高森の教行信証(証編) - つつしんで高森の証を顕さば、表裏の義あり。その裏といふは、『「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽。夢・幻のような現世の幸せ。光明輝く生活』『アニメの親鸞聖人、韋提希の獲信シーンのようなハッキリスッキリ体験』なり。

高森の教行信証」も後は「高森の証」を残すのみとなりました。今までを簡単に振り返りますと、

高森の教」・・・映画『なぜ生きる』(を代表とした高森顕徹会長の出版物)
高森の行」・・・助正間雑、雑行、悪業悪行(人集め金集め、高森への無条件服従)
高森の信」・・・①創価学会の信心、一念覚知土蔵秘事地獄秘事信心(獲られたとして)
          ②「誰が何と言おうと高森先生に間違いない」という妄念妄信、善知識だのみ

です。いずれも「真実の教」「真実の行」「真実の信」とは大いに異なります。決定的な違いは

如来より回向せられる他力真実の教行信に対して、高森より授けられる自力邪偽の教行信

という点です。「他力回向」に対して「自力いっぱいの求道」、「念仏一行」に対して「高森教の組織拡大活動」、往生には念仏一つとふたごころない「真実の信」に対して意業の上での「ハッキリスッキリ体験」ですから、そんな教えで「浄土真宗」「親鸞」会などと名乗る資格はありません。「高森教」とでも名乗るのが相応しいです。


阿弥陀仏は久遠実成の古仏として、五濁の凡愚を憐れに思われ、釈迦牟尼仏となってこの世に応現して下さいました。そして『大無量寿経』を説いて、南無阿弥陀仏の名号という形で我々のような凡愚に「往生のみち」を与えて下さったのです。全く本願力の独用(ひとりばたらき)によって、我々は本願力がはたらいていることを聞かされ、信知させられ、成仏させられるのです。私達はこの道理を造作もなく、計らいも要らずにただ聞き受けるのみです。こうして十八願のいわれ、南無阿弥陀仏の六字のこころを領受したのを「信心決定」と言います。その人にしかない神秘的体験やハッキリスッキリ体験のことではありません。このように「真実の行信」を獲た念仏の行者がやがて得させて頂くのが

つつしんで真実の証を顕さば、すなはちこれ利他円満の妙位、無上涅槃の極果なり。すなはちこれ必至滅度の願(第十一願)より出でたり。(「証文類」往相の真証

とあるようにこの上ない仏のさとりという「真実の証」であり、そして大悲の必然である「還相」でした。

二つに還相の回向といふは、すなはちこれ利他教化地の益なり。すなはちこれ必至補処の願(第二十二願)より出でたり。「証文類」還相回向

迷える人びとを救うために、煩悩の渦巻く穢土に還ってくる。思いのままに衆生を教え導くという真実の証にそなわるはたらきを、他力によって恵まれるというのです。


このことは高森教でも「浄土往生」「往生即成仏」「還相回向」と言うには言いますが、「高森の教行信」からは出てきようもない証果です。また会員にとっては、死後の「浄土往生」「往生即成仏」もけっこうだがそれよりも何よりもこの世を「絶対の幸福」に生きたい、苦悩渦巻く人生を「光明輝く生活」の出来るようになりたい、としか思っていないでしょう。それに現在「絶対の幸福」になりさえすれば死後の証果は必ずついてくるのだから、今はとにかく「絶対の幸福」になることが肝要、それには聴聞、おつとめ、善・・・といった感じで、会員は念仏一行とは程遠い活動の日々を過ごしていることと思われます。

そうやって頑張って求めていけば、やがて信仰が進んで、ドタ牛のような下の心が被っている布団がはがれていって、下の心が「」と阿弥陀仏のジカの呼び声を聞ける時が来るのだ。アニメの親鸞聖人や韋提希の獲信シーンのようなハッキリスッキリ体験ができるんだと夢見ているのは想像に難くありません。いつまでも救いは今ではなく求めていった先の未来の話で、それでいて「平生業成」とはどの口が言うのか、今から振り返れば狂人の寝言としか思えないです。

こんな具合で、会員は阿弥陀さまの願いを聞き受けるどころか、逆に自分の願望を阿弥陀さまに聞き入れてもらおうというつもりで教えを聞いています。迷いの世界からの出離、報土往生をさせると誓われている本願を、この世を「絶対に崩れない変わらない幸福、一切の滅びる中に滅びざる永遠の幸福」にする本願だと思い込み、早くその身になりたい、早くしてくれ、どうしてして下さらないんだ、こんなに頑張っているのに、こんなに苦しんでいるのにと、どこかの幸福製造機や、求道の褒賞として信心を獲られるかの如く思っているのですから、これで親鸞聖人の教え、浄土真宗が分かるわけがないのです。

それに、「浄土往生」「往生即成仏」はまだしも、「還相回向」は肯定的に捉えていないのではないでしょうか。私は親鸞会で初めて「還相回向」の話を聞いた時、鬱々とした気分になったものでした。

え~、またこの世に還って来て苦しまねばならないのか~

と思ったからです。講師部員や先輩から「浄土から還って来た人は必ず信心決定できる」などと聞かされてはいたものの、またこの世の苦しみを味わい、信心決定までの遠き道を求めなければならないのかと思うとイヤで仕方ありませんでした。無間地獄に堕ちることと比べたらマシか位で、けっこうなことだとは到底思えませんでした。ここらへんR1000さん辺りは同感してくれると思いますが、読んでたらコメきぼんぬ(笑)


このように「死後の救い」と言っても実質言葉のみで、死後の地獄を説くことも組織拡大に駆り立てるためのツールに過ぎず、現世利益を謳って浄土真宗を利用しているのが高森顕徹会長であり、その教えが「高森の教行信証」であることがお判り頂けると思います。「高森の証」も表向きの証と裏の証があり、表向きの証は

・「浄土往生」「往生即成仏」「還相回向

ですが、会員が憧れ求めているところの証、裏の証は

「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽。夢・幻のような現世の幸せ。光明輝く生活。
アニメの親鸞聖人、韋提希の獲信シーンのようなハッキリスッキリ体験。

です。ただこれも、高森教の理想像であって現実に獲られる人は極めて稀です。たいがいは絵に描いた餅、目の前にぶら下げられたニンジンであって、組織拡大活動のモチベーションとして掲げられているに過ぎません。そして獲られたとしても、あくまで「高森の証」であって「真実の証」とは似ても似つかぬ邪義の証です。そんなものはよその宗教、特に新興宗教へ行けばいくらでも聞くことができるでしょう。


以上、長くなりましたが「高森の教行信証」を一通り顕し終わりました。会員の皆さんは、一刻も早くこのような高森の邪道を出て、「真実の教行信証」に帰依して頂きたいと思います。


つつしんで高森の証を顕さば、表裏の義あり。その表といふは、すなはちこれ浄土往生なり。往生即成仏なり。還相回向なり。然るに親鸞会の会員、かくのごとき証果を求めず。弥陀の本願を知らず、本願を聞かず、ただ己が願望を弥陀に叶えさせんとして活動するのみなり。その裏といふは、

・「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽。夢・幻のような現世の幸せ。光明輝く生活。
・アニメの親鸞聖人、韋提希の獲信シーンのようなハッキリスッキリ体験。


なり。かくのごとき己が願望を叶えんと高森の教を学び、高森の行信を修するのみなり。是は是、高森教の理想像なり。画餅なり。目前の餌なり。組織拡大活動の根源なり。もし、これを獲たりといふとも、高森の証にして真実の証に非ず。邪義の証にして大般涅槃を超証せざる条勿論なり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長い。
3行で。
やり直し。

と思ってしまうくらい長文読むの辛い鬱期なんですが、読んでよかったですw
記事内容も「その通りやね」と拍手ボタンポチらせてもらいました。

俺が信者だった頃は、今のこの苦しみから救ってくれるならなんでもいいと思ってたので、還相回向の話を聞いても「ほ~ん」程度だったような。
「還相回向って、流転輪廻と似てね?」と思うようになったのは阿弥陀さまに出遇った後だったりします。

ってか「浄土から還って来た人は必ず信心決定できる」発言は初耳でした。
昔の学生部でそんな事質問しようものなら「そうじゃないんだわ~!」「本会ではそんな事言われてないんだわ~!」「そんな事を思うのは信仰の幼稚園なんだわ~!」とか叫んで誤魔化されそう。

ここのところ真仏土巻を愛読しているのですが、読む度に「大涅槃の境地は人カスとは次元が違い過ぎて分かるわけねぇわ」と思います。
真仏土巻に多く引かれている涅槃経のお言葉、中毒性があって何度も読んでしまいます。

阿弥陀さまにお任せ状態にして頂けたこと、ただただ有難いです。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏







Re:R1000さん

こんばんわ、Abcです。

>長い。
>3行で。
>やり直し。(R1000さん)

「3行で」がお求めらしいので「3行で」書いてみます。

18願 念仏成仏願
「往相」:阿弥陀仏にお任せして(信心)、阿弥陀仏を称える(念仏)
往き先は 弥陀光明土 (真佛土)

22願 23願 一生補処願・還相回向願(22願) 供養諸仏願(23願)
「還相」:阿弥陀仏にお任せした後、未信の衆生に布教する
還る先は 穢土(化身土)

19願・20願 定散二善(19願)・果遂願(20願)
「疑情」:未だ、阿弥陀仏にお任せしていない人
往き先は、穢土(化身土)

です。

Abc

上求菩提 下化衆生

R1000さん。

「真仏土巻」はありがたいですね。
御開山は奔放自由に「経文」を読み説かれるのですが、御開山の読みかえを通して御開山が見ておられた世界が窺えるかもです。

 このようなわけで、如来は涅槃にとどまることなく、まさに迷いの世界で活動されているのである。これを菩薩というのである。(現代語p.402)

現代語にすると判らないのですが、読み下し文を通して『涅槃経』の漢文までさかのぼると御開山は『無量寿経』の意で『涅槃経』を読み説かれたのでした。
大乗仏教の「上求菩提 下化衆生」の意をこの文に見ておられたのでした。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%95%A2%E7%AB%9F%E6%B6%85%E6%A7%83%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%96%E3%82%8B

二種回向

Abc さん

帰納法と演繹法という推論方法があるのですが、Abc さんは演繹派ですね。

>22願 23願 一生補処願・還相回向願(22願) 供養諸仏願(23願)

という記述からそのように思ひました。
高田派は、念仏高田といわれるように第十八願に立脚する「一願建立」に依拠した「宗風」ですが、本願寺では「五願開示」として綿密に考察してたりします。

一願建立
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%B8%80%E9%A1%98%E5%BB%BA%E7%AB%8B

五願開示
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BA%94%E9%A1%98%E9%96%8B%E7%A4%BA

たしかに文章を記述するときには、意識が拡散してあれもこれもとなるのですが(林遊は得意です 笑)、第二十二願と第二十三願を同値するなら、その意図を説明しないと読んでいる人は混乱すると思ふ。
ちなみにwikiarcは林遊個人が運営しているサイトであり、本願寺派とは関係がありません。ですからwikiarcの「据わりは本典(教行証文類)です」の記述は、林遊個人の見方なのでした。
Abc さんは宗派意識に捉われすぎているようにも見受けられるのですが、宗派意識に迷わされることなく、なんまんだぶのご法義を領解できたらいいですね。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BA%8C%E7%A8%AE%E5%9B%9E%E5%90%91


Re: R1000様

コメントありがとうございます!(^ω^)
鬱期は特に食事や睡眠に気をつけて下さい。無理をすると反動で長引いたりもっと悪くなったりするのでね・・・
お念仏相続して如来大悲の恩徳、師主知識の恩徳に報いましょう。なんまんだぶなんまんだぶ

> 「還相回向って、流転輪廻と似てね?」と思うようになったのは阿弥陀さまに出遇った後だったりします。

そうなんすね。自分は大学の学生部会でそう思いました。

> 「浄土から還って来た人は必ず信心決定できる」発言は初耳でした。

たしか、舎利弗尊者の生まれ変わりが法然聖人、そして庄松に生まれ変わったという話をしていたような。それで、浄土から還ってきた人は次の生でも必ず仏法に遇い、信心決定できるみたいな話を聞いた覚えがあります。出典は知りませんが。

ところで、法然聖人も

命終その期ちかづきて
 本師源空のたまはく
 往生みたびになりぬるに
 このたびことにとげやすし(『高僧和讃』源空讃)

このように仰っていますから、学生部会で聞いた話は全部が全部間違いとは言えないかもしれません。とは言え、未信の者を組織拡大に駆り立て、それが信心決定に近づく方法だと教えるのは完全な間違いです。お互い、創価学会亜流の教えを離れて浄土真実の教行信証を聞き受け、本願を信じ念仏する身にさせて頂いたのは有難いことです。

なんまんだぶなんまんだぶなんまんだぶ・・・

Abcです

こんばんわ、Abcです。

  林遊さん

>高田派は、念仏高田といわれるように第十八願に立脚する「一願建立」に依拠した「宗風」ですが、本願寺では「五願開示」として綿密に考察してたりします。
(林遊さん)

 これは「ある意味では合っており、ある意味では違う」といえます。
たしかに「一願建立」は、「建立無上殊勝願」(『正信偈』)と言われるように
18願のことですが、私たちは「18願に順している」ともいえますし、
「それ以外の願にも順している」ともいえます。

 なぜならば、私たちは『9願文』を基としており その「9願文」は
「11願 12願 13願 17願 18願 19願 22願 23願 33願」の願であるからです。 このうち、「19願」のみは「諸行は廃せんがために説く」(源空聖人 『選択集』傍正)と言われているように「廃するために説かれている」のです。

また、「それ以外の8つの願」は、「念仏は立せんがために説く」(源空聖人 『選択集』傍正)と言われているように「立てる(私たちからしましたら「信じさせていただく」)ために説かれている」のです。

林遊さんは既にご存知かと思いますが、『9願文』と『正信偈』を対応させたものを挙げておきたいと思います。

11願 : 必至滅度願成就 、 必至無量光明土
12願 : 南無不可思議光 、 清浄歓喜智慧光 、 帰命無碍光如来
13願 : 帰命無量寿如来 、 超日月光照塵刹
17願 : 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪
18願 : 建立無上殊勝願 、 重誓名声聞十方 、 本願名号正定業 至心信楽願為因 、 聞信如来弘誓願 、唯能常称如来号 、円満徳号勧専称 ......

19願 : 邪見僑慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯 、 顕示難行陸路苦 、 万善自力貶勤修

22願 : 報土因果顕誓願 往還回向由他力
23願 : 遊煩悩林現神通 入生死園示応化
33願 : 不断煩悩得涅槃 、 煩悩障眼雖不見 (※柔軟願ではあるが、「煩悩」が遮っているので見ることが出来ない。そのため39願「漏尽比丘願」も味わうことが出来ない 「有漏の穢身は変わらねど」など)

補願など
1願(無三悪趣願) 2願(不更悪趣願) : 即横超截五悪趣 (「即横」に重きを置くと18願に含まれるが「五悪趣」に重きを置くとこの場所になる)
34願(無生法忍願) 35願(女人成仏願) : 与韋提等獲三忍

ですかね、まだまだ皆様からご指摘いただく場所がございますが、今後ともよろしくお願いします。

Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード