「信心」と言っても「本願の名号をきく」ことの他にはない、南無阿弥陀仏の他にはない、「我にまかせよ、必ず救う」という大悲招喚の勅命をただ聞き受けるのみ

本願文は、成就文を介することでより一層明らかになります。成就文について親鸞聖人は、

『無量寿経』(下)のなかに、あるいは「諸有衆生 聞其名号 信心歓喜 乃至一念 至心回向 願生彼国 即得往生 住不退転」と説きたまへり。「諸有衆生」といふは、十方のよろづの衆生と申すこころなり。

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。

「歓喜」といふは、「歓」は身をよろこばしむるなり、「喜」はこころによろこばしむるなり、うべきことをえてんずと、かねてさきよりよろこぶこころなり。「乃至」は、おほきをもすくなきをも、ひさしきをもちかきをも、さきをものちをも、みなかねをさむることばなり。

「一念」といふは、信心をうるときのきはまりをあらはすことばなり。「至心回向」といふは、「至心」は真実といふことばなり、真実は阿弥陀如来の御こころなり。「回向」は、本願の名号をもつて十方の衆生にあたへたまふ御のりなり。「願生彼国」といふは、「願生」は、よろづの衆生、本願の報土へ生れんとねがへとなり。「彼国」はかのくにといふ、安楽国ををしへたまへるなり。「即得往生」といふは、「即」はすなはちといふ、ときをへず、日をもへだてぬなり。

また「即」はつくといふ、その位に定まりつくといふことばなり。「得」はうべきことをえたりといふ。真実信心をうれば、すなはち無碍光仏の御こころのうちに摂取して捨てたまはざるなり。摂はをさめたまふ、取はむかへとると申すなり。をさめとりたまふとき、すなはち、とき・日をもへだてず、正定聚の位につき定まるを「往生を得」とはのたまへるなり。
一念多念証文

とお示しです。今回はこの御文を通して浄土真宗を伺っていきたいと思います。


諸有衆生」は本願文の「十方衆生」と同じく「十方のよろづの衆生」と仰せです。ですが、これは他の誰でもない「この私」と受け取るべきでしょう。「この私」を除いて本願はありません。

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。

聞其名号」とは、本願成就文の直前、第十七願成就文で説かれている本願の名号を聞くということです。

十方恒沙の諸仏如来は、みなともに無量寿仏の威神功徳の不可思議なるを讃歎したまふ。

全ての世界の数限りない仏方は、みな同じく無量寿仏のはかり知ることのできない勝れた功徳を褒め称えておいでだというのです。その勝れた功徳である本願の名号、南無阿弥陀仏を聞くのですが、これは本願を聞いて疑う心が無い、我が胸に持ち替えずにそのまま聞き受けていることを「本願の名号をきく」と言われています。そして、そのように疑い無く聞き受けていることを「信心」というのだと仰せです。このことは後の、

「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。

の語でも知られるでしょう。ですから、「信心」と言っても「本願の名号をきく」ことの他にはない、南無阿弥陀仏の他にはない、「我にまかせよ、必ず救う」という大悲招喚の勅命をただ聞き受けるのみだということが分かると思います。またこの「信心」は、

「信楽」といふは、如来の本願真実にましますを、ふたごころなくふかく信じて疑はざれば、信楽と申すなり。(尊号真像銘文)

とあるように本願文の「信楽」と全く同じです。ただ、本願文では「どうしたら信楽の心になれるのか」「本願の何を聞くのか」が不明だったのが、成就文を介しますと

十方諸仏が褒め称える南無阿弥陀仏の名号を聞いて信心歓喜乃至一念する

ことが明らかになります。十七願で誓われた通りの名号が既に南無阿弥陀仏と仕上がって、私を救うとはたらいているぞと聞いたなら、私の「どうしたら」「こうしたら」といった計らいは無用であり、そのまま南無阿弥陀仏におまかせとなるのです。そのように疑い無く慮り無く彼の願力に乗じたのを本願文では「信楽」、成就文では「信心」とお示しなのであります。


ところで、高森会長は信心について

地獄一定と極楽一定の二つの心がハッキリしたことだ

などと訳の分からない説明をし、「ハッキリするまで求め抜け」と言っては「本願の名号をきく」こととは無関係の組織拡大活動を会員にやらせています。会員の皆さんは信一念とそれまでとを分ける教えによってそれで納得してしまっているのかも知れませんが、早く気付いて南無阿弥陀仏とは無関係の活動から脱しない限り「本願の名号をきく」ことはできません。教義上からしても雑行をやりまくっている者が真実信心を獲られる道理がないからです。その雑行以前の善もどきの善に執心してこれを修め、しかも「本願の報土」に生まれようというのではなく「絶対の幸福」「幸せな人生にガラリと変わる」といった「夢・幻のような現世の幸せ」を追い求めている者が真実信心を獲て念仏するなど夢のまた夢です。


さて、話を戻しますが、次に聖人は

「歓喜」といふは、「歓」は身をよろこばしむるなり、「喜」はこころによろこばしむるなり、うべきことをえてんずと、かねてさきよりよろこぶこころなり。

と仰っています。これも誤解しやすいところですが、問題は何を「歓喜」するのかです。

「歓」は身をよろこばしむるなり、「喜」はこころによろこばしむるなり

ここだけ読んで、とにかく身も心も喜びに満ち溢れるのだ、そうでなければ信心ではないと思う会員の皆さんがほとんどと思いますが、そうではありません。それは「うべきことをえてんずと、かねてさきよりよろこぶこころ」とあるように、必ず往生するであろうということです。「うべきこと」とは往生のこと、それを「えてんず」、きっと得るであろうと、かねてさきより喜ぶ心です。往生するという未来の果を今から待っている喜びということです。浄土往生が約束された喜びということです。

浄土往生が約束されたというのはどれほど素晴らしいことかをこの記事でも少し書きましたが、しかし私達の腐った性根は、法をお聞かせ頂いている時は往生すべき身と定まったことを喜んでおっても、ちょっとつまらないことがあればその喜びはどこへやら。法話を聞いた帰りに知らない人と肩がぶつかって、相手に罵声を浴びせられでもしたらどうですか? また、変わらず健康に留意し、事故や怪我や病気に気をつけて生きているのも死にたくないからです。死ねば安楽浄土ですよ? ところがそれがちっとも恋しくない、迷いの世であるこの苦悩の旧里がいいとしがみついているのが自分というやつです。そして、目先の五欲を満たすことに夢中というどうしようもないやつです。

このようなことですから、私達の心持ちで「喜びが多いから往生一定」と決まるのでもなければ、「喜びがちっともないから往生不定」と決まるのでもありません。我々のコロコロの心は何のあてにもなりません。われらが往生の定まりたる証拠はあくまで本願が成就して仕上がったいまの南無阿弥陀仏であります。

死ぬと同時に浄土往生というこの上ない証果が約束されてもちっとも喜ぶ心のない、そんな煩悩具足の凡夫と知り抜いて、そんな者を助けるという阿弥陀仏の仰せをお聞かせ頂く度に、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と思い知らされます。

本願力にあひぬれば
 むなしくすぐるひとぞなき
 功徳の宝海みちみちて
 煩悩の濁水へだてなし
(高僧和讃 天親讃)

本願力に遇えてよかったです。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんばんわ、Abcです。

>本願文は、成就文を介することでより一層明らかになります。
(乃至)今回はこの御文を通して浄土真宗を伺っていきたいと思います。

今回もありがたく読ませていただきました。
淳心房さんの挙げられている通り、親鸞は「ゐなかの人々」である私(たち)に
「本願成就文の文字はこのような意だ」と一多証文に書かれているのです。

少々、話の軸がずれるかもしれませんが親鸞が「このような意だ」と書かれたものと蓮如が「なにごとも御開山のめされた如くすべし」とを如実に行うのでしたら、「善のすすめ」などは出てくるはずがないのです。われわれが縁あって「本願成就文」を目の当たりにし、「どのように読むのだろう」と思い立つことを願って一多証文を執筆せられたのですから「親鸞の教えに出遇う」ということは、「親鸞の著作に出遇う」ということに他ならないのです。

※「一念多念文意」は、隆覚律師「一念多念分別事」の解説書として作られたことをきっかけとはしますが、親鸞はこの書物を「単なる解説書」として終えさせませんでした。題名の略し方は「一多証文」「一多文意」「証文」とあります。

>我々のコロコロの心は何のあてにもなりません。
そうです、「自余のはからい信ずる心(罪福信)」は何のあてにもならないのです。
それでも「自力は往生の因(タネ)となるのだ!」と申される方に説明しておきましょう。
まず、「因果を深く信じる」すなわち「因果深信」のものは「悪人ではありません」。ですが、そのような「善人」が行っていることは「仏の力を借りなくても往生できる」と考えているので、往生するところとしましては「19・20願往生」即ち「疑城胎宮往生(化身土往生)」となります。

善悪のふたつ、宿因のはからひとして現果を感ずるところなり。しかればまつたく、往生においては善もたすけとならず、悪もさはりとならずといふこと、これをもつて准知すべし  (口伝鈔 善悪二業の事 より)

ここにある「往生」は「真佛土往生」即ち「17・18願往生」なのです。
「17・18願往生」は、「18願往生」ともかかれますが「17願はあくまで『本願を形づくる願』であり「われ助けん!」という力強い『業縁』は「18願の果」である」ので「18願往生」とも言われるのです。

「宿因のはからひ(過去世のはからい)」と名前が変わっていますが、これは「自余のはからい」のことです。

最後に、弥陀の船に乗せていただくには、「乗りたい」という気持ちは確かにいりますが「乗せていただくために自分が何かしなければいけない」と善をできない身で「善をしなければならない」と思ってはならないのです。
唯一、「善といわれるもの」を申し上げるとするならば「弥陀より「われ助けん」という詔命をふたごころなく受け取ること」です。

南無阿弥陀仏

Abc

Re: Abc様

> 親鸞が「このような意だ」と書かれたものと蓮如が「なにごとも御開山のめされた如くすべし」とを如実に行うのでしたら、「善のすすめ」などは出てくるはずがないのです。

その通りです。この『御一代記聞書』のお言葉は高森顕徹会長が自分や組織の指示命令に無条件に従わせるために利用しているだけです。正しい親鸞聖人の教えを弘めて多くの方に往生成仏して頂きたいなどという気持ちは更々ないでしょう。そんな人物を未だに無二の善知識と信じ、訳の分からない話を有難がっている会員の皆さんは哀れでなりません。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード