実際は「まことのみむね」を頂かせる気も無く、「六字のみ名をとなえ」よとも、「浄土(みくに)の旅をともに」しようとも教えていない高森顕徹会長

この記事で紹介しましたが、高森会長はこの前、「絶対の幸福」とやらを

宗歌に「永久の闇よりすくわれし…」と歌われている通り、「永久の闇から救われた」というもの

だと教えていました。この中の「」というのは我々の迷いの根本である「無明」のことですが、親鸞聖人は我々「衆生の一切の無明」が「称名」という「真実行」、「大行」によって破られることを

しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。南無阿弥陀仏はすなはちこれ正念なりと、知るべしと。「行文類」破闇満願

と教えられています。

ところが、高森会長はこうした「称名」という「真実行」、「大行」を説きません。それでいて「五正行の実践」という名の助正間雑「六度万行の実践」という名の雑行、更には「善」と称しての組織拡大活動(悪業悪行)を勧めています。真実信心の対象は真実行ですから、間違った行をいくら修めていても真実信心は獲られません。


ところで高森会長は真宗宗歌の

とわの闇よりすくわれし 身の幸なににくらぶべき

の部分は用いるものの、私はその後の

六字のみ名をとなえつつ 世の生業にいそしまん

を出して説明しているのを聞いたことがありません。阿弥陀仏の救いがあるというのなら、当然救われた人がなければなりません。私はここに、救われた人はどのような生業、職業に就いても、常に我々が心の拠り所とすべき南無阿弥陀仏の六字の御名と共に歩んでゆくのですよという意味が込められていると味わっています。

しかし、親鸞会では実際に救われて喜んでいる人が皆無同然です。信後の人の生活を示しているのが宗歌の2番、3番ですが、高森会長の話にはそれが無く、またそのような会員も無いのです。「絶対の幸福」になるとは説いても、「六字のみ名をとなえつつ」生きていくんですよというお念仏の生活、信仰は全く説かれません。

逆に、信後の人の信仰、大悲伝普化を表された「わがはらからに伝えつつ」という布教伝道を、信前の人に「獲信の因縁(宿善)」になると教えて雑行(もどきの悪業悪行)を勧めている有様です。

この記事にも紹介していますが、蓮如上人は

信もなくて、人に信をとられよとられよと申すは、われは物をもたずして人に物をとらすべきといふの心なり。人、承引あるべからずと、前住上人(蓮如)申さると順誓に仰せられ候ひき。「自信教人信」(礼讃 六七六)と候ふ時は、まづわが信心決定して、人にも教へて仏恩になるとのことに候ふ。自身の安心決定して教ふるは、すなはち「大悲伝普化」(同)の道理なるよし、おなじく仰せられ候ふ。『御一代記聞書』(93))

自分が信心を得てもいないのに、人に信心を得なさいと勧めるのは、自分は何もものを持たないでいて、人にものを与えようとするようなものである。これでは人が承知するはずがない」と仰せです。教えを弘めることが自らの救いにつらなってゆく等と説いて、未信の者に布教勧誘をせよと教える高森会長とは真逆です。その他お布施にしても、自分や坊主への服従にしても、上人は信心獲得のためにやれと勧められてはいません。

他力の信心を獲るために、我々が布教伝道したり、お布施を出したり、上司の指示に何でもかんでも無条件に従ったりする必要はありません。そうせよとも教えられていません。ただ「助けるぞ」と仰せの本願招喚の勅命を聞き、仰せのままにこれを受けるのみです。自力念仏さえ報土往生できないと誡められているのに、念仏以外の余行、まして善もどきの善を修めている者が信心を獲られないなど、当然すぎるほど当然です。


念仏者は、どんな幸せになれるのか

新聞広告にこんな面白い見出しで講演案内をしていた高森顕徹会長ですが、たとえ幸せになれるとしてもそれは「念仏者」が、「信心の行者」が、「念仏の衆生」が、ですからね。それがどのような人なのかを一切話さず、ただ「絶対の幸福」になれると話したって、聞く者がなれるわけがないことは少し考えを巡らせば判ることです。

念仏者」、「信心の行者」、「念仏の衆生」とは、往相の回向である大行、大信を獲た念仏行者のことであり、「必ず浄土へ迎えるから、安心してまかせなさい」という如来招喚の勅命を聞き受けて往生には御回向の念仏一つと心が定まった人のことです。

それは間違っても、阿弥陀仏が唯一選択回向して下された念仏よりも「高森の行」を重視し、「自力念仏の者は必堕無間」などと念仏誹謗する者の邪義を真に受けて、信仰が進むだとか横の道を進むだとか言って組織拡大活動に挺身している高森の行者のことではありません。会員の皆さんが今やっている活動と阿弥陀仏の救いとは無関係であり、活動の先に救いはありません。「高森の行」など無用の長物です。そんな無駄なことをやっている間に皆さんの命の持ち時間が切れてしまいますよ。

みなみな信心決定あれかし

と言いながら、高森顕徹会長は実際は「まことのみむね」を頂かせる気も無く、「六字のみ名をとなえ」よとも、「浄土(みくに)の旅をともに」しようとも教えていないのでした。会員の皆さんは親鸞聖人のお勧めに順って

もつぱらこの行(念仏一行)に奉へ、ただこの信(念仏の信)を崇め

て頂きたいと思います。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・



【参照】
真宗宗歌(歌詞付き)

改めて聞かせて頂くといい歌です。感動すら覚えます。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんにちわ、Abcです。

>「六字のみ名をとなえつつ 世の生業にいそしまん」(真宗々歌 より)

> 淳心房はここに、救われた人はどのような生業、職業に就いても、常に我々が心の拠り所とすべき南無阿弥陀仏の六字の御名と共に歩んでゆくのですよという意味が込められていると味わっています。 (淳心房さんのコメント)

誠にありがたいことです。毎日このように淳心房さんのサイトを見ている私ですがこのように「ひとすじと言う言葉からは程遠いわたし」に阿弥陀さまは「私の名を称えよ」と誓われているのですね。

さて、高森さんを始めとして、「名号本尊は『南無阿弥陀仏』である」とこだわる方がいらっしゃいます。

 わたくしがここで申し上げたいことは、確かに「南無阿弥陀仏」は「真宗」でありますが、そのように申して「方便法身尊像(木像・絵像)」や「帰命尽十方無碍光如来」や「南無不可思議光如来」などの「方便法身尊号(名号)」を遠ざけることは「真宗人として如何なものか」と思うわけであります。

「名号」について、蓮如上人は、
 「無上甚深の功徳利益の広大なること、さらにそのきはまりなきものなり。されば信心をとるといふも、この六字のうちにこもれりとしるべし。さらに別に信心とて六字のほかにはあるべからざるものなり。」 (『御文』 より)

といわれております。親鸞は、『尊号真像銘文』にて
 「如来の本願のみなを信ずる人は、自然に不退の位にいたらしむる」と著され、
 『和讃』には、
「無碍光の利益より 威徳広大の信をえて
  かならず煩悩のこほりとけ すなはち菩提のみづとなる
 
 罪障功徳の体となる こほりとみづのごとくにて
  こほりおほきにみづおほし さはりおほきに徳おほし 」と「罪障」と「功徳」を「氷」と「水」にたとえられております。

 ここからは私見がはいりますが、親鸞の法友である聖覚法印は「自力」について、「浄土門に入りて諸行往生をつとむる人は、海路にふねに乗りながら順風を得ず、櫓をおし、ちからをいれて潮路をさかのぼり、なみまをわくるにたとふべき」と『唯信抄』に顕されております。 この上の「こおり と みず」のたとえを用いますと、「浄土門に入りて諸行往生を行う人は、氷山をアイスピック(千枚通し)と金槌を使い、ちからをいれて氷山を砕くもの」とたとえることが出来ようかとおもいます。

そのように行う「自力のひと」は、「自らがアイスピックと金槌をつかい氷山を砕くこと」 > 「阿弥陀さまに催されて、御名を称えて氷山を融かしていただく」 と浄土門では考えられているために、源空は「自力のもの、疑情のもの」と呼ばれているのであります。

最後に、親鸞が記された「和讃」より、

不退のくらゐすみやかに えんとおもはんひとはみな
 恭敬の心に執持して 弥陀の名号称すべし

 ここに「不退のくらゐすみやかに えんとおもはんひと」とございますのは、私たち衆生のことでございます。
次に、「恭敬の心に執持して」とございますのは「他力をつのりとして」ということでありますが、蓮如上人が言うところの「なにのやうもなく」ということでございます。(「なにのやうもなく」は「どのような自力の計らいもなく」ということであります。)
最後に、「弥陀の名号称すべし」といわれるのは、源空がいうところ「これすなはちかの仏願に順ずるがゆゑに、念仏一行を付属す。」(『選択集』王本願 より)であり、親鸞のほかの和讃「真実明に帰命せよ」、「大心海を帰命せよ」などであり、覚如上人は「念仏もまたかくのごとし。本願を信じ名号をとなふれば、その時分にあたりてかならず往生は定まるなりとしるべし。」(『執持抄』より)といわれている正業であります。

 また経には、
「そこで善知識はさらに、< もし心に仏を念じることができないのなら、ただ口に無量寿仏のみ名を称えなさい > と勧める。こうしてその人が、心から声を続けて南無阿弥陀仏と十回口に称えると、仏の名を称えたことによって、一声一声称えるたびに八十億劫という長い間の迷いのもとである罪が除かれる。」(WikiArc 『観経 現代語』より) とございます。

親鸞は『和讃』にて、
 『智度論』にのたまはく 如来は無上法皇なり
 菩薩は法臣としたまひて 尊重すべきは世尊なり

と顕されております。「この「世尊」をいうのはお釈迦様を言われるのでないか」と言う見方もございますが、その考えから出たのが「南無釈迦牟尼仏」でありますからあながちに「間違いである」とは言うことは出来ません。
 ただ浄土教(浄土宗)の立場から「世尊」をみますと、「世尊=阿弥陀仏」でありますゆえ、「南無阿弥陀仏」(阿弥陀さまにおまかせします)であり、七高僧や親鸞、覚如上人、蓮如上人はこの和讃では「法臣」であります。

なもあみだ なもあみだ
Abc

Re: Abc様

いつもありがとうございます。見て下さる方がいるのはこちらとしても励みになります。

名号の話ですが、現存する親鸞聖人直筆の名号では「帰命尽十方無礙光如来」の十字名号が一番多いそうですね。親鸞会は名号本尊の根拠に

本尊なほもつて『観経』所説の十三定善の第八の像観より出でたる丈六八尺随機現の形像をば、祖師あながち御庶幾御依用にあらず。天親論主の礼拝門の論文、すなはち「帰命尽十方無礙光如来」をもつて真宗の御本尊とあがめましましき。(改邪鈔(2))

を使うのですが、親鸞会の名号は「南無阿弥陀仏」のコラージュ本尊です。何事も開山の召され候ように御沙汰候なら「帰命尽十方無礙光如来」を本尊にするのが道理です。まぁ本尊はあくまで本願寺攻撃の足掛かりであって、実際はそれほど尊いとは思っていないのではないかと思われます。名号を称えるより「善の勧め」を重視し実行していますからね。

木像・絵像本尊にしても、そこに込められている阿弥陀仏のおこころをわきまえていたら名号と同様に尊く有難く合掌礼拝し、お念仏申すと思います。しかし、阿弥陀仏の絵像を「そんな気持ち悪いもの!」と誹謗する講師部員がいる位ですから、全くもって本尊だけは正しくても、中身の教えはスッカスカ、信心も念仏もないというのが実態です。


ところで、アイスピックと金槌の例えは考えさせられました。高森会長は、阿弥陀さまに煩悩の氷を溶かして頂くまでにアイスピックと金槌で氷を粉砕できるかやってみよと教えているようなものです。我々の煩悩が妨げにならない阿弥陀仏のお力でもって煩悩の氷を菩提の水と転じさせて頂きなさいというのが浄土真宗であって、「できるかやってみよ」という教えは真宗にはありません。ここからも、高森会長が「帰命尽十方無礙光如来」ということが分かっていないことが伺えます。

Re:淳心房さん

こんばんわ、Abcです。

ご返信ありがとうございます。簡単ではございますがご返答を行います。

>名号の話ですが、現存する親鸞聖人直筆の名号では「帰命尽十方無礙光如来」の十字名号が一番多いそうですね。

左様でございます。ですから『十字』の段では、「古くから使われている」と記しております。なお、「親鸞ご在世の十字名号」のほとんどが「専修寺(高田本山、伊勢専修寺 とも)」に保管されております。この全てが、指定文化財、重要文化財、国宝のいずれかでありますゆえ私とて数えるくらいしか、見たことはありません。 (なお、「専修寺一宇」、「堂鐘」は国宝に指定されております。)

>何事も開山の召され候ように御沙汰候なら「帰命尽十方無礙光如来」を本尊にするのが道理です。まぁ本尊はあくまで本願寺攻撃の足掛かりであって、実際はそれほど尊いとは思っていないのではないかと思われます。名号を称えるより「善の勧め」を重視し実行していますからね。

>木像・絵像本尊にしても、そこに込められている阿弥陀仏のおこころをわきまえていたら名号と同様に尊く有難く合掌礼拝し、お念仏申すと思います。しかし、阿弥陀仏の絵像を「そんな気持ち悪いもの!」と誹謗する講師部員がいる位ですから、全くもって本尊だけは正しくても、中身の教えはスッカスカ、信心も念仏もないというのが実態です。

 あくまで、絵像・木像を安置している大谷を叩くためでしょう。ですから彼らからしましたら「絵や仏像だったら酷評せよ」としか聞いておらず、「十字」も「九字」も「六字」すら説けないのではないでしょうか。

Abc

Re: Abc様

> あくまで、絵像・木像を安置している大谷を叩くためでしょう。ですから彼らからしましたら「絵や仏像だったら酷評せよ」としか聞いておらず、「十字」も「九字」も「六字」すら説けないのではないでしょうか。

仰る通りと思います。名号のいわれを聞いて信心歓喜ですから、その名号のいわれが説けない高森会長の話をいくら聞いていても、信心も安心も無いのは当たり前の当たり前です。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード