いくら親鸞聖人であっても、知らないものは知らない

親鸞会では、獲信したら「さとりの52位」の中、51段高とびして正定聚不退転の明らかな大自覚が起きる、現生で十種の幸せに生かされると言い、仏智満入、仏智全領して相当の事が知らされるかのように説いています。それを聞いて会員は、信心決定すると仏智を体得して相当のことが判ると考えているに違いありません。

よく「さとりの52位」を示し、これを山登りに例えて、登れば登るほど見える範囲が広がってゆき頂上では360度見渡せるというような話が会内でなされます。会員は信心決定の暁には頂上付近から相当の範囲を見渡せるように、51段の高みから今まで分からなかった多くのことがハッキリ分かる、見えるようになると信じ込んでいる節がありますが、残念ながらそうはなりません。獲信しても等覚のさとりを開くわけでも、等覚に等しい智慧を獲るわけでもありません。七高僧方は死後に正定聚に入るとしか仰っていないので、獲信しても冒頭述べたようなことにはなりません。

信心決定しても、智慧のない凡夫は変わりません。それを示されたのが、

往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。執持鈔

のお言葉です。「往生という後生の一大事」、「仏智の不思議」は「補処の弥勒菩薩」でさえ判らないのですから、まして況や「凡夫の浅智」で判るわけがないのです。その判らないことを「凡夫の浅智」で判るなんて考えるのは、今生で仏のさとりを開ける、今生で極楽に往生できる、という一益法門の異安心です。

親鸞会は体験談を否定しつつ最後は「一念の体験」にしがみつく「体験至上主義」の集団ですが、もし「念仏」が「まことに浄土に生るるたね」だと体験として知ることができたなら、それは弥勒菩薩を超えて、阿弥陀仏の五劫思惟に智慧が及んだということでしょう。少なくとも「念仏」の果報が現れる死後の世界、浄土に往ったことがあるか、浄土の様相が今現に見えるかしていなくては「体験として知った」とは言えないはずです。

親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人も、極楽が判った、地獄が見えた、とは全く仰っていませんし、判る筈もないのです。もし極楽、地獄が判る、見えるということならば、その人は最低でも定善は容易くできることでしょう。しかし、そのような智慧は親鸞聖人でも体得されていませんでした。ですから、

念仏は、まことに浄土に生るるたねにてやはんべらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもつて存知せざるなり。『歎異抄』第二条

の「総じてもつて存知せざるなり」はその文字通り

知らない

です。いくら親鸞聖人であっても、知らないものは知らないのです。実際のところ、阿弥陀仏の救済の仕組みは阿弥陀仏でなければ判りません。であるから「仏智の不思議」なのです。我々が判る程度の事なら不思議でも何でもありません。ですからここでは、

親鸞は念仏が本当に浄土に生まれるたねか、逆に地獄に堕ちる行いなのかは知らない、判らないが、ただよきひと法然聖人より受けし教えを信じて念仏するほかには何もありません

と言われているのです。そうした親鸞聖人の信心が、この直前の

親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。

というお言葉に端的に表れています。無有出離之縁の煩悩具足の凡夫が「ただ念仏」して「浄土に生るる」というのは弥勒菩薩でも到底思慮の及ばない「仏智の不思議」です。そんなことを知りすぎた知らんだと言う人がいたら、その人は仏のさとりを開いた仏陀か、知ったかぶりして覚者を演じる悪知識かのどちらかです。


私は「念仏よりほかに往生のみち」は無いとの法然・親鸞聖人の教えをそのまま受け止め、お念仏を申し浄土を願って生きておりますが、それは本願を信じて念仏すれば仏に成るという理屈、道理がハッキリ理解できてのことではなりません。何にも分からないが、分からんまんま、よきひとの仰せの通り「なんまんだぶ」と念仏を申して本願のはたらきに身も心もおまかせしているだけです。何しろ、サークル活動の延長のような親鸞会の活動も満足に出来ず根を上げてしまう機根最劣の凡夫ですから、このような者は「念仏」以外に手立てがないという善知識方の仰せを聞き受けて信ずることの他に何にもありません。

『歎異抄』は、これほど信心のありのままを顕した書物は無いと言えるとても有難いお聖教ですが、念仏も信心も無い「創価学会の信心」の者が扱えば非常に危険な書物です。これ以上珍説を世間に晒して恥をかき、多くの会員を更に迷わせる前に止めておけばいいものを、幸福のなんとかの真似をしてまた映画を出すそうですから呆れてしまいます。その映画製作に関してまた財施が募られていると思いますが、どれだけ財施したところでそういった活動は「大悲の願船」に乗るには「一切要らない(※)」そうですから、会員の皆さんはよく考えた方がよろしいかと思います。

我々が獲信・往生するには「念仏一つ」、それ以外の行は「一切要らない」捨てものです。その「一切要らない」捨てものを事実上「絶対必要」だと教えるのが高森教です。会員の皆さんはそのような偽の教えを捨て離れ、また「このようにしていかなければ信心決定できないだろう」とか「信心決定したらこうなるはずだ」という高森教で得た概念も捨てて、ただよき人の仰せの通り本願をふたごころなく深く信じて念仏して頂きたいと思います。



【参照】
『飛雲』そろそろ勉強しておかないと、と思いながらまだ何も始めてない高森会長

【追記】
梯 實圓和上「歎異抄二条のこころ」を林遊さんが紹介して下さいましたので、記事上にも載せておきます。
関心のある方はぜひ聴聞されたらよいと思います。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

おはようございます、Abcです。
早いもので、今日で3月も終わりを迎え明日からは新学期を迎えますが、
淳心房さんのお子様は「新学期の準備」はなされているのでしょうか。

さて、今ほど淳心房さんが示していただいた
>親鸞会では、獲信したら「さとりの52位」の中、51段高とびして正定聚不退転の明らかな大自覚が起きる、現生で十種の幸せに生かされると言い、仏智満入、仏智全領して相当の事が知らされるかのように説いています。それを聞いて会員は、信心決定すると仏智を体得して相当のことが判ると考えているに違いありません。(淳心房さん)

でありますが、後に「七高僧方は死後に正定聚に入るとしか仰っていない」と申されているように「七高僧方は」そのように解釈なされました。
 これは、現生では18願に預かるが、11願には未だ預かっていないので、
「七高僧方は死後に正定聚に入るとしか仰っていない」なのです。
それに対しまして「親鸞は18願と11願は時を同じくして預かる」とし、
そのことを「現生正定聚に入る」と申します。そうであるからわたくしは「現生利益にあずかる」ということは否定はしません。「現生に「摂取の利益」に預かる」ということですからね。

ただ、高森さんの言う「現生利益」は「その求道の為にワシに絶対服従しろ」というものであったり「金、金、金」であったりするので、こちらの事柄を「違うのではないか」ともうしているのです。

 さて、ここからは挙げていただいた『歎異抄』についてですが、
「念仏は、まことに浄土に生るるたねにてやはんべらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもつて存知せざるなり。」(『歎異抄』第二条)について「私の範疇にて」話を進めて生きたいと思います。

「~にてはんべらん」とは「~にて判ん可らん」のことで、
「~にて + (判ん可り+~なん)」であり、現代訳に当てると
「~ +(判った+かもしれない)」ですので、
「~であると判ったかもしれない」と言う意味になります。

そのことを踏まえて、上の文を現代語に直しますと、

「念仏は、まことに浄土に生るるたねかもしれない、また地獄におつべき業かもしれない。その総てにおいて親鸞が知るべきことではない」となります。そのため淳心房さんは、「いくら親鸞聖人であっても、知らないものは知らないのです。」とかかれたものとおもわれます。

「真宗の教え」は上にあるように「如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。」でありますので、「現生にて弥勒菩薩と肩を並べた」としても、「仏智の不思議」は「仏智の不思議」なのです。「仏智の不思議」が「凡夫の思議」に転じてしまったならば、
  「源空が信心も、如来よりたまはりたる信心なり、善信房の信心も、如来よりたまはらせたまひたる信心なり。 されば、ただ一つなり。別の信心にておはしまさんひとは、源空がまゐらんずる浄土へは、よもまゐらせたまひ候はじ」(歎異抄 信心同異の事) とも
 「道俗時衆共同心」(道、俗、時衆ともに同心になりて)(『正信偈』)とは言われません。

「仏智の不思議」という語句がでてきましたので「その語句を用いた和讃」を紹介しましてこれまでといたします。

自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがへば
 自業自得の道理にて 七宝の獄にぞいりにける

です。

なもあみだ なもあみだ
Abc

追記 「五説」をもちいた「仏智の不思議」について

連投申し訳ございません、Abcです。

「如来の御ちかひにまかせたてまつるべき」ということは「真宗」でありますので、この追記には「「五説」をもちいた「真宗」」をしるしてゆきます。

命題:

また五説といふは、よろづの経を説かれ候ふに、五種にはすぎず候ふなり。
一には仏説、二には聖弟子の説、三には天仙の説、四には鬼神の説、五には変化の説といへり。この五つのなかに、仏説をもちゐてかみの四種をたのむべからず候ふ。この三部経は釈迦如来の自説にてましますとしるべしとなり。
 (親鸞 『親鸞聖人御消息』)   について

回答:

上の命題内にて親鸞は「仏説をもちゐてかみの四種をたのむべからず」といわれています、このことを鑑みると

仏智の不思議(弥陀の誓願)は
「仏説であり、聖弟子の説ではなく、天仙の説でもなく、鬼神の説でもなく、また変化の説でもない。 この三部経は釈迦如来の自説である。」となります。
 この「かみの四種」について解説してゆきます。(もちろん、「廃せんがために説く」です。)

「聖弟子の説」:「知識の説」ともいわれ、「知識帰命はダメである」といわれる由縁に当たります。「帰するべきは弥陀であり、私ではない」と源空(法然)が熊谷次郎直実にとかれている通りです。

「天仙の説」:「仙人の説」ともいわれ、「しかるべき「自力の行い」を行ったものの教え」ではありますが、「自力の教え」ですので、曇鸞大師は「焚焼仙経帰楽邦」されたと『正信偈』に記されています。

「鬼神の説」:これに関しては具体例がしるされていませんが、『歎異抄 第7』に 「念仏者は無碍の一道なり。そのいはれいかんとならば、信心の行者には天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障碍することなし。罪悪も業報を感ずることあたはず、諸善もおよぶことなきゆゑなり」とありますので、「鬼神の説」を凌駕していることはこの書物から「まことに知んぬ」です。

「変化の説」:「弥陀の誓願」は「不変の説」といわれることから、それに対する説として「変化の説」といわれます。誰かさんが「朝令朝改」とコロコロかわることです。 『和讃』には

十方微塵世界の 念仏の衆生をみそなはし
摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる

「念仏の衆生」をご覧になられて「名号法」であり「不変の法」である「摂取不捨の利益」を 私たちは「阿弥陀さま」と名づけ稽首するのです

ということです。ですから親鸞は「この五つのなかに、仏説をもちゐてかみの四種をたのむべからず候ふ。この三部経は釈迦如来の自説にてましますとしるべし」といわれているのです。

なもあみだ なもあみだ
Abc

追記:先エントリーにあげました「五説」と今のエントリーの「仏智の不思議」をあわせて説明したい! という私のワガママでした。 ここまで読んでいただいてありがとうございます。

歎異抄二条のこころ

ども。

記事に触発されて、「歎異抄二条のこころ」上下を聴かせて下さったことである。

http://blog.wikidharma.org/blogs/houwa/

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

No title

聞かせていただきました。
やっぱり梯先生は違うな~。
素晴らしい。

俺を信じろという宗教家は一番危ないと言われています。
親鸞聖人もそのように言われていると解説されています。

どこぞの先生とはえらいい違い。
そもそも比較の対象にすることが間違いでしたね。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

Re: とくよしみね様

どこぞの先生は人を使って間接的に「俺を信じろ」と言わせていて実に質が悪いです。
人の言葉を信じるというのがそもそも虚構のはじまりだと言われていましたが、大事なことは自分でもよく考えなければなりませんね。

歎異抄の仮定法

林遊@なんまんだぶです。
古くて長いけど、何かの参考用にどうぞ。

「歎異抄の仮定法」
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2009/11/05/%e6%ad%8e%e7%95%b0%e6%8a%84%e3%81%ae%e4%bb%ae%e5%ae%9a%e6%b3%95/

「善知識帰命の過ち」
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2009/10/26/203/

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード