FC2ブログ

真実の教行信証

前回、「浄土真宗」=「本願力の回向」であるということに触れました。

往相の回向について真実の教行信証あり(教文類)」
それ真宗の教行信証を案ずれば、如来の大悲回向の利益なり。ゆゑに、もしは因、もしは果、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまへるところにあらざることあることなし。因、浄なるがゆゑに果また浄なり。知るべしとなり。(証文類)」

とお示しのように、「真実の教行信証」はすべて阿弥陀仏の方で用意し与えて下さるものです。私達の方で加えるものは何も無く、逆に何か加えようとするのは誤りです。私達はただその「本願力」が成就して今現にはたらいている、「回向」せられていることをお聞きし念仏する、言葉を変えると、私達に救いを告げる御名である「南無阿弥陀仏」の六字のこころを受けて「なんまんだぶ、なんまんだぶ」とお念仏申すのみです。

私が「助かりたい」と思い、救いを求める遥か以前に「助けるぞ」と誓われ、本願力を成就して回向されているのです。本願力に摂取されるに当たり、「私の求道」など要りません。そんなもの、阿弥陀仏の「五劫思惟」、また一念一刹那も真実清浄の心身を乱さない「不可思議兆載永劫」のご修行と比べたら、どれだけド真剣に取り組んだところで遊びにもなりません。逆にそんなものにすがっていても本願力を撥ね付け、阿弥陀仏の御手を煩わすだけですから、早く打ち捨てて阿弥陀仏の真剣を受けるべきなのです。このことを、「自力を捨てて、一心に弥陀をたのめ」と言われています。

本願力が成就したすがたが「南無阿弥陀仏」の「名号」、「南無阿弥陀仏」を心に頂いたのが「信心」、そして「南無阿弥陀仏」が口に現れれば「念仏」です。ですから、「信心」といっても「南無阿弥陀仏」が届いたすがたに他なりません。「地獄の釜底に叩き堕とされ、そこから救われて大安心大満足」みたいな神秘的体験とは違うのです。「地獄一定と極楽一定が同時に知らされる」とか言った訳の分からない信心、「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を追い求める人は真宗の「信心」は分かりませんから、真宗の「信心」決定して報土往生を遂げたいと願う方はまず高森教を断捨離するところから始めましょう。


さて、本日は「真実の教行信証」とは何かを少しばかり伺いたいと思います。まず「真実の教」については

それ真実の教を顕さば、すなはち『大無量寿経』これなり。「教文類」

と教えられています。その『大無量寿経』の中でも最も大事なものは阿弥陀仏の本願であり、本願成就のすがたである仏の名号、南無阿弥陀仏が『大無量寿経』の本体であることを

ここをもつて如来の本願を説きて経の宗致とす、すなはち仏の名号をもつて経の体とするなり。

と仰っています。ここは親鸞会でも似たようなことを教えていますが、「縦と横の線」などのオリジナル教義によってその後が悲惨なことになっています。そういえば以前、高森会長が三願転入(主に19願、『観無量寿経』の定散二善)を強調するあまり、「真実の教は『観無量寿経』なのではないか?」という疑問が会員から出てきたこともありました。

話を戻します。「真実の教」から開顕されるのが「真実の行」ですが、それについては、

つつしんで往相の回向を案ずるに、大行あり、大信あり。
大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり。この行はすなはちこれもろもろの善法を摂し、もろもろの徳本を具せり。極速円満す、真如一実の功徳宝海なり。ゆゑに大行と名づく。
「行文類」

と教えられ、「真実の行」は「無碍光如来の名を称する」、念仏することだと仰っています。なぜ念仏を「大行」というのかと言えば、念仏は如来が完成されたすべての善徳をおさめ、あらゆる功徳の根本としての徳を具えており、極めて速やかに功徳を行者の身に満足せしめる勝れたはたらきをもっているから「大行」であるというのです。それともう一つ、

しかるにこの行は大悲の願(第十七願)より出でたり。すなはちこれ諸仏称揚の願と名づく、また諸仏称名の願と名づく、また諸仏咨嗟の願と名づく、また往相回向の願と名づくべし、また選択称名の願と名づくべきなり。

とあるように第十七願で誓われたものであるからだというのです。煩悩具足の私の口で称えるのだけれども、それは諸仏が称讃し、称揚するのと徳を同じくする行である、だから「大行」なのだと仰せです。であるから、

しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。南無阿弥陀仏はすなはちこれ正念なりと、知るべしと。「行文類」

念仏によって「よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ」というのです。このようなことですから、浄土真宗は「念仏一行」が当然なのです。「善をしなければ信仰は進みません」などという邪義は、浄土真宗をまともに学んでいれば出てきようがありません。

この「念仏」は「往相の回向を案ずるに、大行あり」ですから、阿弥陀仏より回向された行です。それは

あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。「行文類」決釈

のお言葉によっても知られるでしょう。「自力の行」ではありません。称えた念仏に功徳があると思って、それを積み重ねて往生しようという行とは違うのです。しかし、同じく阿弥陀仏を合掌・礼拝し、念仏していても、その行だけ見ては自力の行か他力の行かが分かりません。自力の行か他力の行かによって報土に往けるかどうかが別れるのですから、念仏する際の称え心、信心は非常に重要な問題となってまいります。そこで親鸞聖人は「真実の信」を示すため、行から信を別に開いて、「信文類」を明らかにされたのでした。


その「真実の信」については、

つつしんで往相の回向を案ずるに、大信あり。大信心はすなはちこれ長生不死の神方、欣浄厭穢の妙術、選択回向の直心、利他深広の信楽、金剛不壊の真心、易往無人の浄信、心光摂護の一心、希有最勝の大信、世間難信の捷径、証大涅槃の真因、極速円融の白道、真如一実の信海なり。「信文類」

と仰っています。信心にしても「往相の回向を案ずるに、大信あり」ですから、行と同じで阿弥陀仏がお与えになるものです。凡夫が自力で起こす信心ではなく、阿弥陀仏より賜る浄らかなまことの信心であるから「大信」と言われています。

ところで、よく林遊さんがコメントを下さることですが、「信文類」については「教文類」「行文類」、また後に示す「証文類」と違って出体釈がありません。「教」は『大無量寿経』、「行」は称名、「証」は

つつしんで真実の証を顕さば、すなはちこれ利他円満の妙位、無上涅槃の極果なり。「証文類」

とお示しように仏のさとりですが、「信」はものがらが無いのです。よく「信心獲得」とか「信心を頂く」と言われますが、「獲得」「頂く」と聞くと、獲得した、頂いた暁には何か確固とした、ハッキリした信念のようなもの、一種のさとりと言ってもいいかも知れません、そういうものが心にしっかりとすわる、定着するかのように思ってしまいます。ここで、体が無い、ものがらが無い、というのは、私達が現実に「物を貰う」ように「信心」という確固とした信念のようなものを頂くのではないということです。

矛盾するようですが、一応、「信」のものがらは有るには有ります。それが「行文類」で示されている「南無阿弥陀仏」の名号です。この六字を心に頂いたすがた、「必ず極楽浄土へ迎えるから、安心してこの阿弥陀にまかせなさい」という本願招喚の勅命をそのまま聞き受けて、仰せの通り阿弥陀さまに後生おまかせしたすがたが「信」です。ですから、先ほど「行から信を別に開いて」と書いたように、「信」は「行」から出てきたんです。「信」単体というのはありません。南無阿弥陀仏」を離れた信心というものは無いんです。

南無阿弥陀仏はすなはちこれ正念なり

と「行文類」で言われていたように、「南無阿弥陀仏」がすなわち「信心」です。それで蓮如上人は

信心をとるといふも、この六字のうちにこもれりとしるべし。さらに別に信心とて六字のほかにはあるべからざるものなり。『御文章』5帖目13通

と仰せです。また、信心は「南無阿弥陀仏」を疑い無く聞き受けていることの他にはありませんから、祖師は

「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。『一念多念証文』

ともお示しです。「念仏は信後報謝に限る」とか「念仏は信前も信後もお礼」などと軽視し、成就文から念仏を抜いてしまうような教えを真受けにしていては、真宗の「信心」はまず分かりません。更に、「善の勧め」なる教えを信じ込み、阿弥陀仏が選び捨てられた「諸善万行」をやっていかねば救いに遇えないと信じて「善もどきの善」に励んでいるのは、「行に迷ひ信に惑」っているすがたです。そして、

信心決定」=「絶対の幸福

として、「南無阿弥陀仏」と何の関係があるか分からないが、とにかくとてつもなく大きくて変わらない幸福感が心に満ち満ちたことを「信心」だと妄想しているのは、「金剛の真信に昏」いすがたです。「信心正因」だから、とにかく信心、信心と、念仏を抜きに信心を追い求める人を「信心乞食」と林遊さんは仰いますが、親鸞会の会員がまさにそうです。本願の仰せを聞き受けて「なんまんだぶ」する他に信心は無いことをよく知らなければならないと思います。


さて、このように「本願力の回向」、「念仏成仏」の教えを開かれたのが親鸞聖人であります。我々は阿弥陀仏の本願力によって往生の行信を与えられ、本願を信じ、念仏を申して、仏に成るのです。我々の方で用意するものは何もありません。往生の行信を獲るためにどこかまで進む必要もなければ、何か特別なことを知らされる必要もなければ、念仏以外の雑行に手出しする必要も毛頭ありません。逆にそれらを必要だと思う心を「自力」といい、「仏智疑惑」「疑情」「無明の闇」というのです。高森顕徹会長の教えは自力を助長させる教えであり、闇の教えであることがお分かりでしょう。

せっかくの阿弥陀さまの完璧な仕事を、私達の側でぶち壊すことはないのです。小賢しい智慧をはたらかせて我々の側で何か仕事があるように思い、すべて阿弥陀さまが完璧に仕上げて下さった仕事を台無しにしてはなりません。「お前を浄土に迎えて仏にする用意は整えたから、安心してこの阿弥陀にまかせなさい」と仰せられてありますから、私達は何の計らいも無く、阿弥陀さまの仰せに身も心もすっかりおまかせしてしまえばよいのです。これが、「如来の大悲回向の利益」を受けた念仏行者のすがたです。

高森教を信じている人、信じてきた人は特にですが、どうしてもオリジナル教義による先入観が強くて、何か自分の方でやらねばならないことがあるのではないかと考えがちです。闇の教えは中々根深いものです。私から阿弥陀仏に向かって救いを求めようという方向性で物事を捉えがちだと思いますが、真逆です。阿弥陀仏からすでに往生の行信を差し向けられているのですから、私としてはただ、「南無阿弥陀仏(助けるぞ)」の仰せを受けるのみです。どうか、「南無阿弥陀仏」の他に行も信も無いことを知って、本願の仰せを疑い無く信じ念仏して頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

淳タソ、相変わらず流れるような美しい文章を書きますなぁ(ちょっと酔ってます

書こうか迷ったけど、昨日は数年ぶりに本当にやばくて、いつやっちゃうか分からないから書きたいこと書いちゃいますわ。

本当に記事の通りで、親鸞会の会員さんはなにやってんのと思います。

「仏法を聞ける人と聞けないで死ぬ人がどうあってもいるのに、なんで阿弥陀さまのご苦労がわからないのとか平気でいう人がむかつく。RCさんの事じゃないです。今生で助かる人と助からない人がいる現実があるのに、なんで分からないと上から見てくるのが、本当に胸糞悪い。」

とかどっかで書いたし(ちなみに「RCさんの事じゃないです。」は嘘です。RCさんの事でした。サーセン)、阿弥陀さまのお一人働きで勝手に救って下さったわけだから人の事なんてとてもじゃないけど言えないんだけど。

なんでここまできてるのに、南無阿弥陀仏を目の前にして、今も阿弥陀さまがなんとか救おうとされてるのに、いつまで悪知識に騙されてんだよと思います。
仏教を聞こう、阿弥陀さまに救われたいという心が起きる人って、本当に稀だと思います。
親鸞会の会員さんって、頭のいい人多いんでしょ?
学歴も高くて経済的にも恵まれてる人多いんでしょ?
俺みたいに一日を生きるだけで精一杯なイカレポンチじゃなくて、社会で居場所もあって普通に寿命まで生きるつもりの人ばっかなんでしょ?

本音を言えば、なんであなたたちなんだと思うよ。
今日も抱えきれない苦悩と絶望の中自ら後生に旅立った人が無数にいるのに。
仏さまの話なんて一言も聞けなかった人たちばかりだったのに。
そういう人にこそ阿弥陀さまに救われてほしいのに。

でも、縁がなければどうしようもないんですよ。
普通に生きられて、阿弥陀さまの救いを目の前にして。
なんでいつまでも自力に執心してるんですか。
会員さん全員、早く阿弥陀さまに全てお任せして救われちゃって下さいよ。
お念仏して下さいよと思います。

ここまできて、本当の浄土真宗を聞かないで命終わったら、本当のバカですよ。
言葉悪くて済みませんが、本心です。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏



Re: R1000様

何度も何度も、何度も読み返して、書き直してますから(キリッ って結局中途半端なままうpしちゃってますが・・・(汗

精神病までいかなくても毎日自殺を考えていた私が、ようやく楽になってきたのは最近のことですから、ずっと昔から今も苦しみをひきずっているR1000さんの心中は想像できないです。書こうか迷ったらとりあえず書いていいですよ(^ω^)

そういえば、『往生要集』に

「厭離穢土」http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%BE%80%E7%94%9F%E8%A6%81%E9%9B%86%E4%B8%8A%E5%B7%BB_(%E4%B8%83%E7%A5%96)#.E7.AC.AC.E4.B8.80.E3.80.80.E5.8E.AD.E9.9B.A2.E7.A9.A2.E5.9C.9F
「欣求浄土」http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%BE%80%E7%94%9F%E8%A6%81%E9%9B%86%E4%B8%8A%E5%B7%BB_(%E4%B8%83%E7%A5%96)#.E7.AC.AC.E4.BA.8C.E3.80.80.E6.AC.A3.E6.B1.82.E6.B5.84.E5.9C.9F

という言葉があります。意味としては、

浄土教の根底にある思想であり視点です。私たちが住むこの世界は苦悩に満ちた穢れた世であり国土であり、それを厭(いと)い離れることを願うことであり、心からよろこんで浄土に生まれることをねがい求めるということです。

(畢竟依を帰命せよ
http://gsaiko.air-nifty.com/amita/2009/12/post-fa4c.html より)

とのことです。だから、この世を厭い嫌って極楽世界を望み求めるという思いは当然かと思います。だからこそ我々は本願を聞くことができたのでしょう。

ただ、だからと言って仏は自死を勧めているわけではありません。また、私達の本心は「清らかな世界に往きたい」というよりむしろ「楽になりたい」しかないでしょう。結局煩悩の範疇から出られない私達です。そんなどうしようもない私達だからこそ、阿弥陀仏は本願を建てられ、本願力を回向して我々をお救い下さるわけですね。

まとまってはいませんが、私の思いとしてはR1000さんには、苦しい時は苦しいまま、念仏してこの世の縁尽きるまで生きてほしいと思います。生きていれば、またお会いしてなんまんだぶを讃嘆できることもあるでしょうし、それが真宗繫昌の根源ともなるでしょう。死ぬ時は必ずやってきますから、それは縁にまかせて、それまでは浄土に向かって往く人生を生きてほしいと思うのです。ちょっとと言うか、大分酷な話かと思いますが、そんな感じです。

Abcです

こんばんわ、Abcです。
こちらは、タイプミスが多く「訂正」とセットになっているのが常です。
こんなタイプミスばかりの人生ではございますが、どうぞご容赦の程
よろしくお願いします。

>「信」のものがらは有るには有ります。それが「行文類」で示されている「南無阿弥陀仏」の名号です。この六字を心に頂いたすがた、「必ず極楽浄土へ迎えるから、安心してこの阿弥陀にまかせなさい」という本願招喚の勅命をそのまま聞き受けて、仰せの通り阿弥陀さまに後生おまかせしたすがたが「信」です。

まことに仰るとおり、「それ、この六字の相を委しく知りたるを以って、信心決定すとは申すべきものなり」と蓮如が言われているように、「信心の相は六字」でしかないのです。

  「わたしがどうのこうの...」ということが是であるとしたならば、法然聖人がいわれているように、「知識は各々格別たまはりて...」と一人ひとり違うとなります。
 ですが「信心同異の諍論」にもあるように「「源空が信心も(弥陀)如来よりたまはりたる信心なり、善信房の信心も如来よりたまはらせ給ひたる信心なり、さればただ一なり。別の信心にておはしまさん人は、源空が参らんずる浄土へは、よも参らせたまひ候はじ」と仰せ候ひしかば、当時の一向専修の人々のなかにも、親鸞の御信心に一ならぬ御ことも候らんとおぼえ候」(歎異抄 後序)と親鸞がいわれています。

「わたしがどうのこうのではない信心」のことを「不回向の行」とも「自然法爾」とも申されます。まず「不回向の行」ですが、

---
正行を修せんと欲はば、正・助二業のなかに、なほ助業を傍らにして、選んで正定をもつぱらにすべし。正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに」と。

 あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。

「教行証 行巻」より抄出
---

次に「自然法爾」ですが、
自然法爾の事 
[前略] 義なきを義とすとしるべしとなり。「自然」といふは、もとよりしからしむるといふことばなり。

 弥陀仏の御ちかひの、もとより行者のはからひにあらずして、南無阿弥陀仏とたのませたまひて迎へんと、はからはせたまひたるによりて、行者のよからんとも、あしからんともおもはぬを、自然とは申すぞとききて候ふ。 [云々]

親鸞聖人御消息集 末灯鈔(5) 「自然法爾の事」より抄出
御書 巻第三 第七通 「自然法爾の事」より抄出
---

とございます。各々呼び習わしが違えど、同じ「弥陀弘誓の大願」でおわしますので、どうかこれを読んでいる方々も「弥陀にお任せするなかま」となっていただきたいです。

なもあみだ なもあみだ

Abc

P.S.
明々後日、1/15は「ほんこさん」があるので、最寄の別院に出向きたいと考えております。

Re: Abc様

自分も何度も読み返してもやはり誤字脱字、文章のつながりがいまいちという箇所が出てきてしまいます。こればかりはお互い努力しましょうとしか言いようがないですね(笑)

「阿弥陀仏より与えられる行」であることを知らずに、ありもしない信心を追い求め、ありもしない道程を通ろうとしている会員の方々にも、早く南無阿弥陀仏の他に信心は無いということを知ってもらいたいものです。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。

報恩講でしょうか? 私は中々お寺や説教所に出向いて聞くことができません・・・羨ましいです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード