FC2ブログ

高森の教行信証(総序編) - 阿弥陀仏の本願は、苦しみの波の絶えない人生の海を明るく楽しくわたす大船である。この船に乗ることこそが人生の目的(=絶対の幸福)だ

親鸞聖人が「真実の教行信証」を教えられたのに対して、高森顕徹会長は独自の教行信証を会員に説き与えています。「真実の教行信証」と親鸞会の教えの違いは歴然で、浄土亜流どころか全く別物、まさに「高森教」「高森の教行信証」と名付けるのがふさわしいかと思います。

それが証拠に、『教行証文類』総序のお言葉の解説からして既に「浄土真宗」ではありません。

ひそかにおもんみれば、難思の弘誓は難度海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破する恵日なり。

会員なら誰でも知っている言葉だと思いますが、これを高森顕徹会長は

弥陀の誓願は、私たちの苦悩の根元である無明の闇を破り、苦しみの波の絶えない人生の海を、明るく楽しくわたす大船である。この船に乗ることこそが人生の目的だ」(『なぜ生きる』p.115)

と訳しています。これで正しいだろうと信じ込んでいる会員ばかりでしょうが、違います。「難思の弘誓」「難度海」「無碍の光明」「無明の闇」どれも正しくありません。

難思の弘誓」=「弥陀の誓願」≠「どんな人をも 必ず助ける 絶対の幸福に

ですし、

無明の闇」=「疑情」=「自力疑心」≠「後生暗い心

ですし、

無碍の光明」=「無明の闇を破する恵日」≠「後生明るくする、智慧の太陽」(『なぜ生きる』p.282)

です。どれをとっても「高森教」が混じっているので、会員は親鸞聖人の仰せをそのままお受けできません。


難度海」にしても当然「高森教」が混じっています。高森会長は「苦しみの波の絶えない人生の海」とか言っていますが、そんな低レベルの話ではないのです。そもそも「難度海」という言葉は、『十住毘婆沙論』易行品

かの八道の船に乗じて、よく難度海を度す。みづから度し、またかれを度せん。われ自在人を礼したてまつる。

にあって、聖人はこれを「行文類」に引文されています。龍樹菩薩は、聖道門の八聖道(八道)を船に譬え、その船に乗って難度海を度するとされたのです。

難度海」とは生まれてから死ぬまでの人生だけの事ではありません。「」とは、過去無量劫から未来永劫に亘って生まれ変わり死に変わりを繰り返し、永遠に苦しみ彷徨い続ける、この迷いの世界の広く果てしないさまを例えたものです。それは、「難度海」を「生死の苦海」と表現されていることからもお判りになるかと思います(『高僧和讃』)。そして「度し難い」とは、こうした広く果てしない迷いの世界を出ることが難い、つまり我らは六道から離れられない、出離できないことを仰ったものです。この世を生きていくことが苦しいとか、そういった低次元の話ではないのです。

このようなことですから、「阿弥陀仏の本願」が「難度海」を「度する大船」であるというのは、この広く果てしない迷いの世界を自分の力では出離できないことを知って、「阿弥陀仏の本願」が成就したすがたである「南無阿弥陀仏」という「大悲の願船」によって迷いを離れなさいと、18願に帰依することを教えられたものです。要は二種深信の言い換えです。これは世間的な幸福云々を越えた出離を目指した上での非常にレベルが高い話であって、人生を明るく楽しく生きるだとかいう低レベルの話ではないのです。


この非常にレベルが高い話を、低俗な話に貶めている一つが、「難度海」の説明の際に必ずと言っていいほど出てくる丸太や板切れの話です。「難度海」にはたくさんの丸太や板切れが浮いていて、それらは金や財産、地位や名誉、友人や恋人、妻子、才能、健康、仕事、趣味、生き甲斐などである。私達はそれらにすがっては裏切られ、すがっては裏切られを繰り返してやがて力尽きて死んでゆく等と言っていますが、親鸞聖人の上にはそういった丸太や板切れについての言及はありません。聖人は先ほども申し上げたように、世間的な幸福云々を越えた出離を目指した上で、自分の力では出離できないことを知って18願に帰依し、念仏成仏せよと教えられた方です。木の深信」という珍しい信心を獲た人物がこだわっている丸太や板切れなどは、最初から問題外なのです。

高森会長のこの例えは、当てにならないものを信じて生きているという点では判り易いですが、「難度海」を説明するには大分不適切です。例えでは、大船に乗るには丸太や板切れを捨てなければなりませんが、本願を信じ念仏するようになっても丸太や板切れにすがる人生は変わりません。相変わらず信じて、たよりにして、あて力にして生きていくのです。命や健康を信じて生きているし、金や財、妻子をあてにして生きています。滅多なことはなかろう、今日も無事に過ごせるだろうと日々暮らすことは変わりません。時に信じているものに裏切られることもありますが、そうしたら大なり小なり苦しむのです。信心獲得したら丸太や板切れをあて力にしない人生になるように錯覚する方もあるかも知れませんが、そうではありません。

第一、丸太や板切れの話をするのであれば、「高森会長も丸太」「親鸞会も板切れ」と、知識や組織をあてにすることをも捨てよと説かねばなりません。ところが現実はどうでしょう? 会内では「誰が何と言おうと高森先生が正しい」「親鸞会に間違いない」ということを強調する話ばかりで、会員の皆さんは教義や組織への批判には耳を塞いで頑なに信じ込んでいませんか? 疑問に思うことがあっても、「教義は正しいがついていけない自分が悪い」と親鸞会を絶対視していませんか? 本当にまことなのは「ただ念仏のみ」「南無阿弥陀仏」だけだと言わなければ丸太や板切れの話にはならないのですが、そんなことを言ったら「謗法罪」だとか言って「除名」になってしまうので誰も言いません。高森会長や組織に捨てられるのを恐れているのです。


ところで、高森会長は崇高な本願を低俗な本願に貶めるだけに留まらず、阿弥陀仏の救済法についても間違った認識を聞く者に植え付けています。「救助の大船の厳存と、方角を明示されているのが親鸞聖人である(『なぜ生きる』p.182)」などと言い、高森会長が指し示す方角の先に大船があって、そこまで泳いで求めていった先に大船に乗れるかのような印象を与えています。しかし、大船に乗せられるのは現在只今であり、すべて阿弥陀仏のお力によってであり、私の力は必要なく、また私がどこかまで泳いでいく必要はありません。逆に私が何かしなければならないと自力を加えること自体が間違いになります。ここの所は、一部では真実らしい説明もあると言えばあるのですが、「高森の教行信証」が頭に染み付いていると、突然そんなことを言われても今まで受けてきた教えが邪魔をして受け容れられないでしょう。


それから、実際に海で溺れ苦しんでいる人が救助されて船に乗れば、その前と後でガラリと変わるし、変わったことがハッキリ分かるでしょう。しかし、あくまでも譬えですから、実際に救助された時のような体験をするわけではありません。私達としては、ただ「助けるぞ」の仰せを聞き受けて念仏し、後生・往生という大事は私の手に負える問題ではないと自力を離れるだけです。本願力におまかせして念仏するようになっても、私は何も変わっていないし、周囲も何も変わりません。

大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わります

だとか映画の蓮如上人に言わせていますが、私達の悪業煩悩は絶えず、また罪が全て消えるわけではありませんからこうは言えません。相変わらず欲まみれであり、些細な事ですぐに腹を立てるような私達です。物事がうまくいかなかったり、悪事災難がやってきたら当然苦しみますよ。信心獲得のその時から、念仏と何の関係があるのか分からないがとにかくとてつもなく大きな幸福感に満たされてそれがずっと続くなどということはありません。幸福感は外からの作用や、内からの煩悩によって常に変化します。

他力の信心」≠「絶対に崩れない、変わらない幸福感

です。幻想的な幸福感を夢見て、そんな幸せになりたい、なれるんだと親鸞会で聞いている人は多いと思いますが、そんな幸福感を獲たのが「他力の信心」などとは思わないことです。

譬如日月覆雲霧 雲霧之下明無闇(『正信偈』)

のお言葉にしても、どんなに煩悩が逆巻こうとも煩悩が往生の妨げとはならないことを言われたのであって、私達の心が明るく愉快になることを譬えられたわけではありません。


以上、延々と述べて来ましたが、要は高森会長の教えは

阿弥陀仏の本願は、苦しみの波の絶えない人生の海を明るく楽しくわたす大船である。この船に乗ることこそが人生の目的(=絶対の幸福)だ。聞く一つで、人生を明るく楽しく生きることができる。だからワシの話だけをド真剣に聞け

という程度のもので、まかり間違っても「浄土真宗」でもなければ「仏教」でもありません。幻想的な楽をエサに組織拡大を図らんとする、ただの一新興宗教であり、「高森教」と名づけるのが相応しいと冒頭申し上げた通りです。仏語や浄土真宗の言葉はそれを真実らしく見せかけるだけの装飾品に過ぎません。会員の皆さんは、こうした一新興宗教の教義に満足せずに、正しい浄土真宗を聞き受けて念仏して頂きたいと思います。



【参照】
『WikiArc』難度海
『飛雲』木の深信が立った高森顕徹会長
『飛雲』愉快な信心の高森顕徹会長と愉快な仲間たち
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんばんわ、Abcです。

>譬如日月覆雲霧 雲霧之下明無闇(『正信偈』)

>のお言葉にしても、どんなに煩悩が逆巻こうとも煩悩が往生の妨げとはならないことを言われたのであって、

仰るとおりで、他に『正信偈』では、
「応信如来如実言」(如来の御言を如実に信じ、)
「不断煩悩得涅槃」(煩悩断たずして、涅槃を得、)
「聞信如来弘誓願」(如来の弘誓の願(称南無阿弥陀仏)を聞信し、)
「唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩」(ただ能く、「称如来号(念仏)」し、如来の大悲弘誓恩に応えよ)
「正定之因唯信心」(正定の因はただ信心である)
「証知生死即涅槃」(生死即ち涅槃なりと)
・・・ ・・・
「選択本願弘悪世」(選択本願を悪世へ弘め)
とあります。(私は一部を抜き出しただけでまだまだあります。)

ここからが、本題ですが
「念仏ないから信心ひとつ」 「真宗は聞くひとつ、信じるひとつではない」という「高森教」を修めるならば、「正信念仏偈」をその場に置いて「高森教」をどうぞ修めてください。

「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀さまにおまかせします」ですが、「高森さんにおまかせします」というのでしたら、「ワシはしらん!」と高森さんからいわれても「会長は唯一無二の」の「智識帰命」として修めてください。

「五濁の時機いたいては 道俗ともにあらそいて
 念仏信ずる人をみて 疑謗破滅さかりなり」という『和讃』がございますが、
「念仏信ずる人をみて 疑謗破滅さかりなり」を行っているのは「高森教」でありながら「真宗」や「親鸞」と名乗っている高森さんなのです。

ですから、速やかに念仏していただきたいとは思いますが、なにぶんそういう様になってないのが悩ましい限りです。願わくば、「道俗時宗共同心」とあるように「道、俗、時宗 共に同じ心となりて」となっていただきたい限りです。

なもあみだ なもあみだ

Abc

分かりやすいです。

親鸞会にどっぷりと漬かってきた者にとっては、何処がどう違っているのか良く分かりません。私の要望に分かりやすく答えて頂いてありがとうございます。
高森先生は「珍しい教えではなく、親鸞聖人の教えをそのまま話しているだけだ」と何度も言ってましたが、結局は「私は嘘をつきません」と演説している政治家と一緒だったという事ですか。
目的としている絶対の幸福という言葉が一番分からない部分でした。質問すると不可称不可説不可思議だと誤魔化されてしまいます。この間の講演会では相対の幸福に対する絶対の幸福だという話し方をしていました。
淳心房さんの話は、具体的に対比してあり非常に分かりやすかったです。まったくその通りだと思います。では何で高森先生は映画まで作ってあの様な話をするのでしょうか。多くの人が誰でも分かる様に考えて考え抜かれた事だと言います。バスも多くの人に聞いてもらう為だと言います。今は多くの新人に聞いてもらうよりも、今まで聞いて来た仏縁ある人が1人でも多く信心決定出来る様にすべきだと思いますがと反論しましたが、高森先生の御心だの一言で片付けられてしまいました。やはり、おかしいですよね。

傷つくよ

折角、親鸞聖人の教えと親鸞会との違いを自分なりに検証したいと思ったのに、suさんは、創価学会で聞けというし、凡智さんはオウムの教祖だと罵るし、どうなっているのですか。ここでは新参者は邪魔だからどこかに行けと追い出すのが常習になっているブログなのかな。「さよなら親鸞会」と同じですね。ここも傷を舐めあう心の狭い人達の集まりですか。

No title

さよなら親鸞会を荒らしまくり、別人格の金星人を演じて、また荒らすつもりですよね。
火星人の念仏誹謗を懺悔してからコメントしましょうね。

金星人さん並びに火星人さん

金星人さんそれと火星人さんへも。私もそうでしたけど、「親鸞会の組織はむちゃくちゃな事を、言うけど高森会長は、やっぱり尊敬できる凄い人」会長信心が永らくありまして、カキコミ等見ると嫌〜な気持ちになりました。今はお陰さまでスッカリなくなりました。金星人さんは、火星人さんには前に言いましたように先ずは、浄土真宗の東西高田問わず聞かれたら良いと思います。親鸞会は本願寺等を攻撃してますけど、お寺では悲しいかな親鸞会の話はついぞ出て来ませんので、心脅かされることなく聞けますよ。そしてちょっと会長信心が薄まれば、この場にて過剰に反応することなく質問できると思います。親鸞会はやっぱりどうみても成仏を願わず、現世利益のみ求めている絶対の幸福とやらを目的にしているのでは、「高森教」なんですよね。真宗と名乗らず「高森教です。」といえば別に非難されないけど、真宗は安心、異安心を問題にしますから親鸞聖人が言われているのか根拠だせ!と言われて出せないのでは異安心とか他宗教ですね。と言われても仕方ないですね。しかも念仏を、茶化したり馬鹿にする発言は本当悲しい事ですよ。金星人さんはしないと思いますけど友達の火星人さんにはよくよく伝えてください。

Re:金星人さん

こんばんわ、Abcです。

>では、何で高森先生は映画まで作ってあの様な話をするのでしょうか。
多くの人が誰でも分かる様に考えて考え抜かれた事だと言います。
バスも多くの人に聞いてもらう為だと言います。
「今は多くの新人に聞いてもらうよりも、今まで聞いて来た仏縁ある人が1人でも多く信心決定出来る様にすべきだと思いますが」と反論しましたが、「高森先生の御心だ」の一言で片付けられてしまいました。やはり、おかしいですよね。

私は私であり、高森さんではないのでわかりかねますが、
「高森教」は新体制となり、講師部員の多くは既存会員(親鸞学徒)に説くことは今後、少なくなってゆくことでしょう。また、「シネマ学院」を建立したことによる「ビデオバス」との兼ね合いも難しくなっていき、これも現会員を苦しめるものとなるでしょう。「信心の沙汰をするには各地に会館を建立し云々」と力説してはおりましたが、その「会館」も管理が行き届かず、会員に重くのしかかるのみとなっています。これらが「高森先生の深いミココロだ」ともうしあげるのでしたら、やはり「会員を無一文にしたいだけなのでは。」と考えてしまいます。

ですから、私は「真宗門徒」として「高森教」を離れました。

Abc

Re: 金星人様

絶対の幸福について親鸞会ではどのように教えていたかは、今まで聞かれた通りです。

・絶対に変わらない崩れない幸福
・大安心大満足
・「よくぞ人間に生まれたものぞ」の生命の大歓喜

などです。しかしこう言うと、親鸞聖人の教えにそのようなものはありませんので当然批判を受けます。それで、最近は何だかよく分からないような説明になっているのだと思います。まぁそんな幻想的な楽を教えたのが親鸞聖人ではありませんから、そのような幸福は知らなくていいです。


>では、何で高森先生は映画まで作ってあの様な話をするのでしょうか。・・・

からはAbcさんの意見に賛成ですね。要は高森教の布教のためと、そういう名目で財施を募るためです。今まで著書やハコモノ建設の度に募財があったこと、今でもあることを金星人さんはよくご存じでしょう。

金を集めるためにハコモノを造るといって財施を募る、思ったより集まらず資金難だからまたハコモノを造るといって財施を募る、富山より地元の方がより金が集まるだろうということで各地に会館を建てるからと募財、1台4000万円のアニメバスを何十台と所有するためにまた募財、会員になる条件を緩和して入学金5万円を徴収しやすくする、アニメ映画を造るといってまた財施を募る・・・こんなことばかりやっているのが最近の親鸞会です。各地の会館の維持管理は会員が持つ羽目になり、北海道の会館などは建てたものの早速閉館しています。

http://sayonara1929.txt-nifty.com/blog/2017/02/post-0422.html
『さよなら親鸞会』放置される親鸞会の会館

もうご覧になっているでしょうが、これでは何の為に建てたのか分かりません。


>今は多くの新人に聞いてもらうよりも、今まで聞いて来た仏縁ある人が1人でも多く信心決定出来る様にすべきだと思いますがと反論しましたが、高森先生の御心だの一言で片付けられてしまいました。やはり、おかしいですよね。

もはや「一宗の繁昌と申すは、人の多くあつまり、威の大なる事にてはなく候う。一人なりとも、人の、信を取るが、一宗の繁昌に候う。」(御一代記聞書122)に反したことをやっていると金星人さんは肌で感じ取れていることでしょう。根本の教義が狂っているから、枝節まで狂ってきてしまうのです。

このコメントをご覧になられている方がたへ

こんばんわ、Abcです。

こちらの寒さは和らぎましたが、皆様のところはいかがでしょうか。
親鸞が枕石寺で、詠まれた、

「寒くとも 袂に入れよ 西の風
 弥陀の国より 吹くとおもへば 」という短歌がありますが、
実際に行うと、風邪を引いてしまうので、マフラーを常備してます。(笑)

さて、親鸞は私にとって「友であり、同行」であります。
ですが、親鸞は「私を崇拝するのではない、弥陀に任せるのだ」と申します。

それを聞いていた、高田の真佛房 横曽根の性信房などは「善信房あっての私たちであります。それでいてなにゆえ「私を崇拝するでない」と仰るのでしょうか。」といわれました。その受け答えが「笠間の念仏者のうかがういとはれたること」のお手紙です。(笠間は、下野国笠間(現 栃木県笠間市)のことで、稲田御坊(別格本山 西念寺)があるところです。)

話は少しズレますが、会長の「タメゴロー発言」について、すこし言及したいとおもいます。

高森さんは、「阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない」と言われました。

親鸞は「弥陀の本願信ずべし 本願信ずるひとはみな 摂取不捨の利益にて 無上覚をばさとるなり」と言われています。

もう少し切り詰めると、「高森さんは「弥陀を信じなさいとは教えられていない」といわれ、親鸞は「弥陀の本願信ずべし(弥陀の本願を信じなさい)<真宗での「信じる」「つのりとする」「たのむ」などは通仏教内での「信じる」とは少し意味合いが違うので注意が必要>」と言われている」なのです。

これでも、これを読んでいるあなたは「高森さんという一智識」を信じるのですか?

Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード