰せよ、前三後一の助業を傍らにして正定業である称名一行をもっぱらにせよ、と教えられています。「閣きて」も「抛てて」も「捨てて」「出て離れて」という意味です。雑行を行体とするのが19願ですから、すみやかに迷いの世界を離れようと思う人に19願の善の勧めがあるかどうか、法然聖人のお言葉を読めば明白ですね。親鸞聖人はこの三選の文を「行文類」に引文され、決釈として、

あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。(行文類)

と仰っています。「行文類」とは真実の行である選択本願念仏を顕された文類ですので、ここではさまざまなお言葉を引文された後で本願の念仏とはどういうことか、誰に何を勧められているのかを教えられているのです。
まず本願の念仏とは、凡夫や聖者が自ら励む自力の行ではなく、阿弥陀仏のはたらきかけによるものです。なので行者の側からすれば不回向の行というのです。次に誰に向かって仰っているというと、大乗の聖者、小乗の聖者、重い罪の悪人、軽い罪の悪人ですからすべての人と言ってよいでしょう。そして何を勧められているかというと、大いなる宝の海とたたえられる選択本願に帰し、念仏して成仏することです。選択本願ですから当然18願の勧めです。19願の勧めはありません。19願は方便化土へ往生する行信を教えられたものだからです。

つつしんで化身土を顕さば、仏は『無量寿仏観経』の説のごとし、真身観の仏これなり。土は『観経』の浄土これなり。また『菩薩処胎経』等の説のごとし、すなはち懈慢界これなり。また『大無量寿経』の説のごとし、すなはち疑城胎宮これなり。(化身土文類)

「化身土文類」はこのお言葉から始まるように、方便化土とその行信を顕された文類です。18願へ入る道程を教えられた文類ではありません。方便化土へ往生する行信が19願、20願の行信であるということで、19願の実践の末20願へ入り、20願の実践の末18願へ転入するという親鸞会流三願転入の意味合いは全くないのです。高森会長は、真実の行とは何か、方便の行とは何かが全く分かっていないか、故意に意味を変えて説いているために、会員は18願の救いに遇うには19願の実践が不可欠だと思いこまされているのです。方便の行とは、「真実へ入るための行」ではなく、「方便化土へ往生する行」のことです。ですから、真実報土へ往生するためには捨てねばなりません。会員は方便の行を「真実へ入るための行」だと理解していますので、捨てねばならぬものを大事に、頑なに持っているということになります。長年会員として活動している会員さんでも、活動が一番大変であろう講師部員でも、救われている人が皆無に等しいのも頷けます。

先生が選択本願念仏の教え一つを明らかにされたなら、先生を尊敬する弟子も選択本願念仏の教え一つを明らかにするのが筋です。親鸞聖人は法然聖人の通り、蓮如上人は親鸞聖人の通り選択本願念仏(18願)一つを教え勧められました。しかし、高森会長は善知識方の勧めていない19願を勧め、善知識方がこぞって勧める選択本願念仏を軽視してほとんど教えることはありません。これはきっと、「世界の光 親鸞聖人」と口では言っていても、実際はさほど尊敬していないからでしょう。もしかしたら、自分を親鸞聖人以上に思っているのかも知れません。いや、善知識方が捨てよと仰る雑行をやれと真逆なことを教えているのですから、自分の方が偉いと思っているのです。このように善知識をかろしめ、18願一つを説く者・聞く者を貶めるような輩は五逆の人であり、謗法の人であるから、近づいてはならないと教えられています。

師をそしり、善知識をかろしめ、同行をもあなづりなんどしあはせたまふよしきき候ふこそ、あさましく候へ。すでに謗法のひとなり、五逆のひとなり。なれむつぶべからず。(末灯鈔)

親鸞聖人のお言葉を信じて取るか、あるいは高森会長の話を信じて取るかは、会員の皆さん次第です。
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード