それで、「一切衆生必堕無間」の根拠は?

当ブログの主張は、『「一切衆生必堕無間」は珍説』

の記事に、またまた「ヒロシ」さんからコメントがありました。


********************
妙好人

へぇ~。妙好人・宮川信吉はカルトの考えなんですね。

「お慈悲を聞かぬものは馬鹿でぃ。人間に生まれたのは、お慈悲聞きに生まれたのじゃ。お慈悲間かにゃ、地獄へ落ちるぞぃ。お寺へ参りさえ」

弥陀のお慈悲聞かないと、地獄に落ちると述べているんだけど、カルトの考えなんだあ~。

********************


どうも論点がずれてしまっているので、大本に立ち返りたいと思います。
当ブログの主張は、親鸞会が主張している「一切衆生必堕無間」は珍説であるというものです。それは違うというのならば、妙好人ではなく善知識方の御言葉で「一切衆生は必堕無間である」という根拠を示して頂きたいと思います。この度のコメントでそんな根拠はないと言っているようなものですが、それが示せないというのならば、潔く根拠がないことを認めて、揚げ足取りに勤しむようなことはお止め下さい。


次に、宮川信吉という人がどのような人物なのか分かりませんが、単に「地獄へ堕ちる」というようなことは覚如上人も言われています。つい先日も挙げましたが、再び引用しておきます。

往生浄土のためにはただ信心をさきとす、そのほかをばかへりみざるなり。往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。故聖人[黒谷源空聖人の御ことばなり]の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」と、たしかにうけたまはりしうへは、たとひ地獄なりとも故聖人のわたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。このたびもし善知識にあひたてまつらずは、われら凡夫かならず地獄におつべし。しかるにいま聖人(源空)の御化導にあづかりて、弥陀の本願をきき摂取不捨のことわりをむねにをさめ、生死のはなれがたきをはなれ、浄土の生れがたきを一定と期すること、さらにわたくしのちからにあらず。たとひ弥陀の仏智に帰して念仏するが地獄の業たるを、いつはりて往生浄土の業因ぞと聖人授けたまふにすかされまゐらせて、われ地獄におつといふとも、さらにくやしむおもひあるべからず。

そのゆゑは、明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師とともにおつべし。さればただ地獄なりといふとも、故聖人のわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと。これ自力をすてて他力に帰するすがたなり。(執持鈔)


この中で覚如上人は、

・このたびもし善知識にあひたてまつらずは、われら凡夫かならず地獄におつべし。

と仰っています。ただ、後の方では、

・明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。
・しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師とともにおつべし


とも仰っています。「地獄」が「悪道」に変わっています。我々の後生は地獄であると必ずしも限定はされていないのです。まして、全ての人の後生は無間地獄だなどとはどこにも仰っていません。それは蓮如上人も同じです。
妙好人の言葉は自身の味わいによるところが大きく、地獄という表現が多く使われています。また説法の中で、後生は地獄だと説く布教師はあったでしょうし今もあるでしょう。ただ、後生は必堕無間だとか、全ての人が無間地獄に堕ちるなどと言っている人はあるでしょうか。一人一人業が違うのに、一緒くたに全ての人の後生は無間地獄などとは、因果の道理から考えて普通におかしいと分かろうものです。この必堕無間の邪義が繰り返し徹底され、その恐怖が会からの離脱防止に一役買っていたことは、退会者のよく知るところであります。私は、ただ単に地獄という言葉を使うかどうかでカルトだと言っているのではありません。必堕無間の恐怖で離れようとする信者を縛っている、だからカルトだと言っているのです。


さて、宮川信吉さんはお慈悲を聞けと言われていますが、浄土真宗で言われるお慈悲とは阿弥陀仏の第十八願のこと、「我にまかせよ、必ず助ける」という南無阿弥陀仏の名号のことです。その第十八願の教法はそっちのけで、やれ三願転入しなければ助からないから十九願の善をやれだとか、やれ宿善薄い者はそのままでは宿善開発の時節到来はあり得ないから宿善を求めよ、厚くせよだなどと、およそ浄土真宗とは無関係な邪義を唱え続けているのが親鸞会であり高森会長です。後生は必堕無間と脅され、まるで間違った救いの法を与えられている会員さんは実に哀れでなりません。悲願の一乗に帰命しなければ永久に流転の身となるとは親鸞聖人の仰せであり、苦から苦への綱渡りとはまさにこのことです。早く高森信心を捨て去って本当の浄土真宗の教えに遇われることを願います。
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード