【お知らせ】2016年(平成28年)親鸞会の報恩講の日程

本日あるご縁で久々に親鸞会発行『顕正新聞』(平成28年9月1日号)を手に入れました。最近、いつ行われているのかも分からない親鸞会の報恩講ですが、今年2016年は、

10月8日(土)、9日(日)

だそうです。演題までは書いていませんが、今年上映された映画「なぜ生きる」を強烈に推し進めていますから、行事の中で全てあるいは一部分の上映はあるでしょう。

映画「なぜ生きる」も「聖典」に追加されたようです。(平成28年8月7日(日)親鸞会館追悼法要より)

によると、今年の親鸞会追悼法要では映画「なぜ生きる」のシナリオブックが度々根拠として引用されたということですから、報恩講でも同様にそれを根拠として話がなされるかも知れません。

さて、新聞では

あひかまへてあひかまへて、この一七箇日報恩講のうちにおいて、信心決定ありて、われひと一同に往生極楽の本意をとげたまふべきものなり。(『御文章』4帖目15通)

のお言葉を出して、蓮如上人は報恩講で弥陀の大悲の願船に乗せていただき(信心決定)、皆ともに出世の本懐を果たしなさいと仰っていると教えています。それはよろしいのですが、法友通信での

・弥陀の本願まことだったと疑い晴れるまで、よくよく聞かせていただきます。
・聴聞の一本道を進ませていただきます。


という会員の皆さんの理解からして、報恩講で高森会長の話をよくよく聞いて信心決定する人は今年も現れないでしょう。親鸞会独特の、会員の皆さんに根強く定着している「光に向かう教え」は、結局「どれだけ光に向かって進もうとしてもいっこうに光に辿り着かない教え」だからです。結局会員の皆さんの本音を叩けば、阿弥陀仏の後押しはあるにせよ阿弥陀仏が助けて下さるところ(どこだ?)まで自力で進んでいくというものですから、絶対他力と言われるべきものではないのです。0はいくら足しても0、私が獲信・往生に関してどれだけ頑張ろうと努めても、それは残念ながら本願の救いとは無関係です。だから「(縦の線を指して)ここまで進め」と言われても進めるわけがないのです。
それに対して、親鸞聖人の教えの特徴はやはり何と言っても「本願力回向」、阿弥陀仏が我々の往生成仏の因も果も全て恵み与えて下さる、私はただその願力におまかせし乗ずるのみだということです。「光」という言葉を敢えて使うなら、親鸞聖人の教えは「光を仰ぐ教え」とでも申しましょうか。既に私一人目がけて喚び掛けられている救いの御名、南無阿弥陀仏、すなわち光を仰ぎ受け容れ、そのまま後生おまかせする。自分で光に向かおうとする親鸞会の教えとは向きが正反対なのです。

それに「光」と言えば聞こえはいいでしょうが、実際やっていることは献金と勧誘、高森会長や上司及び会の指示への無条件服従が主ですから、光どころか「闇に向かう教え」と言って差し支えないでしょう。

以上、本日は簡単ですがこれで終わりとさせて頂きます。
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード