FC2ブログ

なむあみだぶつの問題出して

三女と一緒に就寝する時には拝読することが慣習化してきた正信偈。相変わらず中断しながら、おしゃべりしながら、ふざけながらではあるが、一緒に拝読できることは有難い。

それにしても小さい子は本当に物覚えが早い。覚えるように訓練させているわけではないのに、随分と句を口ずさむようになってきた。最初の「帰命無量寿如来」から「超発希有大弘誓」までは完璧に暗唱できる。十二光もほぼ覚え、「釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺 龍樹大士出於世 悉能摧破有無見」の箇所などもよどみなく言える。

その三女は少し前から

「なむあみだぶつの問題出して」

と言う。どういうものかと言えば、例えば、まず

きみょうーむりょうー

と漢字七文字の内、頭の四文字を自分が詠う。その後、

じゅーにょーらい

と、残り三文字を三女が答えるという寸法だ。

これを繰り返す内に、かなり正解することが多くなってきた。今は、依釈段の龍樹章までは大体答えられる。その後も、覚えていない箇所、間違える箇所はあるものの所々は覚えている。これを聞いて、ひらがなの練習もしていないのにここまでそらんずることができることに、しばしば次女が驚いている。


今年は随分と味気なく、また嫌な思いをしたことが多い年だった。

学校や保育園の行事は中止が多数、行われるにしても規模を縮小しての開催で、終わったらすぐ解散、撤退。同じ園や学校に通う親や子供達とはすれ違いざまの挨拶程度でろくな交流も無かった。ただ毎日を消化していくような日々が多かったように感じる。

仕事も本当にきつかった。何だあの物量は・・・。加えて時間管理だ、クレームを起こすなだ、既定の休憩時間を確保しろだ、報告書を出せだ、何だかんだと上からの注文ばかりでほとほとうんざりした。

ブログの更新もろくにできない状態だった。しばらくブログに触らずにいたら、現役カルト信者の他にも嫌がらせコメントをする者が現れた。こんなのとかこんなのとか。こういうのを誹謗中傷と言うのだと、被害者意識の強い誰かさんに教えてやりたいと思った。

行動も随分と制限された。どこへ行くにもマスクで、常に息苦しい思いをした。

毎年6、7回は行く帰省は今年は1、2回のみ。ろくに両親や祖父、妹や甥っ子に会えなかった。

チケットを取って春休みに行くはずだった遊園地も、緊急事態宣言のために延期となった。8月に辛うじて行ったが、事前予約が必要だったらしく、入場に手間取ったり、アトラクションも人数制限が厳しくて長蛇の列に並んだり、楽しめるものとは言えなかった。

義弟の奥さんを始め、自分の周りで多くの方が亡くなり、喪中のはがきが毎年より多く届いた。

年末恒例の、小学校時代の同級生との飲み会も、今年は辞退せざるを得なかった。


事故に遭ったり、職を失ったり、収入が無くなったりしたわけではないので、自分はまだ恵まれている方だと思う。ただ、例年に無く嫌な思いをしたことが多い一年だった。そういった中、こういう有難いことがあったのはせめてもの救いである。

新型コロナウイルスは依然として世界中に蔓延している。日本でも感染者が増え続けている。また、今冬は12月から大雪に見舞われている。この分だときっと来年も色々と大変そうだ。つらいこと、苦しいこと、予定通りにいかないことも多々起こるだろうが、命のある限りは本願を仰ぎ念仏を申して、往生を期として生きていきたいと思う。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト



プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード