親鸞会会員の大前提ー「高森先生は真実信心を獲ている」

高森顕徹会長はかつて自身のことを「毎日毎夜、念仏は楽しい時に苦しい時に、無造作に口より出づる蓄音機にさせていただいて」と言っていましたが、現在ではすっかり「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を訴え続ける蓄音機と化したようで、何とも浅ましい限りです。先日の講師部講義でも

信楽」=「絶対の幸福

と強調していましたが、では絶対の幸福とはどんな幸福かというと

ただこれ、不可思議・不可称・不可説の信楽なり

とぼかしてその説明をほとんどしません。相対の幸福の説明に時間をかけ、絶対の幸福はこのお言葉を

ただこれ、不可思議・不可称・不可説の絶対の幸福なり

だとか言い換えて「言葉で説明できない幸福」だと逃げています。所詮は絶対の幸福になれば分かるんだからつべこべ言わずにそこまで求めろということなんでしょう。しかし、

信楽といふは、すなはちこれ如来の満足大悲円融無碍の信心海なり。このゆゑに疑蓋間雑あることなし。ゆゑに信楽と名づく。すなはち利他回向の至心をもつて信楽の体とするなり。(信文類)

【現代語訳】
信楽というのは、阿弥陀仏の慈悲と智慧とが完全に成就し、すべての功徳が一つに融けあっている信心である。このようなわけであるから、疑いは少しもまじることがない。それで、これを信楽というのである。すなわち他力回向の至心を信楽の体とするのである。

「信楽」といふは、如来の本願真実にましますを、ふたごころなくふかく信じて疑はざれば、信楽と申すなり。この「至心信楽」は、すなはち十方の衆生をして、わが真実なる誓願を信楽すべしとすすめたまへる御ちかひの至心信楽なり、凡夫自力のこころにはあらず。(尊号真像銘文)

ということで阿弥陀仏の本願が真実であることに疑いが無いことを「信楽」というのです。つまり「助けるぞよ」の仰せが凡夫の妄想ではなく、如来より喚びかけられている真実の御言葉であると疑い無く聞き受けているのを「信楽」というのです。更に言い換えると、「念仏を称える者を助ける」という本願であることに疑いが無いことを「信楽」というのです。これは凡夫自力の心ではなく、阿弥陀仏より回向せられるものですから、「本願力回向の信心」と言われます。こうした他力回向の「信楽」と、自力求道、自力修善の先にあるという「絶対の幸福」なるものと、何の関係がありますか? いい加減、独自の「高森教」という外道の教えに「浄土真宗」を利用するのは止めてもらいたいものです。


さて、最近コメント欄で「三業で真実信心の有無」云々という話題がよく挙がっていますが、ここで会員の皆さんに質問です。会員の皆さんは、

「高森先生は真実信心を獲ている」

と金剛の如く信じて疑っていないと思いますが、ではどうしてそのように信じたのですか? 何を根拠に高森会長の信心を真実信心と断定しているのですか? 多くは、先輩や講師部員から

高森先生は信心決定の体験と深い教学とを兼ね備えた方

と説明を受け、それをそのまま信じているのだと思います。では、その先輩や講師部員はどうしてそのように信じているのでしょうか? 元を辿っていきますと、高森会長の話の内容や活動といったいわゆる三業で信心を判定しているのではないでしょうか? だって、信心を獲たかどうかは阿弥陀如来とその人にしか分からない、他人の窺い知れない世界だというのですから、他人である高森顕徹会長の信心が真実信心か否かなどというのは、彼の三業によって判定するしかないでしょう。そうして、高森会長の三業によって「高森先生は真実信心の方だ」と思った、判定した一部の人間が、親鸞会へ勧誘する際に高森会長を紹介する言い回しとして

高森先生は信心決定の体験と深い教学とを兼ね備えた方

等の言葉を使った、そしてそれが会の中で広まったと考えられます。


「高森先生は真実信心を獲ている」

これは親鸞会会員の大前提であります。これが崩れたら大変です。「真実信心かどうか疑わしい」となったらマインドコントロールも随分解けやすくなるでしょう。では何をもってそう信じているか、判定しているかというと、

高森会長の三業によって

です。三業で真実信心の有無を判定できないとか言っている割には、しっかり三業で真実信心の有無を判定しているのが親鸞会会員です。この最たる矛盾に、皆さんはいい加減に気付きましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード