FC2ブログ

「10代前半の死因の第1位が自殺」という報道を聞いて思ったこと

2017年の人口動態統計で、戦後初めて日本人の10~14歳の死因として自殺が1位になっていたそうです。

『日本経済新聞』10代前半の死因は自殺が1位 17年調査、戦後初めて

記事によりますと、17年に自殺した10~14歳の子は100人で、この年代の死因の22.9%に達したとのことです。2位はがんで99人(22.7%)、3位は不慮の事故で51人(11.7%)と続いています。不慮の事故のおよそ2倍に当たる数の子供達が自ら命を絶っているというのです。

国内の日本人の自殺者数は、3万2千人を超えた03年をピークに減少し、17年は2万465人に。しかし年代別の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)では、10代だけは横ばい状態のままだ。また同統計で、15~39歳を5歳刻みにした5区分では12年以降、死因の1位を自殺が占め、20代では死因の5割近くに及ぶ。


ということですから、非常に深刻な問題です。

この話題を取り上げ、今年で10歳になる長女に「なぜ自殺すると思う?」と聞いたところ、「いじめ」だと答えが返ってきました。確かにいじめを苦に自殺する子供も少なくないと思います。実際、小中高生がいじめを受けたと思われる遺書を残して自殺した、という報道を時折見聞きしますから、これも解決しなければならない問題であることに違いありません。

ただ、それだけではないのも事実です。私も学生の頃に自殺を思い立ちましたが、それはいじめによる苦しみからではありませんでした。きっかけは失恋ですが、特に明確な目標もなく、なりたい自分も描けずにただ知識を詰め込み、順位を競い、大学に合格するためだけの勉強に嫌気が差していたこともありました。

こんな苦しい思いをして生きて死ぬくらいなら、今死ぬのと何が違うのか。いや、苦しい思いをしなくて済む分、今死んだ方がマシではなかろうか。自分一人この世からいなくなったところで社会全体からすれば何も変わらないし、いずれ必ずこの世からいなくなるのだ。だとすれば、自分は社会から見たらちっぽけで無価値な存在。今死のうが、寿命まで生きて死のうが何が変わるというのだ。何も変わらないではないか。

結局、真っ暗な死への恐怖から思い止まりましたが、似たような事を考えて自殺していく人は子供に限らず少なくないのではないでしょうか。そのきっかけがいじめであったり、失恋であったり、虐待であったり、自己嫌悪であったり、虚しい憂鬱な毎日であったり、色々あるだけで、根本は生きることの意味も死ぬことの意味も判らず、楽しみも喜びもなく無意味な生を続けていくことに耐えられないからであると私は考えます。

学校でも命の大切さを教える道徳の授業はありますが、それを本当にそうだと感じて、生きることは有難いことであると思っている子供達が一体どれだけあるのか、心にかかります。それ以前に、家庭において、生きることの意味と死ぬことの意味をしっかりと話しているのか、もっと言えば、話すべき大人、親が、きちんとそういうことを分かって生きているのか、そこが問題だと思います。

子供の見本となるべき大人が自ら命を絶っているのに、子供にだけ「自殺はダメだ」「命は尊い」と教えても説得力が無いでしょう。やはり大人がきちんと生きることも死ぬことも共に有難いことだと言える人生を生きてこそ、子供達に人生の意味を説いて共に生きていこうと実感のこもった言葉で教えられるというものです。


浄土真宗では、生きることと死ぬことの意味が分からず、無意味な生と死を繰り返して迷っている全ての人に、人生は迷いを離れてまことの安らぎをもらたす阿弥陀仏の本願の救いに遇う場所なのだと一つの答えを示されています。阿弥陀仏が完成された南無阿弥陀仏という念仏は、

必ず浄土に迎えてまことの安らぎを与えるから、安心して生まれてきなさい

と私に真実の救いを告げる言葉であるというのです。この真実の言葉を受け容れた時、闇を彷徨うようだった迷いの人生はお浄土へ生まれる人生に転換し、目指すべき方向を知らされた安心を与えられます。また、無意味だと思っていた人生は阿弥陀さまに願われ、生かされていた人生であったと意味を転換させられます。

それと共に、今まで自分で生きてきたように思っていたのが、実は多くの人やものの「おかげさま」によって生かされていたのだと、様々なものへの恩を知り、恩を感じられるようになります。そうなると、今度は私がその恩に応えようと御恩報謝の人生となってゆくのです。阿弥陀仏の本願を信じ、念仏を申して浄土へ生まれる人生を生きることが、まことに実りのある人生なのだと宗祖親鸞聖人は教えていかれました。


これは宗教の話であり、非常にデリケートな問題なので、無理に勧めるのではありません。ただ、この記事を通してもし浄土真宗の教えに関心を持って頂けたなら、

浄土真宗の法話案内

などの情報を手がかりにその教えを聞いてみられることを勧めます。これを機会に、一人でも自ら命を絶つ人が減るように、そして一人でも本願を信じお念仏を申す方が現れて下さるように願います。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード