FC2ブログ

浄土真宗は、浄土往生の教行信証を教えられたもので、「絶対の幸福」だとかいう現世利益の教行信証を教えられたのではありません

浄土真宗は「二種の回向」があると教えられています。その内、「往相の回向」について「真実の教行信証」があるとして、その内容を詳しく開かれたのが『教行証文類』でした。『教行証文類』は、正確には

『顕浄土真実教行証文類』

であり、「浄土往生に関する真実の教、行、証を顕かにした文献を集めたお聖教」だと言えましょう。親鸞聖人在世当時は、聖道門からの厳しい宗教弾圧があり、また法然門下の中からも様々な説を唱える者が出てくる有様でした。そこで聖人は聖道門の教行証に対して浄土門の教行証を示し、念仏往生の教えが法然独自の教えではなく真実の仏教であることを明らかにすると共に、本願力回向について、念仏は凡夫自力の行ではなく如来回向の行であること、また本願力を疑い無く受け容れた信心が肝要であることを「行文類」、そこから別に開いた「信文類」によってお示しになられたのでした。

その「真実の教行信証」を簡単にまとめますと、

真実の教:『大無量寿経』
それ真実の教を顕さば、すなはち『大無量寿経』これなり。

真実の行:無碍光如来の名を称する(称名念仏)
大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり。

真実の信:至心・信楽・欲生
阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし
疑蓋間雑なき
回向利益他の真実心
利他真実の信心
回向心(大小・凡聖、定散自力の回向にあらず。ゆゑに不回向)
本願力回向の信心

真実の証:利他円満の妙位、無上涅槃の極果(仏のさとり)
つつしんで真実の証を顕さば、すなはちこれ利他円満の妙位、無上涅槃の極果なり。)


です。教・行・信・証ともに「本願力の回向」であり、真実の教として示された『大無量寿経』の体である「仏の名号」、南無阿弥陀仏を称えるという真実の行によって真実の証を得る。これが「浄土真宗」であります。

行が凡夫自力の行ではなく如来回向の行ならば、当然信心も如来回向の真実信でありますから、行と信は一つであって切り離すことはできません。一応、分けて説かれてあるため、行と信を別々に考えたり、信を重んじて行を軽視したりされがちですが、そうではありません。「南無阿弥陀仏の六字のこころ」、すなわち「必ず助けるから、安心してこの阿弥陀にまかせなさい」という真実の仰せを疑い無く聞き受けたのが真実の信、その信心を具えて称える「南無阿弥陀仏」が真実の行とこういうことですから、信の無い行も無ければ、行の無い信というものも有りません。

しかしながら、現実には信の無い行というのがあるもので、何の分別もなく「南無阿弥陀仏」と称えれば往生できるかのように思っている人が今も昔もいるのです。であるから、親鸞聖人は別して「信文類」をお書きになって、本願を疑い無く聞き受けた信心が大事だぞとご教示になり、蓮如上人も「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を確と心得て念仏しなさいとお示し下されたのであります。

こうした「浄土真宗」の教えを我々の側から言うと

本願を信じ念仏を申さば仏に成る『歎異抄』第十二条

となるのであり、それを仏の側から正確に言えば、本願力の独用(ひとりばたらき)によって本願を信じさせ、念仏と称えさせ、往生成仏させるという教えなのであります。ここで教・行・信・証の関係を言えば、「往生成仏」という真実の証が目的、それには真実の信を具えた「念仏一行」という真実の行、本願力回向の真実の行信が手段、それは真実の教によって裏付けられ示されたものであるという関係です。


こうした「浄土真宗」に対して、親鸞会の教えは随分違っています。まず、「証」は一応は「往生成仏」ですが、会員の目的というか、魅力に感じ目指しているもの、実態としての「証」は、高森顕徹会長が示す「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽、現世利益でしょう。親鸞学徒聖則に

一、親鸞学徒は信心獲得することを本と致します。

とあり、会では「信心獲得」=「絶対の幸福」という等式で教えられるからです。

往生成仏」もけっこうなことだが、それよりも今が苦しいんだ。今のこの苦しみを救うてもらいたい。只今、永遠に変わらない崩れない、最高無上の幸せになりたい。「生まれてきてよかった」という生命の大歓喜を獲たい。「絶対の幸福」になれば、苦しい事が起こっても煩悩即菩提ですぐさま喜びに転じ変わるのだろう。すべての苦労が報われる、流した涙の一滴一滴が真珠の玉となって戻ってくる、そんな世界に早く出たい。

会員の皆さんの本音とはこういうことではないでしょうか? そういう身になったことを「信心獲得」だと信じて、それを追い求めて高森会長の話を聞き、活動しているのが実態であると思います。

往生成仏」の証果は死んでからであり、「信心獲得」すれば必ず付いてくるのだから、今「信心獲得」して「絶対の幸福」になるのが大事である。そうすればこの世から未来永遠に変わらない幸せに救い摂られるのだと、「往生成仏」を「絶対の幸福」の副産物のように捉えてはいないでしょうか? あくまで後生の一大事の解決が目的だといくら聞いても、それは雲を掴むような話であり、それよりも「よくぞ人間に生まれたものぞ!」という生命の大歓喜だとか、「絶対の幸福」に魅力を感じていませんか? とにかく安心したい、満足したい、ハッキリしたい、求めているものを獲たいと、現世利益を求めて活動してはいないでしょうか?

それは結局、私達の「欲望」です。そんなものを叶えるための阿弥陀仏の本願ではありません。そんなものを追い求めている人は決して救われないことを会員の皆さんはよく知るべきです。

次に「行」ですが、浄土真実の行は何度も書いている通り「念仏一行」です。ところが、親鸞会ではどうしたら「絶対の幸福」になれるかと言うと、その方法として

高森顕徹会長の話を真剣に聞くこと
朝晩のおつとめをキチンとすること
親鸞会に人を勧誘すること(「破邪顕正」とか「法施」と言っている)
親鸞会に献金すること(「財施」「御報謝」「お布施」等と言っている)
高森会長や上司の指示に無条件で従うこと
六度万行を実践すること

などを勧めています。ですが、高森会長は「念仏一行」とは言いませんし、「南無阿弥陀仏の六字のこころ」も説いておりません。だから親鸞会での聴聞は蓮如上人の仰る「聴聞」ではありませんし、親鸞会で教えられる念仏が浄土真実の行だとは絶対に言えません。おつとめも、「五正行の実践」などと言ってこちらから獲信に近づく手段と捉えていますから、「本願力の回向」にまるで反しています。その他の活動は、如実の善だとしても「雑行」であり、実態は「雑行」にもならない「一新興宗教の組織拡大活動」、要は「悪業悪行」がほとんどです。これが親鸞会の「行」です。

それから、彼らが最も重要視している「信」は「地獄一定と極楽一定が同時に知らされる」などというまるで訳の分からないものです。それを「絶対矛盾的自己同一」だと西田幾多郎氏の語で説明したり、またその不思議な境地が「信楽」であり「絶対の幸福」だと言ったりしています。「信」と「証」が一部同じです。一応、信心を「阿弥陀仏からたまわる信心」と説明する場合もありますが、その際念仏の説明は出てきません。「絶対の幸福」になるには、人生の目的が達成できるのは「ひとえに弥陀よりたまわる信心」によるというような説明です。で、そこまでは上に述べた「行」をやっていけというのです。

これら親鸞会の「行」「信」「証」はどこから出ているかと言うと、「高森教」という「教」からです。それは大沼法竜師、伊藤康善師らの著書を剽窃し、そこへ創価学会の組織拡大法や思想を混ぜた、浄土真宗の語を使いながら全く浄土真宗でないトンデモ邪義、デタラメ創作教義です。『こんなことが知りたい』シリーズや『本願寺なぜ答えぬ』、『なぜ生きる』、『なぜ生きる2』などは「高森教」という「教」のテキストです。そして「高森教」の集大成がアニメ映画『なぜ生きる』であると言っていいでしょう。ですから、肝心な部分の根拠は全て高森会長の言葉や理論であって、経典や聖教ではありません。


このように、親鸞会の「教」も「行」も「信」も「証」も、すべてみな高森会長のミココロから現れたものであります。この「高森の教行信証」を開く際に浄土真宗を体よく利用しているだけです。「教」も「行」も「信」も「証」も全て「真宗の教行信証」と異なっていながら、それで親鸞聖人と同じ信心が獲られるという方がおかしいんですよ。また、会員がやっている「行」のほとんどは「悪業悪行」であり、「信」は「誰が何と言おうと高森先生が正しいという信心」ですから、そんな行信ではこの世の幸せさえ訪れないことは言うまでもありませんわね。

浄土真宗は、浄土往生の教行信証を教えられたもので、「絶対の幸福」だとかいう現世利益の教行信証を教えられたのではありません。こうした「高森の教行信証」に騙されて人生を棒に振る人が一人でも少なくなることと共に、「真宗の教行信証」によって念仏の行者となって下さる方が一人でも多く現れることを願っています。


【参照】
『WikiArc』教行証
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

『教行証』について

おはようございます、Abcです。

『御本典』とも申される『教行証』ですが、本来の名を『顕浄土真実教行証文類』とされております。

『顕浄土真実教行証文類』は、当初は『教 行 証』の三本立てで構成されていました。ですから

『顕浄土真実教行証文類』
教書  行書  証書

『顕浄土真実信文類』
  信書

『顕浄土真仏土文類』(18願における、浄土)
  真仏土書

『顕浄土方便化身土文類』(19・20願における、浄土)
  化身土書

という構成でした。このことは、「信 別序」からもわかります。
簡単にですが『教行証』について補足しておきました。

なもあみだ なもあみだ

Abc

信巻別撰説

Abcさん

>顕浄土真実教行証文類』は、当初は『教 行 証』の三本立てで構成されていました。

という表現は、かって論争となった「信巻別撰説」ですか?
高田派には、そのような伝承があるのでしょうか?

よく判らないので教示いただければ幸いです。
ともあれ祖師を呼び捨てにするAbcさんは嫌いです(笑

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

コメント返信

こんばんわ、Abcです。

>>顕浄土真実教行証文類』は、当初は『教 行 証』の三本立てで構成されていました。

>という表現は、かって論争となった「信巻別撰説」ですか?
>高田派には、そのような伝承があるのでしょうか?

その通りで、「信巻別撰説」です。伝承はありませんが、
顕智上人がこの書物を指し示す時は、「教行証」と呼ばれているので
私もそれに倣って示しただけです。

この書物を「教行信証」と呼び始めたのは大谷の方からであり、
「真宗教団連合」を抑えているのが、大谷であるから
「真宗の御本典は教行信証である」と「教行信証」という書名を
使っているに過ぎません。

>ともあれ祖師を呼び捨てにするAbcさんは嫌いです(笑

そうですか(笑)、私はたとえ大谷が「祖師と呼び習わしなさい」と申されても、
「祖師」とは呼ばないでしょう。同様に「聖人」とあったならば「源空聖人」であり、
「親鸞」に敬称を付けるならば、「善信御房」「親鸞同行」などになります。

まぁ、林遊さんが私のことを好かないならば、それはそれということです。

Abc

宗我というドグマ

信巻別撰説とは、教・行・証が先行し、後に信巻が撰述されて合綴されて教行信証の体裁となったという結城令聞教授の説ですが、大江和上によって論破されていたと思ふ。別撰とは、時をおいて別に撰述されたという意。

教行信証信巻別撰説の批判
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk1952/1/2/1_2_436/_article/-char/ja/

「三法立題」の脚注でも述べていますが、覚如上人・存覚上人も、(改邪鈔 P.931)、(改邪鈔 P.942)、(真要鈔 P.962)、(真要鈔 P.973)、(真要鈔 P.980)、(真要鈔 P.995)、(持名鈔 P.1009)などでは『教行証』と呼称しています。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%B8%89%E6%B3%95%E7%AB%8B%E9%A1%8C

本願寺派では「三業惑乱」という宗門を揺るがす大事件の為に、精密に御開山の意図を窺おうということで他派に比べて真宗教学の研究が進んだのでした。いわゆる「安心論題」の選定などもその流れの一環でした。
ともあれ在家の林遊の場合は、宗派のドグマに陥ることなく自由にお聖教を学びたいと思っていたりします。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2017/02/14/%e4%ba%94%e5%bf%b5%e9%96%80/

ぴーえす

PS

高田派では第十世真慧上人を「中興上人」とお呼びするそうですが、
http://www.senjuji.or.jp/about/rekidai_shonin.php#10

真慧上人述の『顯正流義鈔』には、

 そもそも別意の弘願は。教門にても判しかたく。他力の妙益は。等覺の薩埵もしらさるところなり。ひとへに一心一行專修惠念せんにはしかし。かたしけなくも光明大師は。まのあたり彌陀にあひたてまつりて。一心專念名號と傳受し。源空聖人また大師にあひたてまつり。專念彌陀の法義をうく。
親鸞聖人宗家元祖の兩意を一器に受得し。關東におひて化導をあまねくしたまひしよりこのかた。西境におよひ南北村里に遍滿す。
http://hongwanriki.wikidharma.org/index.php/%E9%A1%AF%E6%AD%A3%E6%B5%81%E7%BE%A9%E9%88%94

と、「親鸞聖人」とあるのですが、高田派では鎮西浄土宗に倣って御開山を「愚禿」として敬称を略して呼ぶ伝承があるのかな?
仏教では『聖典』とは聖者の著した書をいうのですが、高田派では『教行証文類』は聖典ではなく御同朋・御同行の著した雑書なのですね。
ある意味で、高森親鸞会の「われこそは真実の求道者である」という選民思想の残滓が感じられて面白いです(笑

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

返信

こんばんわ、Abcです。
大変丁寧なご返信、ありがとうございます。

>と、「親鸞聖人」とあるのですが、高田派では鎮西浄土宗に倣って御開山を「愚禿」として敬称を略して呼ぶ伝承があるのかな?
>仏教では『聖典』とは聖者の著した書をいうのですが、高田派では『教行証文類』は聖典ではなく御同朋・御同行の著した雑書なのですね。

確かにその通りで『聖典』という語句には「聖者の著した書」と言う意味があります。ですが、私は善信房を「御同朋・御同行」であると承っております。私からしますと大谷一族のみが管理している「龍谷山」のほうが「選民思想」のように思えてならないのですが、

私と宗派内にて『御書』と呼ばれる書物があります。この書物には、歴代上人の「お手紙」が書き表されております。大谷の中にも『末灯抄』『御文章』として「お手紙」がございますが、こちらはそれぞれ「親鸞聖人」と「蓮如上人」だけがかかれたものとなっております。

 先ほどの『顯正流義鈔』に「親鸞聖人」とあります。そして「聖」という文字にも特別な意味があることも承っております。ここでひとつの疑問が出てきたのですが、

  林遊さんが、私が「親鸞」と呼び捨てにしている事に対して疑問をもたれていることはわかりました。 ただ、「聖人」だとして「御同朋・御同行」とは別とみられているのでしょうか?

>高田派では『教行証文類』は聖典ではなく御同朋・御同行の著した雑書なのですね。

 この文章からはそのようなニュアンスが感じられます。

Abc

法を見るものはわれを見る

Abcさん。

何か誤解があるようですが林遊は大谷云々に拘泥する者ではないですよ。
──大谷という呼称は、御開山の廟堂が京都東山知恩院北門の大谷の地に定められたことによる。このことから浄土異流の鎮西や、真宗10派、特に高田派では東西両本願寺及びその法義を指して大谷と呼ぶ。──

ですから、真宗高田派本山専修寺所蔵の『三部経大意』や『西方指南抄』などもUPして参照し『和語灯録』なども引用していたりします。
『三部経大意』
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%B8%89%E9%83%A8%E7%B5%8C%E5%A4%A7%E6%84%8F
『西方指南抄』、『和語灯録』
http://hongwanriki.wikidharma.org/index.php/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

ともあれ、教義の言葉を知ることと、本願力回向のご信心とは無関係なのですが、高森親鸞会に属し高森氏のカリスマ性に騙されたから、教義と知識帰命がぐちゃぐちゃになっているのかな。そこから「聖」という語の意味に混乱をきたしているのかもです。
もちろん仏教はゴータマ・シッダールタという、ただの人間がさとりを開いて釈尊となられたのですが、Abcさんの意によれば釈尊も御同朋・御同行なのでしょうね。
人格を「聖」と呼ぶのか、説かれた法を「聖」と呼ぶのかの混乱があるのだろうけど、御同朋・御同行を強調する姿勢は間違いではありませんが、「聖」を抜きにした知識帰命説の裏返しのように思えます。
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2009/10/26/203/

「聖典」とは何であるかについては以下のリンク先がお奨め。
http://hongwan.net/5a626fe006562

少しく超高齢女性心かもですが、ごめんして下さい。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://www.hongwan.net/index.php/%E6%B3%95%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B



あのね

林遊さん
親鸞会の被害者を軽蔑して見下すのはもうやめなよ。
一脱会者として本当に腹が立つよ。
貴方が騙されなかったのはたまたま熱心な真宗門徒の家に生まれたという偏に「運」によるものです。
ご自身の知性によるものと思っておられるように見えますがちょっとどうなのかと思います。
本願寺派が世襲制で血統に依らなければ門主になれないのは事実だし、凡夫である親鸞聖人を聖者と呼ぶのには疑問が残ります。
釈迦如来と同列視するのは明らかにおかしいですよ。説かれる法が「聖」なら私もあなたもみんな聖者かという疑問にもつながります。

「智識」について

こんばんわ、Abcです。

林遊さん

>それで蓮如上人は『御文章』の中で「参ってくる人の中には私を拝みに来る人がいる。この生臭い坊主を拝んで何になるか、私を拝むような不心得ものは一切来るな。私を拝みに来るぐらいなら、墓場でひっくり返っている卒塔婆でも拝んでおれ。その方がまだ功徳がある」とおっしゃっています。それくらい私を拝むのではないぞとおっしゃる訳です。
(引用:善知識帰命の過ち 用管窺天記)

と林遊さん自身が記されているように、「この生臭い坊主を拝んで何になるか」なのです。七高僧をはじめ、親鸞 遵西 証空 聖覚 そして大谷では、如信 覚如 蓮如 實如 なども「智識」であり「御同行」なのです。

>もちろん仏教はゴータマ・シッダールタという、ただの人間がさとりを開いて釈尊となられたのですが、Abcさんの意によれば釈尊も御同朋・御同行なのでしょうね。

これは明らかな間違いです。釈迦が行ったとされる修行を「天台の教え(修行)」また「修験道」とされるわけですから「聖道門」も「御同行」と言い出しますと破綻することが眼に見えています。

 善は急げ。心を悪から遠ざけよ。徳を積むのにのろのろしていたら、心は悪事に惹かれてしまう。

怒らないことによって怒りに打ち勝て。善いことによって善からぬことに打ち勝て。布施することによって物惜しみに打ち勝て。真実によって嘘つきに打ち勝て。


(ともに『ダンマハダ』より抄出す)

御同行 親鸞は「私の義にて助かろうとするのではない、『義なきを義とす』という、弥陀のおん計らいにて助かるのだ」と大衆に伝えられ、それが興福寺をはじめとする聖道仏教者の怒りとなり、「専修念仏停止の奏」となったのです。この事件のことは「叡山を揺るがす事件」として、林遊さんも聞き及んだことがあるかと存じます。

つまるところは、弁円や弁長に対して「私たちの仲間(弥陀の教えを信じる仲間)」とはいわれず、「明教御房の御往生のことを、まのあたり聞き候も、嬉しく候」(『末灯抄』より)なのです。

名無しさん

フォローありがとうございます。
>釈迦如来と同列視するのは明らかにおかしいですよ。説かれる法が「聖」なら私もあなたもみんな聖者かという疑問にもつながります。

まことにその通りで、私も上記したような認識です。

Abc

追記

んわ、Abcです。

今回は、訂正ではありません。追記です。

>源空聖人 『選択本願念仏集』 (浄土宗では「せんちゃくしゅう」 真宗では「せんじゃくしゅう」と申します)
 但し諸宗の立教は正しく今の意に非ず。且く浄土宗に就いて、略して二門を明さば、一には聖道門、二には浄土門なり。

初めに聖道門とは、これに就いて二有り。一には大乗、二には小乗なり。大乗の中に就いて顕密権実等の不同有りといえども、今この『集』の意はただ顕大および権大を存ず。故に歴劫迂廻の行に当る。これに準じてこれを思うに、まさに密大および実大を存すべし。然ればすなわち今、真言・仏心(禅宗)・天台・華厳・三論・法相・地論・摂論これらの八家の意、正しくここに在り。将に知るべし。次に小乗とは、すべてこれ小乗の経律論の中に明す所の声聞・縁覚・断惑証理入聖得果の道なり。上に準じてこれを思うに、また倶舎・成実・諸部の律宗を摂すべきのみ。およそこの聖道門の大意は、大乗および小乗を論ぜず、この娑婆世界の中において、四乗の道を修して、四乗の果を得るなり。四乗とは、三乗の外に仏乗を加う。

ここでは各宗の趣を説かれています。末尾にある「四乗の道を修して、四乗の果を得るなり」つまるところ「修因修果」「因果の道理」「思議の法」です。


>源空聖人 『選択本願念仏集』
次に往生浄土門とは、これに就て二有り。一には正に往生浄土を明すの教、二には傍に往生浄土を明すの教なり。初めに正に往生浄土を明すの教とは、謂く三経一論これなり。三経とは一には『無量壽経』、二には『観無量壽経』、三には『阿弥陀経』なり。一論とは天親の『往生論』これなり。あるいはこの三経を指して浄土の三部経と号す。

ここでは「横超」と「横出」についてとかれています。「横超」が「正に往生浄土を明すの教とは、謂く三経一論これなり」にあたり、「横出」が「傍に往生浄土を明すの教」にあたります。源空聖人は、「三経一論以っての外は、みな雑教なり」とも申されました。(龍樹 天親 曇鸞 善導 道綽 源信の著書は「一論」に含みます)

[中略] このなかに難行道とはすなわちこれ聖道門なり。易行道とは、すなわちこれ浄土門なり。難行易行と、聖道浄土と、そのことば[太字]異なりといえども、その意これ同じ
天台迦才これに同じ。まさに知るべし。

私の「御同行」に当てるならば、「迦才」がそれに当たります。

Abc

すべからく聖道を棄てて浄土に帰すべし

おはようございます、Abcです。
なんだか一人語りの様になってしまっていますが、その点に関しましては申し訳ないと思っております。

このコメントで「一人語り」と言う意味ではこれで打ち止めとしたいと考えております。

源空聖人 『選択本願念仏集』
次に往生浄土門とは、これに就て二有り。一には正に往生浄土を明すの教、二には傍に往生浄土を明すの教なり。初めに正に往生浄土を明すの教とは、謂く三経一論これなり。三経とは一には『無量壽経』、二には『観無量壽経』、三には『阿弥陀経』なり。一論とは天親の『往生論』これなり。あるいはこの三経を指して浄土の三部経と号す。

[中略] このなかに難行道とはすなわちこれ聖道門なり。易行道とは、すなわちこれ浄土門なり。難行易行と、聖道浄土と、そのことば異なりといえども、その意これ同じ天台迦才これに同じ。まさに知るべし。

ここから「難行道(聖道門)」を「捨て置け」といわれている文を記します。

まず、源空聖人選択本願念仏集』 より、
 「浄土とはすなわちこれ浄土門の意なり。三乗浄土と、聖道浄土とは、その名異なりといえども、その意また同じ浄土宗の学者、まずすべからくこの旨を知るべし。たとい先に聖道門を学せる人といえども、もし浄土門において、その志有らば、すべからく聖道を棄てて浄土に帰すべし。

2つ目に親鸞愚禿鈔』 より、
 「また、西の岸の上に、人ありて喚ばうていはく、〈汝一心正念にして直ちに来れ、我能く護らん〉 「」の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり。」

3つ目に聖覚唯信抄』 より、
 「一土をねがひ一仏を念ずるほかは、その用あるべからずといふなり。念仏の門に入りながら、なほ余行をかねたる人は、そのこころをたづぬるに、おのおの本業を執じてすてがたくおもふなり。

あるいは一乗をたもち三密を行ずる人、おのおのその行を回向して浄土をねがはんとおもふこころをあらためず、念仏ならべてこれをつとむるに、なにのとがかあらんとおもふなり。ただちに本願に順ぜる易行の念仏をつとめずして、なほ本願にえらばれし諸行をならべんことのよしなきなり。」

最後に蓮如領解文』 より、
 「もろもろの雑行雑修自力のこころをふりすてて、一心に阿弥陀如来、われらが今度の一大事の後生、御たすけ候へとたのみまうして候ふ

と簡潔に列挙しますとこのようになります。
ここまで眼を通していただき、まことに有難く思うとともに、「すべからく聖道を差し置きて」ということを知ることができたかと思います。

※「聖書 - 聖なる書」という意味は確かに仰るとおりです。ですが、「親鸞(私が発言した中では源空)」が「聖者」となりますと、名無しさんが言われているように「みな聖者」となってしまいます。

ここに記すのは私見ですが、「聖者」の本来の意味は「尊者(阿難など)や世尊(釈迦)」ではないかと観ております、ここから「聖の道」といわれる「聖道仏教」となるのですから、源空聖人が申す、「殊勝な行いのもの」を指すとされます。対義語として「愚者」とありますが、親鸞が「愚禿」などといわれているのがコレに当たります。(末灯抄では「凡愚往生」をいう語も見受けられます。)

Abc

称名念仏

親鸞会で一番分かりにくい話が目的としている絶対の幸福の境地です。
行巻を読むと、念仏についての事が沢山書かれていて称名念仏をおおくせよとか称名すれば悪業や罪がすべて消えるとか、火の中をわけて念仏せよとか書かれている様に思えてきて困惑です。
親鸞会では念仏について殆ど説かれていないと思いますが、講師の人はどの様に理解しているのか不思議です。信心を頂けば自然に称えさせられるのが念仏であり、何の分別もなく呪文の様に唱える念仏は念仏誹謗だと理解してましたが、行巻を読むと違う様な気がしてきました。
親鸞会の教えばかり聞いてきたので、会の教えに合わせて理解してきましたが、親鸞聖人の説かれた教えは違うものなのかもしれません。
念仏を称えると悪の種が消えるとか書いてあったと思いますがどういう事ですか?因果の道理から解放されるのですか?悪因悪果がなくなるのですか?

No title

 「具足十念 称南無無量寿仏 称仏名故 於念々中除八十億劫生死之罪」(観経)といふは、五逆の罪人はその身に罪をもてること、十八十億劫の罪をもてるゆゑに、十念南無阿弥陀仏ととなふべしとすすめたまへる御のりなり。一念に十八十億劫の罪を消すまじきにはあらねども、五逆の罪のおもきほどをしらせんがためなり。「十念」といふは、ただ口に十返をとなふべしとなり。(唯信鈔文意)

一回の念仏で、十八十億劫の罪を消す働きがあるのですね。

Re:金星人さん 地球人さん

こんにちは、Abcです。

>念仏を称えると悪の種が消えるとか書いてあったと思いますがどういう事ですか?因果の道理から解放されるのですか?悪因悪果がなくなるのですか?

称南無阿弥陀仏 称仏名故 除五十億劫 生死之罪。
爾時彼仏 即遣 化仏・化観世音・化大勢至 至行者前 讃言善男子 汝称仏名故 諸罪消滅 我来迎汝。(『観経』より)

おそらく、この箇所から「罪の種がきえる」と思われたのでしょうが
この箇所は「下品上生」でございますのでこの箇所は「私たちのこと」を言われた箇所ではありません。

具足十念 称南無阿弥陀仏
称仏名故 於念念中 除八十億劫生死之罪
命終之時 見金蓮華 猶如日輪 住其人前。
如一念頃 即得往生極楽世界。於蓮華中 満十二大劫 蓮華方開。
観世音・大勢至 以大悲音声 為其 広説 諸法実相 除滅罪法

こちらは「下品下生」でありますので、「私たちのこと」を説かれた箇所です。
この「命終之時」がこの世のことであるか(不体失往生か)、そうでないか(体失往生か)で議論されたのはご存知かと思います。親鸞は「即得往生 住不退転」とし、

親鸞は本願成就文の「一念」を、「信楽開発の時剋の極促」(しんじんのおこった最初の時)とされ、今の「即得往生」の「即」は信一念のときと同時であることをあらわすものとされます。ですから、聞其名号信心歓喜の初一念と即得往生住不退転とは同時であるということになります。この場合の「即得往生」というのは、この世の命が尽きてかの浄土に生まれるという意味ではなく、真実報土に往生すべき身につき定まるという意味であります。
(引用:安心論題 即得往生 より)

とされております。

また、飛雲さんが種々の「因果」について記されていますので、ご一読されることをお勧めします。
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-867a.html

なもあみだ なもあみだ

Abc

ありがとうございました。

Abcさん、本当にありがとうございました。
お聖教を正しく読む事は本当に難しい事ですね。基本的に親鸞会で聞いて来た事がいつもベースにあります。原文にどの様に書かれているのかと思いました。
下品上生の人の称名念仏の事ですか。納得できます。煩悩具足の凡夫が考える念仏は、念仏を称えれば悪果がなくなり欲望が満たされる都合の良い念仏しか称えられません。
命終の時とは不体失。即得往生住不退転。これも、不退転の位に入るのであって、不退転の悟りを開くのではなく、凡夫は凡夫で何も変わりなく、欲と怒りと愚痴の煩悩の心をもって称名念仏を称えます。清らかな心で称える念仏も阿弥陀仏が用意して下さった念仏の事だと思います。念仏と信心については一つでありますが、本当に難しすぎて凡智では計らえません。
お聖教に書かれてある事が根拠となりますが、お聖教の意味が少しも理解できなくて困惑します。また分からない事がありましたらご教鞭よろしくお願いします。

御同行・御同朋

釈迦は仏の悟りを開いた仏様です。
弥勒は等覚の悟りを開いた菩薩様です。
親鸞聖人は雲の上の聖人様ですが、仏様の眼から見たらどの位の人なのか。
上品・中品の人なのか。下品上生の人なのか。
我ら凡夫と同じ下品下生の人ならば、御同行・御同朋となるのは自然の事だと思います。しかし、同じ凡夫だとしても格が断然違い過ぎるので聖人様と呼ばずにおれません。弥陀の救いの前では常にみな平等です。

Re: 金星人様

高森会長の説く「絶対の幸福」だとかいうのは聞く者を釣るために創価学会からパクった語ですから、この際きれいさっぱり忘れてしまった方がよろしいでしょう。他ブログでも様々に指摘され、当ブログでも書いていることですが、親鸞聖人の説かれた教えと親鸞会の教えは全く違います。

親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点(『飛雲』より)

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.法の深信について

親鸞聖人 往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 浄土往生が火に触ったよりも明らかに知らされる

11.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

12.因果の道理について

親鸞聖人 罪福の因果を信じることは自力・仏智不思議を疑う心
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 因果の道理を深信しなければならない

13.三願転入について

親鸞聖人 聖道門の人を浄土門に導く方便が19願であり、19願の勧めはない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 全人類は19願から始めなければならない

14.「一向専念無量寿仏」について

親鸞聖人 諸善を廃して念仏1つになること
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 阿弥陀仏1仏に向かって諸善をすることも含む

主要教義でもこれだけ違います。これに細かい所を挙げればキリがないほど、親鸞会の教えは間違いだらけで、正しい教えを探す方が困難な位です。金星人さんもこの際、お聖教に向き合って教義の真偽を検証なさって頂ければと思います。


>念仏を称えると悪の種が消えるとか書いてあったと思いますがどういう事ですか?

これは地球人さんが根拠を挙げられていますが、我々の罪の深さを知らせると共に、そのような我々は念仏以外に救われる手立てがないことを教えられています。我々の流転輪廻のつみがきえることを

南無阿弥陀仏をとなふれば
 この世の利益きはもなし
 流転輪廻のつみきえて
 定業中夭のぞこりぬ(浄土和讃)

と仰せられていることはご存知でしょう。


>因果の道理から解放されるのですか?

往生の因も果も阿弥陀仏がお与えになったものであり、私達はひとえに如来回向の行信により真実の証果を得させて頂くのですから、後生、往生に関してはそう言っていいと思います。
ただし、この世を生きていく上では倫理道徳を弁えて暮らしていかなければなりません。世間の因果からは解放されませんので、より良く生きていきたかったらそれなりの行いをしていかねばならないのは言うまでもありません。


>悪因悪果がなくなるのですか?

蓮如上人時代にも順誓というお弟子が同様の質問をしています。蓮如上人は、罪を消してお助け下さるのか、罪を消さずにお助け下さるかは、すべて阿弥陀仏のお計らいであって、私達の智慧の及ぶところではありませんとお答えです。私達はただ、本願の仰せを仰せのままに聞き受けて、ただ如来回向の行信によって往生させて頂くのだと深く信じてお念仏申すのみです。

一 順誓申しあげられ候ふ。一念発起のところにて、罪みな消滅して正定聚不退の位に定まると、御文にあそばされたり。しかるに罪はいのちのあるあひだ、罪もあるべしと仰せ候ふ。御文と別にきこえまうし候ふやと、申しあげ候ふとき、仰せに、一念のところにて罪みな消えてとあるは、一念の信力にて往生定まるときは、罪はさはりともならず、されば無き分なり。命の娑婆にあらんかぎりは、罪は尽きざるなり。順誓は、はや悟りて罪はなきかや。聖教には「一念のところにて罪消えて」とあるなりと仰せられ候ふ。罪のあるなしの沙汰をせんよりは、信心を取りたるか取らざるかの沙汰をいくたびもいくたびもよし。罪消えて御たすけあらんとも、罪消えずして御たすけあるべしとも、弥陀の御はからひなり、われとしてはからふべからず。ただ信心肝要なり と、くれぐれ仰せられ候ふなり。(御一代記聞書35)

【現代語訳】
順誓が蓮如上人に、「信心がおこったそのとき、罪がすべて消えて往生成仏すべき身に定まると、上人は御文章にお示しになっておられます。けれども、ただいま上人は、命のある限り罪はなくならないと仰せになりました。御文章のお示しとは違うように聞こえますが、どのように受けとめたらよいのでしょうか」と申しあげました。
すると上人は、「信心がおこったそのとき、罪がすべてみな消えるというのは、信心の力によって、往生が定まったときには罪があっても往生のさまたげとならないのであり、だから、罪はないのと同じだという意味である。しかし、この世に命のある限り、罪は尽きない。順誓は、すでにさとりを開いて罪というものはないのか。そんなことはないだろう。こういうわけだから、お聖教には、<信心がおこったそのとき、罪が消える>とあるのである」とお答えになりました。
そして、「罪があるかないかを論じるよりは、信心を得ているか得ていないかを何度でも問題にするがよい。罪が消えてお救いくださるのであろうとも、罪が消えないままでお救いくださのであろうとも、それは弥陀のおはからいであって、わたしたちが思いはからうべきことではない。ただ信心をいただくことこそが大切なのである」と、繰り返し繰り返し仰せになりました。

http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%93%AE%E5%A6%82%E4%B8%8A%E4%BA%BA%E5%BE%A1%E4%B8%80%E4%BB%A3%E8%A8%98%E8%81%9E%E6%9B%B8

なお、流転輪廻のつみがきえるのであって、悪口を言ったり嘘をついたりした罪、約束を破った罪など、そんなものが消えるのではありません。縁が来れば悪因が目を出して苦果をもたらすでしょう。この世を生きていく上では先ほども申し上げたようにそれなりの行いをしていかなければこの世の楽果には恵まれません。

何しろ報土の因果は、世間・出世間の因果とは全く違いますので、世間の因果の道理をもって報土の因果、本願の救いを推し量るのは間違った自力の考えです。ただ「助けるぞ」という阿弥陀仏の仰せを聞き、仰せの通り後生をおまかせして下さい。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。

Re:金星人さん

こんばんわ、Abcです。

>親鸞聖人は雲の上の聖人様ですが、仏様の眼から見たらどの位の人なのか。
上品・中品の人なのか。下品上生の人なのか。

コレにつきましては道綽禅師が「安楽集」のなかにて次のように説かれています。
「いま『観経』(意)のなかに、仏、「下品生の人現に重罪を造るも、命終の時に臨みて善知識に遇ひて十念成就してすなはち往生を得」と説きたまふ。

『摂論』にいふによるに、「仏の別時意の語なり」といふ。 また古来通論の家多くこの文を判じていはく、「臨終の十念はただ往生の因となることを得るも、いまだすなはち生ずることを得ず。

[中略]もしこの解をなさば、すなはち上は仏経に順ひ、下は論の意に合はん。 すなはちこれ経・論あひ扶けて往生の路通ず。 また疑惑することなかれ。」と説かれています。つまるところ(道綽の時代で既に)「すべての人は下品下生」とされています。

ここからは話が変わるので読み飛ばしていただいても構いません。
---
「聖」という文字が最初に使われたとされるのは、「聖徳皇太子」と聞き及んでいます。別名を「豊聡耳命(トヨサトミミノミコト)」「厩戸皇子(うまやどのみこ)」といい、「四天王寺」や「東大寺」「法隆寺」などを作られた方で、少し前に話した「当麻寺」の当麻皇子(たいまのみこ)の兄でもあります。

私からしましたら「和国の教主」も浄土教という観点ならば「御同朋・御同行」です。
---

なもあみだ なもあみだ
Abc

No title

>つまるところ(道綽の時代で既に)「すべての人は下品下生」とされています。

いやいや、それはないです。
歴代の善知識方で、ご自身や周りの人のことを下品下生とはどなたも仰っていません。
下品下生とは五逆の罪人のことですが、五逆罪は一部の人が造っているとしか御著書には書かれていません。
変に拘ると親鸞会と同じになりますよ。

http://sinrankaix.exblog.jp/16112561/

> 歴代の善知識方で、ご自身や周りの人のことを下品下生とはどなたも仰っていません。
> 下品下生とは五逆の罪人のことですが、五逆罪は一部の人が造っているとしか御著書には書かれていません。
> 変に拘ると親鸞会と同じになりますよ。

その通りで、自分の事を「下品下生」と味わう分には構いませんが、全ての人が「下品下生」であるとはどこにも説かれていないので、他人のことをとやかく「下品下生」というのは不適切であると思います。

われら罪業おもしといふとも五逆をばつくらず(唯信鈔)

等とある通りです。

No title

下品下生の往生について浄土門ではよく語られますが、それは、下品下生のもの【でも】往生できるのが本願だということであって、誰もが下品下生であるという話ではないです。
だからといって、下品下生ではない善知識方が下品下生を見下されたのかというとそれは違います。定義上は下品下生ではないが、下品下生とそんなに変わらないお粗末なものだという立場で仰っていますので、真宗では親鸞聖人は御自身のことを下品下生の者と仰っているのだと勘違いしている風潮があります。

悪人

親鸞会では、更に謗法罪やら十悪やら悪の塊がお前であって、その上仏教を聞く耳が無い逆法の屍だと決めつけます。極重の悪人でなければ仏教を聞く必要がないと思います。念仏の教えを深く信じてただ念仏すればよいというだけの事ですか?親鸞会が言う無明の闇と仏教で説く無明の闇は違うのですか?

No title

>親鸞会では、更に謗法罪やら十悪やら悪の塊がお前であって、その上仏教を聞く耳が無い逆法の屍だと決めつけます。極重の悪人でなければ仏教を聞く必要がないと思います。

考え方が根本から間違っています。
謗法罪を造っている人は、仏法をそもそも聞きません。仏法を信じている時点で謗法罪ではありません。
仏法を聞いていても聞く耳がないということを善知識方は仰っていません。
仏法を聞く気のない謗法罪と闡提の者を無耳人と仰っています。

初地までさとられた善人の龍樹菩薩は、善人代表の菩薩です。龍樹菩薩が極重の悪人だなんて火星か金星でしか通用しない理屈です。龍樹菩薩は本願を聞かなければ成仏できないと者であったと仰っているのですが、極重の悪人以前に悪人だとも仰っていません。

Re: 金星人様

http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-0fa0.html
『飛雲』「凡夫の浅智」以前に無智なんですよ

にあるように、「九十五種の邪道に事ふ」ような人、念仏するひとをそしるものを「無眼人」「無耳人」と言うのです。自力念仏の者は必堕無間などと、念仏をそしる高森会長や愉快な仲間達のことです。


>極重の悪人でなければ仏教を聞く必要がないと思います。

極重の悪人という自覚がお有りでしたら、他の方便は捨てて速やかに本願を信じ念仏して下さい。


>念仏の教えを深く信じてただ念仏すればよいというだけの事ですか?

そう教えられたのが親鸞聖人です。


>親鸞会が言う無明の闇と仏教で説く無明の闇は違うのですか?

「無明の闇」=「自力疑心」=「疑情」≠「後生暗い心」
です。合っている部分と違っている部分があるので注意して下さい。

Re:地球人さん

こんばんわ、Abcです。

>歴代の善知識方で、ご自身や周りの人のことを下品下生とはどなたも仰っていません。
>下品下生とは五逆の罪人のことですが、五逆罪は一部の人が造っているとしか御著書には書かれていません。
>変に拘ると親鸞会と同じになりますよ。

ご指摘ありがとうございます。

どうやら、親鸞会に毒されすぎた残滓があったのかもしれません。
この節はまことにありがとうございます。

Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード