いなみ様へ

今回は、いなみ様より頂いたコメントにお答えします。

********************
> 高森会長の説法を聞き、この話は仏願の生起本末のどこを話しているのだろうと思いながら聞きますが、よくわかりません。
> 仏願の生起本末を話しているのでしょうか?
********************

邪義を織り交ぜながらの「仏願の生起」の部分を話しています。生起とは阿弥陀仏の本願の起こりということですが、それは悪業煩悩を重ねて六道二十五有生を果てしなく流転輪廻し、真の安らぎ、真の楽しみ、真のさとりとは縁のない「この私」がいたというのが本願の起こりです。ただ、私達は死ねば必ず無間地獄に堕ちるということ、私達は生まれながらに五逆罪・謗法罪を造っているということ、全ての人間は悪人しかいないということ、一つの善もできないということなどは間違いです。

仏願の生起本末について詳しくは、安心論題/聞信義相等をご覧下さい。


********************
> 仏願の生起本末を聞いていないとしたら疑心が有ることも無くなることもありません。
> 「南無阿弥陀仏の六つの字のこころ」を聞かせて頂いたという実感がありません。
********************

その通りです。仏願の本(因本)と末(果末)を説いていないどころか間違って教えており、「南無阿弥陀仏の六つの字のこころ」など全くと言ってもいいほど説かれないからです。

阿弥陀仏は苦悩の衆生、すなわちこの私、今で言えば「いなみさん」を捨てずして、何とかして浄土へ迎え取り、仏にしてやろうと五劫が間これを思惟して48願を起こされ、永劫が間これを修行されました。これが仏願の本(因本)です。

そして、今や威神功徳不可思議の名号である南無阿弥陀仏は既に成就され、「名声十方に聞こえん」と重ねて誓われた通り、いなみさん目がけて絶えず喚びかけられ、「我にまかせよ」「我が名を称えよ」と常にはたらきかけているのです。これが仏願の末(果末)です。

こうした仏願の生起、本、末を聞いて疑う心のないのを「」というのです。すなわち、本願が南無阿弥陀仏と仕上がって私にはたらいているぞということを、そのままお聞きする、そのまま受け容れるということです。これが「」であり、また「」であります。「仏願の生起本末」、「南無阿弥陀仏の六の字のこころ」を「」くのがそのまま「信心」なのです。

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。(一念多念証文)

それは長いこと聞法を重ね、活動を重ねていった先の話ではなく、現在只今のことです。今、この場で、ここにいる私が本願力に摂取され、ひとえに後生を阿弥陀さまにおまかせ致すわけです。だって本願は南無阿弥陀仏と仕上がって今、この場、ここにいる私まで届いているのですから。でなければ今臨終という人は到底間に合わないでしょう?

それと、高森会長は仏願の本は18願、仏願の末は19願・20願という珍説を打ち出し、「なぜ生きる2」に書いて出版までしていますが、そもそも考えてみて下さい。19願・20願を聞いて、それらを実践している、あるいは実践しようとしている時というのは本願(18願)を疑っている状態です。19願・20願を聞いていて、疑いが無くなるわけがないでしょう?

加えて言えば、「「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり」のお言葉は「信文類」、すなわち至心信楽の願、18願について明らかにされた文類の中にあります。19願・20願は無関係です。それを関係づけて、会員の獲信・往生とは無関係の組織拡大活動をやらせているだけだということが明らかにお分かり頂けるかと思います。


********************
> 本当は高森会長に直接質問したいのですが、それは叶わないので、支部長や幹部の会員に質問しようとすると、「えんしょう」の人が来ているからと言われ質問しにくい雰囲気を感じます。
> 和合僧を破ると五逆罪で地獄行きだと暗黙のプレッシャーを感じ、そんたくしてその場の雰囲気をよくするように努めたりしています。
********************

そのお気持ちは察するに余りあります。私も会員だった当時は似たような思いでした。あと、聞いても「もっと真剣に聞かせて頂きましょう」「もっと光に向かって進ませて頂きましょう」と言われて終わりということは判り切っていたので質問もしませんでした。「物を言え物を言え」と最初は教えられますが、肝心な部分については「忖度しろ」という暗黙の了解がありますよね。それではいけないのですが、そうなっているのが親鸞会です。


********************
> いままでは高森会長の教えに誤りはなかろうと勝手に思い込んで自分で調べませんでした。
> 調べようにも反論の根拠になる学がありません。
> 言われるままにそういうことだと思っていました。
>
> 反論の根拠としてお聖教が上げられるので自ら聖典で調べてみると確かにそのように書かれています。
> お聖教をよくよく読んで判断したいと思います。
********************

高森会長の説が正しいか、批判者の説が正しいか、あるいはどちらも正しくないか、本当のところはどうなんだと疑問を持って、それを後回しにしたりうやむやにしたりせずに、納得いくまで調べてみることが大事です。当ブログの題名が「真偽検証」ですが、いなみさんも親鸞聖人の正しい教えをどうぞ真偽検証なさって下さい。親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人のお書き下されたものを根本としているという点ではいなみさんも私も同じであると思います。そういった善知識方の直のお言葉に向き合って頂きたいと思います。


以上、簡単ではありますがお返事とさせて頂きます。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。



【追記】
林遊@なんまんだぶ様がいなみさんのコメントへのお答えとして書いて下さっています。
↓↓↓
『用管窺天記』利他力
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

横から失礼します。

いなみさんのコメントを拝見して、嬉しさのあまり書いてます。
昨日、あるお同行がお念仏喜ばれるようになったと聞き、嬉しかったです。
阿弥陀さまの誓願が成就してるんだから、当たり前でしょと思いながらも。
俺に慈悲の心はないので、この嬉しさは阿弥陀さまが起こして下さったんだなぁと味わいつつ。

いなみさん。
あなたが仏となる為のご修行は阿弥陀さまが既にいなみさんにかわって完成して下さっていますので、こちらの計らいには用事がありません。

俺は教学に明るくないですが、淳心房さんはじめ、親鸞会の外には本当の真宗に詳しい方が沢山おられますし、お寺にも善知識は多くおられます。
RCさんという、30年ほど親鸞会にいた、ちょっとお節介ですがメチャクチャ親切な方が埼玉慧日会という勉強会的なのを定期的に開催されているので、そういうのにも参加されてみるのもいいかもしれません。
色々と重く感じられてしまったら、申し訳ありませんでした(ー ー;)

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

ありがとうございます

淳心房さん、林遊@なんまんだぶさん、R1000さん、

ありがとうございます。

いなみさん へ

こんばんわ、Abcです。

淳心房さんの繰り返しとなるかもでしょうが、今一度申し上げておきます。

高森さんの「言葉」に対して、淳心房さんを始めとして「お聖教」を挙げられています。

いなみさんが、疑問に思われた箇所がもしあったとしたならばコメントにまた書き記してください。記されたならば、このように返信があると思うのでまた記していただけると良いかと考えます。

蓮如は門徒たちに対して、「ものをいえ」と懇ろに言っていました。また、話されるときも門徒と同じ床に座して説かれたと聞き及んでいます。

いなみさん、今回は質問していただきありがとうございました。

なもあみだ

Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード