批判に応じて話のスタイルを変えるも、本人が真宗に無知なために意味不明な説明で終わっている高森顕徹会長

日曜日の講師部講義では、またも片手に余るレパートリーの中、

映画『なぜ生きる』の蓮如上人のお言葉
「『聞く一つで、大船に乗せる』ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです。」
の「大船に乗せる」について


だったそうです。私は又聞きなのでどうか知りませんが、今回はお約束の内容は

至心信楽 欲生我国(至心に信楽して我が国に生まれたいと欲う心)

だとし、その説明に「絶対の幸福」という文言は使わなかったようです。『飛雲』などで様々に批判され、それに応じて説法の内容をコロコロと変えるのが高森顕徹会長ですので、今回はそうしたのかも知れません。

それで、「至心信楽 欲生我国(至心に信楽して我が国に生まれたいと欲う心)」とはどのような身になるのかという説明に本願成就文を出し、

信心歓喜 乃至一念 至心回向 願生彼国 即得往生 住不退転

がそれに当たり、阿弥陀仏がまことの心で差し向けて下される、与えて下される、乗せて下される、それが「至心回向」だと話したというのです。それにより「信心歓喜 乃至一念 願生彼国 即得往生 住不退転」の身に死んでからではなく、生きている今なれる、それを親鸞聖人は「不体失往生」と明らかにされた、ということなんですが・・・。しかし、この説明では

至心信楽 欲生我国(至心に信楽して我が国に生まれたいと欲う心)とはどのような身になるのか

の答えになっていません。読者の皆様はこれで分かりますか? 結局、批判に応じて話のスタイルを変えるも、本人が真宗に無知なために意味不明な説明で終わっていることが伺えます。こんな説明になっていない話を聞かされ、普段は因果の道理に縛られて活動の延長線上に救いを眺めている会員の皆さんが、「至心回向」が分かる方がおかしいというものです。


まず、細かい事ですが。「どのような身」とか言っておりますが、「至心信楽 欲生我国」は信心です。「本願の三心」と言われるでしょう? なので、「どのような心か」、「どのような信心か」と言わなくてはなりません。私達の身体が変化するわけではないのです。超サイヤ人のように見た目が変化する、或いは見た目は変化しないが言動がガラリと変わるというのであれば別ですが、そうでない以上「どのような身」という表現は適切ではありません。

さて、本題です。普通は、本願文の説明をするのであれば『教行証文類』や『尊号真像銘文』を出すでしょう。せっかく親鸞聖人がこのようにご解説されているのにそれを用いないで、よく親鸞学徒だとか言えるものだと感心してしまいます。今回は『尊号真像銘文』より伺いたいと思います。

「至心信楽」といふは、「至心」は真実と申すなり、真実と申すは如来の御ちかひの真実なるを至心と申すなり。煩悩具足の衆生は、もとより真実の心なし、清浄の心なし、濁悪邪見のゆゑなり。
「信楽」といふは、如来の本願真実にましますを、ふたごころなくふかく信じて疑はざれば、信楽と申すなり。この「至心信楽」は、すなはち十方の衆生をして、わが真実なる誓願を信楽すべしとすすめたまへる御ちかひの至心信楽なり、凡夫自力のこころにはあらず。
「欲生我国」といふは、他力の至心信楽のこころをもつて安楽浄土に生れんとおもへとなり。
尊号真像銘文

最初に、「至心」とは「真実」であり、「如来の御ちかひの真実なる」を至心というのだと言われています。阿弥陀仏の本願が噓偽り無く、また外見ばかり立派で中身が伴わないということもない、まことの誓願であることを「至心」と言われています。対して私達は、「煩悩具足の衆生は、もとより真実の心なし、清浄の心なし、濁悪邪見のゆゑなり。」と仰せのように、元来まことの心、清らかな心を持ち合わせておりません。そのような私達に「至心」を起こせ、真実心を起こせと言われても無理です。ない袖は振れません。そこで、これは後に

御ちかひの至心信楽なり、凡夫自力のこころにはあらず。

とあるように「御ちかひの至心信楽」、成就文で言えば「至心回向」すなわち阿弥陀仏より恵み与えて下される「至心」であって「凡夫自力のこころ」ではない、「凡夫自力のこころ」で起こす信心ではないということが分かります。

次に、「信楽」ということについて聖人は

「信楽」といふは、如来の本願真実にましますを、ふたごころなくふかく信じて疑はざれば、信楽と申すなり。

と仰っています。阿弥陀仏の本願が真実であること、つまり私達を必ずお救い下さる、浄土往生の証果を得させるということを二心なく深く信じて疑いない心ということです。それから改めて、

この「至心信楽」は、すなはち十方の衆生をして、わが真実なる誓願を信楽すべしとすすめたまへる御ちかひの至心信楽なり

と仰っています。至心信楽というのは、十方衆生に「私の真実なる誓願を疑い無く信じなさい」という阿弥陀仏の仰せ、お勧めなのだというのです。「真実なる誓願」とは、つまり「浄土往生させるぞ」、ごく簡単に言えば「助けるぞ」ということですから、「浄土往生させるぞ」「助けるぞ」の仰せを疑い無く聞きなさい、疑い無く信じなさいということです。この「疑い無く信じる」というのも私達の心で疑わないように深く信じ込むということではなく、「御ちかひの至心信楽」、すなわち阿弥陀仏より賜る信心であります。

そして最後の「欲生我国」については、

「欲生我国」といふは、他力の至心信楽のこころをもつて安楽浄土に生れんとおもへとなり。

と仰っています。こちらも先ほどまでと同様、私達の「凡夫自力のこころ」でもって阿弥陀仏の浄土に生まれたいと思うのではありません。「他力の至心信楽のこころをもつて」安楽浄土に生まれると思いなさいということです。つまりは「浄土に生まれさせるぞ」という阿弥陀仏の仰せをそのまま受け容れて「浄土に生まれられる」と思いなさいということです。

問答形式にすると、このようなことです。

Q.「至心信楽 欲生我国(至心に信楽して我が国に生まれたいと欲う心)とはどのような心か?
A.阿弥陀仏の本願が噓偽りない真実であることを二心なく深く信じて、阿弥陀仏が仰せの通り「安楽浄土に生まれる」と思う心

ただ、親鸞会の会員の皆さんはちょっと理解不能かも知れません。皆さんは「絶対の幸福」だとか「幸せな人生にガラリと変わる」と叩き込まれていますので、そんな身にしてみせるというのが阿弥陀仏の本願だと信じている内は本願の仰せを疑い無く聞くことは難しいでしょう。阿弥陀仏の本願とは、

弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたる『末灯鈔』第12通

と仰せのように、「念仏を称える者を極楽へ迎えよう」という誓いです。この世で「絶対の幸福にしてみせる」とか、「苦しみの人生を、幸せな人生にガラリと変えてみせる」という誓いではないのです。この世を明るく楽しく、大安心大満足で生きようと願うなら、阿弥陀仏の本願以外の方法で、自力修行で成仏を目指すなり、自己啓発セミナーに通うなり何なりでお願いします。

また、そんなだから「どのような身」と聞いてすんなり受け入れられるのですし、「お釈迦様が45年もかかって説かれた教えが簡単に分かるわけがない」との先入観と今までの経験から、理解できない我々が悪いと思考処理しているものと思われます。ハッキリ言いましょう。高森顕徹会長の話が間違っている上に意味不明だから理解できないのです

私達は、「念仏を称える者を極楽へ迎えよう」という阿弥陀仏の真実なる誓願を二心なく深く信じて念仏するのみです。この誓願は既に成就して南無阿弥陀仏と仕上がっておりますから、この名号がわたしに今現にはたらいていると聞いたなら私の計らいは無用なのであり、名号願力にまかせて往生を願うばかりなのです。こうした名号のいわれを「」くのが「信心」すなわち「至心信楽 欲生我国」であります。「与えて下される」と聞くと、今まで無かった何かが心に入ってくるように思いますが、名号のいわれを聞くままが信心ですから、そういった心の変化を追い求めるのではなく、ただ「浄土往生させるぞ」という本願をそのまま聞いて頂きたいと思います。

成就文を出したまではよかったですが、今回はいつも話す「聞其名号」が無かったですね。まぁ出しても本願の説明が間違っているので何ですけど・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

浄土真宗では、
私が変わるのではない、阿弥陀様が変わって下さった話を聴聞するのでしたね。高森親鸞会と真逆です。

如来の作願をたづぬれば
 苦悩の有情をすてずして
 回向を首としたまひて
 大悲心をば成就せり

いわゆる仏願の生起は林遊がいるからなのでした。ありがたいこっちゃ。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://wikidharma.org/59bf94096052f

Re: 林遊@なんまんだぶ様

有難く読ませて頂きました。仏に成る縁手がかりのない私が仏に成る・・・そう聞いて、書いたりもしていますが、やはりどれだけ聞いても考えても想像も及びません。どれだけ聞いても頭を磨いても解らん話を、さようでございますか、なんまんだぶなんまんだぶと頂いております。

挙げて下された御和讃はよく会でも出てきましたが、終ぞ意味は分かりませんでしたね。高森会長の説く教えに合うように自分を変えよう、変えなければと思い行動していたんですから。それは仰る通り「真逆」でした。私に合わせて五劫永劫の願行を成就し、南無阿弥陀仏の名号と成って飛び込んできて下された阿弥陀さまのご辛労には頭が上がらないです。なるべく頭を下げたくない私も、こればかりは無条件服従しかないです。なんまんだぶ、なんまんだぶ。

死ぬという動詞の活用

「存在の不安」という言葉がありますが、
自らの存在の意味を知らないという不安なのでしょう。
それを知りたいと思ふのですが、生の意味も死の意味も知らないところに、宗教的な「苦」があるのでした。
仏教は、この問題と格闘してきた歴史でもあるのですが、我々は御開山親鸞聖人によって、自らの存在の意味を知らしてもらうのでした。ありがたいこっちゃな。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2016/02/02/%e6%ad%bb%e3%81%ac%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e5%8b%95%e8%a9%9e%e3%81%ae%e6%b4%bb%e7%94%a8/


Re: 林遊@なんまんだぶ様

仰る通りです。この広い世界で、自分というのは実にちっぽけな存在で、自分がいてもいなくても世界は何も変わらずに回ってゆく。居たら居たで誰かに迷惑をかけ、居なかったら居なかったでその時は困るかも知れないがやがて周りは自分を忘れ、自分が居なくても何とも思わなくなってゆく。若く健康であってもやがて年老い、病にかかってゆく。心で「こうなりたい」と思うがその望みがほとんどかなわない。どうにもならないことが多すぎる。愛するものとは離れ、厭い憎むものと会わねばならない。自分という存在は一体何なのか。何のために生まれてきたのか。何のために生きてゆくのか。今の苦しみに耐えてどうして生きなければならないのか。死ぬとはどういうことなのか。全く分からない。死ぬことを想像するとただただ昏く、恐怖である。しかしやがて必ず死んでゆく。死んだらどうなるのか。自分は消滅するのかしないのか。死後はあるにしても、安楽な世界へ行くのか苦しい世界へ行くのか。とても安楽な世界へ行ける気がしない。全くいいイメージがない。とにかく暗黒で怖い。でも必ず死んでゆかねばならない。親や兄弟、友達、その他多くの人達はこのことをどう思って生きているのか。そもそも考えもしないのか。考えても到底分からないとあきらめているのか。こんなことを考えずに忘れて生きていけたらいいが、考えずにはいられない。答えを知りたい。

私もこのように考え、苦しみ、迷い、しかしどうすることもできずにいて、親鸞会の話を聞こうと思いました。

今も、自分という存在についてよく知りませんし、苦しみも依然として存在して嫌になることもしばしばありますが、不思議と後生の不安は無くなっています。あんなに恐怖だったのに、阿弥陀さまにおまかせして安心です。「死ぬことは、浄土に生まれることだと思ってくれ」とは阿弥陀さまも中々無茶苦茶なことをおっしゃいますが、有難いことです。人生浄土の旅とさせて頂きました。とは言え、前途多難で、これからも様々な困難苦難が待ち受けているでしょうが、浄土真宗の教え、なんまんだぶと共に生きたい、こればかりです。ただ念仏のみぞまことです。なんまんだぶ、なんまんだぶ。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード