FC2ブログ

親鸞会の会員は、自力か他力かを論ずる以前の問題の人達

高森顕徹会長の信心は他力どころか自力の信心でもない「創価学会の信心」であることが

『飛雲』親鸞聖人が問題にされた自力の信心の範疇にさえも入っていない高森顕徹会長の信心

に分かりやすく書かれています。これを読んでいよいよ親鸞会の会員は、自力か他力かを論ずる以前の問題の人達であることが知らされます。それは、教えを教行証の三法で顕すことによってより鮮明になります。

まず聖道門では、大雑把に各宗所依の経典や菩薩の論、また開祖の教えを基に、そこに説かれている通りの修行をしてさとるという教えです。ですからその教行証は

教 - 各宗所依の経典(法華経や華厳経等)
行 - 諸善万行
証 - さとり(究極的には仏のさとり)


です。次に浄土門では、自分はとても聖道の修行によってはさとれないと知って、阿弥陀仏の本願によって次の生に浄土に往生してさとろうという教えです。浄土門にも色々別れますが、今は、第18願によって救われようとする宗派に限定します。第18願の行は「念仏一行」、証は死んで後に浄土に往生してさとるというものです。法然聖人は『選択本願念仏集』において浄土宗の教行証を

教 - 大無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経、浄土論
行 - 念仏一行
証 - 往生浄土


とされています。速やかに迷いの世界を離れようと思うなら、聖道門を閣きて浄土門に入れ。雑行(諸善万行)を抛てて正行に帰せよ。助業を傍らにして「念仏一行」を専らにせよ。必ず浄土に生まれることができる。なぜなら阿弥陀仏が本願においてそう誓われているからだ、と「三選の文」には

それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。

と教えられています。『選択集』では、聖道諸宗が修行してさとるという諸行の法に対して浄土宗は念仏の法、念仏によってさとるのだと、念仏が阿弥陀仏の唯一選択された至易最勝の法であることを行行相対して明らかにされています。こうした法然聖人の教えを受けて、親鸞聖人は

「南無阿弥陀仏[往生の業は念仏を本とす]」

のお言葉と共に「三選の文」を「行文類」に引文され、浄土真実の行は「念仏一行」であると教えられています。ですから、浄土真宗では「念仏一行」が当たり前なんです。浄土真宗を教行証の三法で示せば、

教 - 大無量寿経
行 - 念仏一行
証 - 往生成仏


です。親鸞会の会員は浄土真実の行である「念仏一行」を差し置いて「高森の行」を重んじているのですから、そんな人々は浄土宗でも浄土真宗でもない、創価学会亜流の一宗教団体の構成員であることが明らかです。


さて、それで、「念仏一行」を専らにする念仏者を自力と他力に分けたのが親鸞聖人です。同じく念仏していても、念仏を自分の善根だと思い、それを積み重ねて往生しようというのは自力で、報土往生はできない。他力というのは「必ず浄土に迎えるから、安心してまかせなさい」という本願の仰せを疑い無く信楽することだと、

おほよそ大小聖人、一切善人、本願の嘉号をもつておのれが善根とするがゆゑに、信を生ずることあたはず、仏智を了らず。かの因を建立せることを了知することあたはざるゆゑに、報土に入ることなきなり。「化身土文類」真門決釈

 それ浄土真宗のこころは、往生の根機に他力あり、自力あり。このことすでに天竺(印度)の論家、浄土の祖師の仰せられたることなり。
 まづ自力と申すことは、行者のおのおのの縁にしたがひて余の仏号を称念し、余の善根を修行してわが身をたのみ、わがはからひのこころをもつて身・口・意のみだれごころをつくろひ、めでたうしなして浄土へ往生せんとおもふを自力と申すなり。また他力と申すことは、弥陀如来の御ちかひのなかに、選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。
『末灯鈔』2通

弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。本願他力をふかく信ぜんともがらは、なにごとにかは辺地の往生にて候ふべき。『末灯鈔』12通

と教えられています。自力の念仏者は仏智を疑う罪によって化土にとどまるとこれを誡め、明らかに仏智を信じる他力の念仏者となって報土往生を遂げなさいと勧められたのが親鸞聖人です。その最も顕著なのが誡疑讃でしょう。23首に亘って仏智疑惑、自力疑心を誡め、仏智の不思議をたのめと仰っています。


ここで大事なのが、先ほども申し上げたように

念仏一行」を専らにする念仏者を自力と他力に分けたのが親鸞聖人

ということです。他力と自力の違いを『飛雲』より引用しますと、

他力の信心=念仏を称えて往生できると深く信じた心
自力の信心=念仏を称えて往生できると浅く信じた心


です。他力の信心と自力の信心の違いは

本願を深く信じているか、浅く信じているか
本願を疑い無く信じているか、疑いが雑じっているか
仏智を明らかに信じているか、疑惑しているか


であり、他力の信心と自力の信心に共通することは

念仏を称えて往生できると信じた心
往生には「念仏一つ」と専ら念仏を称えていること


です。上に示したように

行 - 念仏一行

というのは、他力の信心と自力の信心で共通なのです。そこに、

他力信 - 疑蓋無雑、明信仏智
自力信 - 疑蓋間雑、不了仏智


という違いを峻別し、強調されたのが親鸞聖人ということです。自力と言えば聖道門、他力と言えば阿弥陀仏の本願という程度の認識しかないのが会員でしょうが、親鸞聖人が問題にされたのは

「念仏一行」を行ずる際の信心

です。その信心が、法然門下や同行の方々の間で異なっていたので、

かなしきかなや、さいはひに念仏しながら、直に報土に生れずして、辺地に宿をとらんこと。一室の行者のなかに、信心異なることなからんために、なくなく筆を染めてこれをしるす。なづけて『歎異抄』といふべし。外見あるべからず。『歎異抄』後序

と『歎異抄』の製作者は書いています。現代語訳を読めば分かると思いますが、

幸いにも念仏する身となりながら、ただちに真実の浄土へ往生しないで、方便の浄土にとどまるのは、何と悲しいことでしょう。同じ念仏の行者の中で、信心の異なることがないように、涙にくれながら筆をとり、これを書いたのです。「歎異抄」と名づけておきます。同じ教えを受けた人以外には見せないでください。

このように、同じ念仏の行者の中で、化土へとどまる者がいることを嘆いて、泣く泣く筆を執ったというのです。これは「一室の行者のなか」の人々へ向けて書かれたもので、同じ教えを受けた人以外には見せないようにとあります。では、「念仏一行」どころか助正間雑、雑行、悪業悪行という「高森の行」に執心してこれを修める者達が「一室の行者のなか」に入るのかどうか。もはや論ずるまでもありませんね。


一室の行者のなか」にさえ入っていないのに、親鸞聖人の信心と同じだとか、同じ信心になりたいなど片腹痛いというものです。そんな「一室の行者」でない者がそのふりをして「外見あるべからず」と注意書きされている『歎異抄』を解説した本や映画を世に出しても、カミソリ聖教の異名の如く自他共に傷つけるだけです。もしも、親鸞聖人と同じく「真実の行信」を獲て「利他円満の妙位、無上涅槃の極果」をさとろうというのなら、ただちに「高森の行」を捨てて、「念仏一行」を一心に称えるべきです。

おほよそ聖教には、真実・権仮ともにあひまじはり候ふなり。権をすてて実をとり、仮をさしおきて真をもちゐるこそ、聖人(親鸞)の御本意にて候へ。『歎異抄』後序

とあるように、方便の教えを捨てて真実の教えを用いよと『歎異抄』でも言われています。まして邪偽の教えなんか捨て去るのは当たり前の当たり前の話です。高森会長は真実の教えを用いず、邪偽の教えを説き与えて会員を利用・搾取することしか頭に無いことを、会員の皆さんはどうか気付いて頂きたいと思います。



【おまけ】
ちなみに高森教の教行証は以下の通りです。

教 - 高森の教(映画『なぜ生きる』を代表した高森顕徹会長の製作物)
行 - 高森の行(助正間雑、雑行、悪業悪行)
証 - 高森の証(絶対の幸福)


詳しくは高森の教行信証のカテゴリに示しています。聖道門でも浄土門でも成仏が目的なのに、高森教はそうではありません。仏教以前の、一新興宗教であることが明らかです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日、行巻を読み終わりました。

飛雲さんのブログを最初から全部読ませて頂いた時も思いましたが、改めて「親鸞会、終わってた」と再確認しました。
飛雲さんも度々書かれていましたが、高森会長は顕浄土真実教行証文類を読んだ事がないですね。
勿論、部分的に目を通したことはあるでしょうが、全く読めてないです。
この記事の通りだと思いました。

親鸞会時代の名残りなのか今まで「正信偈」と言っていたのですが、これからは「正信念仏偈」と正しい言葉遣いに改めようと思いました。
どっちでもいいっちゃいいんでしょうけれど、元信者である俺からすると、会員さんってあまりにもお念仏を軽視してるように思うから。


最近はなんか楽になって具体的に自殺を考えてはいないけど、毎朝のように「今日、無常が来ないかな。もう魔郷にはいたくない」と目が覚める度に思います。
何ヶ月か前は未遂に終わったけど、最後にタバコ2本吸って。その時も特にこの世に対する未練も想い浮かぶ誰かの顔もやり残したこともなかったな。

こんな奴でも阿弥陀さまは決して見捨てられませんでした。
薄々は感づいてる会員さんも少なくないと思うけど、会長の言う「絶対の幸福」なんてありませんよ。
「なれば分かる」と答える人は「嘘です。適当こいてます」と言ってるようなもんです。
本当にその身になってるならありのままを言葉にすればいいだけじゃん。
度々、同じことを聞かれたらボロが出るから言えないだけです。

「もしまたこのたび疑網に覆蔽せられば、かへってまた曠劫を経歴せん。誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ」

往く先は光明無量、寿命無量の境涯ですよ。
命ある限り、臨終の人でも助かる阿弥陀さまの救いです。
色々あるのは分かるけど、遅すぎるという事は決してないので、会員さんには正しい浄土真宗を知って頂きたいと切に思います。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏












Re: R1000様

お疲れ様でした。時間があれば、何度でもお読みすることをお勧めします。噛み締めて味わうほど味が出てきます。『選択集』、『教行証文類』はお念仏の尊さ有難さが溢れるばかりに書かれていて、俺には念仏以外に他の方便はないし行ずることもないなと知らされます。如来広大の恩徳を報ずるにも、詮ずる所お念仏よりありません。

読んでるのか読んでないのか、読めてるのか読めてないのか、本当のところは分かりませんが、まぁまこと誓願一仏乗の教えに生きる人ならあんな教えは説きませんな(*_*; 浄土真宗と高森教のあまりの違いに驚きあきれるばかりです。

「正信念仏偈」とお呼びした方が良いかも知れません。『浄土文類聚鈔』では「念仏正信偈」ともありますし、念仏と正信は切り離せないものですからね。念仏を軽視し、信心ばかりを強調していくと、あんな訳の分からない現世利益の宗教になるのかも知れません。

仰る通りで、会員は念仏を軽視し、高森の行を重視しています。近藤智史元講師が本堂の仏壇で念仏していた時、二人ほどの講師が「近藤さん念仏しても助かりませんよ」と笑って過ぎて行ったということが、

yugaomemoの日記
http://yugaomemo.hatenablog.com/entry/2018/01/21/043015

に書かれています。「(無功徳の)念仏しても助かりませんよ」という思いだから出た言葉でしょう。

「絶対の幸福」は創価学会の信心ですね。往生すべき身と定まったことと、この世を安心し切って生活することは違います。この世は信後であろうと無常であり、本当の安心、満足、幸福はありません。加えて私は罪悪生死の凡夫であり、まことはありゃしません。そのような私に南無阿弥陀仏という円融至徳の嘉号が至り届いて往生すべき身と定まる。これを喜ばして頂くのですが、人間はそれよりも「絶対に崩れない変わらない幸せ」の方に魅力を感じるようですね。


とにかく、専ら念仏に仕え、ただ念仏の信を崇めていきましょう。聴聞し、お念仏申すのが一番の仏恩報謝です。そうやってR1000さんが法を喜ぶ背中を見て、本願力に遇う方もきっとあるでしょうから。まぁ無理をせずに日々を過ごしていって下さい(^^)

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

Re:R1000さん

こんばんわ、Abcです。

>親鸞会時代の名残りなのか今まで「正信偈」と言っていたのですが、これからは「正信念仏偈」と正しい言葉遣いに改めようと思いました。
どっちでもいいっちゃいいんでしょうけれど、元信者である俺からすると、会員さんってあまりにもお念仏を軽視してるように思うから。

私は会にいたころから『正信念仏偈』ともうしておりました。R1000さんの言われる通り、「念仏ないから、信心ひとつ」と言われている会では軽視することが常となっております。

ここでいくつかの書とその別名を記して行きたいと思います。

天親(世親)菩薩著 『浄土論』(『往生論』)
曇鸞大師著 『浄土論註』(『往生論註』)

善導大師著 『観無量寿経疏』(『観経疏』 『観経四帖疏』)

法然(源空)著 『選択本願念仏集』(『選択集』)

親鸞(善信 綽空)著 
『顕浄土真実教行証文類』(『教行証』 『教行信証』 『御本典』 『広本』など)
  『教行証』内 『正信念仏偈』(『正信偈』)
『浄土文類聚鈔』(『略本』)
  『浄土文類聚鈔』内 『念仏正信偈』(『文類偈』)

少し乱暴な節があるかもですが、ご参考にしていただけると幸いです。

なもあみだ なもあみだ
Abc

まさにタイトル通りの出来事でした。

こんにちは、お世話になってます。先日友人である会員との会話でこう言われました。「お前は信心決定していると言っているのに、お前より俺のほうが、商売繁盛しているし家族も幸せだぞ。因果の道理間違いなしだぞ!」「お前の5年後10年後のが楽しみだ、結果に出るぞ!」と。既に彼とは最近は真宗の教義の話にもならなくて、(しようとしても俺には教学はないので知らないと逃げる)、それを、こういうことがあったと脱会者に言うと、「学会ですか」と言われました。確かにそう思えますね。ですが紛れもない会員歴がとても長い人のセリフですよ。もはや真宗でもなんでもない絶対の幸福教ですね。また「親鸞聖人は昔の人で、教えはよく分からないが、今は高森先生が現代の私に、わかりやすく教えてくれている」と、親鸞聖人まで否定してます。この構図は学会そっくりですね。このような会員がいるということは高森はそういう意味では思惑通りに成功したといえるでしょうね(笑)

Re: チュウビ様

> 「お前は信心決定していると言っているのに、お前より俺のほうが、商売繁盛しているし家族も幸せだぞ。因果の道理間違いなしだぞ!」「お前の5年後10年後のが楽しみだ、結果に出るぞ!」

笑えますね。信心を獲ているかどうかと現在自分の身に起こっている幸不幸、貧富等の果報は無関係なんですが、高森教徒は分からないのでしょう。学会ですかと言われても仕方ないレベルです。高森会長が創価学会の信心を説き続けて60余年ですから当然と言えば当然なんですけど・・・。

> 「親鸞聖人は昔の人で、教えはよく分からないが、今は高森先生が現代の私に、わかりやすく教えてくれている」

教えに昏い割に平気でこんなことを言うんですよね(^^; 高森教を信じ込んでいて、真宗と高森教の教義の違いを聞く気が無いのが痛いです。高森会長の思惑は残念ながらある程度成功しています。その信心が崩れないことには真実信心への道は無いも同然ですが、崩れることは本人が一番いやだろうし、難しいところです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード