親鸞会は非難に対して論点スライドしないで下さい(2)

こんなことが言いたいより

支部長:「蓮如上人も『雑行を捨てよ』とは、書かれているが『信仰が進むから善をしなさい』とどこに勧められているか」と言ってきたら、
「では、『信仰が進むから悪をしなさい』と書かれていますか。『善をするな』とどこに仰っていますか」と、ズバリと言えばいいのです。



これは明らかに論点スライドです。『本願寺なぜ答えぬ』にも、

本願寺がそれでも「善をすすめた文証など、あろうはずがない」と強弁したければ、「修善は獲信の因縁にならぬ」文証を提示してからに、されねばなるまい。(167ページ)

とあり、これは昔から変わっていない論法です。


元々、親鸞会側が

・獲信の因縁(宿善)として諸善をせよ
・諸善と獲信はよい関係にある
・善をしなければ信仰は進みませんよ


などと、獲信と諸善を関係つけて諸善を勧めていますので、その根拠は何ですかと聞いているのです。

あるなら「このお言葉です」とハッキリ言えばいいし、ないなら「ありません」とハッキリ言うのが、回答者としてのあるべき姿ではないでしょうか?
それを、質問に質問で返してまともな返答を避けているので、論点スライドだと申し上げているのです。
このような姿勢は高森会長始め幹部講師は勿論、先ほど挙げた『本願寺なぜ答えぬ』や、『顕正一口メモ』などの出版物にも見られる悪い癖です。


だから不審に思って退会していく人が後を絶たないんですよ。「シロアリ」などは縁であって、原因は、間違った教えを説いて会員に不誠実な対応をし、非常識な行動を取っている親鸞会自身のまいたタネであり、自因自果です。
縁だけを問題にして原因を間違えていることを「ナワをうらむ泥棒」と言いますが、「シロアリをうらむ親鸞会」と言いますか、何とも情けない限りです。
原因をそっちのけで顧みなければ、親鸞会への非難は止まないでしょうし、親鸞会の明るい未来など望むべくもないことは言うまでもありません。



親鸞会会員の皆さん、親鸞聖人や蓮如上人が、18願の救いを求める人に

・獲信の因縁(宿善)として諸善をせよ
・諸善と獲信はよい関係にある
・善をしなければ信仰は進みませんよ

と教えられた根拠を提示して下さい。
親鸞会側が主張しているのですから、まず根拠を提示するのが筋です。次に、それが親鸞会の主張通りなのかを検証します。それから質問があれば答えますから、まずはこちらの質問にきちんと答えて下さい。

それができないようなら、重ねて言いますが皆さんは「親鸞学徒」ではなく、高森会長の珍しい教えを聞いている「高森学徒」です。
根拠のない寄せ集め教義を信じているだけに過ぎず、親鸞聖人が化土巻で教誡される「偽」(=外教邪偽の異執)と何ら変わらないことを自覚して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード