FC2ブログ

親鸞会会員の誤解ー伊藤康善師の『安心調べ』の内容を教義と勘違いしてしまった高森顕徹会長

親鸞会会員が「信心決定はものすごい体験」と思ってしまう理由の一つが、

・この一念に仏階五十二段の中、下五十段を超えて四十一品の無明を断ずる等覚不退に類同せられる
・大千世界を踏み破って恒沙の諸仏に怒号叱咤することの出来る豪快な自覚が生まれる

(以上、会報第二集より。該当箇所はこの記事参照)

などという高森会長の説(正確には伊藤康善『安心調べ』のパクリ)にあることは間違いないでしょう。この前

「51段目の覚りになったことを、親鸞聖人はハッキリと『教行信証』に述べている」
「大悲の願船に乗せて頂くと51段目の等覚になる」
「「定聚の数」とは52位ある覚りの51段目。「等覚」とも呼ばれる、阿弥陀仏の本願に助けられ、「絶対の幸福」になった覚の境地。」


などと宣っていましたし、会員はそれを信じて

・信心獲得すると、51段目の等覚になる(等覚のさとりの境地に出る)
・高森先生はさとりの52位の内、あと1段で仏という51段目の位にいる


と思い込んでしまっていることは想像に難くありません。


確かに、信心決定の瞬間に「51段目の等覚になる」という説が本当であれば

信一念の瞬間は、必ず、ハッキリと自覚できるものだ
信心決定は火に触ったよりもハッキリする、今こそ明らかに知られたりと驚き立つ体験
会員が、高森会長を無二の善知識として崇め奉る

などの主張や行為も尤もです。覚ったかどうか本人に判らないということはあり得ないでしょう。ましていわんや51段の等覚のさとりをやです。また初地を覚った龍樹菩薩が「八宗の祖師」と敬称されるのですから、51段目の覚りになった等覚の菩薩様を崇め奉るのは当然です。

では、信心決定の瞬間に「51段目の等覚になる」という説があるかというと、勿論そのような珍説は浄土真宗には存在しません。高森会長は伊藤康善師の『安心調べ』の内容を教義と勘違いして

信一念に仏階五十二段の中、下五十段を超えて四十一品の無明を断ずる等覚不退に類同せられ、恒沙の諸仏に怒号叱咤することの出来る豪快な自覚が生まれる

と理解し、そしてここにある「豪快な自覚」とやらが信心だと思ってしまったのでしょう。


親鸞聖人は「正定聚」とか「等正覚」、「等覚」という言葉を使われていますが、これらは聖道門で使われる意味とは違っていることを高森会長は知らないとしか思えません。聖人は「正定聚」については

「往生すべき身とさだまるなり」

と左訓され、「等正覚」については

①「正定聚の位なり」 ②「まことのほとけになるべき身となれるなり」

と左訓されています。聖道門で言われる「さとりの52位」には全く配当せずに使われているのです。ですから、信一念に51段高とびするとか、51段目の覚りになるなどとは当然一言も仰っていません。

それでも高森会長の珍説を信じるのは、曇鸞大師がどのように仰っているかを全く知らない人々です。以下、浄土を願う心もなく、念仏誹謗宗の信心を目指す高森顕徹会長と愉快な仲間達より引用。

********************
信心を獲たら、51段のさとりまで高跳びして特別な智慧が授かるのかどうか、親鸞聖人のお言葉で見てみます。

『高僧和讃』曇鸞讃に

世俗の君子幸臨し
 勅して浄土のゆゑをとふ
 十方仏国浄土なり
 なにによりてか西にある

鸞師こたへてのたまはく
 わが身は智慧あさくして
 いまだ地位にいらざれば
 念力ひとしくおよばれず

一切道俗もろともに
 帰すべきところぞさらになき
 安楽勧帰のこころざし
 鸞師ひとりさだめたり


とあります。
現代語訳は

東魏の孝静帝は、 曇鸞大師のもとを訪れ、 浄土への往生を願う理由について、 「あらゆる仏がたの国々はみな清らかである。 なぜ西方にある阿弥陀仏の浄土に限るのか」 と問うた。

曇鸞大師は、 「私は智慧が浅い凡夫であり、 いまだ不退転の位に至っていないので、 あらゆる浄土を等しく念じるには力がとうてい及ばない」 と答えられた。

出家のものも在家のものも、 みな帰依するところをもたずに迷っている中で、 曇鸞大師はただ一人、 阿弥陀仏に帰依し、 その浄土への往生を願うよう勧められた。


です。曇鸞大師のお言葉として「わが身は智慧あさくして いまだ地位にいらざれば 念力ひとしくおよばれず」と紹介されています。ここで言う「地位」とは初地以上のさとりのことですから、41段以上には至っていないので智慧が浅いのだ、と曇鸞大師が仰ったと親鸞聖人が紹介されています。51段高跳びしてそれなりの智慧を獲ると思っている親鸞会会員には、驚きのお言葉かもしれませんが、これが現実です。

********************

恥ずかしながら私は存じませんでした。私の記事では説得力に欠けますが、これなら会員の誤解が誤解だとハッキリしますね。飛雲さんすごいっす(^ω^)

ここで曇鸞大師は「自分は初地(41段)以上には至っていない」と仰っていますから、当然ながら51段目の等覚になっていないことは明らかです。もし親鸞聖人の仰る「正定聚」が51段目の覚りなのだとしたら、曇鸞大師は「正定聚」に入っていないと告白されていることになります。だから、「正定聚」に入っていないと仰る曇鸞大師は親鸞会的に言うと異安心になります。しかし、聖人はその曇鸞大師を七高僧の三人目に数えられ、一番多く大師の和讃を作られています。また、大師の「鸞」の字を一字頂かれてご自身の名を「親鸞」とされています。このことからも「正定聚」が51段目の覚りを言われたのでないことは明らかですし、「正定聚」の位に入ったことが実感として知らされるわけではないことが判ります。


親鸞聖人は「正定聚」等の一般にいわれる三定聚説をさとりの意味で用いられたのではなく、真仮分判の名目として転用して用いられたのでした。

聖道門では、不退転(正定聚)の階位を菩薩の修道階梯の種々に配当するのだが、御開山の用いられる三定聚説は「願海真仮論」によるのであって聖道門の五十二位説と混同してはならない

とあるように、親鸞聖人の仰る「正定聚」はさとりとは違うのです。その違うことを同じであるかのように誤解し、さも自分は51段目の等覚になったかのように会員に思わせている高森顕徹会長が自分の運命、後生を預けるに値する人物なのかどうか。会員の皆さんはよく考えてみましょう。


ちなみに浄土の菩薩は「無相供養功徳」といって、一切世界の諸仏の会座にあますところなくあらわれて、すべての諸仏を供養し讃嘆するそうです。その浄土の菩薩が供養し讃嘆する諸仏に、信心を獲たとて煩悩具足の人間が怒号叱咤するって? 高森教の自覚って、すごい自覚ですね・・・(;^ω^) だから高森会長や講師部員らは真宗に無知でありながらあんなに傲慢な態度を取れるのだと納得です。自惚れもここに極まれり。あぁはなりたくないものです。



【参照】
『WikiArc』七祖-補註11
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実体化

ども、林遊@なんまんだぶです。

仏教、特に大乗仏教では「実体化」の否定を説きます。
たとえば、高森親鸞会では「無常」を強調しますが、この無常という教説は情念としての無常「感」を示すのではなく、あらゆる存在するモノ/コトは変化していくのであって、そこには恒常的な「実体」は無いということを示す修道の一である、智慧によって、たよるべき実体は無いという「無常観」を示す表現でした。
「実体化」の否定は、仏教概論の初歩の初歩です。この論理を自明の事として、その上に往生浄土ということを説いてきたのが浄土真宗の祖師方でした。
肯定→否定→肯定という仏教史を理解せずに、言葉に迷い自らも迷い人も騙しているのが高森親鸞会なのでした。
御開山は、あまり空を説くことはないのですが、「龍樹賛」で
(2)
南天竺に比丘あらん
 龍樹菩薩となづくべし
 有無の邪見を破すべしと
 世尊はかねてときたまふ
と、有無の邪見という表現を使われていますから、当然龍樹菩薩の空の思想は御存じでした。そもそも20年も天台教学を学んでおられたから当たり前です。
しかし、その高踏な教えでは自らが「生死出ずべき道」を発見できずに御開山は法然聖人の門を叩かれ本願念仏の道に入られたのでした。
高森親鸞会風にいえば「生きる意味」を、

 ただ後世のことは、よき人にもあしきにも、おなじやうに生死出づべき道をば、ただ一すぢに仰せられ候ひしを、うけたまはりさだめて候ひしかば、「上人のわたらせたまはんところには、人はいかにも申せ、たとひ悪道にわたらせたまふべしと申すとも、世々生々にも迷ひければこそありけめとまで思ひまゐらする身なれば」と、やうやうに人の申し候ひしときも仰せ候ひしなり。

と、ひたすら、なんまんだぶと称えることに「生死出づべき道」を見出され「うけたまはりさだめ」られたのでした。

ともあれ、高森親鸞会の会員は物事を「実体化」するのですが、仏教ではそれを「虚妄」というのでした。
『大乗起信論』では「言説之極因言遣言(言説の極みは言に因つて言を遣る)」と、「言葉の所詮は、言葉を使って誤った考えを正すものだ」といっていますが、言葉と言葉によって構築された世界を離したときに、「なんまんだぶ」という言葉が届くのかのかもです。知らんけど。

選民思想の高森親鸞会の会員には理解不能だろうけど、

 親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。

でした。林遊のような愚昧な門徒は、高森親鸞会のように、救済の論理構造をアホみたいな高森教学に狂奔するのではなく、御開山のおしゃる通り、なんまんだぶの道を楽しませて下さることでした。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%87%AA%E8%A6%9A

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

コメント返信

名無し様

リンク先の「Tou18のブログ」読みましたが、二種深信の理解がおかしいですね。機の深信と法の深信は前後があるのでも、別々の二つの心が並び立つものでもなく、一他力の信心を二種に開いて示されたものです。

> 極楽浄土に往生できることは
> 絶対にないと知らされて
> 深く信じたあとに、

法の深信が立つように書かれていますがそうではありません。



林遊@なんまんだぶ様

親鸞会の中にいる間は「ただ念仏」が無碍の一道だと判りませんので、なんまんだぶの道を楽しませて下さるって何のこっちゃでしょうね・・・これほど楽で、かつこれ以外に我々の「生死出ずべき道」は無いというのに、高森教のありもしない横の道を進んで「絶対の幸福」とやらになろうとしているとは、どこまでも哀れ哀れです。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

ども、林遊@なんまんだぶです。

法然聖人は『選択集念』で念仏(なんまんだぶ)について「勝劣義」と「難易義」を示して下さいました。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%BB%83%E7%AB%8B

この意を御開山は「四不十四非釈」で、

 おほよそ大信海を案ずれば、貴賤緇素を簡ばず、男女・老少をいはず、造罪の多少を問はず、修行の久近を論ぜず、行にあらず善にあらず、頓にあらず漸にあらず、定にあらず散にあらず、正観にあらず邪観にあらず、有念にあらず無念にあらず、尋常にあらず臨終にあらず、多念にあらず一念にあらず、ただこれ不可思議不可称不可説の信楽なり。たとへば阿伽陀薬のよく一切の毒を滅するがごとし。如来誓願の薬はよく智愚の毒を滅するなり。
https://goo.gl/uRhBEH

と、絶対平等の救済を示しておられるのでした。
御開山在世の頃の門徒は、現代人のような知識もなく、形而上の信心の思索もできませんでしたが、愚直に念仏を称えることで往生極楽という阿弥陀仏の、なんまんだぶの教法を受け容れていたのでした。
蓮如さんは、当時の無信単称の時衆に対する為に信心を喧しく説いたのですが、『御一代記聞書』に、

(85)
一 おなじく仰せられ候ふ。凡夫往生、ただたのむ一念にて仏に成らぬことあらば、いかなる御誓言をも仰せらるべき。証拠は南無阿弥陀仏なり。十方の諸仏、証人にて候ふ。

と、往生決定の信心の証拠は、口に称え耳に聞こえる、なんまんだぶであるとお示しでした。

高森親鸞会では、浄土真宗の信心を摩訶不可思議なる体験による自己認識だと教えているようですが一念覚知のアホです。
そもそも、阿弥陀仏は「設我得仏 十方衆生(たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生)」と、あらゆる衆生を往生せしめると誓願されたのですから、阿弥陀仏の本願のいわれを訊いたからには漏れる衆生はないのです。実に簡単なご法義なのですが、高森顕徹氏は、それを摩訶不可思議な体験の宗教としてしまったのでした。

九条武子さんは、その著『無憂華』の「背くもの」で、

 信仰を特異の存在であるかのやうに思ってゐる人たちは、信仰の門にさえ佇めば、容易になやみの絆は断ち切れて、みづからの欲するまゝに、慰安の光がかゞやくかのごとく思ふ。
しかしながら、信仰は一の奇跡ではない。宗教はまた気やすめのための、力なき慰めでもない。信仰は荷せられた悩みを逃避するのではなく、悩みの肯定のうちに、救ひの光にみちびかれるのである。
多くの人たちは、宗教の本質について、かなしき錯覚のもとに、法をもとめようとしてゐる。そして一様に、自らの想像する驚異の世界を発見することが出来ずして、却ってをしへの常凡なるに失望してゐる。

と、記述されていましたが、高森親鸞会では奇跡の宗教を説くのでしょうね(笑
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2017/05/06/%e7%b5%b6%e6%bb%85%e5%8d%b1%e6%83%a7%e7%a8%ae/

ともあれ、なんまんだぶの道の「道」という漢字は、日本文化では、剣道、柔道、華道、茶道などして使われるのですが、仏道としての「道」とは少しく意味が違うのかもです。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E9%81%93

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

林遊さんの言われている「道」についての私見

おはようございます、Abcです。

>ともあれ、なんまんだぶの道の「道」という漢字は、日本文化では、剣道、柔道、華道、茶道などして使われるのですが、仏道としての「道」とは少しく意味が違うのかもです。(林遊さん)

仰るとおり、日本文化における「道」というものは「華道、茶道」等「各々を極めたる道」であります。これらも「自らの技量を極める」といわれたら全くの通りでありますが、「自らの技量を極めるために、自ら鍛練を行う」というある種の「自力」であります。

この「自らの技量を極めるために、自ら鍛練を行う」ということを「仏教」にあてた場合、「聖道仏教(自力仏教、諸行仏教)」となります。

親鸞は『和讃』にて、
 『正像末和讃』(12)
九十五種世をけがす 唯仏一道きよくます
 菩提に出到してのみぞ 火宅の利益は自然なる

と記されております。この「九十五種」の箇所は「諸行」を指しており、対して「唯仏一道」は「お念仏の道」つまり「念仏無碍の道」を指しております。次に記す『和讃』、
『高僧和讃』(55)
本師道綽禅師は 聖道万行さしおきて
 唯有浄土一門を 通入すべきみちととく

『浄土和讃』(72)
聖道権仮の方便に 衆生ひさしくとどまりて
 諸有に流転の身とぞなる 悲願の一乗帰命せよ

『浄土和讃』(81)
定散諸機各別の 自力の三心ひるがへし
 如来利他の信心に 通入せんとねがふべし

『浄土和讃』(83)
恒沙塵数の如来は 万行の少善きらひつつ
 名号不思議の信心を ひとしくひとへにすすめしむ

等々ございます。『和讃』をいくつかご紹介しましたがまとめますと

自力(聖道):
・九十五種
・聖道万行
・聖道権仮の方便に 衆生ひさしくとどまりて 諸有に流転の身とぞなる
・定散諸機各別の 自力の三心
・万行の少善


他力(浄土):
・唯仏一道きよくます
・唯有浄土一門を 通入すべきみちととく
・悲願の一乗帰命せよ
・如来利他の信心に 通入せんとねがふべし
・名号不思議の信心を ひとしくひとへにすすめしむ


であります。
 ここからは古典における一般論でありますが、「願うべし = 願いなさい」という連体形であり、「帰命せよ」、「帰命 = おまかせ」とした場合「帰命せよ = おまかせしなさい」という命令形になります。「他力」の欄に記した上2つはどちらも「唯」と言う文字が入っております。この「唯」こそ淳心房さんもいわれている「ただ念仏」でありますから、「浄土仏教における教え」とは「ただ念仏」(偏えの念仏 専ら念仏 一心一向の念仏)なのであります。

なもあみだ なもあみだ
Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード