阿弥陀仏の先手の勅命を受けての「もろもろの雑行をすてて、疑なく一心一向に阿弥陀仏をたのみたてまつる」

度々書いていますが、私は蓮如上人ほど判り易く、懇切丁寧に「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を示していかれた方は他におられないのではないかと『御文章』を拝読させて頂く度に思います。

蓮如上人も親鸞聖人同様、善導大師の六字釈を度々引用されています。例えば、

他力の信心をとるといふも、別のことにはあらず。南無阿弥陀仏の六つの字のこころをよくしりたるをもつて、信心決定すとはいふなり。そもそも信心の体といふは、『経』(大経・下)にいはく、「聞其名号信心歓喜」といへり。

善導のいはく、「南無といふは帰命、またこれ発願回向の義なり。阿弥陀仏といふはすなはちその行」(玄義分)といへり。「南無」といふ二字のこころは、もろもろの雑行をすてて、疑なく一心一向に阿弥陀仏をたのみたてまつるこころなり。

さて「阿弥陀仏」といふ四つの字のこころは、一心に弥陀を帰命する衆生を、やうもなくたすけたまへるいはれが、すなはち阿弥陀仏の四つの字のこころなり。されば南無阿弥陀仏の体をかくのごとくこころえわけたるを、信心をとるとはいふなり。これすなはち他力の信心をよくこころえたる念仏の行者とは申すなり。
『御文章』5帖目11通

ここにも、「善導のいはく、「南無といふは・・・」とありますね。「信心の体」である「其名号」、すなわち「南無阿弥陀仏」の六つの字のこころをよく知る、そのまま頂戴するのが「信心決定」ですから、私達が聞かなければならないのは「因果の道理」でもなければ「廃悪修善」でもありません。「定散二善」でもなければ「十九願」でも「三願転入」でもありません。「宿善を求めよ、厚くせよ」でもありません。ただ「南無阿弥陀仏の六字のこころ」一つです。

この「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を受けるのに、何かしら役に立つのであれば聞く必要があるかとは思いますが、『御文章』のどっかにそういった親鸞会で執拗に説かれることが書かれているでしょうか? 書かれていないのであれば、蓮如上人がそれらは「要らない」「必要ない」と判断されたのです。高森顕徹会長がその「要らない」「必要ない」と判断されたものを執拗に説き、逆に「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を説き与えないということは、高森顕徹という人物は蓮如上人以上の方か、あるいはしたたかな悪知識であるかのどちらかであります。マインドコントロールの良く効いた会員以外の方は、もうお分かりですね。


この「5帖目11通」で蓮如上人は、「南無阿弥陀仏の六字のこころ」について、まず

「南無」といふ二字のこころは、もろもろの雑行をすてて、疑なく一心一向に阿弥陀仏をたのみたてまつるこころなり。

と仰せです。これは前回、阿弥陀仏が主体で私は客体と書いたように、阿弥陀仏を主体にして読むべきです。でないと、自力で「もろもろの雑行をすて」、「疑なく一心一向に阿弥陀仏をたのみたてまつる」かのように勘違いをしてしまいます。はじめに阿弥陀仏が、

もろもろの雑行をすてて、安心してこの弥陀に全てまかせなさい

と「我に帰せよの命」で喚んでおられる、これが先にあって、

それでは仰せの通りにおまかせいたします

と私が帰順する、これが後です。親鸞聖人が「南無」の二字を

本願招喚の勅命」「如来すでに発願して衆生の行を回施したまふの心

と示して下されたように、阿弥陀如来がすでに願を発して私が往生するための行業をお与え下さる、そのために絶え間なく私を喚んでおられるというのが「南無」でした。ですからまず、

もろもろの雑行をすてて、疑なく一心一向に我(阿弥陀仏)をたのめ

という弥陀の先手の勅命があるのです。それを私が聞き受けて、それに対して私が

もろもろの雑行をすてて、疑なく一心一向に阿弥陀仏をたのみたてまつる

のであります。私が自力で、自分の意思で、能動的にするのとは違うのです。ここを間違うと、後の

さて「阿弥陀仏」といふ四つの字のこころは・・・

には永久に辿り着きません。かつて親鸞会にいた頃の自分がまさにそうで、降誕会や報恩講、また『御文章』の繰り読みで何度この部分を読んでも訳が分からなかったのは、そうした先手の法を受けての私の帰順、私の領解であることを知らなかったからです。それも全ては、

因果の道理」「廃悪修善」「定散二善」「十九願」「三願転入」「宿善を求めよ、厚くせよ

こんな浄土真宗とはおよそ縁遠い話ばかり聞かされて、自力で精一杯限界まで求めて行った先の救いであるかのような邪義を植え付けられていたからでした。また、

もろもろの雑行をすてて、疑なく一心一向に阿弥陀仏をたのみたてまつる

とは「念仏一行」であることも知らされず、逆に「すてて」と繰り返し言われている「もろもろの雑行」をそれとは知らずに勧められていたからでした。この記事でも示したように、全くパチモンの、名前だけ「善の勧め」を謳う親鸞会ですが、勧めているのが如実の善だとしても、往生に関して五正行以外の善は全て雑行です。親鸞会ではいわゆる「五雑行」さえしなければいいと勘違いをしている人を多く見受けられますが、「定散二善」にしても「六度万行」にしても「もろもろの雑行」ですから。阿弥陀仏がその本願において選び捨てられた「もろもろの雑行」を拾わせやらせる教えを授けて、聞く者が阿弥陀仏の仰せ通りになるわけがないでしょう。

なんまんだぶを称えて来い

と阿弥陀仏が仰せなんですから、それに従わなきゃ。だから浄土真宗は「念仏一行」が当たり前なんですよ。その上で、信心が自力か他力かというのが問題になるわけで、「念仏一行」どころか「もろもろの雑行(もどき)」をやりまくっている者が信心も安心も無いというのは当然すぎるほど当然な話なのです。阿弥陀仏の仰せを全く聞かないで、偽の善知識の言葉に騙されているんだから、これで法然聖人や親鸞聖人と同じお浄土に参れるという方がおかしいです。

阿弥陀仏の仰せを受けて「念仏一行」となった人が問題となるのがその称え心、いわゆる「信心」です。「信心」が「自力」か「他力」かで、報土へ参るかどうかが別れます。称えた念仏に功徳があるように思い、念仏を積み重ねてお浄土へ参ろうとか、念仏だけでは不足に思って念仏以外の諸善を往生の足しにしようと修めているのは「自力」であって、これでは報土往生はかないません。

こうした「自力」に対して、後生という大事はとても私の手に合わない問題だと私の手を離れ、「必ず助けるから、安心してまかせなさい」という南無阿弥陀仏の勅命をそのまま受け、そのまま順って念仏するのが「他力」です。「助けるぞよ」を素直に受けて称える念仏には、「これだけ称えておりますからどうか・・・」などという自力の臭みはありません。「どうなろうとあなた様のなされるままにお順いします」と、完全に、すっかり阿弥陀さまにおまかせした、ゆだねた状態です。

阿弥陀さまは、後生の問題を私が心配する以前に心配して下さり、私が何とかしようとする以前に既に何とかする手筈を整えて下さっています。この親様が私に喚びかけている救いの御言葉が「南無阿弥陀仏」であり、その御言葉を我が胸に持ち替えずにそのまま聞き受けたのが「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を受けたのです。あとは、命の続く限りなんまんだぶ、なんまんだぶとお念仏申す人生を生きてゆくのです。辛いこと、苦しいことは今までもあったでしょうし、これからもあるでしょうが、そんな人生がそのまま浄土への旅となったのです。

後生に関して私などがやる如何なる行為も無力です。煩悩具足の悪人がたかだか数十年努力したって、法蔵菩薩の不可思議兆載永劫のご修行に及ぶどころかかすりもしませんよ。第一、後生が苦になって何も手に付かないとか、何晩も眠れないほど心配だなんてことが今までにありましたか? 「必堕無間」と聞いて一時は驚いても、やがてその驚きも失せ、この世の事の方が大事と思って後生の事など気にかからなくなるものです。私達の神経は、ちょっとしたことで傷ついてしまう繊細な、か弱い面もありますが、実は根っこは案外図太いんです。それで真剣に後生の解決をしようと求め出しても、その真剣は相続しないし、煩悩の錆によってなまくらとなってしまいます。それに対して阿弥陀さまは果てしない長期間、少しも真実清浄の心身を乱さず、ひたすら私の往生のためにご修行下されたのです。とてもとても、私の真剣なんて阿弥陀さまの真剣に比ぶべくもありません。私の真剣なんかが後生の一体何に役立つでしょうか? だから、下らない私の真剣など打ち捨てて、阿弥陀さまの真剣を受ければいいんです。阿弥陀さまの真剣に自力の迷情を切られちゃえばいいんです。


さて、このように本願の仰せを聞き受けて、阿弥陀仏の仰せの通り後生おまかせした者を、造作も無く助けるというのが次の「阿弥陀仏」のこころです。

「阿弥陀仏」といふ四つの字のこころは、一心に弥陀を帰命する衆生を、やうもなくたすけたまへるいはれが、すなはち阿弥陀仏の四つの字のこころなり。

南無」と帰命する衆生を「阿弥陀仏」のたすけたまふ道理です。1帖目15通にはこれを、「南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理」と示されてあります。

中には「どうまかせたらよいのか」と聞いてくる方もありますが、これも自力でまかせるのではありません。「まかせてくれ」という他力を聞いて、「こんな邪魔なものは要らないな」と自力の計らいが廃るのです。他力を聞くところに自力が廃るわけで、兎にも角にも本願の仰せ、「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を聞かないことには「信心決定」も何もあったものではないのです。

されば南無阿弥陀仏の体をかくのごとくこころえわけたるを、信心をとるとはいふなり。これすなはち他力の信心をよくこころえたる念仏の行者とは申すなり。

南無阿弥陀仏(必ず助けるから、安心してまかせなさい)」という勅命をそのまま聞き受け、仰せの通りに後生をおまかせした者を本願の誓い通り浄土に迎えて仏にする。これが「南無阿弥陀仏の六字のこころ」であると心得た、こうしたことに疑いが無いことを、「信心をとる」と言うのだからです。


ところが、この肝心の「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を親鸞会では教えられるでしょうか?

『親鸞会を脱会した人(したい人)へ』高森会長の話を必死に取り繕う顕正新聞論説(平成29年12月15日号を読んで)

にある「論説」を読みましたが、親鸞会では「聞け」ということを強調するばかりで、本願の何を聞くのかがサッパリ分かりません。「聞其名号 信心歓喜」ですから、「其名号」である「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を聞かなければならないのです。それがどうですか? 「南無阿弥陀仏の六字のこころ」が説かれていますか? 全く説かれないでしょう? 「ド真剣に聞け」と言われても、「ド真剣に何を聞くのか」が完全に抜け落ちているのです。それで会員は、高森会長の話の内容を正確に覚えていることを本とし、ただ勧められる活動を「救いに近づく行為」と勘違いしてやっているだけという有様なのです。会員が無信心、無安心なのはこのためです。

会員の皆さんに今一度お聞きしますが、皆さんが親鸞会に入会した目的は何ですか? 「信心決定」ではなかったですか? それには「信心決定の体」である「南無阿弥陀仏の六字のいはれ」をよくお聞きする以外にはないのです。

南無阿弥陀仏の六字のいはれをよくこころえわけたるをもつて、信心決定の体とす。3帖目7通

とある通りです。それを会員の皆さんは一体何を聞いてるんですか? 何をやっとるんですか? 全くもって「南無阿弥陀仏の六字のいはれ」とは無関係なことばかり聞き、無関係な活動ばかりやっているじゃないですか? それで「信心決定」できる方がおかしいんですよ。

もし当初の目的を目指しているなら、「南無阿弥陀仏の六字のいはれ」が説かれない団体に身を置くべきではありません。会員の皆さんには、「信心決定」とは無関係な話、活動だらけの団体から一刻も早く離れ、「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を聞き受けて念仏して頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三法立題

越前の古老は、信心決定に狂奔する人を「信心乞食」と揶揄していました。
高森親鸞会の会員は「信心獲得=絶対の幸福」と妄想して、真剣な求道の果てに信心が得られると思っているのでしょう。
高森顕徹氏の出身母体である華光会では、これを「救済の予定概念は、自力心」であると排斥するのですが、いわゆるバクティ(bhakti)という動的で熱烈な信仰型の宗教と静的な信の浄土真宗のご法義を混乱したのが高森顕徹氏だったかもです。
http://keko-kai.la.coocan.jp/book/nenbutu.htm

林遊は華光会の信を強調する教義には?で、かってはネット上で喧嘩ばかりしてましたけど(笑
ともあれ、最古層に属するスッタニパータには、

1146 (師ブッダが現れていった)、「ヴァッカリやバドラーヴダやアーラヴィ・ゴータマが信仰を捨て去ったように、そのように汝もまた信仰を捨て去れ。そなたは死の領域の彼岸にいたるであろう。ピンギヤよ。」

と、「信仰を捨て去れ」と、ありますが、高森顕徹氏への信仰を捨て去ったときに、私が求めるのではないという浄土真宗の信が肯えるのかもです、知らんけど。

で、御開山は自著を「教行証文類」と仰ったのですが、暇なので、この意を少しく考察してみました。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%B8%89%E6%B3%95%E7%AB%8B%E9%A1%8C

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ




Abcです

こんばんわ、Abcです。
最近、寒くなってきましたが体調のほどは大丈夫でしょうか。

さて、「真実信をえよ」とは「不退のくらいに居す」事でありますが、
それには「阿弥陀さま、お任せします」という 蓮如が言うところ
「南無阿弥陀仏の六つの字のこころ」というお働きが必要となります。

ですから、みなさまも「阿弥陀さま、お任せします」の心にて
念仏を申していただきたいのであります。

親鸞会謹製「世界の光 親鸞聖人」の一巻の中にて
法然が「捨てようとする心を、捨てよ!!」と声を荒げられています。
ですから「捨てようとする心」という「自力の心」を募りとせずに
「阿弥陀さま、お任せします」という「他力の光明」を募りとしていただきたいだけなのです。

確かに仏教の中にて「六根清浄」や「六度万行」はあります。
ありますが、それらは浄土教からしましたら「自然法爾を疑う心(弥陀のおん骨折りたるを疑うこころ)」でありますので浄土教の中では全く必要の無いものです。

ですから、「自力いっぱいで求道せよ」という高森さんが申されていることは全く以って真宗ではないのです。

なもあみだ なもあみだ

Abc

こんばんわ、Abcです

こんばんわ、いよいよ年の瀬となり忙しくなってまいりました。
淳心房さんは、荷物を届け先に届けられているのでしょうか。

さて、今日は「南無阿弥陀仏」についてすこしお話いたしたいと考えております。

まず「南無阿弥陀仏」という文字は、この記事にて蓮如が言われている通り
「南無」という2字と「阿弥陀仏」という4字にて成り立っております。

つぎに、「南無といふは帰命なり」とございますように「南無」と「帰命」は同義であります。もう少し申しますと、「南無」はサンスクリット語由来の語で「帰命」は漢語由来の語であります。

それから、「阿弥陀仏」と呼ばれる、「久遠実成の古仏」には、様々なお名前がございます。そのため親鸞は和讃にて「恭敬の心に執持して 弥陀の名号称ずべし」と「弥陀の名号」と言われております。

このことからいたしますと
「南無 阿弥陀 仏」(善導(六字釈) 六字名号)
「帰命 尽十方無碍光 如来」(天親 十字名号)
「南無 不可思議光 如来」(曇鸞 九字名号)
ともに「阿弥陀さまにお任せします」という言葉となるのです。

※親鸞は「浄土和讃」の中で「阿弥陀さまにお任せしなさい」ということを
「真実明に帰命せよ」、「平等覚に帰命せよ」、「大安慰に帰命せよ」、「不可思議尊を帰命せよ」などと申されております。

ですから、親鸞が「浄土和讃」にてこうして記され、蓮如が「善導大師がいわれているように六字にはこのような謂れがありすべて阿弥陀さまの御計らいなのだよ」といわれているのです。
そのため、「真宗(念仏宗)は「他力本願」の集まりだ」と他宗より揶揄されたとしてもかえって「真宗は「阿弥陀さまにお任せします」の集まりである」と再認識することとなり、これまでの礎が築かれてきたのでした。

ここからは私事とはなりますが、私のところは室町幕府関係の飛鳥井家や同じく公家の常盤井家、関東のほうですと浄土宗に帰依した北条政子などがいらっしゃいます。「公家に広まっていても民衆に広まっていないと意味を成さない」と本願寺が幾度と無く申されましたが、わたくしは「反対に公家に広まっていなかったならば親鸞が言う「良家名主の御計らい」のようになっていまうのではないか」と申しました。ですから、本願寺は「民衆主体として布教を行い」 専修寺は「幕府・公家主体として布教を行った」のです。

ここまで長々と成ってしまいましたが、つまるところ「名号」は「これでないといけない」というものはないのです。

なもあみだ なもあみだ

Abc

コメント返信

創価学会の組織拡大法を真似ている内に、それとは異流な、真宗の言葉だけを使ったヘンテコ宗教となったのでしょう。高森信心を捨てて、高森教を捨てないと、確かに浄土真宗に帰することはできないかもです。「真剣な求道の果てに信心が得られる」と思い込んで後生を我が解決する仕事ととらえ、南無阿弥陀仏の六字のこころを聞かず名号眼力にまかせないのですからね。

『なもあみだぶのつぶやき部屋』5-2.地獄に堕ちきった所で呼び声を聞く?
http://tkboo.hatenablog.com/entry/2017/12/10/000000

こういうところでも、少し切り口が違いますが、「真剣な求道の果てに信心が得られる」というのは間違いだと指摘されています。



Abc様

いよいよ今週ヤバくなってきて、正念場は今日だろうと予測しています。会社で荷物を見るのがこえぇよ(;^ω^)
今年は、キツイことに変わりはありませんが、ぶっ壊れた去年よりは随分とマシです。でも価格据え置きの日本郵便は荷物が集中してとんでもないことになっているとか・・・。道路も混むこの時期にどうして荷物を集中させたがるのか、消費者の考えはわかりかねます。

さて、親鸞会のアニメに触れられていますが、「捨てようとする心も捨てよ!」はまぁいいとして、その後の「ハッ!」と親鸞聖人が獲信(?)するシーンがいけまへんな。韋提希のシーンといい、

「真剣な聞法求道、善の実践の先に善のできない地獄一定の自己を知らされ、地獄の釜底に叩き落される。同時に弥陀の呼び声が聞こえて救われる」

こんなのが信心決定だと勘違いしてしまいます。紹介したリンク先ではこの邪義を丁寧に破っているので参照下さい。記事でも書いたように、またAbcさんも仰るように、獲信・往生には「南無阿弥陀仏の六つの字のこころ」というお働き一つであることを会員の皆さんには知って頂きたいです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード