FC2ブログ

成就文から念仏を抜き去り、更に信心も抜いてしまう高森顕徹会長

前回、高森顕徹会長が話の中で

其の名号を聞くとは、本願を聞く一つ。信ずる一つではない。

と発言したと紹介しました。高森会長は「」と「」の関係も全く知らないようで、これで「浄土真宗」「親鸞」会という団体の会長なのかとため息をつかずにはいられません。早くこの看板を下ろした方が身の為です。

真宗では「聞即信」と言われるように、本願を疑い無く聞くことが、取りも直さず信心です。聞くことがそのまま信心であり、聞のほかに信はありません。この「聞即信」も親鸞会のような、

高森会長の話を真剣に「聴」き続け、おつとめ、財施、破邪顕正等の活動をし続けていった先についに求道の絶壁に行き詰まり、助かる望みが断ち切られて「地獄は一定すみかぞかし」と無間のドン底に叩き堕とされた時、間髪入れずに阿弥陀仏のジカの呼び声が聞こえ(聞)、その一念(即)に信心決定(信)する

などということではありません。会員の皆さんはこのような摩訶不思議な体験を「聞即信の一念」だと思い、それを縦の線になぞらえて、そこまで進もうと横の線の道を行こうとしていると思いますが、そうやってこちらから阿弥陀仏の救いを掴みにかかっているのを自力と言うのです。

自力疑心」=「無明の闇

ですから、こうした親鸞会の「横の線の道を進む教え」は「無明の闇の教え」と言えましょう。これで「浄土真宗」とか「親鸞聖人の教え」とか、果ては「信心決定」とか「阿弥陀仏の救い」と言われても困ってしまうのですよ。


さて、本願を聞くことがそのまま信心でありますから、

本願を聞く」=「本願を信ずる

で、この二つはイコールです。この「信ずる」というのは言うまでもないと思いますが、当然自力の信ではなく「本願力回向の信心」です。

「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。信心といふは、すなはち本願力回向の信心なり。「信文類」

お前は決して迷いの世界を出られん者だぞ。そのお前一人を助けようと阿弥陀仏が五劫永劫の願行を成就して本願をお建て下されたのだ。今や本願は南無阿弥陀仏と成って私にはたらいているぞ。「必ず助けるぞ」という呼び声と成って絶えず私を喚んでいるぞ。往生のためにはただ南無阿弥陀仏に身も心もまかせて念仏しなさいよ、という「仏願の生起本末」を疑い無く聞くことがそのまま信心です。「煩悩具足」の自分のすがたばかり聞いていたのでは救いはありません。「煩悩具足」の自分を助ける本願を、その本願が成就したすがたである「南無阿弥陀仏」の六字のこころを聞かないことには救われるも何も無いのです。


こうした「本願を聞く」ことがイコール「本願を信ずる」ということなのですが、

本願を聞く一つ。信ずる一つではない。

ということは、本願を聞くだけで信心は無いということなのでしょうか? 信心の無い宗教など存在しないはずですが、成就文から念仏を抜き去り、更に信心も抜いてしまうとはさすが「高森教」です。そういえば、

一、われら親鸞学徒は、人生の究極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得できることを信じます。
一、われら親鸞学徒は、阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた親鸞聖人のみ教えを信じます。


などと「親鸞学徒信条」に謳ってありますが、「浄土真宗親鸞会」の会員(親鸞学徒)とは上記のようなことを「信ずる」人達ではなかったのでしょうか? この中の

真実の宗教を信ずる

とは、「真実の宗教」⇒「仏教」⇒「大無量寿経」⇒「阿弥陀仏の御本願」ですから

阿弥陀仏の御本願を信ずる

ということではないのでしょうか? また、

阿弥陀仏の御本願を聞けば

ではなく、わざわざ

阿弥陀仏の御本願を聞信すれば

と言っているのも、間違っていても「聞即信」であると知っていたからだと伺います。しかし今はそれすら無かったものとして、「信ずる」ではなく「聞く」一つだと主張するつもりなのでしょうか?

高森センセイ、どうかされたんじゃないですか? 頭変になられたんじゃないですか?

成就文から念仏を抜き、信心を抜く、高森会長の「無明の闇の教え」を「本願」だとして「聞く一つ」といくら聞き続けていっても、親鸞聖人の教えられる「真実の教行信証」は分かりませんし、「本願力回向の信心」を獲て報土往生することはできません。会員の皆さんには、「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽、現世利益に惑わされずに、そんな教えを早く捨てて本当の浄土真宗を聞き、本願を信じ念仏されるよう強くお勧めします。



【参照】
『親鸞会を脱会した人(したい人)へ』なぜ親鸞会の話を聞いてみようと思うのかを考えてみる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんばんわ、Abcです。
今日、明日とまた寒波がやってきて通勤がヤバいです。

本願を聞く一つ。信ずる一つではない。

>ということは、本願を聞くだけで信心は無いということなのでしょうか? 信心の無い宗教など存在しないはずですが、成就文から念仏を抜き去り、更に信心も抜いてしまうとはさすが「高森教」です。

「高森教」の最近の躍進には眼を見張るものがあります。
信心も念仏もない宗教」ですか......

私からしましたら「あっと驚くタメゴロー」ではなく「あぁと呆れるタメゴロー」でしかありません。もしこの発言を鵜呑みにしている会員や講師部員がいらっしゃるのでしたら、高森会長から「信ずる一つではない」という御触書が出たので、「もう『正信偈』や『和讃』、『回向文』などは読まなくてもよい」と言うことですので「高森センセイの仰られた通りに」の方は、その『黄緑の書物』を置かれてください。あとはもう私が申すべきことはありません。

もし、「親鸞聖人のめされたとおりに」の方は、「高森教」を離れて下さい。

Abc

Re: Abc様

関東も月曜の雪で未だ高速道路は通行止め区間があり、幹線道路は渋滞、路地はアイスバーン化した部分があって非常に怖いです。北陸は比較にならない位ヤバいすよね・・・お互い無事を念じるよりありません。なんまんだぶ、なんまんだぶ。

「聞の宗教」、聞くということを強調しすぎた結果がこれです。信心も念仏も無く、有るのは高森教を聞くことと、聞く一つで絶対の幸福になるということです。まぁ「絶対の幸福」は高森教で言われているだけで実際あるかは知りません。あっても浄土真宗とは無関係ですがね。
なお、親鸞会にも一応信心は有るには有ります。「誰が何と言おうと高森先生が正しい」という自力の信心が。

返信ありがとうございます

早々のご返信、ありがとうございます。

>なお、親鸞会にも一応信心は有るには有ります。「誰が何と言おうと高森先生が正しい」という自力の信心が。

そうですね、「自力の信心」は確かに存在してますね。

一、われら親鸞学徒は、阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた親鸞聖人のみ教えを信じます。

と言うのはタテマエで

一、われら高森学徒は、阿弥陀仏の御本願(と思われるもの)を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた高森会長のみ教えを信じます。

なんでしょう?そんな所だとは思っていましたケド。

Abc

Re: Abc様

間違いないですね。

一、われら高森学徒は、阿弥陀仏の御本願(と思われるもの)を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた高森会長のみ教えを信じます。

こうなっていることが分かれば会員さんはもっと辞めやすいんですが、中々・・・。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード