FC2ブログ

阿弥陀仏の木像や絵像、名号を拝むことも、念仏を称えることも、阿弥陀仏の本願を信じることも否定し、それでいて肝心の聞くべき阿弥陀仏の本願を説かない高森顕徹会長

『飛雲』親鸞聖人の仰ったことを、「そんなことは口が腐っても言ってはならない」と完全否定する高森顕徹会長

を見た方も多いと思いますが、昨日の講師部講義にて高森顕徹会長はまたトンデモ邪義を唱えたようです。

阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない。


しかし、さすがの高森顕徹会長でもこんな話をするのかと半信半疑でしたが、寄せられた情報によると本当のようです。講義の演題はいつもの

アニメ映画『なぜ生きる』の蓮如上人のお言葉
「『聞く一つで、大船に乗せる』ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです。」
の「聞く一つ」とはどういうことか? 一体どうすればよいのか?


という質問についてでした。情報を見ていきますと、高森会長はまず

浄土真宗は「聞の宗教」と呼ばれる。

と話しています。多くの宗教は何かを拝んだり、口で唱えたり、信じなさいと教えるのに対して、浄土真宗は「聞くことを教えている宗教」だというのです。それから、

お釈迦様は阿弥陀仏の本願を判り易く本願成就文で教えられている。

ということで本願成就文を挙げ、「聞其名号 信心歓喜」に注目して

聞いて信心歓喜する、絶対の幸福になる。

というところから『飛雲』で紹介されていた件のトンデモ邪義が放たれたようです。ニュアンス的には

「阿弥陀仏の木像や絵像、名号を拝みなさい」、「念仏を唱えなさい」、「阿弥陀仏の本願を信じなさい」とは教えられていない。「阿弥陀仏の本願を聞きなさい」。聞いて信心歓喜する、絶対の幸福になる。阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない。
(紫の太字は淳心房が書き足しています。)

と、他の宗教と比較して「聞くことを教えている宗教」だと強調するためにこう話したと見られます。


しかしそれにしても酷い邪義です。既に『飛雲』にてコテンパンに批判されている通りですが、これでは

「阿弥陀仏の木像や絵像、名号を拝みなさい」とはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない。
「念仏を唱えなさい」とはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない。

と言っているようにも受け取れます。ならば、

礼拝正行

と言って、阿弥陀仏を拝むことを勧めているのはどうしたことでしょうか?

称名正行

と教えて、阿弥陀仏の御名を称えることを勧めているのはどうしたことでしょうか? これでは、阿弥陀仏への合掌・礼拝も悪いことになるし、浄土真実の行である称名念仏さえ悪いことになってしまいます。


その後高森顕徹会長は、

たとひ大火ありて三千大千世界に充満すとも、かならずまさにこれを過ぎて、この経法を聞きて歓喜信楽し、受持読誦して説のごとく修行すべし。『大無量寿経』流通分

たとひ大千世界に
 みてらん火をもすぎゆきて
 仏の御名をきくひとは
 ながく不退にかなふなり
浄土和讃

火の中を 分けても法は聞くべきに
 雨風雪は もののかずかは
(蓮如上人)
(この歌は蓮如上人ではなく、花園天皇の作のようです。花園太上法皇第四番の御詠歌参照)

の根拠を挙げて「阿弥陀仏の本願一つ聞きなさい」と話したものの、頂いた情報には「阿弥陀仏の本願」についての説明はありませんでした。これで浄土真宗を説いているつもりなのでしょうか? 次に話すつもりなのかも知れませんが、次までに命が有る保証がどこにありますか? 結局、高森会長の目的は

次も聞きに来てもらうこと

であって

信心を獲てもらうこと

ではないことが伺えます。


阿弥陀仏の木像や絵像、名号を拝むことも、念仏を称えることも、阿弥陀仏の本願を信じることも否定し、それでいて肝心の聞くべき阿弥陀仏の本願を説かない悪知識の話を聞いていても何の所詮もありません。

一刻も早く、高森会長を見限って親鸞会を離れることを強くお勧めします。

私も飛雲さん同様、会員の皆さんにこうお勧めします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前からですが、最早、浄土真宗でもなんでもないですね。

なので昨晩寝ずに教団名を考えてあげました(嘘)
「宗教法人 T★k手2とその愉快な仲間たち」
なんてどうでしょう。
★と「達」をあえて平仮名にしたのがポイントです(9割方、飛雲さんからのパクりですが)。
本当は「エムハル」「ダブルべ」「ケーダマ」などのパワーワードもねじ込みたかったのですが、よりシンプルに、親しみやすくを心がけて考えてあげました。

ぁ、ただの悪口ですので一読されたら消しちゃって下さいw
仕事やご家族の事、ブログ更新などでお忙しい淳心房さんにふふっと鼻で笑って頂けたらと思いまして(´ω`)

Re: R1000様

少なくとも昭和40年代からおかしいです。これからも命ある限りトンデモ邪義を連発してもらって、会員の皆さんのマインドコントロールが解けるよう頑張ってもらいたいですね(笑)

> 「宗教法人 T★k手2とその愉快な仲間たち」

正式名称にしては分かりづらいですが、通称としてはいいのではと思います(^ω^)

高森顕徹教とか高森教、100歩譲って以前の徹信会とかならいいですけど、教えは「浄土真実」でも「親鸞聖人の教え」でもないので今の名称はダメです。今の名称で行く限り私は批判し続けます。

例の如く、「茶色の部分」を

こんばんわ、Abcです。

このことに対しての大筋の意見といたしましては飛雲さんのところに記したとおりですので気になる方はごらんになってください。

>阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない。

「高森顕徹」を象徴するパワーワードすぎてもはや何もいえません。
個人的にはこのパワーワードは二千畳に飾ってほしいです。

>浄土真宗は「聞の宗教」と呼ばれる。

このことに対しては、特に否定はしません。
ただ、このあとに「あの問題発言」をしているのですから、
自分の主張を、数分後の自分の主張で否定しているということを
留意しなければなりません。
  → 「聞の宗教」つまり「『聞即信(聞く即ち信ずる)』の宗教」
  → 「弥陀の呼びかけを聞くことが 即ち 弥陀をつのり(信心)とすること」
    → だが、数分後に「タメゴロー発言」によってこの説は覆してしまう

>聞いて信心歓喜する、絶対の幸福になる。

これも否定しません。「絶対の幸福」という単語がやはり気にはなりますが、
「タメゴロー発言」に比べたら些細なことです。

「阿弥陀仏の木像や絵像、名号を拝みなさい」、「念仏を唱えなさい」、「阿弥陀仏の本願を信じなさい」とは教えられていない。「阿弥陀仏の本願を聞きなさい」。聞いて信心歓喜する、絶対の幸福になる。阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない。
>(下線の文字は淳心房が書き足しています。)

書き足しありがとうございます。
まず、覚如が「名号こそ当流の本尊」と申されたから最初の文があるとしたならば、それは誤りとしか言いようがありません。蓮如の時代、山科本願寺において、本尊を安置する須弥壇は「奥まった作り」となっており、木像が安置されていたとかんがえられております。また滋賀県野洲市にある木辺派の本山では、親鸞が常に担いでいたとされる木像が安置されております。また、私のところ高田派では「聖人直拝のご本尊」とされる「善光寺式一光三尊弥陀如来像」が安置されています。

、「念仏を唱えなさい」、「阿弥陀仏の本願を信じなさい」とは教えられていない。「阿弥陀仏の本願を聞きなさい」。聞いて信心歓喜する、絶対の幸福になる。阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていない

「念仏を唱えなさい」を否定することは私のところ「念仏高田」を否定することであり、
「弥陀の本願を信じなさい」を否定することは本願寺の「信心為本(真実信心)」を否定することとなり、結果として「念仏成仏これ真宗」や「真実信心うる人は」という親鸞の和讃を否定していることとなるのです。即ち、
「高森が教えることは「信心を得なさい」でも「念仏を唱えなさい」でもなく、「次も聞きに来てください」です」と言っている様なものです。

ですから、会員の皆さんはこれを機に高森さんから離れて信心獲得していただきたいです。それでもなお「高森さんの話をききたい」と言う方は止めませんが。

なもあみだ なもあみだ

Abc

追記

連投申し訳ございません、Abcです。

>「阿弥陀仏の木像や絵像、名号を拝みなさい」 を
「阿弥陀仏の木像や絵像ではなく名号を拝みなさい」と読み間違えておりました。

申し訳ございません。

Abc

聞即信

高森顕徹氏は、
あれほど攻撃していた「念仏さえ称えておれば」という、愚直になんまんだぶを称え聞える「聞」に気がついたのかな。
彼の性分としては、あり得ないのだが、八十を過ぎて

 この心すなはちこれ念仏往生の願(第十八願)より出でたり。

という「信」を知らないのは可哀想でもあるのだが、氏の提唱の「因果の道理」の自業自得だから、自己の作った業で脱会者の怨嗟の奈落へ堕すのかもだな(笑

たぶん善意に解釈すれば「聞即信」を高森流に解釈した表現が「阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない」だろうけど、意味不明だな。儂はそんなことは言っとらんは十八番だし、よくこんな人物に騙された人がいるとうのが納得できん。
ある意味では、会員自身が仏とも法とも知らない彼を、カリスマに仕立てあげたのだが、親鸞会会員特有の、選民思想が背景にあるのだと思っていたりもする。

http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%81%9E%E5%8D%B3%E4%BF%A1

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


コメント返信

Abc様

「阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていない」ですからね・・・あれで浄土真宗とか本当の親鸞聖人の教えとかと謳っているんですから笑止千万です。
こんなタメゴロー発言を平気でする高森顕徹会長です。当然、本願成就文から念仏を抜いていますから「念仏を称えなさいとはどこにも教えられていない」となるでしょうし、「阿弥陀仏を拝みなさいとはどこにも教えられていない」となるでしょう。阿弥陀仏の木像や絵像を「人」だと言って、やがて滅びるものだと誹謗していますから、こんな発言はもはや朝飯前なんでしょうね。


林遊@なんまんだぶ様

>あれほど攻撃していた「念仏さえ称えておれば」という、愚直になんまんだぶを称え聞える「聞」に気がついたのかな。

気付いていないと思います。他の宗教と比較して「聞の宗教」だと強調するために言ったまででしょう。それがトンデモ邪義に発展しているだけと見えます。

親鸞会に縁があった人の多くは浄土真宗に無知であり、「人生の目的」とか「なぜ生きる」から入門していますからね。人間の実相部分の話が正しいと思えることをもって教義全体が正しいと思いこんだ人、また講師部員の詭弁や何かに丸め込まれて親鸞会教義が本物の浄土真宗だと早合点した人が多いと思います。私は前者でしたね。正しい知識、智慧が無ければ、騙されてしまうものです。

返信ありがとうございます

こんばんわ、Abcです。

返信ありがとうございます。読ませていただきました。
>当然、本願成就文から念仏を抜いていますから「念仏を称えなさいとはどこにも教えられていない」となる (親鸞会における高森さんの説)

さようであります。「高森の計らい」にて「念仏」を抜いていしまっているのに、『真宗』というブランドは我が物にしたいがために良くわからないことになっています。この開かれたネット社会において、「わしはそんなこと言っておらん!」と後に言ったとしても後の祭りです。

『本願成就文』

諸有衆生、聞其名號、信心歡喜、乃至一念。至心回向。願生彼國、即得往生、住不退轉唯除五逆 誹謗正法

あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜せんこと、乃至一念せん。心を至し回向したまえり。かの国に生まれんと願ずれば、すなわち往生を得て不退転に住す唯五逆と誹謗正法とを除く

聞其名号 : 弥陀の名号をふたごころなく聞く(やうもなく聞く)

即得往生、住不退轉 : 往生を得て、不退転に住まう

信心歡喜 : 信心歓喜すること
  (親鸞は「信」に対して、殊に注力され 主著『教行証』には「信巻」には別序が付属せられている。また、その直前「行巻」には、
  「其の真実の信の願は、至心信楽の願なり。これ乃ち選択本願之行・信なり」と記されており、「真実の信の願(本願)は、18願であり選択本願の行信」といわれているのです。その次には『正信偈』がしるされています。

この「其名号」「得往生、住不退轉」「心歡喜」の頭文字をとられて
「聞 即 信」といわれただけなのです。

なもあみだ なもあみだ

Abc

Abcさん

Abcさん。

高田派では御開山の示して下さった「信」をどのように理解しているかは存じ上げないのですが、御開山は、

 しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。「信心」といふは、すなはち本願力回向の信心なり。p.251

とされ、この意を『一念多念証文』では、

 聞其名号といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを聞といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。p.678

とされておられますから、

>この「聞其名号」「即得往生、住不退轉」「信心歡喜」の頭文字をとられて
>「聞 即 信」といわれただけなのです。

という視点と違う意味で御開山は「信心」という語を理解してなさったのだろうと思ふ。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


林遊さんの返信をうけて

こんばんわ、Abcです。

>高田派では御開山の示して下さった「信」をどのように理解しているかは存じ上げないのですが、御開山は、

> しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。「信心」といふは、すなはち本願力回向の信心なり。p.251

この文は「本願成就文」の解説をなされた箇所ですね、載せていただきありがとうございます。

  衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。

そのため私は、中ほどに
聞其名号 : 弥陀の名号をふたごころなく聞く(やうもなく聞く)

と記したのです。

>>この「聞其名号」「即得往生、住不退轉」「信心歡喜」の頭文字をとられて

の箇所に疑問を抱くのでしたら、もう少し掘り下げましょう。私の説明が行き届いていなかったのかもしれませんので。

「聞其名号」は、「『南無阿弥陀仏(名号)』を聞く」と言う意味ですが、
前に「聴聞」の箇所にて、「ゆるされて聞く、信じて聞く」とあったように
「『名号』を信じて聞く」と言う意味と取れます。
そのうち、「信じて」というのは、「つのりとして たのみて やうもなく(蓮如)」などと訳されますが、林遊さんが挙げられているように、
「本願をききて疑ふこころなきを聞といふなり。」ということです。

つぎに「信心歡喜」ですが、「名号をつのりとして むずと慶ぶこころ」のことですが、淳心房さんが前に記された「名利の大山」によってその心は実際には現れません。ただ「名号を支証としている」と言う心持ちだけがあるということです。

聞 「『南無阿弥陀仏(名号)』を聞く」
即 前のコメントでは「即得往生、住不退轉」をあげましたが、「即横超截五悪趣」を例としてあげますと、
「名号をつのりとすることは、すぐさま五悪趣を横さまにたちきる」となり、
「自然即時入必定」をあげたならば、
「自然(名号)は即時に必ず入必定(入正定之聚)となる」となります。

ただ、「信」に関しては林遊さんが挙げられた文も間違ってはいないのですが、
「つのり たのみ 支証 やうもなく ふたごころなく 疑心あることなし」と様々な言いかえがなされており私が説明を行う際にも幾度と無く注意を払ってる箇所ではあります。

また、私がコメントを行い疑問に思われたならば書き連ねていただけると幸いです。

なもあみだ なもあみだ

Abc

Abcさん

御開山のご指示は、御開山のところで領解すべきであって、後に展開した思想で理解しようとすると齟齬が生まれるのかもと思う。
「つのり たのみ 支証 やうもなく ふたごころなく 疑心あることなし」って後世の解釈でしょ。

自分が、知っていることを言いたい、という気分は判らないでもないのだが、名目を繋げるだけでなく、自己の信からの発露を語ったらいいのかもです。
貴兄は「親鸞」と、呼び捨てにしますが、ひょっとしてブログで真宗僧侶を名乗り高森親鸞会に傾倒していた方なのかな?
ともあれ、言葉は月を指す指ですから、言葉を振り回す「言葉の奴隷」になったらアカンと思ふ。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

再び林遊さんへ

こんばんわ、Abcです。

>御開山のご指示は、御開山のところで領解すべきであって、後に展開した思想で理解しようとすると齟齬が生まれるのかもと思う。
>「つのり たのみ 支証 やうもなく ふたごころなく 疑心あることなし」って後世の解釈でしょ。

後世の解釈、、、ですか。
この語句は、「親鸞のご消息」や「教行証」より抜粋したものですので、「御開山のところで領解」となってるはずなのですが。「後世の解釈」として覚如や蓮如の解釈を排斥するとしたならば「つのり たのみ 支証 疑心あることなし」となります。


>貴兄は「親鸞」と、呼び捨てにしますが、ひょっとしてブログで真宗僧侶を名乗り高森親鸞会に傾倒していた方なのかな?

ご忠告ありがとうございます。自分は高田派の布教使でありながら一時的にですが、「高森親鸞会」に傾倒しておりました。このことは事実なので認めます。
しかし、行っていくうえで、「上司への絶対服従」と申しながら「念仏ないから信心一つ」と申されており、「念仏高田」の私としましてはこの説を肯定することはできませんでした。この会は「念仏ないから」なので、当然のように「念仏なき念仏宗」となり高森さんが言う「絶対の幸福」にはなれないので、私は高森親鸞会を離れたわけであります。

私は最初に親鸞のことを「善信上人」と申しておりました。これは私や淳心房さん、林遊さんなどと善信上人は「別のところ」にいるわけではなく、同じ「御同朋」としてここにあるのですから当初、私は「親鸞聖人」ではなく「善信上人」と申し上げていました。

後日、「『善信』といふわかりにくい名を使わず『親鸞』といふ理解しやすい名としたほうが良いのではないかと思ふ」と林遊さんよりご意見をいただいてからは私は「親鸞」と申し上げているのです。

>ともあれ、言葉は月を指す指ですから、言葉を振り回す「言葉の奴隷」になったらアカンと思ふ。

このことに関しては誠に其の通りだと感じます。論議に熱が入りすぎるがあまり、肝心なところを落とさぬようしていきたいと考えております。

なもあみだ なもあみだ

Abc

Abcさん

どもです。

御開山は、本願成就文を、

 しかるに『経』(大経・下)に「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。「信心」といふは、すなはち本願力回向の信心なり。

と、されておられる意は、聞によって信をあらわしておられるのでしょう。
いわゆる、浄土真宗でいう「聞即信」です。

「聞即信」
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%81%9E%E5%8D%B3%E4%BF%A1

で、無有疑心(疑心あることなし)とは、法が法のとおりに衆生に印現していることを御開山は仰りたいのだと思ふ。

「無蓋」
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%96%91%E8%93%8B

というわけで、本願成就文は衆生の受け心を論じるのではなく、本願力回向の「法」を示しておられるのだと思ひます。

Abcさんは布教使だとのことですが、あまり話題が拡散してしまうと、聞いている方も混乱するのじゃないかな。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード