表の顔と裏の顔

豊田真由子エリート議員の暴行!暴言!音声が凄すぎる!外基地!裏どりで検証!
【ミヤネ屋】 宮根誠司 豊田真由子衆院議員の暴言音声に「こんな怖いチンピラいてない」(後編)

数日前にこのようなニュースが流れてきて驚きました。

「このハゲ――――――!」
「これ以上私の評判を下げるな!」
「お前が私の心を叩いている!」

表での上品で爽やかなイメージとは全く違う、裏の顔、本性を覗き見た、そんな印象です。

「壁に耳あり障子に目あり」で、どこで誰が見たり聞いたりしているかは分かりません。特に現代は、防犯カメラにスマホあり、ドライブレコーダーに小型音声録音機ありといった感じで、言動には本当に気を遣います。渦中の議員は、これまで100人以上の秘書が辞めたなんて情報もありましたから、今回こうした言動が明るみに出るまでにも同様の言動を繰り返していたと考えられます。よく今まで表面に現れなかったなと思います。

でも私達も、内相と外相、本音と建前、内面と外面を使い分けて生きているという点では同じです。これが世を渡る秘訣と言っていいでしょう。逆にこうしなければ生きていけないというのが現状ではないでしょうか。正直に、自分の心を偽らずに生きていけたらいいなと思う事もありますが、まぁそうなったら人類滅亡ですね。

内面と外相を使い分けて生きている私達ですが、仏教では外面よりも内面を重視されます。いくら表面をきれいに着飾り、立派な振る舞いをしていても、普段は見せることのない裏の顔、本性はどうでしょうか? 心の内に秘めている思いを、包み隠さずに人に言えるでしょうか? 恐ろしくてとてもそんな事はできませんね。よくブラック企業という言葉が使われますが、私の心はどんなブラック企業よりもブラックです。何とかしようと思っても「思わない」ということだけは不可能です。煩悩具足の凡夫が世俗の世界に生きている限り、この「黒い心」は何ともなりません。

こうした私を、今の私のままでお救い下さるのが南無阿弥陀仏です。まことに我が機に相応した、世に無い、世を超えた本願力です。よくこのような本願力にお遇いできたものです。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。




以前はたまに、親鸞会の音声データがWeb上に出ては消され、出ては消されしていましたが、親鸞会も漏れなく内面と外相を使い分けています。ホームページなどの爽やかで誠実な印象、喜びの声とは裏腹に、

『ニコニコ動画』親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかける

とか、表面下では言動がまるで異なります。きっと講師部員や幹部会員の中には、冒頭紹介した、暴行を受けて告発した秘書のような扱いを受けた方もいるのではないかと思います。

清森義行氏の除名の真相(3)

清森元講師などは氷山の一角でしょう。明るみに出ていないだけで、機責めのような叱責を受けたり、謗法罪だ必堕無間だと脅されたり、苦しい思いをされた方は沢山あると思われます。「仏教では心を重視する」とよく親鸞会では言っていますが、本当に心を重視し、仏様相手の求道をしているのかと疑問に思う事ばかりです。


教義内容にしても、表の顔と裏の顔があります。表では「平生業成」「現生不退」「不体失往生」「一念の救い」等の文言を並べ、現在只今救われる教えだと強調しておりますが、実際中で聞いてみると現在只今救われるなどということはなく、「善の勧め」なる教えに従って延々と活動していかなければなりません。「善」の中には世俗的な善もありますが、主として高森会長の話を聞くこと、献金、勧誘、会長及び上司への無条件服従などですから、これらが果たして「善」と呼べるのかどうか・・・。「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽をちらつかせて、会に都合の良い行動をさせているだけですから、こんな教えは高森教であって浄土真宗ではありません。いくら信じて従っていても、親鸞聖人の教えられた信心を獲得できないのはそのためです。

浄土真宗は救われる一念とそこまで至っていない現在を分けるでもなく、こちらから救いに向かって進んで行くでもなく、現在、只今、ここにいる私に既に届いている救いの御名を、只今この場で聞き受ける教えです。親鸞会の教えでは、私はいつまでも黒板の右端です。信心決定して安養の浄土へ参りたいと思うなら、高森教は捨て去って、浄土真宗を聞いて下さい。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード