私達の姿ばかりを聞くのが聴聞でもなければ、このような私達の姿がハッキリ知らされたことが救いでもありません

先日の親鸞会追悼法要では、高森顕徹会長の片手に余るレパートリーの中、かねてから案内されていた通り『白骨の章』について話がありました。まぁいつも通りといえばいつも通り、相対の幸福の話や無常を取り詰める話が大半で、阿弥陀様に関しては「『絶対の幸福』にするとお約束されている」とかいう話位だったようです。初めての人もOKの追悼法要だけあって、まさに親鸞会導入部分の話ですね。

ところで今回、今まで私が聞いたことがなかったこととして、

浮生なる相」に二面あり、その二面とも自分の本当の姿だとハッキリと知らされるところまで聞き抜きなさい

という話がありました。その一面とは、「相対の幸福」(比べて初めて感じる幸せ)という浮いた物を日々求めて生きているということ、もう一面は、無常の身であり「煩悩具足の凡夫」である人間がいつどうなるかも分からない「火宅無常の世界」に生きておりながら、自分は全くそうと分かっていない、ということのようです。内容としてはいつも聞く話ですが、その説明の仕方が若干異なっていました。

しかし、このような私達の姿ばかりを聞くのが聴聞でもなければ、このような私達の姿がハッキリ知らされたことが救いでもありません。第一、親鸞会ではハッキリハッキリうるさいですが、ではどの程度知らされることを「ハッキリ知らされる」というのでしょうか? 全くもって曖昧です。相変わらず栓の抜けた風呂のような話を、会員の皆さんはいつまで有難がって聞いているのでしょうか? 

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。(一念多念証文)

浄土真宗は本願の名号、すなわち「南無(我をたのめ)阿弥陀仏(必ず救う)」を聞くのです。本願を聞いて疑い無いのを「」といい、それをまた「信心」というのです。その本願とは、

弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。(末灯鈔12通)

とあるように「念仏を称える者を極楽へ迎えよう」というお誓いであり、その誓いのお言葉をそのまま受け容れて念仏しなさいと仰せです。ですから、高森会長が話しているような私達の姿がどのようにハッキリ知らされたところで、本願を聞き、本願を深く信じて念仏しなければ徒事なのです。速やかに浄土往生させ、成仏させるという崇高な本願を「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を獲させる本願に貶め、浄土真宗と関係ない教えを説いて多くの人を騙している親鸞会は本当に許せません。



さて、親鸞会では相変わらずアニメ映画『なぜ生きる』を強烈に推し進めているようで、今後お盆の週に各地で上映を予定しています。入手した情報によると、石川県、栃木県、大阪府、島根県、愛知県、北海道、富山県、福岡県、そして埼玉県で、文化会館や小ホール等で上映予定とのことです。

29週連続上映のロングラン記録を樹立した人気の映画

だとか言って案内しておりますが、これは会員を総動員しての偽装ロングラン記録です。会員が毎週毎週せっせと足を運んで料金を払って見ていたのでロングランとなっただけのことです。この時期、各道府県の方々の中で、会員にこの映画を見に行こうと誘われる方があるかも知れませんが、ただの親鸞会導入映画ですのでご注意下さい。まぁ別に一度見たからといってどうということはありませんが、今後勧誘対象として見られ、様々な親鸞会の行事に誘われる可能性が高くなります。怪しいと感じたら早めに調べた方がよいです。

それと、これはシネマ学院の財施を募るのが最大の目的かも知れません。各地で上映した上で、「シネマ学院なら、もっと素晴らしい映像と音響設備で見せて頂けますよ」などと講師が説明して募財を推進するのではないかと推測されます。親鸞会としては、家族友人を誘えてもおいしい、誘えなくてもおいしい、という二段構えかと予想されます。会員の皆さんはこれ以上多くの時間や労力、財産を捧げる前に今一度教えの真偽を検証してもらいたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すくわれてください

Abcです。

>「浮生なる相」に二面あり、その二面とも自分の本当の姿だとハッキリと知らされるところまで聞き抜きなさい

これは、「白骨の御文」の冒頭、「浮生なる相をつらつら観ずるに、」の箇所ですね。「浮生なる相」はこのあとの「幻の如くなる一期」に対応しています。

「浮生なる相」 - 「幻の如くなる一期」は、
人間の儚きさまを読まれており、善信上人が出家された際に読まれた、
「あだ桜」の箇所と同じといって良いでしょう。

残念ながら、弥陀より「名号」を信知しても、ハッキリとは知らされません。前回も記しましたので割愛します。

>浄土真宗は本願の名号、すなわち「南無(我をたのめ)阿弥陀仏(必ず救う)」を聞くのです。本願を聞いて疑い無いのを「聞」といい、それをまた「信心」というのです。

そうです。真宗のすくいとは、自力(会員がよく聞いている「光りに進ませていただく」ということ)などひとつも交えないことから「不回向の行(願)」とも呼ばれているのです。「やうもなく」なのです。

>速やかに浄土往生させ、成仏させるという崇高な本願を「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を獲させる本願に貶め、浄土真宗と関係ない教えを説いて多くの人を騙している親鸞会は本当に許せません。

私から見たならば、「私自身が否定されたようなもの」なので本当に許せないです。「私怨」だといわれようとも許せないものは許せないのです。

>会員の皆さんはこれ以上多くの時間や労力、財産を捧げる前に今一度教えの真偽を検証してもらいたいと思います。

そうですね。「真宗聖典」をもたれている方は、「難しいから・・・」といって開けないようにするのをやめたほうが良いと考えます。「真宗聖典」が開いてもどうしようもないならば本願寺蓮如の著した「御文」と「古文辞典」を使ってください。
それも、躊躇われる方は、近くのお寺さんや淳心房さんなどに個別なり全体なりでご質問ください。

・・・と、今回はちょっと熱くなりすぎてしまいました。ですが「われひとり助けん」という弥陀によるなにものにもたとえることができない「行い易いもの」ですので是非ともすくわれていただきたいのです。

 南無無称光仏

Abc

>Abc様

もっと、熱くなれよ~!!(笑)

無常や罪悪は法を聞くきっかけにはなりますが、どれほど取り詰めても弥陀の五劫思惟ほどにはなりません。既に法をお聞かせ頂いている私達としては、日々無常や罪悪を通してわが身を反省・懺悔させて頂くというのは大事とは思いますが、やはり本願を聞き、本願を疑いなく受け容れて念仏することがまこと本願のお心にかなったことだと思います。わが身をいくら見つめてもそこに救いは無いです。ただ本願真実のお言葉をお聞きし念仏せよというのが親鸞聖人90年のお勧めだということを会員の皆さんには分かって頂きたいですね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード