「十九願の勧め」=「諸行往生・臨終来迎・化土往生の勧め」

(1) 一 本願寺聖人(親鸞)の仰せにのたまはく、
 来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終まつこと来迎たのむことは、諸行往生のひとにいふべし。真実信心の行人は摂取不捨のゆゑに正定聚に住す、正定聚に住するがゆゑに、かならず滅度に至る。かるがゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。これすなはち第十八の願のこころなり。臨終をまち来迎をたのむことは、諸行往生を誓ひまします第十九の願のこころなり。
執持鈔

真実信心の行人、つまり本願を信じ念仏する者は、阿弥陀仏が光明の中に摂め救い取って決して捨てられません(摂取不捨)。それゆえ、必ず仏と成るべき身となります(正定聚に住す)。ですから、必ず真実報土(滅度)に往生するのです。このようなことですから、浄土往生できるか否か、臨終を待って阿弥陀仏の来迎をたのみとすることはありません。これが第十八願の念仏往生のこころです。
それに対して、自力不真実の行人は、自分の修めた諸行(諸善)をたのみとして往生を願うもので、臨終を待って阿弥陀仏の来迎がなければ浄土に往生することはできません。これは、第十九願の諸行往生のこころです。

以上のようなことが、親鸞聖人の仰せであるというのです。覚如上人はあくまで、第十九願は諸行往生を誓われ、自力の行者が修めた諸の功徳をたのみとして往生を願うもので、その往生も臨終を待って阿弥陀仏の来迎がなければ叶わない不定の益であると仰せです。その十九願に誓われている諸善を、十八願の救いに遇うためにやれと教えられるわけがないでしょう。十九願を勧めるということは、諸行往生、臨終来迎を勧めることになるからです。

覚如上人が「本願寺聖人(親鸞)の仰せにのたまはく」と仰せのように、親鸞聖人は『末灯鈔』にて以下のように教えられています。

来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終といふことは、諸行往生のひとにいふべし、いまだ真実の信心をえざるがゆゑなり。また十悪・五逆の罪人のはじめて善知識にあうて、すすめらるるときにいふことなり。真実信心の行人は、摂取不捨のゆゑに正定聚の位に住す。このゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。信心の定まるとき往生また定まるなり。来迎の儀則をまたず。
(中略)
定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。


やはり親鸞聖人は、「自力の行者は自らが修めた善をたのみとして往生を願うのだが、その往生も臨終を待って来迎がなければ叶わず、往生したとしても辺地・胎生・懈慢界といった化土にしか往生できない」と仰り、その根拠として第十九願を挙げられています。十九願を勧めるということは、諸行往生、臨終来迎、化土往生を勧めることに他なりません。ですから聖人は十九願のことを、

修諸功徳の願(第十九願)と名づく、また臨終現前の願と名づく、また現前導生の願と名づく、また来迎引接の願と名づく、また至心発願の願と名づくべきなり。

と仰り、臨終に行者の前に現れようという願、臨終に現れ導いて往生させようという願、臨終に迎えに来て引き導こうという願であることを明らかにされています。親鸞聖人の教えは、念仏往生、住正定聚、報土往生です。三願転入の教えだとか言って十九願を根拠に善を勧める親鸞会教義が、如何に親鸞聖人の教えとかけ離れたものかお分かり頂けると思います。

これらを承けて、蓮如上人も『御文章1帖目4通』に以下のように教えられています。

答へていはく、不来迎のことも、一念発起住正定聚と沙汰せられ候ふときは、さらに来迎を期し候ふべきこともなきなり。そのゆゑは、来迎を期するなんど申すことは、諸行の機にとりてのことなり。真実信心の行者は、一念発起するところにて、やがて摂取不捨の光益にあづかるときは、来迎までもなきなりとしらるるなり。されば聖人の仰せには、「来迎は諸行往生にあり、真実信心の行人は摂取不捨のゆゑに正定聚に住す、正定聚に住するがゆゑにかならず滅度に至る、かるがゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし」(御消息・一意)といへり。この御ことばをもつてこころうべきものなり。

蓮如上人は直接十九願ということは仰っていませんが、親鸞聖人・覚如上人のお言葉を見れば、「来迎は諸行往生にあり」とは諸行の機、すなわち十九願の行人のこと、「臨終まつことなし、来迎たのむことなし」とは十八願真実信心の行人のことを言っているのだと分かるでしょう。蓮如上人も三願転入の教えを説いているなどと親鸞会は寝とぼけた妄言を吐いていますが、勧められているのは十八願のみです。

親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人は一貫して十八願のみをお勧めですが、蓮如上人以来の善知識であるという高森会長は十八願の世界に入るには必ず十九願・二十願の道程を通らなければならないと言って、殊更十九願を根拠に善(主に献金、勧誘、無条件服従)を勧めています。親鸞聖人は三願転入の御文にて

ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。

親鸞は善知識方の教勧によって永久に十九願を離れたと仰せです。私達は十八願の救いに遇うために十九願の善をしなければならないのかどうなのか、あくまで聖教上の根拠を基に判定しなければなりません。
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード