FC2ブログ

親鸞会会員の誤解ー絵像や木像には「南無阿弥陀仏」の「南無」が無い

前回の記事を書いていた際、かつて会員だった時にある先輩に言われたことを思い出しました。それは、なぜ絵像や木像を本尊とせず名号のみを本尊とするのか、その理由についてです。その先輩は

絵像や木像には「南無阿弥陀仏」の「阿弥陀仏」しかない。「南無」が無いから間違い。

というような説明をしていました。

これが親鸞会の公式見解なのかどうかは判りません。ただ、似たようなことを聞いたり話したりしていた会員、元会員は多いのではないかと思います。先輩の理屈を推測すれば、本願成就文の

聞其名号 信心歓喜

から南無阿弥陀仏のいわれを聞いて信心歓喜と説かれているので名号を本尊とする。阿弥陀仏という助ける法だけでなく、南無の信心も「南無阿弥陀仏」の六字にこめて阿弥陀仏が与えて下さる。ところが絵像や木像には「阿弥陀仏」のみで「南無」が無い。機法一体でないので間違い。と、このような理屈になるかと思います。これは、浄土真宗の絵像や木像の阿弥陀仏を他流の臨終来迎仏と同一視するところから生ずる誤解です。


浄土真宗で安心・起行の対象として用いられている絵像や木像の阿弥陀仏が他流の臨終来迎仏と同じならば、確かに本願力回向の南無帰命の信心がありませんから上のような理屈も尤もかも知れません。ところが、浄土真宗の形像は祈願請求や観念のための物体としての意味は全くなく、御恩報謝から出てきたものです。絵像や木像はお姿で表わされた名号の内容であって、形像も名号も全く同一、名体不二であります。

南無阿弥陀仏という名号(名)と阿弥陀仏という仏体(体)は別々の異なる二つのものではなく、一つのものであるというのが名体不二ということです。仏体が可聞(聞くことができる)、可称(称えることができる)の名号となって私に働きかけてくださるので、その名号は仏体と別のものではありません。阿弥陀仏の絵像や木像は、南無阿弥陀仏の名号を形で表した像ということで、そのおこころは全く異なるところがないのです。

形像に込められた南無阿弥陀仏の六字のこころについてはAbcさんがコメント下さっています。

********************
 阿弥陀様が立たれているすがた、また座られているすがたともに右手の手のひらを私たちに向け、左手の手のひらを上に向けていらっしゃいます。

これは「不畏招喚の相」ともいわれ「不畏」が「右手」、すなわち「おそれなくてもよい(安心してまかせなさい)」であり名号でいうところ「南無(または帰命) 梵語:ナマス」であります。
「招喚」が「左手」、すなわち「必ず助ける」であり、名号でいうところ「阿弥陀仏(無碍光如来 不可思議光如来) 梵語:アミダーバ(無量光、智慧光) アミダーユス(無量寿)」に相当します。

ですから、名号、絵像、木像 共に「なんまんだぶの心」にほかならないのです。

********************

阿弥陀仏の「私達を浄土に迎えて仏にする」というお心は、色も形も無く、心も及ばず言葉も絶えた世界のものです。それを字で示したのが「帰命尽十方無碍光如来」「南無不可思議光如来」「南無阿弥陀仏」等の名号。すがたで示したのが絵像であり木像であります。それを「方便法身」とか「善巧方便」というのです。法性法身が具象化した方便法身として、木像、絵像、名号という形態をとって我々に浄土の真実を告げるもの、それが「方便法身」ということです。

私達は名号、絵像、木像という形ある如来を通して、形なき無限の光の如来を仰ぎこれに帰命しなければなりません。だから名号には「方便法身尊号」、絵像には「方便法身尊形」「方便法身尊像」と裏書されるのです。ちなみに木像も「方便法身尊像」と言われますが、木像自体にそう彫ったり書いたりされているかどうかは現物が手元に無く、また資料も無いため現時点では判りかねます。

ともあれ、このような「方便法身」のお示しを知らず、逆に形にこだわって「御本尊は名号でなければならない」「絵像や木像は間違った真宗の御本尊」と固執し絵像や木像の阿弥陀仏を忌み嫌っているのが親鸞会です。絵像や木像も、「我々を助けたい、助けたい、迷いの世界から出離させて浄土へ迎え取り、仏にしたい」という崇高で無限の慈悲の顕れであるのに、その心を知らずに形だけ名号を本尊としていては聖人のお心に反することになるでしょう。まして名号を前に、「これで信仰が進むだろう」「横の道を進めるだろう」などという気持ちで勤行や合掌、礼拝をしていたら。


それにしても親鸞会では「方便」の意味も大変間違った意味で教えられています。最近では

弥陀の善巧方便はもの凄い”だまし”

だとか言っている始末で、これはもはや完全に阿弥陀仏に対する誹謗中傷です。こんな謗法罪を造り続けて平気な団体に身を寄せていることを、会員の皆さんは早く自覚すべきです。



【参照】
『元会員から見た浄土真宗親鸞会』親鸞会の本尊論について
『WikiArc』名号画像
『広島仏教学院』浄土真宗における本尊について
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード