FC2ブログ

俺のような者でもできる往生の行は、本願の念仏しかない

久しぶりの更新です。
一部では淳心房死亡説が流れていますが、一応まだ生存していますのでご承知おき下さい。

更新ができなかったのは仕事と家庭の事で忙し過ぎたためです。

仕事では、新型コロナウイルス感染症のために宅配の需要が極端に伸びて、4月辺りから物量が通常の1.5倍~2倍ほどに増加しています。朝から180個、190個、時には200個以上持ち出して、更に追加で何十個と配達する日々。毎日毎日うんざりする物量にほとほと疲れています。

家庭では、同じくコロナのために学校の休校やら保育園の登園自粛やらが続き、自分も妻も仕事の日は子供らに弁当を作ったり、休みの日も食事を作ったり相手をしたりという日々が続いています。緊急事態宣言以後の給食の復活は非常に有難かったですが、今は夏休み期間中で、平日はせっせと弁当を作っています。

仕事か家庭か。どっちかならいいんですが、このダブルパンチで来られるとさすがにつらい。休む時間が無いんですよ。それでしばらくブログの方はお休みしていたというわけです。今後も、まだ当分コロナはおさまりそうにないので、ブログの更新等は色々と落ち着いたらということで・・・。


さて、それにしてもこのような状況下でも、また俺のような者でもできる往生の行というのは、やはり本願の念仏しかないとつくづく思い知らされました。

正直今は、必要な事以外何にもやる気が起きません。その必要な事の中でも最低限の事しかやる気が起きません。その最低限の事の中でもやりたくない気持ちいっぱいです。とても往生の行どころではありません。

造像起塔とか、智慧高才とか、多聞多見とか、持戒持律とか、このような行をする者を往生させるという本願であったならば、他の方々はいざ知らず、淳心房のような貧賤、愚痴、少聞少見、破戒無戒のものは定めて往生の望みを絶たねばならないところでした。

第一、親鸞会の活動にすらまともについていけなかった淳心房ですから、出離・往生とは無縁、悪道に沈むより他にありません。たもちやすく称えやすい南無阿弥陀仏の名号を考え出してくださり、この名号を称えるものを浄土に迎えとろうと御誓い下されたのは、ひとえにこの淳心房一人のためでした。

相変わらず苦悩の尽きない人生ですが、ひとえに本願の名号を口に称え、南無阿弥陀仏に往生をおまかせして、浄土に往生したいと思うております。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト



プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード