「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を説くどころか、ここへ来て未だ「宿善」を厚くする行いがどうだと邪義を唱え続ける高森顕徹会長

頂いた情報からは、やはり高森顕徹会長は今年の親鸞会報恩講にて

南無阿弥陀仏の六つの字のこころ

を懇ろに教えるといったことはなかったようです。2日目はまず、アニメ映画『なぜ生きる』と絡めて、

信心決定とは「難度海を度する大船」に乗せて頂くこと。すると無明の闇が無くなる。

と話し、「無明の闇」=「後生暗い心」だとして、

無明の闇を破れると、後生がハッキリする

という邪義を繰り返したとのことです。呆れてしまいます・・・。


信後であっても後生が我々の上でハッキリするものではないことは、

往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。
さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。故聖人[黒谷源空聖人の御ことばなり]の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」と、たしかにうけたまはりしうへは、たとひ地獄なりとも故聖人のわたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。
『執持鈔』

より明らかです。『私の方から、浄土へ参るとも、また地獄へ行くとも、決めてはならない。法然聖人の「源空が生まれるところへ行くのだと思って下さい」という仰せを確かに承った上は、たとえ地獄であっても法然聖人のいらっしゃるところへ参るのだと思うのである』というのです。信心決定したとて浄土の様相を見たわけではありませんから、相変わらず死んだらどうなるか分かりません。当然ですね。親鸞会の言葉で言えば「後生暗い心」のままです。そのまま、死後どうなるかまで含めて、すべて「如来の御ちかひ」におまかせしたのを「他力に帰したる信心発得の行者」というのであって、私の自覚の上で「極楽参り間違いなしとハッキリするわけではありません。私達の側としては、「念仏を称える者を極楽へ迎えよう」という本願を深く信じて念仏申すのみです。このように、死後、どこへお連れ下さるかを阿弥陀仏におまかせしたのを「信心決定」というのであって、「後生がハッキリする」だとかいう説は浄土真宗に無い珍しき法です。


今回、このことでもガッカリしたのですが、もっとガッカリしたことがあります。それは、

どうすれば「信心決定」できるのか

ということで蓮如上人の「まことに宿善まかせ」の言葉を出し、

「宿善」を厚くする行いについて、一番は聞法

だと話したということです。ここへ来て未だ「宿善」を厚くする行いがどうだと邪義を唱え続ける姿勢に、

あぁ、高森顕徹という人物には、一貫して会員の皆さんに「信心決定してもらいたい」などという気持ちは更々無いのだな

と再認識させられました。会員の皆さんはこのような教えを聞き、

・重ねて重ねて聴聞した先に決勝点がある
・重ねて聴聞すれば信心決定できる


という間違った観念をより一層強固にしたことでしょうが、「宿善を求めよ」「宿善を厚くせよ」といった教えは浄土真宗に無いデタラメ創作教義です。簡単に言えば、親鸞聖人の教えを信じて聞ける「宿善の機」と、信じるどころか反って謗るような「無宿善の機」を分別し、「宿善の機」に法を説けというのが蓮如上人の御教示であります。どこにも、宿善を厚くする手段としての聞法、おつとめ、諸善の勧めはありません。宿善については、最近

親鸞会会員の誤解―活動しなければ救われない(1)

でも触れましたが、今回の報恩講で高森会長がまたしても「宿善」を厚くする行い云々と抜かすとは正直思ってもいませんでした。この親鸞会の邪義については、上のエントリーのリンク先に詳しく詳しく書かれていますので、まだ知らない方はぜひともお読み頂きたいと思います。また、当ブログでも今後重ねて宿善について触れていきたいと思います。


浄土真宗では、本願が成就して南無阿弥陀仏と成り、「我をたのめ、我にまかせよ、必ず浄土に迎えるぞ」とお喚びづくめであるということをそのままお聞きし念仏しなさいということを教えられています。南無阿弥陀仏、要は「そなたを助けるぞ」を、素直に、そのまま、聞き受けた、受け容れたのです。これが

南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理

であり、

南無阿弥陀仏の六つの字のこころをよくしりたるをもつて、信心決定すとはいふなり

なのです。この「南無阿弥陀仏の六つの字のこころ」をお聞きするのを「聞法」とか「聴聞」というのです。宿善を厚くして、信心決定に近づく行為を「聞法」「聴聞」というのではないのです。

おつとめにしても、「南無阿弥陀仏の六つの字のこころ」を正信偈や和讃、御文章を通してお聞きする行為であって、「聴聞」と同じです。五正行の実践だとかいう宿善を厚くする行為ではありません。

念仏以外の諸善は往生のためには「雑行」と言われ、「もろもろの雑行をなげすてて」と説かれている行為ですから勧め自体がありません。六度万行の実践だとか言ってお布施(献金)、破邪顕正(勧誘)、また会長や上司への無条件服従を親鸞会では勧めていますが、たとえ如実の善だとしてもそれらは「なげすてて」と言われる「もろもろの雑行」です。そんな「もろもろの雑行」をやりまくっている者が「一心に弥陀に帰命」することもなければ、「不可思議の願力として、仏のかたより往生は治定せしめたまふ」こともありません。正定聚の位に入ることもなければ、御恩報尽の念仏を称えるということもないことを、会員の皆さんはよくよく知るべきです。

今回の報恩講で、高森顕徹会長は会員の皆さんに信心決定してもらおうなどという気持ちは更々ないことが改めてハッキリしました。会員の皆さん、これ以上無駄な犠牲を出さぬよう、後悔をせぬよう、一刻も早くトンデモ邪義を唱え続ける悪知識から離れて下さい。そして、本物の真宗に遇い、南無阿弥陀仏の六字のこころをそのまま聞いて念仏し、浄土往生の本懐を遂げて下さい。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

おはようございます、Abcです。

>このように、死後、どこへお連れ下さるかを阿弥陀仏におまかせしたのを「信心決定」というのであって、「後生がハッキリする」だとかいう説は浄土真宗に無い珍しき法です。

仰るとおりで、「信心決定」は、あくまで「阿弥陀さまに後生の往き場所をおまかせする」のであって、それ以外はありません。よって、「(阿弥陀さまからご覧になって)後生ハッキリする」とはあっても「(わたしたち凡愚からみて)後生ハッキリする」ということはありません。此のことについては、淳心房さんが、先に挙げられている

>往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、(云々)
にて明らかです。

>どうすれば「信心決定」できるのか
>ということで蓮如上人の「まことに宿善まかせ」の言葉を出し、
>「宿善」を厚くする行いについて、一番は聞法

やはり、高森さんはこのことをいっていましたか...
繰り返すようですが「宿」(宿善 宿因 宿縁など)という文字には
「過去の」という意味でありますから「過去の善」となり
「現在の善」ではないのです。

なもあみだ

Abc

Re: Abc様

> 「(阿弥陀さまからご覧になって)後生ハッキリする」とはあっても「(わたしたち凡愚からみて)後生ハッキリする」ということはありません。

そうですね。阿弥陀さまは、我が子を我が家へ連れて帰るだけですから、私が後生浄土に参るということは阿弥陀さまの側からはハッキリしています。対して私達は浄土がどんな所か、経典から伝え聞くのみで実際のところは分からないのですから、私達の側からはハッキリしません。またハッキリしなくてもよいのです。「連れて帰るぞ」の勅命のみで安心です。


> やはり、高森さんはこのことをいっていましたか...
> 繰り返すようですが「宿」(宿善 宿因 宿縁など)という文字には
> 「過去の」という意味でありますから「過去の善」となり
> 「現在の善」ではないのです。

宿世の善根ですからね。これを信心獲得するまでの現在世まで含めると、例えば今年信心決定した人は、去年自分が修めた善根を振り返って、「あの時やった善のおかげだな」と喜ぶことになります。これって思いっきり自力じゃないですか。高森会長は、実質「信心獲得が自力でできる」と説いていることに会員の皆さんは早く気が付かないといけませんね。

淳心房さんへ

こんばんわ、Abcです。

淳心房さんは、既に存じておいでですので他の方にも知っていただきたい...
いや、高森さんは、まちがいなりにも「親鸞聖人」「浄土真宗」という単語を
挙げられていますので、「親鸞聖人の教え とは?」と興味をもたれた方に
こそ聞いていただきたく思います。

さて、本題に入りましょう。

>宿世の善根ですからね。これを信心獲得するまでの現在世まで含めると、例えば今年信心決定した人は、去年自分が修めた善根を振り返って、「あの時やった善のおかげだな」と喜ぶことになります。これって思いっきり自力じゃないですか。

そうです、「宿『善』」と『善』という単語、文字を出しただけでも「自力」ということにつながりますから親鸞は常に「宿縁(過去の縁)」<遠く宿縁を慶べ など>とし、『善』という単語は使われませんでした。

少し、話がずれますが、法然門下に「(小坂の)善慧房」「善信房」と「善」のつく房号を持たれている方がいますが、これは「善導大師」から来ているものです。
また、「浄土宗大本山 善光寺大本願」という古刹もございます。
(善光寺には、親鸞のほか、証空などの高僧たちにより念仏の教えが広められました。)
法然の教えは、「源空の伝えきかしむるところ 善導禅師にきわまれり」といわれるほどに「善導大師」の存在は法然にとっても、親鸞にとっても大きなものでありました。(『正信偈』にて「善導独明仏正意」を声高々とするところにはこのいわれがございます)

善導源信すすむとも
 本師源空ひろめずば
片州濁世のともがらは
 如何でか真宗をさとらまし (高僧和讃 源空抄)

善導(大師)や源信(僧都)がすすめるとはいえ
 私の直接(本地)の師匠である源空聖人がひろめなかったならば
この日域(片州)の(五)濁(悪)世に生かされている同朋は
 どのようにして真宗(南無阿弥陀仏)をさとる(信じる)ことができようか

なもあみだ なもあみだ

Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード