FC2ブログ

親鸞会の会員とは

親鸞会の会員とは、

「全ての人は生まれながらに五逆・謗法・闡提であり、後生は必ず無間地獄に堕ちる」という高森顕徹会長の運命論を信じている人達である。


親鸞会の会員とは、

「誰が何と言おうと、高森先生の仰ることに間違いない」と高森顕徹会長を盲信している人達である。


親鸞会の会員とは、

「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を追い求め、往生成仏よりこの世の幸福を願っている人達である。


親鸞会の会員とは、

「『絶対の幸福』になるにはまず19願から始めよ」といった珍説を盲信している人達である。


親鸞会の会員とは、

「善」と言う名の親鸞会の組織拡大活動に人生を費やし、阿弥陀仏の本願を聞かない人達である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高森学徒聖則だったかに「人生の目的は絶対の幸福を獲るにあり」とかあったと思います。それがまさに高森学徒の本懐なのですよね。
本願の御心を聞くほどに、教学を学ぶほどに、「人生の目的」も「絶対の幸福」も出鱈目だったとつくづく思います。
入り口の部分も全部間違いで、真仮の水際は一言も説けない。
高森会長は、教えを間違えたのではなく、最初から騙す気満々です。

Abcです

こんばんわ、Abcです。
今回も、親鸞の『和讃』を交えながら、記してゆきたいと思います。

>「全ての人は生まれながらに五逆・謗法・闡提であり、後生は必ず無間地獄に堕ちる」という高森顕徹会長の運命論を信じている人達である。

>「誰が何と言おうと、高森先生の仰ることに間違いない」と高森顕徹会長を盲信している人達である。

罪福信ずる行者は 佛智の不思議を疑いて
 疑城胎宮に留まれば 三宝に離れ奉る 

佛智疑惑の罪故に 五百歳まで牢獄に
 難く戒め居わします これを胎生と説き給う

佛智の不思議を疑惑して 罪福信じ善本を
 修して浄土を願うをば 胎生というと説き給う

(以上三首 正像末法和讃より 抄出す)

※「罪福信じ」は「自力回向」、「善本」は「浄土修多羅」であるため「他力回向」である。「自力回向」と「他力回向」を並べることは「専修」とは言われず「雑修」といわれる。

>「絶対の幸福」だとかいう幻想的な楽を追い求め、往生成仏よりこの世の幸福を願っている人達である。

弥陀成仏のこのかたは いまに十劫を経給えり
 法身の光輪際もなく 世の盲冥を照らすなり

仏光測量無き故に 難思光佛と名づけたり
 諸仏は往生嘆きつつ 弥陀の功徳を称せしむ 

(以上二首 浄土和讃より 抄出す)

本願毀滅のともがらは 生盲闡提となづけたり
 大地微塵劫を経て 永く三塗に沈むなり (浄土高僧和讃)

※こちらでは浄土讃から2首 高僧讃から1首抄出させていただきました。
「世の盲冥を照らす」(1首目)と「生盲闡提となづけ」(3首目)と抜き出しますと際立ちますが、「弥陀回向」は「法身の光輪際もなく 世の盲冥を照らすなり」で、「自力回向」は「本願毀滅のともがらは 生盲闡提となづけたり = 疑情、佛智疑惑」であるために 「弥陀回向をはねつけている」とされるのです。

>「『絶対の幸福』になるにはまず19願から始めよ」といった珍説を盲信している人達である。
>「善」と言う名の親鸞会の組織拡大活動に人生を費やし、阿弥陀仏の本願を聞かない人達である。

一切菩薩の言わく われら因地に在りし時
 無量劫を経巡りて 万善修行を修せしかど
恩愛甚だ断ち難く 生死甚だ尽き難し
 念仏三昧行じてぞ 罪障を滅し度脱せし (浄土高僧和讃 2首)

専修のひとをほむるには 千無一失とをしへたり
 雑修のひとをきらふには 万不一生とのべたまふ (浄土高僧和讃)

※1つめの「万善修行を修せしかど 恩愛甚だ断ち難く 生死甚だ尽き難し」は
2つめの「雑修のひとをきらふには 万不一生とのべたまふ」とおなじであり、

「念仏三昧行じてぞ」は、2つめでは「専修のひと」と同じであります。

 おわりに
今回も『和讃』をしるしてみましたがいかがでしたでしょうか。もし気に留められた和讃がございましたら、自らの手でも被いてみてください。

 また、『和讃』には、

信心のひとにおとらじと 疑心自力の行者も
 如来大悲の恩を知り 称名念仏はげむべし (正像末法和讃)

ともございます。浄土宗での最終的なところは「阿弥陀さまにお任せして、称名念仏を行う」でありますが、そのまえにある「疑心自力の行者」の因の時も、「如来大悲の恩を知り 称名念仏はげむべし」なのであります。

なもあみだ なもあみだ
Abc

信罪福心と善本徳本

ども、林遊@なんまんだぶです。

Abcさん。
漢文や古文には自信があるとおっしゃってましたが、言葉の意味を味わいではなく正確にお伝えするのが僧分の役割だと思ひます。
林遊は在野の門徒ですから坊さんをいじってばかりするので嫌われてます(笑
とりあえず「信罪福心」と、
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BF%A1%E7%BD%AA%E7%A6%8F%E5%BF%83

「善本徳本」
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%96%84%E6%9C%AC%E5%BE%B3%E6%9C%AC

についてwikiarcの欄外に記した林遊の記した文章へリンクしておきます。デジタル文書ですから、いつでも変更が可能ですから異見があればいつでも併記や変更しますからよろしくです。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

コメント返信

名無し様

『親鸞学徒信条』の第一に

一、われら親鸞学徒は、人生の究極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得できることを信じます。

とありますね。仰る通り、真宗の教えという点では高森教は出鱈目です。


Abc様

今回は、親鸞会会員とはどういうことを信じ、何をやっている人達なのかということを簡潔に記しました。彼らにとっては唯一絶対にして真実の宗教なのかも知れませんが、実態はただの一新興宗教の教えを信じているに過ぎないということを言いたかったのでございます。

挙げて頂いた御和讃の数々は、親鸞会の邪道や様々な外道の教えを離れ念仏一行になった人に突き刺さると言いますか、そういう方々に特に聞いてもらいたいと思います。


林遊@なんまんだぶ様

ありがとうございます。

> 名号法は直ちに成仏しうる他力真実の法なのだが「機」の過失によって自らの善根として積んで(徳本を植えて) 回向するから自力となるのである。

善本徳本という名号自体に自力も他力も無いが、これを称える機の心に自力と他力とがあるということをよく知らせて頂きました。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・

Re:林遊さん

こんばんわ、Abcです。

ご指摘ありがとうございます。

「信罪福」と「善本・徳本」について読ませていただきました。
このようにリンク先にも記述していただきありがとうございます。

私は、
「信罪福=因果の道理(自業自得)=19願」、
「真実信=因果の道理(他因他果)=18願」とみており、

「善本・徳本」=「南無阿弥陀仏」のいわれを記された書物
 =称名念仏という正行は阿弥陀さまが用意されたものであるから、
「善本・徳本」もまた阿弥陀さまがご用意されたもの という見方から
「他力」をしるしました。 ただ、林遊さんがいわれるように
「味わいではないか」といわれるところも多分にございますので、
これに関しましては仰るとおりとしかいえません。


すこし話は変わりますが、
>「誰が何と言おうと、高森先生の仰ることに間違いない」と高森顕徹会長を盲信している人達である。(淳心房さん)
とありますように、「高森先生の仰ることに間違いない」と言われているのが親鸞会々員であります。「では、どのようなことをいわれているのか」といいますと

「親鸞聖人は生涯名号だけを本尊とされた」といわれているのです。

 これでは、私の所の「親鸞直拝の本尊(善光寺式一光三尊阿弥陀如来像)」や木辺の所にある親鸞が説法される時に常にもたれていた「阿弥陀仏像」などは彼らからしましたら「ないこと」にされているのであります。このことが私がその会を離れる決定打となったことは前にもお話したとおりであります。

すこし話が長くなってしまいましたが、今後ともツッコミをよろしくおねがいします。

なもあみだ なもあみだ
Abc

偶像崇拝

林遊@なんまんだぶです。

高森顕徹さんって浄土真宗を知らないというか頭が悪いのですよ。
名号を本尊と骨張するなら「帰命尽十方無碍光如来」にするべきなのですが、南無阿弥陀仏と御開山の自著を合作(コラボレーション)しちゃったのでした。あほみたいな話ですが、ある意味での偶像崇拝批判の手法で本願寺を攻撃したのですが名号画像も偶像でした。これに騙された人はある意味であほです(笑
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2010/04/07/%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%ef%bc%86%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e6%ad%a3%e6%9c%ac%e5%b0%8a/

高田派では宗教的シンボルとして一光三尊像や各種の名号画像を保持している(御開山の著述の40パーセント以上を伝持しているのは高田である)のですが、残念ながらその意味付けを明治の思想混乱期に近代的に表現できなかったのでした。
本派や谷派は、蓮如さんの信心正因説を、西欧文化の基底であるキリスト教の自覚としての「信仰」というタームに迎合して蓮如さんの「信心」を強調し教団としての生き残りをはかったのでした。いわゆる偶像崇拝を否定するキリスト教の思想に迎合してきたのが日本の近代仏教でした。
いわゆる信仰のみというプロテスタントの教義と、なんまんだぶのみという教義の葛藤なのでしょうが、ある意味では仏教の敗北かもですね。
こういう意味では、救いと正覚を混同したのかもですね。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E6%B8%88%E5%BA%A6

そういう意味でいえば、日本仏教の木像や絵像の意味を理解できない高森顕徹氏は、日本的キリスト教の開祖かもですね(笑
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2014/05/16/%e3%81%84%e3%82%8f%e3%82%86%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%95%99%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e8%a6%96%e7%82%b9/

ともあれ、偶像崇拝という輩は頭が悪いのでした。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


「絶対の幸福」の疑問

浄土真宗親鸞会(以下s会)では最も大きなキーワードである「絶対の幸福」ですが、以前からお聖教に出てこない言葉であることが気になっていました。s会にいた当時は「阿弥陀仏の救いを分かりやすい言葉で現したものだ」
という説明を聞いて納得しておりました。阿弥陀仏の第十八願の説明にもこのキーワードは
「どんな人も
必ず救う
絶対の幸福に」
と出てきましたが、かつてはここで思考停止。しかし、今は以下の疑問が

<法然上人、親鸞聖人、蓮如上人が阿弥陀仏に救われた世界は「絶対の幸福」だったのか?>

今回はこの問題を言葉の面から考えてみることにしました。

まずは「幸せ」の語源辞典を尋ねると
「しあわせは、「しあわせる(為る+合わせる)」の名詞形として室町時代に生まれた語。
本来は「めぐり合わせ」の意味で、「しあわせが良い(めぐり合わせが良い)」、「しあわせが悪い(めぐり合わせが悪い)」と、評価語を伴なって用いられた。」
とあります。
室町時代に生まれた言葉ですので法然上人も親鸞聖人も「幸せ」「幸福」と言う言葉を絶対に口に発せられなかったと言えます。

室町時代の蓮如上人は御文章で「幸」の字を
「幸ひに五里・十里の遠路をしのぎ、この雪のうちに参詣のこころざしは、いかやうにこころえられたる心中ぞや。」
とお使いになっています。あくまで「難に遭遇せずに運がよかった」という意味で使われていて心情としての「幸せ」や「幸福」としては使われておりません。

s会には「現代語として相応しい言葉として『幸福』を使っている」という主張があるかもしれません。しかし、言葉そのものが無かった以上は「幸せ」「幸福」は法然上人、親鸞聖人、蓮如上人といった方々はだれも感じたことがない心情だったと言えます。ここは現代の言葉を使った新概念を入れるべきではないと思います。
「絶対の幸福」は言語の上でも淳心房さんがいつも仰っている「創価学会の信心」の輸入だと思います。

しかし、s会はこの言葉を符号として巧みに思考操作、マインドコントロールに使っています。
ここに悪意を感じずにはおれません。
最近の「安心問答」に出て来たs会員の書き込みですが
………………………………………………………………………………………
ある書籍に書かれていました^^

罪障功徳の体となる
氷と水のごとくにて
氷多きに水多し
障り多きに得多し(高僧和讃)*

*高僧和讃 親鸞聖人が7人の高僧を賛嘆された詩。

弥陀に救い摂られると、助けようのない煩悩(罪障)の氷が、幸せよろこぶ
菩提(功徳)の水となる。大きい氷ほど、解けた水が多いように、極悪最下の
親鸞こそが、極善無上の幸せ者である。
………………………………………………………………………………………
元のご和讃に全く出てこない(出てくるはずがない)ですが、会にとって重要なキーワードの「幸せ」の言葉を巧妙に織り込んでおります。(汚い言葉を使えば「ぶっこんでいます」)
「菩提」の言葉には必要のない「幸せよろこぶ」の形容詞を付けています。さらに「極悪最下の親鸞こそが、極善無上の幸せ者である。」と親鸞聖人が絶対に仰っていない言葉をさも仰ったように書いています。ここまで来ると文句無く立派な捏造ですよね。

無理やりに織り込まれた本来関係のない「幸せ」関連の部分を取り除くと
「弥陀に救い摂られると、助けようのない煩悩(罪障)の氷が、幸せよろこぶ菩提(功徳)の水となる。大きい氷ほど、解けた水が多いように、極悪最下の親鸞こそが、極善無上の幸せ者である。」
の説明文は
「弥陀に救い摂られると、煩悩(罪障)の氷が、菩提(功徳)の水となる。大きい氷ほど、解けた水が多い。」
となり、何のことはない「そのまんま」の文章となります。

「幸せ」「幸福」を関係のない文章に織り込むことでサブリミナル効果のように会のキーワードを会員の脳髄に浸透させようというs会の教えの精神がよくわかりました。

常楽我浄

ども、林遊@なんまんだぶです。

園児さん。

「相対的幸福と絶対的幸福」で検索されれば判りますが、高森顕徹氏の「絶対の幸福」は創価学会二代目会長であった戸田城聖さんからのものす。https://www.youtube.com/watch?v=PB1GkEwPB7w

高森顕徹氏は、組織拡大の手法として戦後破竹の勢いで勢力を拡大していた創価学会から多くの概念を導入しています。
必堕無間や正本堂、正御本尊などの「正」のつく用語も同じく日蓮宗系からの導入です。さすがに最近は正本堂ではなく二千畳などと言い換えているようですが、他者を扇動する方法として「正」という語を使ってきた歴史があります。我は正義なり、汝らは邪義なりです。
いわゆる正と邪で仏教を捉えているのが高森親鸞会ですから、三願転入の論理を使うのでした。高森親鸞会の三願転入理論は、要するに正と邪の二分類法です。この正・邪の二元論が高森親鸞会の選民思想の淵源です。

御開山は、宗教現象を「真・仮・偽」という三分類で把握しておられましたが、高森顕徹氏は、真から仮(正)へ浄土真宗を退歩させたのでしょう。http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%9C%9F%E3%83%BB%E4%BB%AE%E3%83%BB%E5%81%BD

真面目な若者は、社会に対しての否定感や自己存在の意味を「正・邪」の二分類法で考察することがあり、真面目な人ほどこの誘惑に嵌り宗教の道に奔る場合が多いのでした。オウム真理教でも、真面目な人ほどオウム真理教に嵌り、そして自己のアイディンティティを追求し暴走していったのでした。高森親鸞会でも真面目で真摯な人ほど高森顕徹氏のアジテートの言説に嵌るのでした。

ある意味では、伝統教団はこのような宗教の持つ危うさを知っているが故に保守的にみえて、自己実現を目指そうとする若者には魅力に欠けるのかもです。しかしまた伝統教団は伝統の持つ教理の蓄積の凄みも持っています。
もちろん、浄土真宗には怠惰で世俗に流されている僧分も多いのですが、真実のご法義を説く素晴らしい僧侶もいますから、自らの選択眼を養いながら、なんまんだぶのご法義を楽しめたらいいですね。

なお、御開山は浄土の徳として「常楽我浄」を挙げておられますが、

 楽を断ぜざるは、すなはち名づけて苦とす。もし苦あらば大楽と名づけず。楽を断ずるをもつてのゆゑに、すなはち苦あることなけん。無苦無楽をいまし大楽と名づく。涅槃の性は無苦無楽なり。このゆゑに涅槃を名づけて大楽とす。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E9%A1%95%E6%B5%84%E5%9C%9F%E7%9C%9F%E4%BB%8F%E5%9C%9F%E6%96%87%E9%A1%9E#no13

どうやら、浄土真宗における楽とは、「絶対の幸福」と違うようです。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%B8%B8%E6%A5%BD%E6%88%91%E6%B5%84

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

Re: 園児様

挙げて頂いた和讃は、親鸞会の解釈を離れると共に、「行文類」海釈と合わせて読まないとよく意味が分からないと思います。

「海」といふは、久遠よりこのかた凡聖所修の雑修・雑善の川水を転じ、逆謗闡提・恒沙無明の海水を転じて、本願大悲智慧真実・恒沙万徳の大宝海水と成る。これを海のごときに喩ふるなり。まことに知んぬ、『経』に説きて「煩悩の氷解けて功徳の水と成る」とのたまへるがごとし。{以上}
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E9%A1%95%E6%B5%84%E5%9C%9F%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E6%96%87%E9%A1%9E#.E6.B5.B7.E9.87.88

【現代語訳】
「海」というのは、久遠の昔から今まで、凡夫であれ聖者であれ、自力で修めてきた、さまざまな川の水に等しいような雑行、雑修の善根を転換し、悪人が積み重ねてきた、大海の水ほどもある五逆罪、謗法罪、一闡提など、数限りない無明煩悩の濁水を転換して、本願によって成就された大悲智慧の真実なる無量功徳の宝の海水に成らせることです。この転成のはたらきを海のようだと喩えたのです。これによって、経に「煩悩の氷がとけて功徳の水となる」と説かれている意味がよくわかります。

我々の煩悩をなくさずに、転じて、転換して本願の真実なる功徳となしたまう。衆生の善悪を転換して、如来の善となしたまう。これは、本願の名号のはたらき、また名号を信受した信心のはたらき、また真実信心の称名のはたらきにより、迷いの因が断ち切られて同じ真実報土に至り、同じ無上涅槃のさとりを得させて頂くことを教えられています。この世の幸福云々を言われたものではありません。

浄土真宗は、この世の幸福云々を超えた出離を目指した上で、それは自力の心行によってはかなわない、ひとえに本願他力のはたらきにより往生成仏させて頂くということを教えられたものです。勿論、我が往生を定めたまいし御恩を喜ぶ心はありますが、喜びとか幸せという語を売り物にして勧誘し、更に聞く者を都合よく利用しているのが彼らですから、そんなことはあってはならないと思います。

また、こうした転悪成善のはたらきは念仏のはたらきであって、親鸞会の大好きな諸善のはたらきではないことも付け加えておきます。往生には我々の善悪に用事は無い、ひとえに本願の名号を聞き受けお念仏申すのみです。


以下、参考までに「罪障功徳の体となる」の御和讃について書かれたものを紹介します。

http://www.joukyouji.com/houwa0907.html

時代でした

林遊様
書き込みありがとうございます。

s会の会長は教行信証を読んだ時間より創価学会の本を読んだ時間のほうが長かったりするかもしれませんね(笑)

私が入ったときは若者は「しらけ世代」なんて言われていましたが、心の中では何か熱中するものが欲しいという欲求がありました。その辺を巧みにくすぐるような勧誘がされていたように思います。

会に入るとかなり早い時期から「勧誘法」を学びました。営業社員が読むような「人の心を動かすコツ」みたいなことを勉強して「いかに相手を落とすか」というようなことを練習しました。勧誘のノルマを壁に張ったり、朝、約束をさせられたり。
高度成長期を乗り切ったのモーレツ社員を父に持つものも多く、父の姿を思い浮かべながら、あまり疑問を持たずに勧誘に従っていったように思います。
トップからして創価学会を参考にして、モーレツ営業の手法を導入してとにかく信者数の拡大を図っていた時だと思います。信心の沙汰などは無く、「求道姿勢の見なおし」と称して、叱責される毎日でした。

「信心決定のためには宿善を積む」
そう、はっきりと「積む」という言葉を使って、勧誘と財施を奨励されました。s会の宿善についての批判があり
「『積む』はまずいから『求める』と言え」
となったそうですが、結局は言葉のすり替えでしかないと思います。宿善についてさらに批判が出てきて「三願転入」の話がでできたと思います。宿善を19願の善と言い換えただけだと思います。結局は
「宿善を積む」=「宿善を求める」=「三願転入」
言葉の上の言い換えをしても内容は変わらず「信者拡大」と「資金集め」だと思います。

私は早々に辞めたので不幸中の幸いでs会の「三願転入」の教えを全く知りません。明らかに後付の教義で上にも書いたように単なる言い換えに使っていると思います。


No title

淳心房様
ご示説ありがとうございます。

今までは「功徳のみず」ばかりを見ておりましたが、親鸞聖人が本当に伝えたかったのはその「みず」の行き先の「海」だったのですね。
もちろんs会では
「功徳のみず」=「絶対の幸福」
ですので教えが「みず」止まりでした。さすがに「絶対の幸福」になることが目的の教えでその先はバッサリと切り捨ててしまっています。しかし本当に大事なのはその先の「大悲智慧の真実なる無量功徳の宝の海水」であるということですね。

高僧和讃の前後を書きますと

無碍光の利益より
 威徳広大の信をえて
 かならず煩悩のこほりとけ
 すなはち菩提のみづとなる

罪障功徳の体となる
 こほりとみづのごとくにて
 こほりおほきにみづおほし
 さはりおほきに徳おほし

名号不思議の海水は
 逆謗の屍骸もとどまらず
 衆悪の万川帰しぬれば
 功徳のうしほに一味なり

しっかりと親鸞聖人は「海水」をお書きになっております。断章はだめですね。
またまた、自分の浅さを思い知りました。

有難うございました。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード