親鸞聖人は「定散二善は成じ難い」と教えられているのです

「おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり」(一念多念証文)のお言葉について取り上げましたが、親鸞会では『「要門」とは、要の門、重要な門、必要な門であり、真実の十八願に入るには、要ず通らねばならぬ門(教え)、ということ』と説明し、親鸞聖人が定散二善を勧められているかのように解釈します。

今日は、『教行信証化土巻』のお言葉から、要門の行である定散二善について親鸞聖人がどのように教えられているか示し、親鸞会教義の真偽を検証したいと思います。

宗師(善導)の意によるに、「心によりて勝行を起せり。門八万四千に余れり。漸・頓すなはちおのおの所宜に称へり。縁に随ふものすなはちみな解脱を蒙る」(玄義分)といへり。
しかるに常没の凡愚、定心修しがたし、息慮凝心のゆゑに。散心行じがたし、廃悪修善のゆゑに。ここをもつて立相住心なほ成じがたきがゆゑに、「たとひ千年の寿を尽すとも、法眼いまだかつて開けず」(定善義)といへり。いかにいはんや無相離念まことに獲がたし。ゆゑに、「如来はるかに末代罪濁の凡夫を知ろしめして、相を立て心を住すとも、なほ得ることあたはじと。いかにいはんや、相を離れて事を求めば、術通なき人の空に居て舎を立てんがごときなり」(同)といへり。(教行信証化土巻)


【現代語訳】
(『顕浄土真実教行証文類(現代語版)』浄土真宗教学研究所浄土真宗聖典編纂委員会 編)参照

善導大師の説かれた『観経疏』によれば、「衆生の心にしたがって釈尊はすぐれた行をお説きになった。その教えは八万四千を超えている。漸教も頓教もそれぞれ衆生の資質にかなったものであり、縁にしたがってその行を修めれば迷いを離れることができる」(玄義分)といわれている。
しかし、はかり知れない昔から迷い続けてきた愚かな凡夫は、定善の行を修めることができない。心を乱さず思いを一つに集中して浄土の相を観ずる行だからである。散善の行も修めることができない。悪い行いをやめて善い行いをすることだからである。このようなわけで、仏や浄土の相を観じて思いを一つに集中することさえできないのだから、『観経疏』には、「たとえ千年という長い寿命を費やしても、真実を見る智慧の眼が開かない」(定善義)といわれている。ましてすべての相を離れ、真如法性をそのまま観ずることなど決してできない。だから、『観経疏』には、「釈尊は、はるかに遠く、末法の世の煩悩に汚れた衆生のことを、仏や浄土の相を観じて思いを一つに集中することなどできないと見通しておられる。ましてすべての相を離れて真如法性を感じようとするなら、それは、神通力のないものが空中に家を建てようとするようなものであり、決してできるはずがない」(定善義)といわれている。



私たちのような常没の凡愚には、要門の行である定善と散善が成じ難いことを

「定心修しがたし、息慮凝心のゆゑに。散心行じがたし、廃悪修善のゆゑに」

と教えられています。

『観経』に説かれている要門の観法は、経典に説かれているとおりに仏の相好や浄土の形相を観相して心を一つに集中する観法で、「立相住心」の観といわれます。それが、至難の業であることを、

「ここをもつて立相住心なほ成じがたきがゆゑに、『たとひ千年の寿を尽すとも、法眼いまだかつて開けず』(定善義)といへり」

と教えられています。

まして、聖道門でいわれるような、真如法性の理を直接観ずる「無相離念」の観を完成することなど凡夫には不可能です。それを、

「いかにいはんや無相離念まことに獲がたし。ゆゑに、「如来はるかに末代罪濁の凡夫を知ろしめして、相を立て心を住すとも、なほ得ることあたはじと。いかにいはんや、相を離れて事を求めば、術通なき人の空に居て舎を立てんがごときなり」(同)といへり」

と教えられています。

こうして、聖道門では生死を離れることの出来ないもののために要門を説いて浄土門へと誘引された訳ですが、その要門さえも如実に修行することができないことが『教行信証化土巻』に説かれているのです。


親鸞会のいうように要門を実行させるならば、このように「できない」と説かれているのはありえないことです。「凡夫には不可能なことですよ、でも実行しなさい」では不可能だと説く意味がなくなってしまいます。
また、「できない」と説かれているのに、実行させようとするのは、無慈悲なことです。
親鸞会では、定散二善を根拠に廃悪修善を勧めていますが、実践させているのは「定散二善」ではなく、高森会長・親鸞会にとって都合のよい活動(財施という名の献金、破邪顕正という名の人集め)ですから、そんな活動は仏教でないといえばそれまでですけど。


聖道門も要門の定散二善も「常没の凡愚」には堪えられない難行であることを明らかにされた後、

「門余」といふは、「門」はすなはち八万四千の仮門なり、「余」はすなはち本願一乗海なり。(教行信証化土巻)

と、八万四千の法門(方便の教え)を超えている「本願一乗海の教え」があることを親鸞聖人は明らかにされています。

こうして、阿弥陀仏の本願力回向によって一切の衆生が救われる本願一乗の真実の法門一つを親鸞聖人がお勧めであることが知らされます。

そのことは、次に、

おほよそ一代の教について、この界のうちにして入聖得果するを聖道門と名づく、難行道といへり。この門のなかについて、大・小、漸・頓、一乗・二乗・三乗、権・実、顕・密、竪出・竪超あり。すなはちこれ自力、利他教化地、方便権門の道路なり。
安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。この門のなかについて、横出・横超、仮・真、漸・頓、助正・雑行、雑修・専修あるなり。
正とは五種の正行なり。助とは名号を除きて以外の五種これなり。雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・漸教、定散・三福、三輩・九品、自力仮門なり。
横超とは、本願を憶念して自力の心を離る、これを横超他力と名づくるなり。これすなはち専のなかの専、頓のなかの頓、真のなかの真、乗のなかの一乗なり。これすなはち真宗なり。すでに真実行のなかに顕しをはんぬ。(教行信証化土巻)


と説かれていることからも明らかでしょう。


定散二善は浄土門の中の自力である横出の教えで、悟りの完成まで長い時を費やす漸教に含まれます。親鸞聖人は化土を戒め報土を勧められた御方ですから、方便化土へ往生する行である定散二善を勧められていないのは明らかです。
親鸞聖人が勧めているのは、阿弥陀仏の本願を信じて自力の心を離れるという横超他力の教えです。

親鸞聖人の教えに従い、お勧めの通りにする人を「親鸞学徒」というのであって、親鸞聖人の教えと違うことに努力する人は、いくら努力しても「親鸞学徒」とは言いません。
親鸞会の皆さんは、早く本物の「親鸞学徒」になって頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード