私は、無善造悪の凡夫でありますが、言うて聞かせて下さるおいわれは、仏の心でありますから、その仏の心に、同心する、つまり、順うものは、仏の心となるのであります。

『浄土真宗 信心』(加茂仰順師)より引用

  九 および声を、聞く

  

 「願成就文」でなければ、第一に、「聞く」ということがわからないのです。聞くということがわからないと、弥陀の廻向ということが分らないのです。なぜかと申しますと、聞くということが、弥陀の廻向にあう場所であるのであります。
 弥陀は、説き聞かす声から、廻向をなされるのであります。
 人間には、六識と申しまして、眼、耳、鼻、舌、身体、意識、があります。その中で、ただ声だけで、我心を人に伝える役目をするのです。
 阿弥陀如来は、この人間の性得に、はまるように、弥陀の心、即ち名号の心を、声によって、我々にお伝え下さるのです。
 声からお伝え下さるというても、弥陀の境界と、我々の境界とが、たいそうちがいますので、直接の弥陀の御声を、我々は聞くことができません。
 そこで、阿弥陀如来は、第十七願によって、「十方世界の無量の諸仏、悉く咨嗟して、我が名を称せずんば、正覚をとらじ」と、御誓い下されたこの第十七願の通りに、お釈迦さまが、我々に教えて下されたものであって、その声が御経となって伝っているのであります。
 声は、声のままには、伝わりません。声は現在だけで、未来も、過去もありません。これを未来に伝えようとすれば、どうしても、これを字に書きあらわさねばなりません。それですから、字は声だということもできます。

  九

 お経に書かれてあることは、お釈迦さまの声であります。お釈迦さまの声は、阿弥陀如来の声を伝えられたものであります。
 そのお経の心を聞くのは、弥陀、釈迦二尊の声を聞くのであります。その声の中には無量の功徳がふくまれてあるのであります。
 私は、無善造悪の凡夫でありますが、言うて聞かせて下さるおいわれは、仏の心でありますから、その仏の心に、同心する、つまり、順うものは、仏の心となるのであります。
 それですから、よき師のお話を聞くというのは、仏の教えを耳から、心の中へ移して貰うのであります。
 いま法のいわれを、耳から聞いて、同心がなられたら、法に同化したのであって、物を口で食べて消化したのと同じこととなります。
 蓮如さまは、「思案の頂上と申すべきは、弥陀如来の五劫思惟の本願にすぎたる事はなし。この御思案の道理に同心せば、仏になるべし。同心とて別になし。機法一体の道理なり」と仰せられました。


(p.92~p.95)
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード