FC2ブログ

親鸞会会員の誤解ー絵像や木像は間違った真宗の御本尊

頂いた情報では、来年には次の親鸞会製作の映画が出来るそうです。また会員を総動員して偽装ロングヒットさせるのでしょうね。あの年になっても新たなことをやり続ける高森会長のバイタリティーだけは称讃に値しますが、これ以上デタラメ創作教義をまき散らすのは止めてもらいたいものです。

それと23日(日)は富山で高森顕徹会長の話があったそうです。飛雲さんが挙げておられないことからご想像の通り、特に取り上げる価値も無い、毎度毎度の「絶対の幸福」話でした。幻想的な楽、ハッキリスッキリ体験が目当ての会員は勿論「現当二益」は得られません。そして後生の一大事の解決を目的としている会員でさえ、ベクトルが違う上に邪偽の教行信証を授けられているので「現当無益」は必至です。縦の線に近づいている、横の線の道を進んでいると思い込んで騙されている会員はどこまでも哀れ哀れです。



さて、ここから本日の本題に入っていきたいと思います。この記事を書こうと思ったきっかけは

「あながち間違っていない」というのが大問題

の記事に頂いた名無しさんからのコメントです。まぁその内容は何とも情けなく、親鸞会を批判するな、それよりあっちはどうなんだと本願寺や寺の僧侶を挙げて批判の矛先を別に向けろとでも言いたげなものです。

タイトルに示している通り、「親鸞会教義の誤りを紹介する」というのが当ブログの目的の一つです。本願寺や寺の僧侶の話は別問題ですし、親鸞会の与える社会的害悪の方が当然大きいので、私としては親鸞会が無くなるか、団体名から「浄土真宗」「親鸞」の名を外すかしない限りは教義批判をやめるつもりはありません。

で、名無しさんのことは置いておいて、今回取り上げたいことは

絵像や木像は間違った真宗の御本尊

という親鸞会会員の誤解です。どうも会員は、絵像や木像を本尊にしていては助からない、絵像や木像を本尊にしている本願寺の僧侶も門徒も信心獲得していない、と思っている節があります。まず申し上げておきます。阿弥陀如来の絵像や木像は、浄土真宗の御本尊であって間違いではありません。親鸞会は本願寺攻撃の唯一と言っていい足掛かりとして、この本尊の問題を執拗に取り上げているだけです。


親鸞会では、

本尊なほもつて『観経』所説の十三定善の第八の像観より出でたる丈六八尺随機現の形像をば、祖師あながち御庶幾御依用にあらず。天親論主の礼拝門の論文、すなはち「帰命尽十方無礙光如来」をもつて真宗の御本尊とあがめましましき。『改邪鈔』(2) 一 絵系図と号して、おなじく自義をたつる条、謂なき事。

他流には、名号よりは絵像、絵像よりは木像といふなり。当流には、木像よりは絵像、絵像よりは名号といふなり。 『御一代記聞書』(69)

等を根拠に

・親鸞聖人は名号のみを本尊とされ、絵像や木像は排斥された
・そのためにそれまで掲げられていた弥陀三尊の絵像などもすべて捨て去り、名号本尊を徹底された
・蓮如上人も親鸞聖人同様、名号のみを本尊にされ、絵像や木像は廃された


などと主張しています。この親鸞会の主張が間違いであることは、既に

『あさ川進の、宗教と私』(参考資料)「親鸞会の本尊論を再考する」(1)
『元会員から見た浄土真宗親鸞会』親鸞会の本尊論について

等で取り扱われています。なお、親鸞会では「何事も何事も親鸞聖人のなされた通りにせよ」とうるさいですが、本当に何事も何事も親鸞聖人のなされた通りにするのなら、現存する親鸞聖人御真筆の名号は十字名号、「帰命尽十方無碍光如来」が一番多いそうですから、それに倣って十字名号を本尊とすべきです。

ちなみに、正しい本尊だと思って会員の皆さんが礼拝合掌している親鸞会の本尊は、貼り合わせの偽造本尊であることが既に明らかになっています。 ⇒ 『用管窺天記』コピー&ペースト正本尊

林遊さんのご指摘の通り、

切り抜き貼り付けのコラージュ偽造の本尊を会員にレンタルしてたなんて、会長は切腹もの

と私も思います。

それにしても、絵像、木像とは言え阿弥陀如来を「排斥された」、「すべて捨て去り」、「廃された」と教えるとは、親鸞会は日蓮系の新興宗教そのものです。「絶対の幸福」「正本堂」等の用語もかの団体のパクリですから、名実ともに謗法罪の集団です。その証拠に、阿弥陀如来のご絵像を

「気持ちが悪いもの」

と誹謗する講師部員があったと嶋田元講師は証言しています。


名号が仏心の表象であれば、形像もまた仏心の顕現に他ならぬ」とはまことその通りです。名号も形像も、共に「必ず助けるから、安心してまかせなさい」という仏心、南無阿弥陀仏の六字のこころを、字で、すがたで顕したものです。それを形にこだわり、名号本尊にのみ固執しているのが親鸞会です。

名号本尊が一番良いことは珍しく正しいのですが、「絵像や木像は間違った真宗の御本尊」というのは誤りです。もしそうなら、親鸞聖人以前の高僧方は何を本尊とされていたか。親鸞会に言わせれば「木像や絵像本尊を排して名号本尊となされたのは、親鸞聖人が最初であった」そうですけど、なら七高僧方は間違った本尊を礼拝・起行の対象としていたのか。そのような七高僧方の信心は正しくないのか。蓮如上人に言わせれば、七高僧方は「他流」だというのか。「他流」のことを親鸞会では「地獄行きの人々」などと言ったりするが、七高僧方は「地獄行きの人々」なのか。

また、山科本願寺に木像を据えられたり、門徒に絵像や木像を下付されたりしたこともある蓮如上人はどうなるのか。名号のみを本尊とし、門徒にも下付されていない蓮如上人も「他流」「地獄行きの人々」の仲間なのか。

更に言えば、高森顕徹会長やそのお母さんのいた寺の本尊はどうなのか。谷口春子さんのいた寺は名号本尊ではないようだが、彼らは親鸞会ではお墨付きの獲信者だ。彼らも「他流」「地獄行きの人々」の仲間なのか。

・・・と、このような問題に発展してしまいます。親鸞会は極端すぎるんです。

でも、そうしないと本願寺攻撃の足掛かりを失うので絶対にその主張を曲げません。高森会長は会員の獲信・往生は眼中に無く、「打倒本願寺」を目的に生きてきたような人物ですから、とにかく本願寺が困るようなことばかりするのです。かつての本願寺座り込み事件しかりです。そして、都合の悪いことには答えませんし、本願寺の主張を会員に故意に捻じ曲げて伝え、さも高森会長、親鸞会が正しいように偽装しています。やっていることが実に幼稚です。やり方がお隣の国と同じだ、と言えば失礼でしょうか。


本尊が名号だから救うとか、絵像・木像本尊だから救わないなんて、そんな差別は阿弥陀如来には一切ありません。名号のいわれを聞く、阿弥陀如来の御姿を拝してそのこころに気付かせて頂くことが大事なんです。

参考までに西本願寺の見解はこうです(『浄土真宗本願寺派』よくある質問 >ご本尊は?より)。

Q.ご本尊は?
A.阿弥陀如来です。「阿弥陀(あみだ)」とは、インドの言葉「アミターバ」(無量光(むりょうこう))、「アミターユス」(無量寿(むりょうじゅ))の「アミタ」(無量)を音写した言葉です。阿弥陀如来とは、「無量光」と空間的に制約のない救済活動を表し、「無量寿」と時間的に制約のない救済活動を表しています。無限にすくいを届けられる仏さまなのです。
この阿弥陀如来を表して親鸞聖人は南無阿弥陀仏、帰命尽十方無礙光如来、南無不可思議光如来などの名号を書かれました。これが「名号本尊」「尊号」と呼ばれるものです。また、阿弥陀如来をお姿で表したご本尊が「絵像」や「木像」です。
これらのご本尊は、苦悩の底に沈み、自ら抜けきることのできない者のために、阿弥陀仏の方から、その中に入りこみ苦悩の者を助けるという阿弥陀如来の究極的なお慈悲のはたらき(本願他力)を表したものです。
ご家庭のお仏壇は、ご本尊を安置し、私が阿弥陀仏のお慈悲にあい、気付かせていただく場です。「うちには亡くなった人がいないから、仏壇はまだいらない」というのは誤りです。


名号に限らず、絵像や木像も「苦悩の底に沈み、自ら抜けきることのできない者のために、阿弥陀仏の方から、その中に入りこみ苦悩の者を助けるという阿弥陀如来の究極的なお慈悲のはたらき(本願他力)を表し」ています。私達は名号や形像を通してその究極的なお慈悲のはたらきに気付かせて頂くことが大事なのです。

その大事なことを高森会長は教えません。やれ因果の道理だ、やれ廃悪修善だ、やれ19願だ、やれ修諸功徳だ、やれ定散二善だ、やれ光に向かって進めだ、やれ善をしなければ信仰は進みませんだとか言って、名号のいわれ、形像に込められた阿弥陀如来のこころを正しく説きません。こんな諸行往生もどきの外道の教えをまともに聞いていて、会員の皆さんが正しい信心も安心もあるわけないじゃないですか。

形にこだわり、本質を見失っている。それどころか、デタラメ創作教義にまみれているのが親鸞会です。会員の皆さんは、高森会長の本心が皆さんの獲信・往生とは別にあると早く気付き、邪義とは決別して、浄土真宗の正意に基づいて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「本尊論」と「救済論」の混乱

ども、林遊@なんまんだぶです。

高森顕徹氏は、「救済論」と「本尊論」とをぐちゃぐちゃにして当人もよく判ってないのしょうね。
真宗用語で云えば「安心門」と「起行門」といふ論理がよく理解できてないのでしょう。ですから、安心門で語ることを起行門で語ったり、起行門で語るべき事柄を安心門で語っているのだと思ふ。
ですから、名号本尊に固執する高森親鸞会では、偶像崇拝になっているのかもですね。

反抗期の中学生の頃に、お仏壇を大事する両親に反発して、「インド人の天然パーマのおっさんを拝むような奴は野蛮人か未開人だ」と言ったことがあります。
即座にじいいさんが、「お前はアホか、お仏壇の絵像を下して裏を見てみい」といわれました。
で、直情径行な性格ですから、そっと仏壇の絵像を下して裏を見たら「方便法身尊形」と書いてありました。
で、じいさんから長々と「方便」と「真実」の話を聴かされたものです。
「真実は真実だけでは真実にならん。真実は真実ならざるものを通して真実をあらわすから、ほんまもんの真実というんじゃ」は、じいさんの口癖でした。
今にして思えば、いわゆる方便法身と法性法身の「広略相入」なのですが、田舎のじじい門徒はおそるべきでした(笑
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%BA%83%E7%95%A5%E7%9B%B8%E5%85%A5

というわけで支援です。

「真宗の本尊について」
http://hongwanriki.wikidharma.org/index.php/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E3%81%AE%E6%9C%AC%E5%B0%8A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

「名号画像」
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%90%8D%E5%8F%B7%E7%94%BB%E5%83%8F

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ



本尊 とは

こんばんわ、Abcです。

 今回も忙しい中このように記していただき、誠にありがとうございます。
これも阿弥陀様の普くおはたらきかと存じます。なもあみだ、なもあみだ

さて、記事の中にて取り上げていただいた
>林遊さんのご指摘の通り、

>切り抜き貼り付けのコラージュ偽造の本尊を会員にレンタルしてたなんて、会長は切腹もの

でありますが、まことその通りであります。それでも「ワシは間違っとらん!」というのですから、もうなんともいえません。(そしてこちらが「なにもいえない」をいいことに「法論に勝った」などと申すのですから、その先は推して知るべしです。)

以下は私のところの「縁起」や「そのほかの縁起」となりますが、記載しておきます。

『専修寺縁起』
1224(元仁元年) この年に、『教行証』の草稿が出来たとされる。(この年を以って「真宗元年」ともいわれる 場所は稲田草庵とされる。)

1225(嘉禄元年) おおまかな法義をまとめた親鸞は、寺院の創立に着手し、その本尊として信州善光寺(ここには浄土宗の別院がある)に行き、「方便法身 善光寺式一光三尊阿弥陀如来 尊形」を持たれ、下野高田の地に帰参する。

1226(嘉禄二年) 寺院一宇を創立し、名を「専ら弥陀に帰し、修す寺」(または「専修念仏」から)という「専修寺」とされた。(下述するが、これ以降に創立する真宗寺院は総じて「専修寺」という寺院名としている)

1227(嘉禄三年) 寺院を創立した(教団を創立した)ことが京まで伝わるが、その内容が完全に伝わらなかったために、聖覚法印らによって行われたとされる「嘉禄の法難」で「浄土宗徒を不当に斡旋しているのではないか」と疑問を抱かれる。

1232(寛喜四年) 京に帰るにあたり、真佛上人にその後を任せた。なお、顕智上人は親鸞と行動を共にした。横曽根の性信房は途中まで随伴されるが、箱根にて「板東(関東)に戻り、門徒に教えをつたえるように」といわれる。(その後、性信房は木辺まで行かれて「上人(親鸞)にあわせて頂きたい」と上洛を乞うが、許されることはなかった。)

『浄興寺縁起』
1232(寛喜四年) 京に帰るにあたり、善性上人にその後を任せたとされる。
 この浄興寺も当初の寺院名は専修寺(甲斐専修寺)を号していた。

『錦織寺縁起』
1235 (嘉禎元年) 親鸞聖人、木部にご滞在される。その際、厨子に入れられていた阿弥陀如来像(木像)を錦織寺に寄進される。

1238 (暦仁元年) (性信) 錦を織り、四条帝より「天神護法錦織之寺」の寺号拝領せる。(弁正)

参照元:
高田山専修寺 http://www.senjuji.or.jp/
歓喜踊躍山浄興寺 http://www.johkohji.com/
遍照山錦織寺 http://www.kinshokuji.or.jp/

この中でも、「厨子に入れてあった木像を寄進され」や「木像を取りに信州善光寺まで行かれ」などありますから高森さんが提唱する「聖人は生涯名号本尊のみはご本尊とされた」ということは誤りと知ることが出来るかと思います。(余談ですが、このように文面(文章)をよむことによって知ったことを「まことに知んぬ」といいます。)

なもあみだ なもあみだ
Abc

真実信心 必具名号

ども、林遊@なんまんだぶです。

高森親鸞会の「救済論」と「本尊論」の混同から派生するのが、名号本尊論でした。
つまり『御一代記聞書〕の、
 一 他流には、名号よりは絵像、絵像よりは木像といふなり。当流には、木像よりは絵像、絵像よりは名号といふなり。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%93%AE%E5%A6%82%E4%B8%8A%E4%BA%BA%E5%BE%A1%E4%B8%80%E4%BB%A3%E8%A8%98%E8%81%9E%E6%9B%B8#no69

を、金科玉条とし「南無阿弥陀仏」の名号以外は救済を表彰するものではないというのでしょう。親鸞会依用の本尊は、偽造のコラボだけど(笑
こういう発想を偶像崇拝(偶画崇拝)といい、「本尊論」と「救済論」を混乱する立場でした。
本願寺派の依用する木像・絵像の形象を否定し、高森親鸞会の偽造のコラボ名号によってのみ救われるという、偶像崇拝(画像崇拝)の変形でした。あほです。

浄土真宗本願寺派第22世法主の鏡如上人は、

 我、名号となりて衆生に到り、衆生とともに浄土へ往生せん、若(も)し衆生生まれずば 我も帰らじ。

といわれたのでしたが、この名号とは、
 金剛真心 是名真実信心。
 真実信心 必具名号。名号必不具願力信心也。
  金剛の真心、これを真実の信心と名づく。真実の信心はかならず名号を具す。名号はかならずしも願力の信心を具せざるなり。
https://goo.gl/WNSWzD

の、なんまんだぶの称名でした。
ともあれ高森顕徹氏は、真実の信心を得ていないから、なんまんだぶの名号を具していないのでした。たぶん、なんまんだぶを口にしても営業用の「名号はかならずしも願力の信心を具せざるなり」かな。

ともあれ、白いカラスはいないという主張に対して、一例でも白いカラスをb提示すれば、高森親鸞会の主張は破綻するのですが、高森顕徹信心の会員にはこれが分らんのです。

何故なら、高森親鸞会脱会者と思われる方のブログの、

 日本語を奪われ、

 知性を奪われ、

 判断も奪われ、

 時間を奪われ、

 人間性をも奪われ、

 楽しみも、悲しみも、教祖に拠る所となり、

 人生そのものを奪われるのだ。

 それを何十年も。

 しかも苦労すればするほど、これだけ苦労したのだからと余計にしがみつくのが人間である。
https://pontawa.hatenablog.com/entry/2018/09/19/181610

という、限界状況に閉じこめているからでしょうね。
悲しいことです。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

コメント返信

林遊@なんまんだぶ様

いつもながら御教示ありがとうございます。おじい様は真宗についての学識が相当高かったのですね。

この中の「方便」と「真実」についても会員は相当誤解しています。阿弥陀仏や釈尊が我々を導く手立てを方便というのに、自分が教主になったつもりで「方便の善をやらねば真実に入れない」などと主張し、結果方便も真実も虚偽化させているのが高森会長です。ひどい時は方便を「騙し」などと誹謗していますからね。

http://shinrankaidakkai.hatenablog.com/entry/2018/08/28/191600
http://blog.wikidharma.org/blogs/blog/2018/08/29/%e6%b5%84%e5%9c%9f%e7%9c%9f%e5%ae%97%e3%81%a7%e3%81%af%e3%80%8c%e5%98%98%e3%82%82%e6%96%b9%e4%be%bf%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e8%a8%80%e8%91%89%e3%81%af%e4%bd%bf%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84/

まぁ信心のほどは判りませんが、会長は学識としては『教行証文類』すらまともに読んで/読めていない人物です。そんな人物を一時期無二の善知識と尊崇していた自分を「恥づべし、いたむべし」であります。

会員は会長に恋愛に似た感情を持っているのです。だから、その熱が冷めないことには分からんのですよ。こちらとしては熱が冷めた/冷めかかっている人にひたすら教義の誤りと正しい浄土真宗を伝える他ないと考えます。

http://shingikensho.blog12.fc2.com/blog-entry-874.html

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・


Abc様

「名号のみを本尊とされた」ことを覆す根拠を示して頂きありがとうございます。「のみ」というからには、林遊さんの仰るように一つでも例外を提示すればその主張は通らないのです。「名号本尊を中心とされた」とか主張すればいいのですが、それでは絵像・木像を本尊にしている本願寺は間違いだと言えなくなるし、過去の主張に反するのでそれは絶対に言いません。Abcさんの提示して頂いた文献より、

まことに知んぬ、親鸞聖人は名号だけでなく、木像の阿弥陀如来も方便法身尊像として尊崇されていた
まことに知んぬ、親鸞聖人は木像を廃されていない

ですね。なもあみだ、なもあみだ、なもあみだ・・・

Abcです

こんばんわ、Abcです。ご返信ありがとうございます・

>。名号も形像も、共に「必ず助けるから、安心してまかせなさい」という仏心、南無阿弥陀仏の六字のこころを、字で、すがたで顕したものです。(淳心房さん)

 仰るとおり、共に「必ず助けるから、安心してまかせなさい」という仏心であります。前にもコメントに記させていただきましたが再び「阿弥陀様のお姿」について記させていただきます。

 阿弥陀様が立たれているすがた、また座られているすがたともに右手の手のひらを私たちに向け、左手の手のひらを上に向けていらっしゃいます。

これは「不畏招喚の相」ともいわれ「不畏」が「右手」、すなわち「おそれなくてもよい(安心してまかせなさい)」であり名号でいうところ「南無(または帰命) 梵語:ナマス」であります。
「招喚」が「左手」、すなわち「必ず助ける」であり、名号でいうところ「阿弥陀仏(無碍光如来 不可思議光如来) 梵語:アミダーバ(無量光、智慧光) アミダーユス(無量寿)」に相当します。

ですから、名号、絵像、木像 共に「なんまんだぶの心」にほからないのです。

少し思い返して観てください。蓮如上人に「浄土真宗とはなんですか?」と尋ねられた方がいらっしゃいましたが、その答えは「ただこれ南無阿弥陀仏 六字のこころなり」と申されております。また「その数わづかに六字なれば、さのみ功能のあるべきともおぼえざるに、この六字の名号のうちには無上甚深の功徳利益の広大なること、更にその極まりなきものなり」(蓮如上人『御文章』五帖目十三通) と記されております。

ですから、浄土真宗(真宗)は、ただこれ六字のこころなのであります。

なもあみだ なもあみだ
Abc

No title

以前「追及した方がよいのではないですか?」とコメントしたのですが、あれは「あの会の正御本尊こそ偽造なのだから、淳心房さんにはまずそちらを追及して頂きたいです」という意味もありましたが、「この期に及んで『本願寺云々』などとコメントしてくる現役会員さん達は、自分達が礼拝している本尊こそ偽造本尊だと知っているのでしょうか?本願寺なんかより、こんなコピペ本尊を会員に押しつけてくる高森会長をこそ追及すべきでは?」―という意味でもあったのです。…それにしても、今になってなおあのようなコメントをしてくる会員さんがいるのかと、驚き呆れて思わず私もあのようなコメントをした次第なのです(まあそういう私もかつては会長にいいように騙されていたのであまり他人のことは言えませんが…)。あの会の正御本尊が偽造コピペ本尊で、しかも軸装なども全くの粗悪品、必要もない建物にばかりお金をかけて、一番肝心なところはケチりにケチっているということは「さよなら親鸞会」や、「山も山」さんのブログなど、既にあちこちで指摘されているとおりで、もはや周知の事実かと思っていたのですが…。余程おめでたい会員さんなのでしょうか、それとも教義批判の嵐に何一つ反論できない故の悔し紛れでしょうか…。

コメント返信

Abc様

いつもありがとうございます。ご説明頂いた、形像に込められた南無阿弥陀仏の六字のこころ。新しい記事に引用させて頂きましたのでよろしくお願いします。


あずきあらい様

> あの会の正御本尊が偽造コピペ本尊で、しかも軸装なども全くの粗悪品

まことその通りで、家での勤行の際、何度紐の部分が剥がれては糊付けしたことか・・・。仏壇屋に見せに行ったらその粗悪品ぶりに店主が驚いたというようなことを以前聞いたことがあります。しかもレンタルで、退会時は返せとか、随分と聖人のお心に反することをしなさっています。

あの会員さんはどちらとも取れますね・・・おおよそ会員は会長に対して恋愛に近い感情を抱いている上に、主従関係ですから、熱が冷めないか主人の誤りを目の当たり確認しない限りは信じ続けるでしょう。哀れ哀れです。
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード