無料視聴動画のその裏で、会員からお布施を要求する高森顕徹会長

『親鸞会を脱会した人(したい人)へ』公式サイトに高森会長の降誕会講演が公開(一部無料)されたことについて考えたこと

にも紹介されていますが、現在、期間限定で、高森顕徹会長の話の内容が一部視聴できるそうです。見る価値もないかと思いますが、見たい方は早めに以下のサイトへどうぞ。

◆(期間限定)講演『正信偈』と『歎異抄』23分間無料視聴のご案内
(※既に終了している場合も考えられます。ご了承ください。)

ここから飛んでいけば、約2分の、「無碍の一道」を「絶対の幸福」だとか言っている動画は誰でも見られます。しかし、23分間の動画とやらは氏名やメールアドレスを入力しないと視聴できないようです。

教えて頂いた方によりますと、その後いくつか動画を見られるらしいのですが、お布施の要求もあるそうです。お布施は自由なのか強制なのかは分かりませんが、会員でない、無料視聴目当ての人はまずお布施は払わないでしょうから、会員に見させてお布施を取るつもりなのではないかと考えられます。

お布施は払うも払わないも自由です。その人の気持ち以上に納める必要はありません。また、もし必ず納めねばならないという暗黙の了解があるのだとしたらおかしいと思った方がよいです。会員の方も、そうでない方も、そういった点からも教義や組織について疑問を持ち、調べるきっかけにして頂きたいものです。


ちなみに、「無碍の一道」を煩悩があるままでそれがさわりにならない幸福とか言っているのは完全なデタラメです。親鸞聖人はどこにもそのようなことは仰っていません。

一道」≠「幸福

ですし、「無碍」についても

道は無碍道なり。『経』(華厳経)にいはく、〈十方の無碍人、一道より生死を出でたまへり〉と。〈一道〉は、一無碍道なり。無碍は、いはく、生死すなはちこれ涅槃なりと知るなり。行文類

と、迷いとさとりとが本来別なものではないとさとることです。無碍人である仏方は、ただ一つの道である念仏によって迷いを出られ仏になられたことを、「無碍の一道」と親鸞聖人は仰っています。煩悩があるままでそれがさわりにならないといった意味はここでは見られません。

なお、「無碍」を「煩悩がさわりにならない」という意味だと教えられている箇所はあるにはあるのですが、そこも親鸞聖人と高森会長とで解釈に大きなズレがあります。親鸞聖人は「帰命尽十方無碍光如来」を解釈されて

「無碍」といふはさはることなしとなり、さはることなしと申すは、衆生の煩悩悪業にさへられざるなり。 『尊号真像銘文』世尊我一心の文

と仰せられていますが、これは衆生の煩悩悪業にさまたげられない如来のはたらきを意味しています。要は、本願力が我々を摂取するのに、我々の煩悩はさわりにならないということを言われているのです。高森会長の言う、煩悩があってもさわりにならない幸福云々という話とは全く別物ということがお判りでしょうか。


浄土往生、成仏、そして還相という崇高な誓願一仏乗の教えを、幻想的な楽を獲させる一新興宗教に堕としめているのが高森顕徹会長です。だからチュウビさんのコメントからも判るように、信心決定がいかなることか全く分かっていない会員だらけなのです。本願に対する疑いが晴れたかどうかと、現在自分の身に起こっている幸不幸の果報は関係ないでしょう。信心決定と言ったら「絶対の幸福」になったことだと邪義を叩き込まれているからそんなズレた発言をするのです。まさに学会員のようだ、といったら大本の方々に失礼でしょうか。

幻想的な楽を追い求めて、浄土真宗に非ざるニセの教えを聞いていても、本願に救われることはありません。会員の皆さんは、間違った教えを聞き、獲信・往生とは無関係な組織拡大活動に従事させられている事実に、一刻も早く気付きましょう。



【参照】
『飛雲』高森顕徹会長の総括?がこの程度の噴飯話
『WikiArc』無碍人
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード