Abcさんからのコメントに返信

今回は、もしこの世の苦しみを何とかしようというのならこの世での成仏を目指すべきだし、信を獲たとて我々の罪が消えるわけではないので、当然その報いは信前と変わらず苦果として現れてくるの記事に頂いたAbcさんのコメントに返信します。


親鸞会会員と思しき名無しさんとしては、私が

「苦しみの人生が幸せな人生にガラリと変わる」などと説くことは、二種深信以外の要素、つまり三業で信心の有無を判定していることに他ならない

等と書いたことに反論を試みたいのでしょう。しかし彼らは、

「(信心獲得すると同時に)私達の苦しみの人生は幸せな人生にガラリと変わります

と明言しているし、彼らが描いた蓮如上人は

幸せな人生にガラリと変わっても必ずしも他力の信心を獲ているとは限りません

とも言っていないので、「親鸞会は『幸せな人生にガラリと変わる』だとかいう二種深信以外の要素、つまり三業で信心の有無を判定している」と私は言いました。その反論を

真実の信心はかならず名号を具す。名号はかならずしも願力の信心を具せざるなり。(信文類)

のお言葉を基に試みているだけです。本当に愚かな事だとお判りになると思います。


>「喜びが沸き上がらない」ということに関しましては、善信房と唯円房のやりとりのなかにありますので、そちらをご覧になられてください。

第九条ですね。「踊躍歓喜のこころおろそかに候ふこと」、「定聚の数に入ること」「真証の証に近づくこと」を喜ばないのは、「愛欲の広海」「名利の大山」といった煩悩のため

にて書かせて頂きました。信心を獲ても喜びの心はそれほどに湧き上がらず、早く浄土へ往きたいという心もない。ただ親鸞会では絶対の幸福だとかいう幻想的な楽をちらつかせて、幸せな人生にガラリと変わると会員に夢見させています。『歎異抄』のこうした話はされなくはないですが、会員としては絶対に変わらない崩れない安心、満足、喜びの境地に出る、いわゆる

「(信心獲得すると同時に)苦しみの人生が幸せな人生にガラリと変わる

と信じていることでしょう。浄土往生はオマケで、これ目当てに聞いているのが本心という人は少なくないと思います。


自力、他力についての解説については

まづ自力と申すことは、行者のおのおのの縁にしたがひて余の仏号を称念し、余の善根を修行してわが身をたのみ、わがはからひのこころをもつて身・口・意のみだれごころをつくろひ、めでたうしなして浄土へ往生せんとおもふを自力と申すなり。また他力と申すことは、弥陀如来の御ちかひのなかに、選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。如来の御ちかひなれば、「他力には義なきを義とす」と、聖人(法然)の仰せごとにてありき。義といふことは、はからふことばなり。行者のはからひは自力なれば義といふなり。他力は本願を信楽して往生必定なるゆゑに、さらに義なしとなり。(御消息第六通)

でしょうか。あくまで本願を聞いて疑い無いことを他力とか、本願に対する無疑心を真実信心と言われているので、我々の心に起こった喜びとか、変化をもって信心を語られていないことを親鸞会はよく知るべきですね。成就文でも、身も心も喜びに満ち溢れた「歓喜」ではなく、二心なき「信心」が真実報土の正因だと教えられているので、信心以外の要素で「信心獲得したらこう変わる」と話す際には十分注意しなければなりません。


アニメ『世界の光 親鸞聖人』第1巻の法然聖人のセリフ
捨てようとする心も捨てよ!
ですが、自力を捨てようとするのも自力なので、これはこれでいいです。が、その後親鸞聖人が「ハッ!」となって泣いて念仏する描写がいけません。あれと親鸞会教義を合わせて考えると、

・一度は地獄の釜底に堕ちて苦しい体験をし、そこから救い摂られるのだろう
・救われた瞬間(信一念)はあのようにハッキリ自覚する、自覚できるのだろう
・救われるとあのように感泣して念仏を称えるのだろう


という先入観が出来てしまいます。そして、そこまでは真剣必死な聞法求道をしなければならないと教えられ、会員の皆さんは他力信心とはまるで無関係な事に従事しているのです。


親鸞会ではこれまで批判に応じて説く内容を変えてきました。その結果ダブルスタンダードな教義となっています。それで批判者が一つを否定すると「そんな事は言っていない」と反論しにかかって来るということがしばしば起こります。会員は説く内容が変わるたびにそれまでの教義との整合性を図らねばならず、矛盾した教義を正しいと信ずるに無理な脳内変換をしております。しかし浄土真宗は矛盾する教義は特にありませんし、煎じ詰めれば「本願を信じ念仏すれば仏に成る」という極めて分かりやすい教えです。

こうした浄土真宗を捻じ曲げ、己の夢の実現、欲望の追求に利用する高森顕徹会長は本当に許せませんので、今後も誤った教義を批判していきたいと思っています。コメント、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

淳心房さん、返信ありがとうございます。

真宗の教えは、弥陀の名号に収まるものであり、逆を返せば名号以外にはならないのです。

名号には、代表的な六字、九字(世親菩薩)、十字(曇鸞菩薩)以外にも、
正信念仏偈(正信偈)中の別号や別号を纏めた「十二光仏」、
浄土和讃内、「…に帰命せよ」とある…も弥陀の別号です。

彼らはもとより、浄土真宗門徒の中にも、「弥陀の名号は南無阿弥陀仏だけである」と
もうされる方が、少なからずいるのもまた哀しき現状です。

淳心房さん、彼らに対しては間違った教義の批判が主となるでしょうが、
真宗に関心を持たれた方に「聖典に基ずいて」教えを説くこともまた真宗門徒のすべきことです。

この度は、私の問いかけに答えていただきありがとうございます。
また、よろしくお願いします。

Abc

No title

九字名号は世親菩薩、十字名号は曇鸞菩薩と先ほど記しましたが、
正しくは、九字名号は曇鸞菩薩で 十字名号が世親菩薩です。

誠に、申し訳ございません。

>Abc様

帰命尽十方無礙光如来
南無不可思議光如来
南無不可思議光仏
南無阿弥陀仏

その他Abcさんが挙げている様々な御名も敬信すべき尊号ですね。

>彼らはもとより、浄土真宗門徒の中にも、「弥陀の名号は南無阿弥陀仏だけである」ともうされる方が、少なからずいるのもまた哀しき現状です。

そうですね。ただもっと哀しいことがあります。親鸞会会員は名号以外を本尊と認めず、絵像や木像を間違った本尊と忌み嫌うことです。名号でも形像でも、それに込められている仏様のお心が大切なのですが、親鸞会では南無阿弥陀仏の六字のいわれを心得ている人が皆無同然です。当然、正しい教えを説かない高森顕徹会長の邪義が悪いのですが、それこそ正しい親鸞聖人の教えだと信じ込んでいる会員さんが依然多いのが悲しいことです。

主に親鸞会教義への批判を書いていきますが、折に触れ思ったことも書いていきたいと考えています。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード