FC2ブログ

勅命を仰せのままに受け容れて、疑いがないのが信心

信心決定、信心獲得とは、「絶対の幸福」とかいうワードが連想させるような、心が常にものすごい幸福感でいっぱいになる体験とは違います。

信心とは本願の信心のことで、それは本願の仰せを疑いをまじえずに受け容れたことです。本願の御言葉は南無阿弥陀仏の六字に結晶し、称え聞こえる南無阿弥陀仏のそのわけは

われをたのめ、われにまかせよ、必ず浄土に迎えるから安心しなさい

と喚んでおられる阿弥陀仏の勅命です。その勅命を仰せのままに受け容れて、疑いがないのが信心です。

この信心は、本願の通りに「必ず浄土に生まれられる」と慶ぶ心となって現れてきます。「欲生我国」の心です。

ですから慶ぶ心は当然あります。ただそれは、往生の慶び、必ず往生できることに定まった慶び、遇うべき法に遇わせて頂いた慶び、聞くべき法を聞かせて頂いた慶びです。欲望を満たした時や、願いがかなった時に感じるような幸福感ではありません。幸福というよりは、安心といった方が近いかも知れません。

また慶びの感じ方もそれぞれではないかと思います。人それぞれ、生き方も感性も、立場も状況も様々です。同じ法を頂き、同じく摂取不捨の利益にあずかって決定往生の身となっても、慶び方、慶びの感じ方はその人その人違うでしょう。淳心房で言えば、法を頂き、お念仏申すところに、有難いなぁ、うれしいなぁ、かたじけないなぁとしみじみ味わわれてくる、静かな慶び、尽きせぬ慶びです。

法に触れていない時は、その慶びは表に出てきません。どんなに煩悩が逆巻いても捨てられる、往生取り消しとはならないので何とも言えない安心感ですが、いつもいつも慶んでいられるというわけにもいきません。悪業の報いでしょうが、つらいこと、苦しいこと、悲しいことは様々起こってまいります。それを受ければやはりつらいし、苦しいし、悲しいです。全然へっちゃらになるというわけにはいきません。

なので、信心決定したら幸せ一杯の生活、光明輝く生活をさせてもらえる、一切の苦労が報われて流した涙の一滴一滴が真珠の玉となって戻ってくるなどと期待しているとしたら、その考えは改めた方がよいでしょう。これは、往生成仏という米を求めるべきところが、現世利益という藁を求めてしまっています。米を取れば自然に藁はついてきますが、藁を求めても米はついてきません。「絶対の幸福」という現世利益を求めて仏法を聞くことは本末転倒です。


慶ばれるとか、慶ばれぬという心配は要りません。慶ばれるから往生一定、慶ばれぬから往生不定、ではありません。我が心を見て法を仰がぬようではなりません。

「ほんとうに、疑いなく、浄土に生まれられると思って、念仏せよ、必ず救う」

こうした本願に身も心もすっかりまかせて、ただ念仏申すのみです。

そして、信を獲た後もよく聴聞させて頂き、聞かせて頂いたことを思い出してはお念仏申すことです。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト



プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード