FC2ブログ

【考察】なぜ無碍光如来の名を称することが「大行」なのか(7)

親鸞聖人の六字釈は、善導大師の六字釈

「南無といふは、すなはちこれ帰命なり、またこれ発願回向の義なり。阿弥陀仏といふは、すなはちこれその行なり。この義をもつてのゆゑにかならず往生を得」と。

を他力回向、現生正定聚という観点から更に展開されたものと言えましょう。また善導大師は「南無といふは」「阿弥陀仏といふは」とそれぞれについて解釈されていますが、親鸞聖人には「南無の言は」という語はあっても「阿弥陀仏の言は」という語はありません。これについて『安心論題』六字釈義には

宗祖は六字全体の意味を「帰命」と「発願回向」と「即是其行」の三義であらわされるのです。

とあります。南無阿弥陀仏の六字全体が「帰せよの命」であり、「願を発し、行を回向したまう如来の慈悲」であり、「本願において選び定められた浄土往生の行業」であるというのです。

そして、続きにあるように善導大師は帰命などの意味を衆生の上で解釈されますが、宗祖は三義をすべて仏の上で語られています。阿弥陀仏が、私を救う。救われるために私が何かやらなければならないという条件は無い。私はただ阿弥陀仏の一方的な救いであることを聞き、それを受け容れまかせるのみだということです。

諸仏が称讃し称揚するこの南無阿弥陀仏の名号を、私達がそのまま聞き受けたのが信心。信心の必然として相続されるのが称名。称名は本願のはたらきがそのまま出てきたなんまんだぶつ。「私が称えたから助かる」でなく、私の口から称えられる名号を大悲招喚の声として聞く。聞が信であり、信が称であり、称が聞である。聞くといっても信心といっても称えるといっても、御回向の南無阿弥陀仏の他には何も無い。そのような名号を成就し、回向してこの私を往生成仏させようとお誓い下された本願にはただただ頭が下がるばかりです。


さて、ご自身の六字釈の後、更に真実行に関する引文が続きます。法然聖人の三選の文まで引かれ、その後大変な一文がひと際私達の目を引きます。それが

あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。「行文類」決釈

の決釈のお言葉です。念仏は我が計らいで称えて往生を願うという自力の行ではなく、阿弥陀仏の方からお与えになる他力の行なんだ。だから私達の方からは「不回向の行」というんだ、というのです。

念仏を我が物とし、称えた功徳を仏に差し向けて往生との取引材料に使おうというのではない。私が称えるには称えるんだけれども、我が計らいで称えるのではなく、本願のはたらきがそのまま出てくる自然法爾の念仏。我が往生を定めて下された御恩に報謝する念仏。「助かりたい」「助かろう」という思いからではなく、「必ず往生させる」という本願他力にまかせた念仏。

別に阿弥陀仏のお姿や、極楽の様相が見えたわけではありません。死んだ後はどんな世界に往くのか、今の自分にはハッキリしません。死後は本当に極楽か。知らん。阿弥陀さまにそっくりそのままおまかせだ。阿弥陀さまのお連れ下さる処へ参る。そんなんで不安は無いかといったら、不思議と無いんですよね。「助けるぞ」という力強い仰せに往生一定と安堵し、後生への不安を除かれてしまったようです。

あと、不安に思っても仕方ないです。助かるか助からないか。参れるか参れないか。そんなもの、助からない、参れないに決まってる。私が念仏以外の余行で仏に成れるような者なら、余行に励んで成仏を目指せばいい。またそんな者なら、念仏して極楽へ参れると思って死んだ先が地獄だったら「騙された」という後悔もあろうが、しかしどんな行も満足にできない私は地獄以外に住み家が無い。だから「騙された」という後悔があろうはずがない。元々地獄なんだから。そんな私を殊に憐れんで願を発し行を成就し、なんまんだぶつと成って飛び込んできて下されたのだから、私はただ「我が名を称えよ」と仰せのままに念仏して往生を願う他ありません。

この念仏して成仏する教えは、何も極重悪人である私だけではありません。親鸞聖人は、大乗や小乗の聖者も、罪の重い者も軽い者も、みな同じく斉しく如来選択の大宝海に帰せよと仰せです。全ての人は阿弥陀仏の選択本願によらねば迷いを離れ切ること、さとりを完成して涅槃の境地に至ることができないからでしょう。この思想が、やがて後に出てくる誓願一仏乗ですが、これについては機会を改めます。


どうしてただ念仏して成仏するのか。簡潔に言うと、念仏が往相の回向であるからだということです。私の行なんじゃない。阿弥陀仏がどうか称えておくれと与えて下さっている行なんだから、そのおこころのまま、ただ念仏すれば成仏するんですね。回向された仏の行をそのまま行じて仏に成る。不思議なようで当たり前、当たり前のようで不思議なことです。これが「仏法不思議」と言われる「弥陀の弘誓」のすごいところです。

この念仏には自ずから信心が具足しています。聖人は信心を念仏に含めて「念仏成仏」と言われています。「不回向の行」なんだから、凡夫の計らいが雑じるはずがない。計らいが雑じったら「回向の行」です。

・名号のいわれを聞く一つで助かる。(願力を聞くによりて報土の真因決定する
・本願に疑い無い信心一つで助かる。(「至心信楽願為因」といふは、弥陀如来回向の真実信心なり、この信心を阿耨菩提の因とすべしとなり。
・如来回向の念仏一つで助かる。(正定の業因はすなはちこれ仏名をとなふるなり。正定の因といふは、かならず無上涅槃のさとりをひらくたねと申すなり。

これらは皆同じことです。南無阿弥陀仏の名号を疑い無く聞く。南無阿弥陀仏の名号が心に届いたのが信心。南無阿弥陀仏の名号が口に称えられると念仏。表面上の違いのみで、これらは全て南無阿弥陀仏の名号のおはたらき以外にありません。私達はただそのおはたらきを受け容れ、これに乗じるのみです。全て本願力によりなさしめられるものですから、凡夫の計らいの雑じる隙はありません。

私の口から出る南無阿弥陀仏は如来の御回向によるものであり、本願が成就してはたらいている証拠です。だから、本願の仰せの通りに念仏すれば成仏させて頂くことができます。なぜかというと、阿弥陀仏の本願に順ずるから、阿弥陀仏の本願がそうであるからです。

やはり親鸞聖人に至ってようやく「往相の回向」、「不回向の行」、そして「念仏成仏」ということが明らかに知られます。私はただ祖師の教えを仰ぎ、往生成仏を期として生きるばかりです。そして願わくば、この崇高な本願を有縁の方々にお伝えしたい。そう思います。なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

おはようございます、Abcです。

今回もありがたく読ませていただきました。ありがとうございます。
月並みではございますが、以下にコメントを記させていただきます。

>あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。(「行文類」決釈)

このお聖教にあることこそが、「真宗」であり「南無阿弥陀仏」のご法義なのであります。ご参考までに「源空聖人」、「親鸞」、「蓮如上人」が記されている箇所を列挙いたします。

 「不回向」(わがはからひにあらず)について

源空聖人(法然上人) (親鸞のお手紙より)
「選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。如来の御ちかひなれば、「他力には義なきを義とす」と、聖人(法然)の仰せごとにてありき。義といふことは、はからふことばなり。行者のはからひは自力なれば義といふなり。他力は本願を信楽して往生必定なるゆゑに、さらに義なしとなり。」 (『末灯鈔(2)真蹟』)

>親鸞
「あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。」(「行文類」決釈)

蓮如上人
「罪消えて御たすけあらんとも、罪消えずして御たすけあるべしとも、弥陀の御はからひなり、われとしてはからふべからず。ただ信心肝要なり と、くれぐれ仰せられ候ふなり。」(『蓮如上人御一代記聞書』(35))

「一 仰せに、一念発起の義、往生は決定なり。罪消して助けたまはんとも、罪消さずしてたすけたまはんとも、弥陀如来の御はからひなり。罪の沙汰無益なり。たのむ衆生を本とたすけたまふことなりと仰せられ候ふなり。」(『蓮如上人御一代記聞書』(39))

 「名号、信心、念仏(称念)」について (形式は淳心房さんより引用)

源空聖人(法然上人) 参照文献:『選択集』
・名号のいわれを聞く一つで助かる。(願はくは含霊をしてこれを聞かしめて信を生ぜしむ。有識の覩るもの西に帰せよ。この功徳をもつて衆生に回施して、ことごとく菩提心を発して、慈心をもつてあひ向かひ、仏眼をもつてあひ看ん)

・本願に疑い無い信心一つで助かる。(また『観経』の下の文のごとし。〈もし人ありて、心を至してつねに阿弥陀仏および二菩薩を念ずれば、観音・勢至つねに行人のために勝友知識となりて随逐影護したまふ〉)

・如来回向の念仏一つで助かる。(しかればすなはち釈迦・弥陀および十方のおのおのの恒沙等の諸仏、同心に念仏の一行を選択したまふ。余行はしからず。)

>親鸞 (参照文献:『教行証』)
・名号のいわれを聞く一つで助かる。(願力を聞くによりて報土の真因決定する)

・本願に疑い無い信心一つで助かる。(「至心信楽願為因」といふは、弥陀如来回向の真実信心なり、この信心を阿耨菩提の因とすべしとなり。)

・如来回向の念仏一つで助かる。(正定の業因はすなはちこれ仏名をとなふるなり。正定の因といふは、かならず無上涅槃のさとりをひらくたねと申すなり。)

蓮如上人 参照文献:『御文』
・名号のいわれを聞く一つで助かる。(「その名号を聞く」といへるは、南無阿弥陀仏の六字の名号を無名無実にきくにあらず、善知識にあひてそのをしへをうけて、この南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理なり。)

・本願に疑い無い信心一つで助かる。(当流のおもむきは、信心決定しぬればかならず真実報土の往生をとぐべきなり。さればその信心といふはいかやうなることぞといへば、なにのわづらひもなく、弥陀如来を一心にたのみたてまつりて、その余の仏・菩薩等にもこころをかけずして、一向にふたごころなく弥陀を信ずるばかりなり。)

・如来回向の念仏一つで助かる。(念仏の行者を守護したまふべきあひだ、とりわき神をあがめねども、ただ弥陀一仏をたのむうちにみなこもれるがゆゑに、別してたのまざれども信ずるいはれのあるがゆゑなり)

 おわりに
今回も淳心房さんのコメントの補足となる感じで記させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 蓮如上人(本願寺)は「信心」に重きを置いていらっしゃいますので、「念仏」について探す際にはすこし苦労しました。

 なもあみだ なもあみだ
Abc

聞見と眼見

ども、林遊@なんまんだぶです。

>別に阿弥陀仏のお姿や、極楽の様相が見えたわけではありません。死んだ後はどんな世界に往くのか、今の自分にはハッキリしません。死後は本当に極楽か。知らん。阿弥陀さまにそっくりそのままおまかせだ。阿弥陀さまのお連れ下さる処へ参る。そんなんで不安は無いかといったら、不思議と無いんですよね。「助けるぞ」という力強い仰せに往生一定と安堵し、後生への不安を除かれてしまったようです。

浄土真宗では「聴聞に極まる」ということをいいます。
もちろん、高森親鸞会で使う高森顕徹氏の妄言を聞くことの「聴聞に極まる」とは意味も次元も全く異なりますけど(笑

聞について御開山は「真仏土巻」で、『涅槃経』から聞見と眼見に言及されていました。
「見」とは知るという意味ですが、これを「聞見と眼見」を対比し、聞いて知る(聞見)ということを教えて下さいましたです。
https://goo.gl/3Exqr4

高森顕徹氏は、「他力の信心を獲ると、火にさわったようにハッキリするものである」(こんなことが知りたい)と一念覚知を強調するのですが、妄想で「阿弥陀仏のお姿や、極楽の様相が見えた」(眼見)のかもですね(笑

ともあれ、正統な浄土真宗では「聴聞に極まる」とは「聞見」をいうのであり、御開山が説いて下さった教法を聞いて知るから、この道の先輩は「聴聞に極まる」というのでした。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%81%9E%E8%A6%8B

その究極が、私の口に〔なんまんだぶ〕と称えられる「本願招喚の勅命」を聴き聞くことなのですが、これが難しいのですね。

先人は「私の口に南無阿弥陀仏と称えられていることの驚きが信心である」とも言いましたが、「聞其名号、信心歓喜、乃至一念(その名号を聞きて、信心歓喜せんこと乃至一念せん)」の消息ですね。

ちなみに「大行」の〔なんまんだぶ〕の「大・多・勝」についてwiiarcに『智度論』からの「大・多・勝」を追記しておきました。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%A4%A7%E5%A4%9A%E5%8B%9D

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

コメント返信

Abc様

ありがとうございます。
往相回向、念仏成仏の教えだから、念仏以外の余行も、凡夫の計らいも雑じる隙がありません。念仏以外の余行(行もどきの行も含め)を勧めるような教えはマガイモノと思って間違いないですね。


林遊@なんまんだぶ様

仰せのように高森顕徹会長の与太話を聞くに極まる教えではありませんね。
聞見と眼見について教えて頂きありがとうございます。
親鸞会の場合は眼見とも異なるものでしょうが、とにかく往相回向、念仏成仏以外の教えをいくら「聞く一つ」と聞いていたって所詮がありません。早くマガイモノの教えから離れて往相回向の念仏一行を称え、同じく斉しく如来選択の大宝海に帰して頂きたいものです。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード