親鸞聖人や蓮如上人の「知らん」は、高森会長の「知らん」とは全く異なります

問ひていはく、華厳・天台・真言・禅門・三論・法相の諸師、おのおの浄土法門の章疏を造る。なんぞかれらの師によらずして、ただ善導一師を用ゐるや。

答へていはく、かれらの諸師おのおのみな浄土の章疏を造るといへども、浄土をもつて宗となさず、ただ聖道をもつてその宗となす。ゆゑにかれらの諸師によらず。善導和尚は偏に浄土をもつて宗となして、聖道をもつて宗となさず。ゆゑに偏に善導一師に依る。
『選択本願念仏集』偏依善導

法然聖人は、この後も様々な問答を設けて、「この法然はひとえに善導一師による」と仰っています。


その法然聖人から教えを受け、『選択集』の書写を許された親鸞聖人は

『選択本願念仏集』は、禅定博陸[月輪殿兼実、法名円照]の教命によりて撰集せしめるところなり。真宗の簡要、念仏の奥義、これに摂在せり。見るもの諭り易し。まことにこれ希有最勝の華文、無上甚深の宝典なり。『教行証文類』後序

【現代語訳】
『選択集』は、関白九条兼実公の求めによって著されたものである。浄土真実の教えのかなめ、他力念仏の深い思召しがこの中におさめられていて、拝読するものは容易にその道理に達することができる。まことに、たぐいまれなすぐれたご文であり、この上なく奥深い教えが説かれた尊い書物である。

と師の御制作を絶賛なされ、また『選択集』や法然聖人のご絵像を書写させて頂いたことは「念仏の道を歩んできたことによる恵みであり、往生が定まっていることのしるし」であるとまで仰っています。

しかるにすでに製作を書写し、真影を図画せり。これ専念正業の徳なり、これ決定往生の徴なり。

こうした親鸞聖人が法然聖人から受けた教えの結論が

正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。『選択本願念仏集』三選の文

であり、また法然聖人が親鸞聖人にお書きになったお言葉の一つが

「南無阿弥陀仏 往生之業 念仏為本」

でした。それを『歎異抄』第二条では

親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。念仏は、まことに浄土に生るるたねにてやはんべらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもつて存知せざるなり。

と仰っています。念仏は本当に浄土に生まれる因なのか、逆に地獄に堕ちる行いなのか、まったく知るところではなく、ひとえによきひと法然聖人の「ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべし」という仰せをそのまま頂いて信ずるほかに何も無い、というのです。私としてはこの『歎異抄』第二条のお言葉から、もちろん仰ってはおられませんけれども、「この親鸞はひとえに法然一師による」というお心がうかがわれます。


このような、師匠に随順するすがたは蓮如上人も同じで、

一 前々住上人へある人申され候ふ。開山(親鸞)の御時のこと申され候ふ。これはいかやうの子細にて候ふと申されければ、仰せられ候ふ。われもしらぬことなり。なにごともなにごともしらぬことをも、開山のめされ候ふやうに御沙汰候ふと仰せられ候ふ。『御一代記聞書』159

とある通りです。私としてはこのお言葉を読むと、先ほどと同様にもちろん仰ってはおられませんが、「この蓮如はひとえに親鸞一師による」というお心が味わわれます。

当然ではありますが、法然聖人も親鸞聖人も蓮如上人も、善導大師という人、法然聖人という人、親鸞聖人という人に依っていらしたのではなく、これらの方々のお説きになられた「専修念仏」の法に依っていらしたのだと拝されます。蓮如上人の『御一代記聞書』のお言葉を用いて巧みに知識帰命、知識への絶対無条件服従へとつなげる輩がありますので念のため。


親鸞聖人や蓮如上人のような方々といえども、さとりを開いたわけではないのですから、当然知らないこともあるのです。それを知ったかぶりせず、知らないものは知らないとお答えになるところに、お二人の仏法に対して真っ直ぐで正直な姿勢がうかがわれます。中々、教える立場の者が「知らない」などとは言えません。そして、お二人には「俺についてこい」という姿勢も見られません。

弥陀の本願まことにおはしまさば、釈尊の説教虚言なるべからず。仏説まことにおはしまさば、善導の御釈虚言したまふべからず。善導の御釈まことならば、法然の仰せそらごとならんや。法然の仰せまことならば、親鸞が申すむね、またもつてむなしかるべからず候ふか。詮ずるところ、愚身の信心におきてはかくのごとし。このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなりと[云々]。

このように『歎異抄』では仮定形で、「弥陀の本願、釈尊の説教、善導の御釈、法然の仰せがまことならば、この親鸞が申すことも空しくないのではないでしょうか。私の信心は今申し上げた通りです。これから、念仏して往生させていただくという教えを信じようとも、また念仏を捨てようとも、皆さん一人一人のお考え次第です」と命懸けで京都までやってきた関東の同行達に仰っています。

関東の同行としては、親鸞聖人の口から念仏は決定往生の業であるとハッキリ言ってほしかった、そしてそれを聞いて安心したかったと考えられます。ところが、そのように人の言葉を信じることが虚構のはじまりであるとよく知っていらした聖人は、「俺の言うことを信じて安心するんじゃない。阿弥陀さまの仰せに安心するのだ」と仰りたかったのではなかろうかとうかがわれます。

親鸞聖人としては、浄土真宗の祖師方の教えをそのまま相承し、そのまま人に教え聞かせるばかりであるというお考えだったのでしょう。蓮如上人も、そのような親鸞聖人のすがたをそのまま体現され、「何事も、たとえ知らないことでも、私は御開山のなされた通りにするのである」と仰っています。まぁそのような祖師や蓮師であるから私達はついていきたくなるかも知れません。


「知らん」は「知らん」でも、親鸞聖人や蓮如上人の「知らん」は、高森会長の「知らん」とは全く異なります。私達も、何も判らなくても、「ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべし」というよきひとの仰せをそのまま受け、ふたごころなく深く信じてただお念仏申すばかりです。「必ず浄土に迎えるから、安心してまかせなさい」という本願招喚の勅命をそのまま聞き受けてお念仏申すばかりです。

それで助かるか助からないかは私の知るところではありません。助けるか、助けないかは阿弥陀さまがお決めになること、阿弥陀さまのなされることであって、オレの仕事ではない。オレの仕事は、ただこの六字の取次ぎをするばかり。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・



【参照】
梯 實圓和上「歎異抄二条のこころ」
『用管窺天記』歎異抄の仮定法
『同』善知識帰命の過ち
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんばんわ、Abcです。

「師」ですか...私は「誰々は師である。誰々は弟子である」とは申しませんが、大谷は、「曽祖師」や「祖師」といわれ「師である」とされています。

それは「歎異抄 第6」に、
 「専修念仏のともがらの、わが弟子、ひとの弟子といふ相論の候ふらんこと、もつてのほかの子細なり。親鸞は弟子一人ももたず候ふ。そのゆゑは、わがはからひにて、ひとに念仏を申させ候はばこそ、弟子にても候はめ。 弥陀の御もよほしにあづかつて念仏申し候ふひとを、わが弟子と申すこと、きはめたる荒涼のことなり。」とあることからも明らかです。

 ただ、『正信偈』で親鸞は、源空と曇鸞には、「本師」といわれています。源空聖人は、「直接の指南者」でありますから、「本師」といわれることは私たちからしても容易に理解できることかと思います。

では、なぜ曇鸞大師もまた「本師」といわれるのか。ここからは私の推察とはなりますが、曇鸞大師は天親菩薩の記された『浄土論』を註訳され、『浄土論註』という書物をお作りになられました。そのことから曇鸞の「鸞」の字を取られるとともに、「本師」とされたのではと私は考えます。
 また、蓮如上人は『正信偈大意』の中にて「焚焼仙経帰楽邦」の下りを丁寧に説明なされています。この箇所は、『正信偈大意』を紐解く上で、大変重要な部分となります。わたしが前に「五説」の中、「仙人の説」といったところにつながります。

>親鸞聖人としては、浄土真宗の祖師方の教えをそのまま相承し、そのまま人に教え聞かせるばかりであるというお考えだったのでしょう。

このことは、「自信教人信」と言う文言に現れています。「われも信じ、人にも教えきかしむるばかりなり」です。

>「必ず浄土に迎えるから、安心してまかせなさい」という本願招喚の勅命

「安心して任せなさい」を「南無」(もしくは「帰命」)
「必ず浄土に迎えるから」を「阿弥陀仏」(もしくは「無碍光如来」)ともいわれます。

また、絵像・木像では、本来阿弥陀さまは「かたちがないお働き」ではありますが、それでは衆生が見ることが出来ないと「仮のすがた」として、「絵像・木像」としてあるのですし、また「南無阿弥陀仏」(「帰命尽十方無碍光如来」)という「名号」としてここにあるのです。(これを「方便法身尊像」 また「方便法身尊号」といわれます。)

絵像・木像では手のひらを私たちに向けていることを「南無」、
また反対側の手のひらを上に向けているのを「阿弥陀仏」とされます。

私たちの関東の教団と大谷率いる、関西の教団は約600年という長きにわたり、争いがありました。しかし、「宗派の垣根をこえて」とのことですので、私の教団もまた「弥陀のお働きをお伝えするもの」として、活動して行けたらなとかんがえております。 私事でしたが、どうぞこれからもよろしくお願いします。


なもあみだ なもあみだ
Abc

Re: Abc様

いつもコメントをありがとうございます。お返事がいつもできておりませんが、コメントには目を通させて頂いております。


> 「師」ですか...私は「誰々は師である。誰々は弟子である」とは申しませんが、大谷は、「曽祖師」や「祖師」といわれ「師である」とされています。・・・

正確には親鸞聖人は法然聖人一師ではなく、高僧和讃などをお読みになれば分かる通り「本師龍樹」「本師曇鸞」「本師道綽」「本師源信」「本師源空」等と仰って、主に七人の高僧方を挙げておられますね。記事の内容は歎異抄第二条のお言葉から感じられる私の味わいです。

高田派では親鸞聖人は御同行としての扱いでしたね。「師、弟子と言わない」というのはそのためと伺えます。

歎異抄第六条は親鸞聖人がご自身のご門弟の方々に対しての思い、またご門弟の方々のお同行に対する考え方を言われたのであって、「親鸞は法然聖人の弟子である」という自覚は強く持っておられたのではないかと思われます。それは先ほどのお言葉よりお判りでしょう。


「宗派の垣根をこえて」は容易くはなく、いくつも障害があり、忍耐強くまた時間をかけて取り組んでいかねばならないかと思いますが、ぜひとも実現して頂きたいことです。同じ親鸞聖人の教えを信じ学ぶ者同士、手を取り合っていきたいものです。なもあみだ、なもあみだ。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード