ある会員が、高森顕徹会長の説く「聞く一つ」を信じていて、どう破ればいいのか(4)

高森顕徹会長の説く「聞く一つ」の誤りをあと1つ挙げるとすれば、

(4)「聞く」目的が間違っている

からと言えるでしょう。この記事等でも書きましたが、親鸞会の「仏教を聞く目的」「真宗を聞く目的」は

浄土往生、成仏

とは言っていてもそれは建前であって、会員の本音は

・「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽。夢・幻のような現世の幸せ。光明輝く生活。
・アニメの親鸞聖人、韋提希の獲信シーンのようなハッキリスッキリ体験。


にあります。そのことは親鸞学徒信条に、

一、われら親鸞学徒は、人生の究極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得できることを信じます
一、われら親鸞学徒は、阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた親鸞聖人のみ教えを信じます。


とある通りです。死後の往生極楽も結構なことだが、それよりも何よりも現実のこの苦しみを救うてもらいたい。人生の目的を達成して絶対の幸福になりたい。「人間に生まれてよかった」という生命の大歓喜を獲得したい。このままでは何のために苦しい人生を生きてきたのか分からない。多くのものを犠牲にして親鸞会で活動してきたのか分からない。せっかくここまで求めてきたのに、何も獲られないで終わりたくはない。流した涙の一滴一滴が真珠の玉となってその手に戻るという、一切の苦労が報われる世界へ早く出たい・・・

要するに、会員は阿弥陀仏の願いを聞き受けようというのではなく、自分の欲望を叶えてほしい、叶えて下さいという気持ちで聞法し、活動しているということです。そのために辛くても、苦しくても、理不尽な目に遭ってもそこを耐え忍んでいるというわけです。とにかくこの世が「絶対の幸福」にならなければ死後の救いも無い、と教えられるので、自己の欲望とも相まってそのような「夢・幻のような現世の幸せ」を追い求めているのです。違いますか? そういう目的違いの人は救われないと教えられています。

寺参りしている人の目的が「死後の華降るお浄土」なら、会員はそれが「この世で、きわもない大功徳大利益を頂いて、幸せ一杯、満足一杯で生活させて貰えるようになる(※)」という「現世利益」に変化しただけです。この場合、前者はまだ欣求浄土の思いが見られますが、後者は浄土を願ってさえいないので、浄土真宗からは尚更遠いです。「浄土真宗」「親鸞」会と言いながら、その目的からして既にズレてしまっていることに、会員の皆さんは早く気付くべきです。


このように言いますと、あるいは、

・後生の一大事(無間地獄に堕ちるという一大事)の解決のためだ!

と反発する人もあるでしょう。しかし、これも浄土真宗の目的から幾分ズレてしまっています。こちらは、要するに地獄に堕ちたくないから、地獄行きを免れるために、ということでしょう。

確かに、死後の地獄が恐ろしいというのが浄土真宗を聞くきっかけにはなると思いますが、浄土真宗の目的はあくまでも自身の往生成仏(往相)と、仏果を得ての必然である衆生済度(還相)です。二度と迷わない身になりたいと出離を目指した上での18願他力の救いですから、ただ地獄を免れるために聞くというのは非常に程度が低く、真宗の目的にかなっていないと思います。

また、単に地獄行きを免れたかったら、わざわざ親鸞会で苦しい思いをせずとも神を拝めばよいのです。一生を費やして苦しい活動の日々を送った挙句、解決できずに後生無間地獄に堕ちて八万劫中大苦悩をひまなく受ける位ならば、神を拝んで蛇に生まれた方が比較にならないほどマシだというものです。

ところで、「後生の一大事」という用語においても、実際の意味と親鸞会で使われている意味とは随分と異なります。「後生の一大事」という語は主に蓮如上人が使われておりますが、上人が度々仰る「後生の一大事」という言葉は

(a)凡夫が浄土往生し、仏に成るという一大事。
(b)凡夫が浄土往生し、仏に成れるかどうかという一大事。


といった意味で使われていることがほとんどです。親鸞会のように

(c)信心決定していない者は必ず無間地獄に堕ちるという一大事。

という使われ方はされていません。それは高森信心の色眼鏡を外した状態で拝読すればよく判る事です。ちなみに、「信心決定せずに死んだならば、再び迷い苦しみの世界へ戻ることになる。最悪、地獄へ堕ちる」ことを「後生の一大事」ということは問題ありません。ただ蓮如上人は、「信心決定した人が死ねば、極楽往生でき弥陀同体のさとりを得て、永生の楽果を受ける」意味で「後生の一大事」の語を使われる事が多いようです。


親鸞会が「必堕無間」の意で「後生の一大事」を説く目的は会員の皆さんに獲信・往生して頂くためではなく、皆さんを利用して「打倒本願寺」「組織拡大」「会員倍増」といった「高森会長の私利私欲を満たすため」です。それは、往相の回向である真実の教行信証を説き与えずに化土の教行信証まがい、八万四千の法門まがいの邪偽の教行信証を授けていることからも十二分にお判りになるでしょう。

真実の教行信証」によって私達は真実の報土に往生するのです。「真実の行信」は如来回向の「念仏一行」であり、「至心、信楽、欲生」の「他力信」、本願に対して疑蓋無雑の「他力の一心」です。

化土の教行信証」によっては方便化土にしか往かれません。「化土の行信」は、行は19願の場合は「諸功徳」であり「定散二善」、要は「雑行」です。信心は「至心、発願、欲生」の「自力信」、「定散心」です。

邪偽の教行信証」によっては永く三途に沈むのみです。「邪偽の行信」は、行は親鸞会の場合は「助正間雑、雑行、悪業悪行」です。信心は「誰が何と言おうと高森先生に間違いない」という妄念妄信、「自力心」の者がほとんどで、救われたと言っている者でも話を聞いてみれば「創価学会の信心」の者ばかりです。

親鸞会では「化土の行信」を根拠として、それを「真実の行信」を獲得するために絶対必要な手段であるかの如く教え、その実「邪偽の行信」を吹き込んで会員を組織拡大に利用しています。「化土の行信」からは化土へしか往けませんから速やかにこれを捨てて、「真実の行信」を賜りなさいと教えられているのが親鸞聖人です。まして「邪偽の行信」などに執心していては迷いの世界を流転するという果しか得られません。

このようなことですから、高森教をまともに聞いていては報土化土どころか、三悪道は必至です。それどころか「自力念仏の者は必堕無間」と念仏誹謗して慚愧あることなしですから、必堕無間もあながち間違いとは言い切れないのであります。


絶対の幸福」などというのは決して浄土真宗の信心ではありません。それは「高森の信」「創価学会の信心」であって「自力の信心」ですから、そんなものを獲たい、幸せになりたいと思って、いくら高森教を「聞く一つ」と聞き続けていても「真実の行信」は獲られません。

専修にして雑心なるものは大慶喜心を獲ず「化身土文類」真門決釈

で、如来広大の恩徳を知ることができないのですから、専修にさえならず雑心極まりない者が大慶喜心を獲られないなど当たり前すぎるほど当たり前のことです。会員の皆さんは、聞いている教も、行も、信も、証も、全て間違っているから救われないのだと知って直ちに「高森の教行信証」を捨て、速やかに「真実の教行信証」に帰依して頂きたいと思います。

以上をもちまして、「ある会員が、高森顕徹会長の説く「聞く一つ」を信じていて、どう破ればいいのか」の問いに対する答えとしたいと思います。



【参照】
『21世紀の浄土真宗を考える会』「後生の一大事」といふ事
『飛雲』謗法罪の定義さえ知らない高森顕徹会長

(※)・・・『こんなことが知りたい①』p.21
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

浄土教の意味

そもそも仏教とは、どなたか失念したけど、

仏説教(仏が説く教え)
説仏教(仏を説く教え)
成仏教(仏に成る教え)

であり、まとめれば、仏教とは、仏が、仏について説く教えを拠り所として、自らが仏になる教えでと言われてました。
浄土真宗は救済という「救い」を説くのですが、この救済とだけして浄土真宗を把握することは鈴木大拙師がいうように「正覚と救い」を正確に理解していないことから生じるのかもです。
https://goo.gl/jQThgC

御開山は、この成仏というさとりを得ることはこの世では不可能だという断念から、現世でのさとりを目指す天台宗から、法然聖人の提唱された往生成仏の浄土教へ移行されたのでした。
御開山は浄土の徳として「真仏土巻」で、「常楽我浄」を示して下さいますが、親鸞会の提唱する絶対の幸福とは、この浄土での「常楽我浄」でした。

高森顕徹氏は誤解というか中途半端というか、全く御開山の示された意図を誤解したから、あほな教義を説くようになったのでした。これに騙されてこの世での絶対の幸福を得られると、高森顕徹氏の誤解を乗数的に誤解したのが親鸞会会員でしょう。
そもそも高森顕徹氏の浄土真宗理解は、浄土で仏陀のさとりを得るという浄土を無視して、浄土真宗の往生浄土の信心を、この世で絶対の幸福を得ることだと嘘から始まったのでした。

ともあれ、生きている限りは仏に成れないという煩悩の悲嘆から、浄土に於いて仏になることを期したのが、浄土教の歴史なのでした。
その意味では、現世に於ける「絶対の幸福」を説く高森顕徹氏の説く親鸞会の教義は、嘘だらけの、仏教の範疇にも入らない高森顕徹氏の妄想でした。正直に言えば、アホです。
親鸞会の顧問弁護士である小堀秀行さん、訴訟恫喝は止めましょうね。
http://yugaomemo.hatenablog.com/entry/2018/05/03/215515

というわけで、夕顔さんのブログは親鸞会の内部をえぐるので面白いな(笑

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ



Re: 林遊@なんまんだぶ様

> 生きている限りは仏に成れないという煩悩の悲嘆から、浄土に於いて仏になることを期した

そうですね。もしこの世で「絶対の幸福」とやらを目指すのなら、聖道門へ行って入聖得果すべきです。

なんまんだぶの名号を聞いて本願を信じたその時に正定聚に定まるという現益を打ち出されたのが親鸞聖人ですが、これを「絶対の幸福」だとか言って絶対に崩れない変わらない幸福だなどと提唱し、地獄の恐怖と無常・罪悪とでせめたて、他を皆間違いものだと情報統制し、助かる道はここ一つだと組織拡大にやっきになってきた、なっているのが親鸞会の歴史でしょう。仰る通り

> 嘘だらけの、仏教の範疇にも入らない高森顕徹氏の妄想

です。真宗に疎く、また現今の真宗はじめ仏教の退廃ぶり、僧侶達の堕落ぶりを見てきた、特に若年層にとってはこれに騙されてしまう者が少なくないのでした。

夕顔さんのブログは確かに面白いですね。興味をそそるような内容を短く書かれているので、ついついいくつも読んでしまいました。これを縁に親鸞会を離れ、浄土真宗に帰する方が一人でも現れてくれればと思います。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

ちは。
そうだよなぁ、と思いながら拝見しました。
俺もそうだったんですけど、親鸞会辞めた後も「俺の後生は地獄なんだ」と苦しまれている方は多いと思います。
阿弥陀さまの救いを求めてお念仏してる方が後生地獄なわけないじゃん、と俺は思ってるんですが、ここ半年以上、正信偈以外ではほとんど真仏土巻しか拝読してない為か、このあたりを上手く説明できません。
お時間があって気が向かれたらでいいんで、そのあたり記事にして頂きたいな〜なんて。
お願い、淳たん(こんな時だけw)

夕顔さんのブログ、拝見しました。
痛快。文豪。
応援してます(そういうの、いらないからと言われてしまいそうですがw)。

今日は夕方から本願寺にお聴聞行ってきます。
何から何まで頂いてばかりで、申し訳なくもお聴聞の日は本当に嬉しいです。

南無阿弥陀仏

Re: R1000様

> 俺もそうだったんですけど、親鸞会辞めた後も「俺の後生は地獄なんだ」と苦しまれている方は多いと思います。
> 阿弥陀さまの救いを求めてお念仏してる方が後生地獄なわけないじゃん、と俺は思ってるんですが、ここ半年以上、正信偈以外ではほとんど真仏土巻しか拝読してない為か、このあたりを上手く説明できません。
> お時間があって気が向かれたらでいいんで、そのあたり記事にして頂きたいな〜なんて。
> お願い、淳たん(こんな時だけw)

承知(^ω^)
必堕無間の呪縛にかかって、酷い人などまた舞い戻ってしまいますからね・・・まして、それを彼らは「真実の杭は抜けない」などと言っているのですからホント恐ろしいです。

詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。本願他力をふかく信ぜんともがらは、なにごとにかは辺地の往生にて候ふべき。このやうをよくよく御こころえ候うて御念仏候ふべし。(末灯鈔12通)

と親鸞聖人は仰り、お念仏申していても本願を信じられない者は辺地(化土)へ生まれると仰っています。

> 阿弥陀さまの救いを求めてお念仏してる方が後生地獄

なんて言うのは、念仏が無善根・無福徳だと思っている何よりの証拠です。そんな風に思って人をも惑わしている者が念仏誹謗の報いを受けるのでしょう。

そうは言っても自分は後生地獄だと内観して怯えている人はあると思います。そういう人こそ本願のお目当てです。直ちに本願招喚の勅命を受けて安心して頂きたいですね。自分の方には助かる手掛かりがないから、如来がなんまんだぶを回向して下さる。それを私達は手あかをつけずにご回向のなんまんだぶを称するのみです。

ただ、聖人は化土往生を誡め、報土往生、つまり本願を疑い無く深く信じて念仏せよとばかり教えられています。もちR1000さん他皆さんご存知でしょうが、どなたが見ているか分からないので書いておきます。

R1000さんは真仏土巻すか。俺は行巻ばっかり読んで、お念仏して、また読んで、お念仏して、真実行の意味を考えてますね。罪の深い、法味の無い生活を送っている俺が、通勤中も、運転中も、仕事中もお念仏を申して法に浸されています。ようやく有難さ、法の喜びというものが分かってきたという気がします。


> 今日は夕方から本願寺にお聴聞行ってきます。
> 何から何まで頂いてばかりで、申し訳なくもお聴聞の日は本当に嬉しいです。

それを「おかげさまで」と言うのでしょう。有難いご縁ですね。私は今日も休日出勤させられてましたが、自分の念仏、子供達の念仏を聞いて信心歓喜したいと思います。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

レス、速。
有難うございます。

お聖教を確認し、俺も行巻に取り組んでみようと思います。

さっき御説法が終わりました。
どこから来たのか分からない、死んでどこへ行くかも分からない真っ暗な人生だった自分に仏となるんだよ、と阿弥陀さまは告げて下さいました。
とんでもない幸せな身に救って頂いたのに、善知識、お同行方がいないと俺、絶対生き方間違えるわと思いました。
おかげ様に報いる生き方、未熟な俺には難しいですが、お同行方と共にお浄土への人生を歩んでいきたいと思います。
しばらくの間、よろしくお願いしますね。

南無阿弥陀仏

Re: R1000様

> どこから来たのか分からない、死んでどこへ行くかも分からない真っ暗な人生だった自分に仏となるんだよ、と阿弥陀さまは告げて下さいました。

俺なんかきっと、地獄でのたうち回っていたところを阿弥陀仏の光明に照らされて、ちょっとの間休息を得て人間界に来たのかも知れません。煩悩しかない、悪ばかりの私が仏に成る。有難いじゃないですか。それだけじゃない。

ここをもつて極悪深重の衆生、大慶喜心を得、もろもろの聖尊の重愛を獲るなり。(信文類)

諸仏に「わが心にかのうたもの」とお褒めを頂けるんですから。


> とんでもない幸せな身に救って頂いたのに、善知識、お同行方がいないと俺、絶対生き方間違えるわと思いました。
> おかげ様に報いる生き方、未熟な俺には難しいですが、お同行方と共にお浄土への人生を歩んでいきたいと思います。
> しばらくの間、よろしくお願いしますね。

実は俺、如来広大の恩徳を感じ、それに少しでも報いたいと思うようになってきたのはここ最近の話です。やっぱり罪が深かったのか、病院にはかからなかったがやはり鬱だったのか、しばらくは喜びがほとんどなく、「死にたい」と思う時がけっこうありました。だからというのもあれですけど、俺より精神状態ひどいであろうR1000さんなんか尚更だと思いますよ。

おかげさまでと御恩を感じられないと、あるいは感じられても肉体的精神的に異常だと、御恩に報いようと言っても苦しいばっかりですから、そこは無理をしないで下さい。お念仏を申し、お聴聞し、同行と法の喜びを語り合ってなむなむとやる。それだけで阿弥陀さまは喜んで下さるんじゃないかと。

俺も御恩に報いる生き方に全然なっていません(*_*; が、私は私なりに、R1000さんはR1000さんなりに、ぼちぼちとお念仏しながらやっていきましょう。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード