FC2ブログ

【考察】なぜ無碍光如来の名を称することが「大行」なのか(4)

実は「行文類」の冒頭に、はや私の問いの答えが示されています。

Q. なぜ無碍光如来の名を称することが「大行」なのか?
A. 「往相の回向」だから。


念仏は私が称えておりながら私の行ではなく、阿弥陀仏の願いが届いたすがたです。名号が自ずからはたらいて信心となり、称名となって現れてくる。これら全てが往相の回向によるもの、私達の力は全く要せず、ただ本願の独用(ひとりばたらき)によってなさしめられるものです。こうした本願のはたらきをそのまま受け容れ、はたらきのままに出てくる念仏だから、その称名を「大行」と言われるわけですね。


これだけで十分有難いですが、もっと聖人のお言葉を通して「大行」の所以を探っていきたいと思います。

しかるにこの行は大悲の願(第十七願)より出でたり。すなはちこれ諸仏称揚の願と名づく、また諸仏称名の願と名づく、また諸仏咨嗟の願と名づく、また往相回向の願と名づくべし、また選択称名の願と名づくべきなり。「行文類」大行釈

ここでは、無碍光如来の名を称するという「大行」の出処はどこにあるのかということを述べられています。それは、阿弥陀仏の第17願だというのです。行の根拠を第17願から持ってこられたのは親鸞聖人が初めてです。善導さまも法然聖人も行の根拠は第18願の「乃至十念」であり、こんなことは仰せられていません。

『WikiArc』十七願文の文意

には法然聖人と聖覚法印が第17願を扱っていることが書かれていますが、17願は名号を往生の因とすることを一切衆生にあまねく聞かせるために建てられたのだと言われており、行の根拠としてではありません。それもそのはずで、第17願には

たとひわれ仏を得たらんに、十方世界の無量の諸仏、ことごとく咨嗟して、わが名を称せずは、正覚を取らじ。

と、十方諸仏が我が名を称する、つまり阿弥陀仏の名号を褒め称えることを誓われています。十方諸仏に関係した願であって、我々の行がどうだとか、お念仏がどうだとかそんなことは言われていません。

第17願は諸仏に関係した願ですから、これを「諸仏称揚の願」「諸仏称名の願」「諸仏咨嗟の願」と名づけると仰っています。この3つの願名は先人によってすでに呼称されてきたものです。称揚も称名も咨嗟も褒め称える、称讃するという意味ですから、これらは17願文から見てもごく自然な呼び名です。


ところが、その後の「往相回向の願」「選択称名の願」という2つの願名は聖人が独自に付けられた名前です。だから「名づくべきなり」、こうとも言えると仰っています。

前の3つの願名からは諸仏、諸仏、諸仏と、諸仏に関係した願であって、我々には無関係なことと思われますが、「往相回向の願」と言われると急に意味合いが変わってきます。第17願は諸仏に関係した願でありながら、同時に私達に下さる願なんだ。諸仏が南無阿弥陀仏を褒めるというのは、そのまんま私に下さるために褒められるんだとこういうことなんですね。

選択称名の願」と言われると、ますます私達の為だということがハッキリしてきます。「選択」とついたら、若干の例外はあるものの大抵は第18願を指します。標挙の文に「選択本願の行」とありますが、これは第18願の行ということです。第18願の行と言ったら「乃至十念」の念仏しかありません。

こうなってくると、私達がなんまんだぶなんまんだぶと称えるということは、諸仏が南無阿弥陀仏を称讃する、褒め讃えるということとおんなじことなんだということになってきます。諸仏と私達凡夫と、褒める口には大変な違いがあるけれども、褒められるのは南無阿弥陀仏で一緒なんだ。私達が念仏することは、そのままで仏の行とおんなじ位に属するものなんだというのですから驚きです。念仏することの価値をそこまで高められたのが、親鸞聖人という御人なのです。


このことは『大無量寿経』の本願文からだけでは出てこないでしょうが、本願成就文と『大無量寿経』の異訳経、また先ほどのリンク先にある法然聖人や聖覚法印などの様々な論釈の文から、親鸞聖人は「」を第17願から出たものと見られたのではないかと思われます。

本願成就文(第17願成就文、第18願成就文)
十方恒沙の諸仏如来は、みなともに無量寿仏の威神功徳の不可思議なるを讃歎したまふ。あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜せんこと乃至一念せん。至心に回向したまへり。かの国に生れんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住せん。ただ五逆と正法を誹謗するものとをば除く。

『平等覚経』の第17願(『大無量寿経』の第17願と第18願)
十七に、我作仏せん時、我が名をして八方・上下の無数の仏国に聞かしめん。諸仏各々弟子衆の中にして、我が功徳、国土の善を歎ぜん。諸天・人民・蠕動の類、我が名字を聞きて、皆悉く踊躍せんもの、我が国に来生せしめん。爾らずば、我作仏せず。

『大阿弥陀経』の第4願と第5願(『大無量寿経』の第17願と第18願)
それがし作仏せしめんとき、わが名字をもつてみな、八方上下、無央数の仏国に聞かしめん。みな諸仏おのおの比丘僧大衆のなかにして、わが功徳・国土の善を説かしめん。諸天・人民・蜎飛・蠕動の類、わが名字を聞きて慈心せざるはなけん。歓喜踊躍せんもの、みなわが国に来生せしめ、この願を得て乃し作仏せん。この願を得ずは、つひに作仏せじ。

某、作仏せしめん時、八方上下、諸の無央数天人民。及び蜎飛・蠕動の類、若し前世の悪を作し、我名字を聞きて、我国に来生せんと欲ん者は、即便(すなわち)反政し自ら悔過し、道の爲に善を作し、便ち経戒を持して、願じて我国に生れんと欲して、断絶せざらしむ。寿終りて皆な泥犁・禽獣・薜荔に復(かえ)らざしめて、即ち我国に生れて、心の所願に在らしめん。是の願を得て乃し作仏せん。是の願を得ずは終に作仏せじ。


このように並べてみると、単に諸仏が南無阿弥陀仏の名号を褒め讃えるだけでなく、衆生が名号を聞くという点で、本願成就文と『平等覚経』、『大阿弥陀経』の本願文とがピタッと一致します。

これらを伺いますに、諸仏が称讃し称揚する阿弥陀仏の名号のはたらきを「」といい、そのはたらきによって衆生が名号を聞いて領受した、信心歓喜した、歓喜踊躍したのを「」といい、「」を第17願に、「」を第18願に配当されたのではないかと思われます。一方は諸仏に関係した願、一方は衆生に関係した願でありながら、南無阿弥陀仏の「名号」「名字」という点で両願は共通しています。

同じ南無阿弥陀仏を、諸仏は聞かせるために褒め讃え、衆生は聞いて領受する。そして、衆生の口から称えられても仏の位に属する性質を失わない、衆生を間違いなく往生成仏させるはたらきを具えた南無阿弥陀仏ですから、まさに無碍光と称するに相応しい「威神功徳の不可思議」であります。

やはり(17願成就文を含めた)本願成就文を中心とした本願観からこそ、「往相の回向」である「大行」、「大信」が明らかになり、これら「真実の行信」をもって「真実の証」を得るという教行信証の四法が顕されたのではないかと考察されます。こんなことを言っているとまたなんやかんやと言われそうですが、私にはどうもそのように思えてなりません。


今回は一旦ここで切り、また別記事にて続きを書きたいと思います。


【参照】及び【参考文献】
『WikiArc』10 大行・真実行
『鹿鳴山 願生寺』浄土真宗の行
「教行信証を読む」(桜井鎔俊)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

sub title: 『教行証』の各標挙からみる考察

こんにちは。Abcです。
※この考察は一部私見が入っております。

大無量寿経 - 教巻
 この書物に48願が含まれている。また同書内にて「真実の教を顕さば、即ち『大無量寿経』これなり」とあるとおり、「真実の教」とされている。

諸仏称名の願 - 行巻 (17願)
 このエントリーやその直前のエントリーで淳心房さんが言われている通り、17願であり18願であります。このエントリーの最後のところに、

>諸仏が称讃し称揚する阿弥陀仏の名号のはたらきを「行」といい、そのはたらきによって衆生が名号を聞いて領受した、信心歓喜した、歓喜踊躍したのを「信」といい、「行」を第17願に、「信」を第18願に配当されたのではないかと思われます。(淳心房さん)

といわれている所かと思います。『和讃』には、
十方微塵世界の 念仏の衆生みそなわし
 摂取して捨てざれば 阿弥陀となづけたてまつる

信心歓喜慶所聞 乃曁一念至心者
 南無不可思議光仏 頭面に礼したてまつれ

等々記されている通りです。余談ではありますが『和讃』というものは、『法句経』として古来からあるものに形式を倣い作られたものであります。
『教行証』が『広本』といわれるように事細かに記されているのに対し、『和讃』は信心の行者がとなえやすいように比較的簡潔に記されております。
また「偈」に関しましては、『讃仏偈』とあるように、事細かにとは言わないまでも「和讃」よりかは、細かく記されております。親鸞は同書内にて『正信念仏偈』として「偈」を記されて織りますが、上述した通りかと思います。

至心信楽の願 ー 信巻 (18願)
この巻には別序が備わっており、このことからも18願が浄土教において重要な立ち位置にあることがわかるかと思います。ただ、この「信」ということだけを重要視してしまうと誰かさんのように「念仏ないから信心ひとつ」となってしまいます。 『和讃』には、

恒沙塵数の如来は 万行の少善きらひつつ
 名号不思議の信心を ひとしくひとへにすすめしむ

とございます。こちらは端的にいますと「19,20願の自力による行いをきらわれ、17,18願の他力による行いをすすえられた」ということです。

必至滅度の願 - 証巻 (11願)
この願に関しましては、『和讃』に、

信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり
 自然はすなはち報土なり 証大涅槃うたがはず

とあり、ここに「信巻標挙:念仏成仏自然なり」、「証巻標挙:証大涅槃うたがはず」および「真佛土巻標挙:自然はすなはち報土なり」とあります。これらはすべて「弥陀回向(願作回向、本願力回向)」でありますから「これこれがこの願の範疇である」とはいえません。

光明無量の願 寿命無量の願 ー 真佛土巻(12,13願)

この巻には、はじめに
 「つつしんで真仏土を案ずれば、仏はすなはちこれ不可思議光如来なり、土はまたこれ無量光明土なり。しかればすなはち大悲の誓願に酬報するがゆゑに、真の報仏土といふなり。すでにして願います、すなはち光明・寿命の願(第十二・十三願)これなり。」
とあるように弥陀の「不可思議光、無量寿光」によってつくられた報土であります。以下は私釈ではありますが、
1 阿弥陀仏によって作仏(成仏)させていただく
2 それによって「ほとけ」となられて、阿弥陀仏を褒め称える
3 そのことが第十七願 「諸仏称名の願」となり、行巻につながっていく

ではないかと思います。また「還相回向」(22願、23願)も『正信念仏偈』内に、
 「往還回向由他力」 とありますように弥陀回向のひとつであります。
また、『和讃』には、

南無阿弥陀仏をとなふれば 観音・勢至はもろともに
 恒沙塵数の菩薩と かげのごとくに身にそへり

とございます。ですから私は「善光寺式一光三尊弥陀如来像」を「願に依りて衆生に示現されているおすがた」とみておりますし、『観経』内での一光三尊もそのようないわれとみております。また「わが三尊は塵沙界を化す」というお言葉もそのように見ております。

至心発願の願 至心回向の願 - 方便化身土巻(19,20願)
 この巻に対応する『和讃』としまして、「仏智不思議の弥陀の御誓いを疑う罪咎を知らせんと顕せるなり」とある『正像末法和讃 誡疑讃』がございます。一例をしまして一首記しておきます。

自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがへば
 自業自得の道理にて 七宝の獄にぞいりにける

「自力の行者は、他力を疑っているから 因果の道理で七宝の獄に往くのだ」です。誰かさんが好きな「因果の道理」です。


おわりに

こうやって、記してみたものを再確認しますとどれも「他力回向なのだなぁ」といよいよ知らされます。これを読まれる方も「他力回向」の縁(えにし)にて決定していただきたいです。

なもあみだ なもあみだ
Abc

Re: Abc様

ありがとうございます。

各巻の標挙の文をおさえておけば、親鸞会のような信心獲得を目指して善をやれなんて教義に惑う可能性も大分無くなります。そして、全て他力の回向による救いであり、私はただその回向をそのまま受け容れるのみだと知られますね。

私も、ご縁があって当ブログをご覧の方々が本願を疑い無く信じて念仏されるよう願っています。なもあみだ、なもあみだ、なもあみだ・・・
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード