あれ、この言葉、どっかで見た覚えが・・・

最近、とある配達先の年配の女性がよく日蓮○宗のパンフレットを渡してきます。この前も受け取ったので、ちょっと中身を読んでみると、あれ、この言葉、どっかで見た覚えが・・・

 日蓮大聖人は、
  「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知ら
   んと欲せば、其の現在の因を見よ」(開目抄・御書571㌻等)
とのお経文を引かれて、・・・
(以下省略)

     ↕

仏教では、

 「過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ。
   未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ」(因果経)

と教える。



また、この言葉も、どっかで聞いた覚えが・・・

日蓮大聖人のご本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えるとき、
(中略)苦悩の人生は歓びの人生へと必ず変わっていくのです。


     ↕

阿弥陀仏の大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わる。


まさかパクリ!? いや、私の勘違いですかね(;^ω^) それにしてもよく似てるなぁ。



【参照】
『21世紀の浄土真宗を考える会』因果経
『親鸞会公式ホームページ』宗教は何を救う!?
『親鸞会公式ホームページ』親鸞聖人のただ一つ説かれた「なぜ生きる」の答え
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

おひさしぶりです、Abcです。

仏教では、
 「過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ。
   未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ」(因果経)
と教える。
(親鸞会 オフィシャルホームページ)

※こちらは教学聖典1-21に記されている事柄です。

このように、親鸞会において「浄土教以外の文言(雑行の教え)」を記す場合、
「仏教」と記します。

また『因果経』につきまして、
>ただし、平安時代の説話集『日本現報善悪霊異記』(『日本霊異記』)の中に
>“『善悪因果経』に「例の言葉」と説かれている”
>と書かれていると言う人(日蓮正宗系の人)もいますが、真偽のほどはどうでしょうか?

>いずれにせよ
>「勿論、一切経(経典)に出ていない言葉である。」
>ことは動かせない事実です。
 『21世紀の浄土真宗を考える会』因果経 より

とありますとおり、「一切経(経典)に出ていない言葉」であることに変わりはありません。

少し話がズレてしまいましたが、彼らが言う「仏教」についてこのようなものもあります。

・「仏教」の根幹である因果の道理を書け。
  ・善因善果 悪因悪果 自因自果
『教学聖典 1-17』

・「仏教」は後生を否定する「断見外道」でも、後生変わらぬ魂が存在するという「常見外道」でも無いことを説かれた経文と根拠を示せ。
  ・因果応報なるが故に来世なきに非ず、無我なるが故に常有に非ず。『阿含経』
『教学聖典 1-20』

※別の宗教団体で「阿含宗」というものが既にあります。彼らはこの設問にて「阿含宗の教え」を平然と持ってきております。しかし、親鸞、源空は『浄土三部経』以外の読誦は「雑業である」と言われております。

以上のことより、彼らは「仏教」と称して「浄土教以外の教え」を出されていることが解るかと思います。

Abc

『大正新脩大藏經』

高森顕徹氏は、まさか全文検索が可能な『大正新脩大藏經』がネットで誰でも利用できるとは夢にも思わなかったのかな。
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/index.html

で、『口伝鈔』の「欲知過去因」ですが、検索すると『法苑珠林』にヒットします。
https://goo.gl/go8t1V

『口伝鈔』では、光明と名号は往生の因であり縁であることを、宿善として述べているのでした。
御開山は「聖道」の経典も引文されるのですが、それは浄土教の意が顕されていると判断なさったときであって、文は引かれますが義は引かれません。分引し訓点も変えられることが多いですね。
そして分引などによって元の経・論・釈の意味と全く違う世界を展開しておられます。分引によって創作しておられるのでしょう。
その点、本願寺派の註釈版は、御開山の読みかえが脚注に記してありますから便利です。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

Re: Abc様、林遊@なんまんだぶ様

コメントありがとうございます。

今回は、高森教の論拠がいい加減なものであることを取り上げました。この記事はどちらかと言うと、教義の誤りを検証中の方へ向けてです。これを機会に親鸞会教義の誤りと正しい浄土真宗について知って頂ければと思います。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・

パクリですし,しかも…

伝統仏教教団でこの経文を引用すると、かなり以前から部落解放運動関係者の怒りと糾弾を招く言葉でもあります。ということは、親鸞会にせよ、日蓮○宗にせよ、糾弾に行っても糠に釘であると部落解放運動関係者の間では認識されているのでしょう。

Re: 観察者様

まず経典の言葉か怪しいです。また、仰るような内容の問題も出てくるでしょうね。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード