FC2ブログ

現在の苦しみを「神の試練」と言われて納得している他宗教の信者と同程度の信心の親鸞会会員

この前、最近の親鸞会発行『顕正新聞』や「教学試験だより」を見る機会がありました。「教学試験だより」には大導師試験合格者の中に見知った名前がチラホラ・・・。あーあ、まだ在籍して頑張っちゃってるんだなぁとため息が(-_-;) 高森教の短冊教学を覚えた位で真宗の学者より教学力があるように勘違いして喜んでいる会員は実に滑稽です。

さて、何とか学会の真似をして全国に会館を建てまくっている親鸞会ですが、『顕正新聞』10月15日号にはその中の神奈川横浜会館落慶関連の記事が1面、2面、4面、5面と4ページに亘って書かれています。

4面には、「建立までの道」と題して会館が建てられるまでの経緯が書かれています。その中に、

如来の試練に違いない

という見出しで

今にして思えば、建立までの紆余曲折は、私たちの本気度を如来に試されていたのだと思います。

という文章があり、親鸞会会員の信心をよく表していると思いました。何かと求道上で苦難や障壁がまつわりついてくるのが親鸞会会員の常ですが、彼らはそれを「如来の試練」「本気度を如来に試されていた」という言葉で表現しています。これは他宗教で説かれる、現在の苦しみをいわゆる「神の試練」だと言われるのを聞いて納得している信者と同程度の信心であることは疑う余地がありません。


こうなってしまうのも、高森会長の創作「二河白道の譬え」を本物と信じ込んでいるところが大きいと思います。

白道は、私達の求道心、聞法心

だとして「煩悩と闘って求道せよ」、これが高森会長の教えです。

この創作「二河白道の譬え」は、苦しい会員の心情をよく表しています。これは、

白道を進めば進むほど、群賊悪獣悪知識がその道を進むなと妨害をしてくる
白道を進めば進むほど、火の河水の河の勢いが増してくる
白道を進んでいくというのはとても難しい

ことを表現し、「高森先生の仰る通りだ」と思わせる恰好の譬え話なんですね。

外からは富山へ行ったり親鸞会の教えにのめり込んだりすることに対する、家族の反対あり、寺の反対あり。主に退会者からの教義批判あり。また高森会長の出身母体である浄土真宗華光会の存在あり。それでいて、内からは欲や怒りの煩悩ありで、それらのために会員は求道聞法を妨げられて、思うように白道を進めない、信心獲得できないと思い込んでいます。

また、白道を進めば進むほど外からの非難、水火の波は大きくなると説かれるものですから、白道を進んだつもりになっている会員は「高森先生の仰る通りだ」と感じてますます高森会長に心酔してしまうのです。いくら説得しても言葉が通じないのは、こうした創作「二河白道の譬え」を信じ込んでいるところが大きいと思われます。


ところがこの譬え話、善導大師が作られた本物の「二河白道の譬え」とは全く別物です。まず譬え話自体が異なっており、譬えで表されている内容も違います。中でも決定的に違うのは「白道」です。

「中間の白道四五寸」といふは、すなはち衆生の貪瞋煩悩のなかに、よく清浄の願往生心を生ずるに喩ふ。

親鸞聖人は、「二河白道の譬え」で善導大師が自ら解説されたこのお言葉を

〈中間の白道四五寸〉といふは、すなはち衆生の貪瞋煩悩のなかに、よく清浄願往生の心を生ぜしむるに喩ふ。

と読み替えられ、

「能生清浄願心」といふは、金剛の真心を獲得するなり。本願力の回向の大信心海なるがゆゑに、破壊すべからず。これを金剛のごとしと喩ふるなり。「信文類」

ここに知んぬ、「能生清浄願心」は、これ凡夫自力の心にあらず、大悲回向の心なるがゆゑに清浄願心とのたまへり。『浄土文類聚鈔』

「能生清浄願往生心」といふは、無上の信心、金剛の真心を発起するなり、これは如来回向の信楽なり。『愚禿鈔』下巻

「念道」の言は、他力白道を念ぜよとなり。(同)

と解釈されて、「白道」とは信前の、私達の求道心、聞法心といった自ら起こす自力の信心ではなく、信後の、本願力回向による真実の信心、他力の信心であることを明らかにされています。

たとえ善導大師が行者の起こす、つまりは自力の「清浄願往生の心」だと教えられていたとしても、親鸞聖人は本願力によって生じる「如来回向の信心」の意であるとされたのです。ちなみに、善導大師にしても「かの願力の道に乗じて」と仰っているのですから白道は他力の意にも受け取れます。いずれにせよ、親鸞聖人の教えにおいて、「白道」には自力の意味は全くありません。他力の意味しかないのです。


蓮如上人は、たとえ理由が分からなくても親鸞聖人がなさった通りにするのだと、

一 前々住上人へある人申され候ふ。開山(親鸞)の御時のこと申され候ふ。これはいかやうの子細にて候ふと申されければ、仰せられ候ふ。われもしらぬことなり。なにごともなにごともしらぬことをも、開山のめされ候ふやうに御沙汰候ふと仰せられ候ふ。『御一代記聞書』(159)

蓮如上人に対して、ある人がご開山聖人ご在世のころのことについて、「これはどういうわけがあってのことでしょうか」とお尋ねしたところ、上人は、「それはわたしも知らない。どんなことであれ、たとえ、わけを知らないことであって、わたしはご開山聖人がなさった通りにするのである」と仰せになりました。

と仰せられています。親鸞会の会員なら耳タコでしょう。このお言葉を基に、木像本尊の本願寺は間違いだと散々批判していることは承知のはずです。では、肝心の親鸞聖人の教えについてはどうでしょうか。

親鸞聖人は「白道」を他力で教えられているが、善導大師は自力で教えられていて、善導大師の教えられ方でワシは話をしているのだ

高森会長は以前こんな大ボケ珍答をしていたようですが(※)、ではどうして親鸞聖人の教えられ方で教えないのでしょうか。それで浄土真宗を説いていると言えるでしょうか。親鸞聖人の教えを親鸞聖人の教えられ方で教えることは、「なにごともなにごとも」の中に入らないのでしょうか。


こんな自力求道の教えを叩き込まれるから、会員は他力の信心どころか、他宗教の信者の信心と同類の自力の信心に住する羽目になってしまうのです。

この念をなすとき、東の岸にたちまちに人の勧むる声を聞く、〈きみただ決定してこの道を尋ねて行け。かならず死の難なけん。もし住まらばすなはち死せん〉と。
また西の岸の上に、人ありて喚ばひていはく、〈なんぢ一心に正念にしてただちに来れ、われよくなんぢを護らん。すべて水火の難に堕せんことを畏れざれ〉と。


譬え話の中で、釈尊と阿弥陀仏はこのように仰せられています。二尊は、別に我々を試すようなことは何一つされていません。それどころか、「直ちにこの道を行きなさい」「直ちにこの道を来なさい」とお勧めです。我々を救いたい、救いたい、浄土に迎えて仏にしたいと願われているのが御二方のお心です。その御二方の発遣と招喚とを東の岸で聞き受けて白道へ踏み出すのですから、我々には自力の命がけの求道など不要です。それでは報土往生はできないから直ちに捨てて、如来大願の他力に帰すべきであると親鸞聖人は仰せです。

そのお勧めと真反対の、別の道に誘い入れて会員さん方の獲信・往生の妨害をしているのが高森会長です。親鸞聖人の教え通りに法を説かないことこそ、高森会長が群賊悪獣悪知識の親玉である何よりの証拠です。

親鸞会の説く救いにあずかるには、何十年と命があって、健康で、活動し続けられることが必須です。しかし、一生涯懸命に活動したとしても、ベクトルが違う上に教えが根本から違いますから信心獲得、報土往生はかないません。会員はあと何年生きて、あと何年元気に活動し続けられるつもりなのでしょうか。またそんな教えにいつまで付き合うつもりなのでしょうか。いつまでも命があると思って、求道もどきの求道をして、白道を進んだつもりになって喜んでいるのが己の情けない姿だという実態に早く気付いてもらいたいものです。


【参照】
『WikiArc』清浄願往生の心
『飛雲』麻原教祖を未だに信じているアレフの信者より幼稚な高森顕徹会長信者
『親鸞会を脱会した人(したい人)へ』親鸞会での「群賊悪獣悪知識」の意味が変わってきた件(2018年11月26日(日)アニメ映画解説より)
スポンサーサイト



プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード