FC2ブログ

『「其の名号を聞く」とは、本願を聞く一つ。信ずる一つではない』と、親鸞聖人の仰せも、過去の自身の製作物も完全否定する高森顕徹会長

昨日は富山で「高森教」の映画『なぜ生きる』の解説がありました。内容は、

「大船」とは何ですか? 「大悲の願船」とは何ですか? 「絶対の幸福」とはどんな幸福ですか?

といった映画を観られた方(会員)からの疑問に答えるというものだったそうです。それでこの度、またも

其の名号を聞くとは、本願を聞く一つ。信ずる一つではない。

というトンデモ発言が飛び出しました。


順を追って高森顕徹会長の話を辿っていきますと、まずは

大船」=「大悲の願船」=「阿弥陀仏の本願」=「どんな人をも 必ず助ける 絶対の幸福に

と従来の説を繰り返しました。「絶対の幸福」とはどんな幸福かということについては

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇(「行文類」正信偈)

とこれまたいつもの根拠を出して

天一面、雲霧に覆われても太陽が出れば、その雲霧の下は明るく闇はないのと同じ

であると話したとのことなんですが・・・


会員の皆さんはこんな説明で、「絶対の幸福」とはどんな幸福か分かったんですかね?

雲霧に覆われているとは「煩悩具足の凡夫」のこと

で、闇が晴れて、「大船に乗って初めて、煩悩具足の凡夫であったと分かる」と宣っていますが、自分が煩悩具足ということが分かったから何なのでしょうか?

煩悩具足の凡夫であったと分かる」=「絶対の幸福

なんでしょうか? どんな幸福なのかということがサッパリ分からないのは私だけではないと思います。

不退転」=「正定聚の位」=「絶対の幸福

とするのも

『飛雲』親鸞聖人の教えを知らないのだから七高僧方の教えなど何一つ知らない高森顕徹会長

にて破られているので、こうした曖昧な説明しかできないのでしょう。極度に批判を恐れていると伺えます。


それで、訳の分からない「絶対の幸福」とやらにどうしたらなれるかというところで、先に紹介したトンデモ発言につながります。高森会長は、成就文の「聞其名号」を出して

其の名号を聞くとは、本願を聞く一つ。信ずる一つではない。

と説明しました。

阿弥陀仏の本願を信じなさいとはどこにも教えられていないし、そんなことを口が腐っても言ってはならない

に続く、あっと驚くタメゴロー発言です。「」と「」の関係も分からないのかと言いたくなります。

それにしても、アニメ『世界の光 親鸞聖人』で、法然聖人に

いかなる智者も、愚者も、弥陀の本願を信ずる一念で救われるのです

などと言わせたり、親鸞聖人に

すべての人が、どうにもならぬ極悪人だからこそ、阿弥陀如来は我を信じよ、必ず、救い摂ると誓っておられるのです

などと言わせていたのはどこのどいつでしょうか。また、『こんなことが知りたい②』p.154にて

阿弥陀仏の御誓いは「聞其名号、信心歓喜」とありますように、聞いて信ずる者を助けるという御約束

と書いていたのは何だったのかという話です。


五逆と正法を誹謗している私のための本願であると分かるところまで聞け。

と最後の方では話していたようですが、相変わらず「仏願の生起」に邪義を織り交ぜた話ばかりで、全くと言っていいほど「仏願の本末」が説かれません。それでいて、「横の線の道を進む教え」に結び付け、役に立たない「雑行もどきの組織拡大活動」を会員にやらせようとしています。

こんな話をいくらまともに聞いていても「聞其名号 信心歓喜」とはなりませんから、会員の皆さんは皆さんを「信心獲得」させるつもりのない偽の善知識から離れて、「其名号」である「南無阿弥陀仏の六字のこころ」を説かれる方から聞いて下さい。直接説法を聞かれるのが一番ですが、難しい場合は、本、ブログ、音声、動画等を通してでも構いません。「本願寺は間違い」という大本営発表を真に受けていてはダメです。

南無阿弥陀仏(必ず極楽浄土へ迎えるから、安心してこの阿弥陀にまかせなさい)」という本願招喚の勅命を聞くのがすなわち信です。私の計らいを入れず、聞いたことを我が胸に持ち替えたりせず、聞こえたそのままが信心です。聞くことがそのまま信心であり、聞のほかに信はありません。どうかこうした本願の仰せを疑い無く聞き受けて念仏して頂きたいと思います。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。



【参照】
『WikiArc』聞即信
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さて、高森さん。どっちなんでしょう。

こんばんわ、Abcです。

>其の名号を聞くとは、本願を聞く一つ。信ずる一つではない。

ほう、これはなかなか......

確かに「名号」は「本願」であり、「聞くひとつ」かも知れませんが。
それでいて、「称名正因の異安心だ!」と言うのでしょう?

「聞く一つ」とは「南無阿弥陀仏をふたごころなく聞く」を申しているものと思われますが、「ふたごころなく」つまり「自余の計らいを交えることなく」ですので

・六度万行の実践
・善智識とされる高森会長への無条件降伏

という「計らい」を入れている時点で、親鸞のいう「自然」ではありません。

南無阿弥陀仏は、 南無(~にお任せする) と 阿弥陀仏(あみだぶつ)の2節で構成されており、「阿弥陀仏にお任せする」を言う意味です。
また『願生偈』などにある「帰命尽十方無碍光如来」も
帰命(南無に同じ) と 尽十方(様々な方角に~を照らしつくす) と 無碍光如来(阿弥陀仏の別号)でありますのでこちらも「阿弥陀仏にお任せする」を言う意味です。

そして、「おまかせします」とお任せしたことを「信心(つのりとすること)」というのですが、「信ずる一つではない。」と申すのでしたら以下に記す

・親鸞学徒は信心獲得することを本と致します。
・われら親鸞学徒は、人生の窮極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得できることを信じます

と「信じる」という単語を使っていることについては果たしてどのように考えているのでしょうか。

ただ、親鸞は「阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、絶対の幸福を獲る」とは教えていませんのでここに記しておきます。

なもあみだ なもあみだ

Abc

絶対の幸福

・われら親鸞学徒は、人生の窮極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得できることを信じます。
       これは仏教を信じますという事でいいでしょう。
・阿弥陀仏の本願を聞信すれば絶対の幸福を獲ると教えられた親鸞聖人の教えを信じます。

これは突っ込みどころかと思い確認してみたら、本願は「聞信する」になっており、親鸞聖人の教えを信じますでもいいとして、「聞信する」という事に特別な意味があるのかと思われます。
問題なのはむしろ、親鸞聖人の教えは絶対の幸福になる事なのですか?
絶対の幸福とはどういう幸福なのですか?高森会長は絶対の幸福になったのですか?お聖教には絶対の幸福についてどの様に説かれているのですか?
絶対の幸福という目的を明らかにして頂かないと求めようがありません。
絶対の幸福については、不可称不可説だと抽象的な話しか聞かれません。
大悲の願船と絶対の幸福の話でも、助からないと分からない境地では何も分かりません。親鸞聖人は絶対の幸福についてどう教えられているのでしょうか?
余りにも抽象的すぎます。
聴き始めの人は、相対の幸福の極みだと思います。金も儲かり頭も良くなり健康で長生き出来て皆から愛される究極の幸せだと聞けば一生懸命に求めますわな。相対の幸福と断絶した幸せだという事は聞き求めていくと理解はできます。
結局は得体の知れない未知の幸福を永遠に追い求める事になりますね。
絶対の幸福など求まらない幸福だと諦めた時に初めてなれる境地だと思います。

No title

絶対の幸福になりたいなら、あるいは絶対の幸福について知りたいなら、創価学会に行きましょう。

いつもお世話になってます

淳心房さま。
よく読ませていただいております。分かりやすく書いてあり、ありがとうございます。
金星人さん。
よく知ってる方だと思いますけど
「絶対の幸福など求まらない幸福だと諦めた時に初めてなれる境地だと思います」というのが信心決定ではないですよ。極楽往生の為に、疑いなく往生するぞと思いとりて、念仏することです。淳心房さんも往生と信心と念仏がしっかり書いてありますね。飛雲さんのところもそうでしたね。先日まで書き込みされた某さんのところもそうでしたね。よく読まれて会長のマイコンから抜け出て、念仏申す身になられて下さい。

友達の友達

私のお友達の火星人は完全に親鸞会の教義に洗脳されておりました。
教行信証の行巻に何が書かれているのか。親鸞会以外の先生は親鸞聖人の教えをどの様に説法されているのか。チュウビさんに色々と指摘されていました。池田勇諦先生の説法は分かりやすく涙が出たと申してました。
創価学会が言っている絶対的な幸福は、利害打算を抜きにして自利利他の気持ちで親切などの善を行うと生命力が沸くんや!という様なものだと聞きました。裏切られると一気に不幸になりますよね。親鸞会の善と一緒ですね。
一言でいいますと、親鸞会の目的としている絶対の幸福はどれだけ真剣に求めても絶対に求める事が出来ない幸福です。絶対に求める事が出来ないものを目的にして求めさせるのが親鸞会の行学です。その先にあるものは・・・
友達の火星人は教学力のなさを嘆いてました。

No title

お友達も同じ言葉遣いをされるのですね。気が付いていないでしょうが。
地球の人類は遣わない言葉遣いですから、類は友を呼ぶということなのでしょう(笑)

Re:金星人さん

こんばんわ、Abcです。
先日は大変失礼しました、「三福九品」に関しましてはあまり存じていなかったもので......

>・阿弥陀仏の本願を聞信すれば絶対の幸福を獲ると教えられた親鸞聖人の教えを信じます。
>
>これは突っ込みどころかと思い確認してみたら、本願は「聞信する」になっており、親鸞聖人の教えを信じますでもいいとして、「聞信する」という事に特別な意味があるのかと思われます。
>問題なのはむしろ、親鸞聖人の教えは絶対の幸福になる事なのですか?
絶対の幸福とはどういう幸福なのですか?高森会長は絶対の幸福になったのですか?お聖教には絶対の幸福についてどの様に説かれているのですか?

御聖教」には、

正念といふは、本弘誓願の信楽定まるをいふなり。この信心うるゆゑに、かならず無上涅槃にいたるなり。この信心一心といふ、この一心を金剛心といふ、この金剛心を大菩提心といふなり。これすなはち他力のなかの他力なり。(末灯鈔(1))
・はじめて仏のちかひをききはじむるひとびとの、[中略]わがこころの善悪をば沙汰せず、迎へたまふぞとは申し候へ。(末灯鈔(20))
往生はともかくも凡夫のはからひにてすべきことにても候はず。めでたき智者もはからふべきことにも候はず。大小の聖人だにも、ともかくもはからはで、ただ願力にまかせてこそおはしますことにて候へ。(末灯鈔(19)前半)
・「行者のおのおのの自力の信にては、懈慢・辺地の往生、胎生・疑城の浄土までぞ往生せらるることにてあるべき」とぞ、うけたまはりたりし。第十八の本願成就のゆゑに阿弥陀如来とならせたまひて、不可思議の利益きはまりましまさぬ御かたちを、天親菩薩尽十方無碍光如来とあらはしたまへり。このゆゑに、よきあしき人をきらはず、煩悩のこころをえらばず、へだてずして、往生はかならずするなりとしるべしとなり。[中略]仏恩のふかきことは、懈慢・辺地に往生し、疑城・胎宮に往生するだにも、弥陀の御ちかひのなかに、第十九・第二十の願の御あはれみにてこそ、不可思議のたのしみにあふことにて候へ仏恩のふかきこと、そのきはもなし。いかにいはんや、真実の報土へ往生して大涅槃のさとりをひらかんこと、仏恩よくよく御案ども候ふべし。これさらに性信坊・親鸞がはからひまうすにはあらず候ふ。(末灯鈔(2)真蹟)

青 他力 : 赤 自力 : 緑 智識、著書

でありますのでやはり、「阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、絶対の幸福を獲る」とはありません。「阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、正定聚に居す」とはありますが

Abc

Re: 金星人様

「聞信」とは、「聞いて疑い無く信受する」というほどの意味だと思われたらよいでしょう。どの宗教でも信心は必ずあるものですが、真宗の信心は本願の仰せを疑い無く聞く以外にないというのが他の宗教や他流と違うところです。「聞」は「信」であるということで、

「本願を聞く」=「本願を信ずる」

です。高森会長は今回これを否定したのですからトンデモ発言だと申し上げました。


さて、お尋ねの件について述べていきますと、まず親鸞聖人の教えは「浄土真宗」です。「浄土真宗」には二種の回向があって、その内往相の回向について真実の教行信証があります。回向とは阿弥陀仏より恵み与えられるということです。往相の回向とは「往生浄土の相状」ということで、衆生が浄土に生まれゆくすがたということです。

仏教は教行証があるとは聞いていると思いますが、目的は証、さとりです。浄土真宗も漏れずに証が目的です。真実の証は

つつしんで真実の証を顕さば、すなはちこれ利他円満の妙位、無上涅槃の極果なり。すなはちこれ必至滅度の願(第十一願)より出でたり。(証文類)

とあるように仏のさとりです。ですから、親鸞聖人の教えは「往生成仏する事」だと言えます。その真実の証果を得るには真実の行信を獲なければなりませんから、真実の行を「行文類」に、真実の信を「信文類」に顕されたのです。行はなんまんだぶつを称える念仏ですが、これは私の行ではなく如来回向の行ですから能く無明の闇を破し、能く衆生の一切の志願を満てたまふとあります。この如来回向の行には漏れなく如来回向の信が具わっています。行の無い信も無ければ、信の無い行も本来はありません。

しかし実際には何の分別も無くただ念仏を称えれば助かるように思っている人がいますので、親鸞聖人は行から信を別に開かれて「信文類」を顕されました。ただ、信心といっても本願の三心である至心・信楽・欲生は、欲生の体が信楽、信楽の体が至心、至心の体が南無阿弥陀仏の名号という関係ですから、南無阿弥陀仏の他に信心はありません。南無阿弥陀仏の名号が回向されて私の心に届いたのが信心、口に称えたら念仏で、信も行も一つとして阿弥陀仏がお与えにならないものは無いのであります。

この真実の行信は、真実の証を得るたねとして行者に具わるのですが、親鸞聖人は真実の行信を獲た念仏の行者を正定聚だと仰いました。現生では正定聚の位に入り、臨終一念の夕には大般涅槃を超証するというのです。このことから、親鸞聖人の教えは「正定聚の位に入る事」とも言えます。

ただし「正定聚の位に入る事」=「絶対の幸福」とすると、七高僧方は死んでから正定聚の位に入るとしか仰っていませんので、死後に絶対の幸福になると教えられたのが七高僧方ということになります。親鸞聖人は現生十種の益を説かれていますが、現生十種の益を獲たことと、現生十種の益を獲たことが実感として知らされることとは別物なのです。親鸞会では「正定聚不退転の明らかな大自覚」がどうたらと言いますが、そんなものがあれば七高僧方のどなたも仰っていないのは考えられません。

じゃあ「絶対の幸福」って何だという話になりますが、そもそも「絶対の幸福」などという言葉は親鸞聖人の上には無く、高森会長が創価学会の「絶対的幸福」をパクって言っているだけの言葉に過ぎません。結局は、幻想的な現世利益をちらつかせて組織拡大活動に駆り立てるだけのワードです。なので、きれいさっぱり忘れた方がよいと申し上げました。

親鸞聖人の教えは「往生成仏する事」ですので、それには南無阿弥陀仏、すなわち「必ず助けるから安心してまかせなさい」を計らい無く聞き受けて念仏する他ありません。チュウビさんもお示しの通りです。「助けるぞ」を聞くのがすなわち信です。南無阿弥陀仏の六字の他に信心も安心もありません。親鸞会の教えとは全く異なるので、今まで聞いてきたことが邪魔をしてしまうかも知れませんが、できたら親鸞会でのことは忘れて、一から聞くつもりで聞いて頂ければと思います。まぁ一からも何も、信心の要はこれしか無いのですが・・・。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。


他の皆様もコメントありがとうございます。

何を考えている会なんだ!

ご丁寧にお聖教の文で説明して頂きありがとうございました。
信心を獲て、必ず涅槃を得る身に只今救われるというのが真宗の教えであり、絶対の幸福になったとかならないという事は親鸞聖人といえども計らうべき事ではないと書いてあるのですね。絶対の幸福になる事を目的にした教えではないという事ですね。親鸞会は、絶対の幸福だ絶対の幸福だと連呼しますが、その絶対の幸福が何なのかさっぱり分かりません。当然の事ですね。
聞信については何か深い意味がある様に感じますが、分かりません。
名号とは南無阿弥陀仏の事だと親鸞聖人は断言してました。
名号と念仏と信心は一体だという事でしょう。凡智で切り離すといけませんね。
親鸞会は創価学会を物真似した団体ならば絶対に係わりませんが、仏教と親鸞聖人の教えを元にしています。欲煩悩・無常と罪悪について説法しながら話している人が全く自覚なしなという事ですか。それでは余りにも愚か過ぎます。
お金は死での旅路に何の役にも立たぬと言いながらかき集める火事場泥棒になりますが、まだそうとは思えない点が多々あります。

金星人さんへ

高森は自分が今まで言ってた事さえ、飛雲さんや真偽検証さんのおかげと思いますが、翻して今や整合性が全く取れないお笑い状態なのです。その中から無理矢理ここは正しいのでは?と拾い上げず棄て去って下さい。元々目的地が間違いなのですから。ということは高森の言うとおりだった。同じ体験をした!というお友達の火星人さんは大変気の毒ですが、高森教の信心だっただけで、真宗とは別ものということになります。
金星人さんは、決してそうならず、今すぐの教えを聞いて、ここで救われてください。淳心房さんの「まぁ一からも何も、信心の要はこれしか無いのですが・・・。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。」これにつきます。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。

Re: 金星人様

> 信心を獲て、必ず涅槃を得る身に只今救われるというのが真宗の教えであり

ですです。


>絶対の幸福になったとかならないという事は親鸞聖人といえども計らうべき事ではないと書いてあるのですね。

「往生ほどの一大事」を計らうな、一筋に弥陀にまかせよということです。

往生ほどの一大事、凡夫のはからうべきことにあらず、ひとすじに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして、仏智の不思議をはからうべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。(執持鈔)


>絶対の幸福になる事を目的にした教えではない

あくまで往生成仏が目的です。「絶対の幸福」がどうとか親鸞聖人は仰っていないことをご承知おき下さい。


>聞信については何か深い意味がある様に感じますが、分かりません。

念仏を称える者を極楽へ迎えようという本願をそのまま受け容れて念仏する以外はありません。阿弥陀仏の仰せに順いましょう。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ。




> 親鸞会は創価学会を物真似した団体ならば絶対に係わりませんが、仏教と親鸞聖人の教えを元にしています。

華光会の教え、大沼法竜師や伊藤康善師の著書を元に、創価学会の組織拡大法を物真似した団体です。高森会長が経典はおろかお聖教、『教行証文類』もまともに読んでいないことは、教義の検証を続けていくと分かってきます。仏教、浄土真宗の言葉を使っているだけの「高森教」と心得て下さい。


>欲煩悩・無常と罪悪について説法しながら話している人が全く自覚なしなという事ですか。それでは余りにも愚か過ぎます。お金は死での旅路に何の役にも立たぬと言いながらかき集める火事場泥棒になりますが、まだそうとは思えない点が多々あります。

よくできたシステムで、私もまんまと騙されました。普通はそんなことを言う先生だからお金や物にあまり執着しないだろうと考えますよね。それが違ったのです。一人の煩悩具足の凡夫であったのです。金星人さんはどういう点で「まだそうとは思えない」のでしょうか。よかったら具体的に教えて下さい。

淳心房様へ

確かにあの会の中にどっぷりと漬かっていれば、高森先生至上主義であり違った事を言われていてもオウムのように騙されます。私や火星人は最初からあの会はカルトだと疑って恐る恐る聴聞してました。やりたくない事は致しませんでした。しかし、何か引っかかる別の心にいつも悩まされてきました。親鸞会でいう所の二心です。頭では理解できていても何も分かっていない心、地獄と聞いても驚かない心なのに、無間地獄に堕ちると言われると不安になる心、聞きたくないのに聞かずにおれない心、欲望に任せて悪をやると落ち着かない心、光に向かえば悪い事にはならないと自惚れる心、等々そのままほっておけば無間地獄だと不安になる心がいつもどこかにありました。その癖助かりたいと力む心は更々ありませんでした。不思議不思議と聞かずにおれない話が何処かにあり、何故かいつもの聴聞に足を運んでいました。決起大会だとマイク片手に力んでいた人は皆辞めました。金星人は親鸞会はカルトだと思いながらのんべんだらりと続けています。友達の火星人は、聞即信の一念の体験で疑情の心が晴れたとか言って10年位前から聴聞会場に来ていません。本願は誠だったと言って一人で喜んでいます。やはり、阿弥陀仏の不思議な念力が働いている不思議な会だと思います。高森先生は煩悩具足の凡夫であり、船長の帽子を被った猿だと言われればそれまでです。高森先生に絶対服従せよなどと言ってる時点でカルトです。猿地蔵が傾いただけで千両箱をかき集めてくる会員もどうかしています。
支離滅裂とした話で分かりにくいかと思いますが、そうとも言えない心境を具体的に述べました。意味不明で申し訳ありません。

No title

下手ですねー。会長と講師を見習って、上手い話を作りましょう。

>阿弥陀仏の不思議な念力が働いている不思議な会だと思います。

創価学会で絶対的幸福になったと喜んでる人がいますから、創価学会も
阿弥陀仏の不思議な念力が働いている不思議な会なんでしょうね。

コレコレそこの地球人

創価学会には阿弥陀仏の本願力は働かないぜや。
奴らは妙な法蓮華の草力だぜえ。
それに絶対的幸福は自分で作り出す幸福だんべ。
草力から与えられる幸せとは違うんやで。
コレコレ阿弥陀様の本願力を奴らと一緒に扱うのは止めなはれ。

訂正

ちょっと待てや。
奴らにも平等に本願力は届いているんやった。
奴らは悪知識に騙されて草食わされて、受け取る事が出来ないだけだった。
訂正します。
親鸞会にも平等に本願は届いています。
正しく説く先生がいないだけでした。
本願を受け取るか受け取らないかは個人の仏縁でした。謝るわ。

No title

火星人の名言、
<念仏でも唱えて待ってろよ、すぐに死神が迎えに行くからな>

創価学会の念仏誹謗、
<念仏でも唱えて待ってろよ、すぐに死神が迎えに行くからな>

同じだね。火星人に阿弥陀仏の念力がかかっているなら、創価学会員にも阿弥陀仏の念力がかかっていますね

Re:USAさん

こんばんわ、お初にお目にかかります。Abcです。

>創価学会には阿弥陀仏の本願力は働かないぜや。
>奴らは妙な法蓮華の草力だぜえ。
>それに絶対的幸福は自分で作り出す幸福だんべ。
>草力から与えられる幸せとは違うんやで。
>コレコレ阿弥陀様の本願力を奴らと一緒に扱うのは止めなはれ。

>奴らにも平等に本願力は届いているんやった。
>奴らは悪知識に騙されて草食わされて、受け取る事が出来ないだけだった。

そもそも、「日蓮宗」では「南無妙法蓮華経」という名号がありますが、
これも「南無」 と 「妙法蓮華経(法華経の別名)」で成り立っていますので、
「南無というは帰命なり」と言うことは判断できるかと存じます。

しかし、「伝える人」がおらず、ただ「南無妙法蓮華経」の名号だけあったならば
「その名号」もまた「文字の羅列」と成り果ててしまいます。
ここまでの事を総じますと、「南無妙法蓮華経」も「南無阿弥陀仏」も「ただの文字なのでは?」となりますが、ここからが話の本題です。

まず「妙法蓮華経」は「殊勝な行いの数々」を記した経典です。そのため「修行」を重んじる方たちは「法華経」から「修行の行いかた」を学びます。当然、この「修行」は浄土教では「自力」です。

次に「南無阿弥陀仏」というのは蓮如が「仏の方より往生は治定せしめ給う也」と申されているように、「本願力回向」なのです。この「本願力」の中には「自力は交わらない」ために、「(自力)不回向」とも「自然法爾(自然 じねん とは「おのずからしからしむ」ということです<自然法爾の事 参照>)」とも「願作回向(願に依って回向を作(な)す)」ともいわれます。

末筆に『和讃』を紹介して、これまでとします。

十方微塵世界の 念仏の衆生をみそなはし

摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる

(この世のあらゆる念仏の衆生をご覧になられて

摂め取ってすてない(摂取不捨(の利益))ことを 
「阿弥陀」と名づけ申し上げるのである。)

念仏成仏これ真宗 万行諸善これ仮門
権実真仮をわかずして 自然の浄土をえぞしらぬ

(他力念仏成仏は真宗であり 自力万行諸善は真宗以外の門である
真実と権仮を分からなかったならば 自然の浄土は到底知ることができない)

なもあみだ なもあみだ

Abc

Re: 金星人様

高森会長の話は100%何から何まで噓ということはありません。いわゆる機の部分についてはそれらしい話も多々見受けられます。無常、罪悪、煩悩、生老病死の問題、顛倒の妄念など、これらはまぁまぁ細かい点は目をつぶって正しいとしてよいでしょう。コメントを受けて、金星人さんが聞き続けているのはおおよそこうした機の部分が共感できることと、救いがあるんだと説かれることに惹かれてではないかという二点によるものと思いますが、違っていましたらまたコメント下さい。

それにしても「カルトだと疑って恐る恐る聴聞」されていたのに未だ続けているとは、金星人さんはよほど親鸞会と縁があるんでしょうね。かく言う私もこうして親鸞会の教義について批判しているので、違った意味で親鸞会と縁がありますが・・・。曇鸞大師も仙人の教えに迷って後に浄土教に帰依されたとのことですから、今私がこうしてなんまんだぶする身になれたのには親鸞会との関りが必要だったのかも知れません。すべて本願力に導かれてです。

ただし、親鸞会教義の誤りと正しい浄土真宗の教えを教えて下さる方がいなければまたなんまんだぶする身となれなかったのも事実です。でなければまだ親鸞会で『絶対の幸福』に憧れて聞き続けていたかも知れませんし、苦しみのあまり自殺していたかも知れません。法の部分は間違いだらけなので、親鸞会の教えをまともに聞いて信心決定できる方がおかしいです。


しかし不思議なのが火星人さんですね。高森会長によると信心決定した人はより教えを聞きたくなるそうですが、聴聞会場に来ていないとはどうしたことでしょうか? 『教学聖典(7)』に土蔵秘事の異安心の特色として

・頂いた後は、聞く気がなくなる。

と書かれていますが、高森会長が正しく、高森会長が説く通りの体験をしたならば火星人さんはちょっとおかしくありませんか? 願力回向の信楽は願作仏心であり、願作仏心は度衆生心ですから、聞即信の一念の体験をしたなら燃えるような気概をもって、親鸞会でご恩報謝の活動に邁進するんじゃないかと会員なら考えると思うんですが、金星人さんはそうは考えませんか? 一人で喜んでいるなんてそれは嘘ですよ。それじゃ「わればかりとおもひ、独覚心なること」です。親鸞会教義からしてもおかしくありませんか? これについてもよろしければ感想お待ちしています。

無明の闇

確かに親鸞会との縁は深いです。
絶対の幸福は最初から餌であり身包み剥がされて食われると恐れていました。
問題なのが、「無明の闇」という言葉でした。
親鸞会に会う一年前に得体の知れない真っ暗闇の心に悩み、人生の目的について苦悩する時期がありました。禅寺で毎朝座禅を組んで、坊様から仏教の話を聞いてどうしたらいいのか悩み苦しみました。そして出た答えが、「人生に目的はない。神も仏もない。ずる賢く悪い事をして弱い人を騙してあくどく生きた者が勝ちだ」と諦めて悪事をやらかした時に、高森先生によく似た人から親切を受けて「分からない」と放心状態になっていた時に三体の光る仏体を観ました。
それから一年後に人生の目的という言葉に騙されて初めて高森先生のご法話に参詣しました。その時の話が「三品の懺悔」の話であり、あの時の仏体はお釈迦様であり、「阿弥陀仏の本願」を聞けよ聞けよの勅命だと悟り、心は聞きたくなくても続けて聞かずにはおれませんでした。仏体といっても三つの光です。
友達の火星人については、何を考えているのか分かりません。ピタリと親鸞会を辞めて一人で山奥に籠ってしまいました。時々ネットで爆弾発言をして退会者を惑わしています。親鸞会からは体験談を語ってはならぬと封印され、退会者からは異安心だと罵られています。「本願はそのままだぞ、そのままだぞ」が口癖だったと思います。昔から不思議な人であり、親鸞会では影の薄い人でした。

No title

自慢できるのは体験談のみ

金星人さんへ

金星人さんへ。お友達の火星人さんは、法友であるはずのTENさんと三ヶ月あまり信心の沙汰をしましたね。残念ながら「親鸞会の講師に聞いて、お前らは悪知識だとわかった!」と私やTENさんに悪態つかれました、「講師部が代わりに話しをするなら代わってください」と言いましたがその後はありませんでしたね。ですが、私個人は火星人さんが真実信心受け取られますように、と今でも思っています。お伝えください。  そして金星人さん、今お念仏されてますか?火星人さんは、ついにお念仏がわからなかったようです。金星人さんも火星人さんと同じく不思議な体験をされたのを、信心いただいたと思われているようですが、体験をするのは、夫々結構だと思いますが、それに固執して証とするのは真宗の信心ではありません。南無阿弥陀仏と声に出して、疑いなく往生するぞと思いとりて念仏申すこと以外にはありません。私が口に出してお念仏して耳から聞き受けるのが如来の願いであり、今現在ご活躍されている如来の御声です。お念仏を称える日々です。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。

Re: 金星人様

「絶対の幸福は最初から餌であり身包み剥がされて食われると恐れてい」たのに未だ親鸞会で聞き続けているとは随分と奇特な方ですね。まぁ私の友達にも、絶対の幸福はどうでもいいが死ぬのがおっかないと言って一時期聞いていた人がありましたが・・・

仰る通りで、組織拡大活動の起爆剤みたいなものですから、そんなものを親鸞聖人の教えと同一視なさらないで下さい。

ところで、「無明の闇」=「自力疑心」≠「後生暗い心」です。悩んだという「得体の知れない真っ暗闇の心」が「無明の闇」と同じとは限りません。体験談を否定はしませんが、高森会長の説く「阿弥陀仏の本願」とは「すべての人を 必ず助ける 絶対の幸福に」というものですから、いくら信じて聞いていても真宗の信心を獲て念仏し、往生する身とはなりませんのでご注意下さい。

火星人さんですが、高森会長の話を聞いて聞即信の一念の体験をしたと言っているのに、御恩報謝の活動もせずに辞めてしまうのは親鸞会からしたら異安心ですね。私からしても、信心決定は過去の体験ではなく只今本願に疑い無いことを言いますので、怪しい信心の持ち主と言わざるを得ません。

奴について

あまり火星人の話をして見つかると良くない事になるので控えます。
奴は執念深く、次々と親鸞会とは思えぬ発想と創造力で退会者のブログを破壊します。飛雲氏も完全無視を決めました。地球人も承知しています。
聞即信の一念の体験が肝要だ。聞く耳の無い奴だから聞く耳も阿弥陀仏からの賜りものだ。信心を獲たら口で念仏を称えてなくても常念仏の人だ。信心なく口先だけで念仏しててもダメだ。信心も弥陀からの賜りものだ。自分でいくら信じても自力だよ。この世で一念でハッキリ救われる。煩悩は死ぬまで無くならずそのままの救いだ。などと高森教に輪をかけた様な事を主張する割に、教学の根拠が出せません。
高森先生を善知識だと認めている割に、会に変な疑いも持っている様です。三願転入についても独自の解釈をして納得しているらしく刃がたちません。
宿善を求めて自力一杯に求道せよと言っている時点で異教徒ですよね。
親鸞会と退会者の狭間で欲求不満になっている妙好人だと思います。
退会者を見下している所もあり、親鸞会はカルトだと警鐘もしています。
彼は、ただ弥陀の本願だけが真実だと言いたいのでしょうか。
無視できぬ存在ですが、恐ろしい存在でもあります。

No title

>親鸞会と退会者の狭間で欲求不満になっている妙好人だと思います。

かつて

「20願を捨てた時が雑行を捨てた時。」

とコメントし火星人が20願を通っていないことが発覚し、念仏について

「念仏でも唱えて待ってろよ。すぐに死神が迎えに行くからな。」

と創価学会信者と同じ念仏誹謗していたのに”妙好人”って、異星人の発想だね。

金星では、創価学会の信者のことを”妙好人”と呼んで賞賛しているみたいで笑える。

No title

奴はバカでドジで間抜けな事を言い出します。
しかし、何かと真実めいた事も言います。
どちらかというと親鸞会の思想に近い事を言います。
金星では奴を支持する洗脳された輩が半数以上います。
なので単純に笑えません。

No title

>金星では奴を支持する洗脳された輩が半数以上います。
>なので単純に笑えません。

どうぞご自由に。
異星人異教徒とは話が合いませんので。

Re:金星人さん

あなた火星人の知り合いですか?それとも本人ですか?「高森会長の盗作を暴露し、親鸞会を批判する火星人」について、火星人の担当講師は「なぜ火星人は親鸞会にいるのか」「学徒とは思えない」と言っています。つまり親鸞会からさえも相手にされていないのが火星人の現状ですが、相手にしてもらえないさみしさを発散するために火星人だの金星人だの名乗って書き込んでも、そのさみしさは無くなりません。そんな暇があるのなら、正しい真宗を聴聞して弥陀に救われてください。弥陀の本願まことの身になれば、そのさみしさにも終止符が打たれます。そもそも、このブログにコメントを書くようになったのも、「教行信証行巻」を自分ひとりでは読めないから淳心房さんやみなさんに教わるために訪れたんでしょう。初心に立ち返ってください。

Re:金星人さん

おはようございます、Abcです。

金星人さん

以下の文は金星人さんがいわれたことではないと思いますが、ツッコミをいれていきます。

聞即信の一念の体験が肝要だ。
「体験が肝要だ」と「体験」を前面に出している時点で、「体験至上主義者」でしかないです。

聞く耳の無い奴だから聞く耳も阿弥陀仏からの賜りものだ。
この箇所は「ある意味では正しい」です。ですが、その「念仏」を謗る「無耳人」は「自力で撥ね退けているので」「全ての人は無耳人」というのはいいすぎかと思います。

信心を獲たら口で念仏を称えてなくても常念仏の人だ。
「なもあみだ(なんまんだぶ)」は如来が「行い易い行」として準備していただいた「称名念仏の相」であり、五正行のなか、第四には「称名正行」とあります。

信心なく口先だけで念仏しててもダメだ。信心も弥陀からの賜りものだ。自分でいくら信じても自力だよ。この世で一念でハッキリ救われる。煩悩は死ぬまで無くならずそのままの救いだ。   
などと高森教に輪をかけた様な事を主張する[云々]

この箇所は、間違いではありません。

なもあみだ なもあみだ

Abc

本音をいうと

火星人に色々と突っ込みを入れて頂きありがとうございました。
実をいうと、私の友達が火星人だという確証は全くありません。学生部時代の同期の人で、担当講師にはいつも反抗的で指示に従わない人がいました。その癖、遠くのご法話に毎回参詣したり、サマーセミナーを休んでイナズマ特殊部隊に出撃して、蒲郡の祝賀会に招待されて高森先生と一緒に飲み食いしたと自慢してました。彼は十年位前に突然、親鸞会は卒業だと言って辞めてしまいました。影は薄いけど、少し不思議な人でした。
去年、「さよなら親鸞会」のブログを見ていたら、火星人なる人物が大暴れしていました。間違いなく彼だと思いました。親鸞会の立場なのか退会者の立場なのかよく分からないコメントばかりでした。私も彼と同じ考え方なので、彼の友達になりすまして色々と伺いたかったというのが本当のところです。
Abcさんの言うとおり、間違ってない部分と違う部分がゴッチャになり、親鸞会の教義がベースになっているので、私自身、皆様の見解を聞きながら整理する必要があるかと思いました。私は親鸞会から聞いて来た事が常にベースになっているので、火星人と同じ様な発想しかできませんので、火星人を完全否定する事はやめて頂きたいと思います。これからも、親鸞会と比較検討しながら自分で真偽顕正をしていきたいと思っていますので、お聖教を根拠にして分かりやすく宜しくお願いします。火星人を代弁した様な事ばかり書きました。なので本物の火星人には見られたくないです。

No title

火星人や金星人みたいな人がいるから、退会者は同類と思われて見下されるのですわ。退会者は真摯にお聖教に向き合って、親鸞会の毒素を抜くことに力を注いでいるので、それを非難される筋合いはないのに、同類に見做されて不愉快です。
お聖教にないことを延々とコメントして、質問には答えない、根拠も出せない、体験談と妄想を語っているだけの姿勢を改めなさい。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード