『選択本願念仏集』は親鸞会にとっても水爆級です

親鸞会公式ホームページに
『歎異抄をひらく』後、2年の沈黙
という記事がありました。その中に、

ところが法然上人の著された『選択本願念仏集』は、仏教の正統を自認してきた聖道仏教を、経釈に基づき完膚なきまで打ち破り、弥陀の本願念仏こそ万人救済の大道であることを開顕された、水爆級の書だったのである。

と書かれています。親鸞会の人は、『選択本願念仏集』を読んで上の文章を書いたのでしょうか?

「善をしなければ信仰は進まない」と主張する親鸞会の人にとっても、水爆級のお言葉が『選択本願念仏集』には多く説かれていますので、いくつか列記したいと思います。


わたくしにいはく、この文を見るに、いよいよすべからく雑を捨てて専を修すべし。あに百即百生の専修正行を捨てて、堅く千中無一の雑修雑行を執せんや。行者よくこれを思量せよ。(二行章)

ゆゑに知りぬ、念仏は易きがゆゑに一切に通ず。諸行は難きがゆゑに諸機に通ぜず。
しかればすなはち一切衆生をして平等に往生せしめんがために、難を捨て易を取りて、本願となしたまへるか。もしそれ造像起塔をもつて本願となさば、貧窮困乏の類はさだめて往生の望みを絶たん。しかも富貴のものは少なく、貧賤のものははなはだ多し。もし智慧高才をもつて本願となさば、愚鈍下智のものはさだめて往生の望みを絶たん。しかも智慧のものは少なく、愚痴のものははなはだ多し。もし多聞多見をもつて本願となさば、少聞少見の輩はさだめて往生の望みを絶たん。しかも多聞のものは少なく、少聞のものははなはだ多し。もし持戒持律をもつて本願となさば、破戒無戒の人はさだめて往生の望みを絶たん。しかも持戒のものは少なく、破戒のものははなはだ多し。自余の諸行これに准じて知るべし。
まさに知るべし、上の諸行等をもつて本願となさば、往生を得るものは少なく、往生せざるものは多からん。しかればすなはち弥陀如来、法蔵比丘の昔平等の慈悲に催されて、あまねく一切を摂せんがために、造像起塔等の諸行をもつて往生の本願となしたまはず。
ただ称名念仏一行をもつてその本願となしたまへり。(本願章)

しかるに本願のなかにさらに余行なし。三輩ともに上の本願によるがゆゑに、「一向専念無量寿仏」(大経・下)といふ。「一向」は二向・三向等に対する言なり。例するにかの五竺(印度)に三寺あるがごとし。一は一向大乗寺、この寺のなかには小乗を学することなし。二は一向小乗寺、この寺のなかには大乗を学することなし。三は大小兼行寺、この寺のなかには大小兼ね学す。ゆゑに兼行寺といふ。まさに知るべし、大小の両寺には一向の言あり。兼行の寺には一向の言なし。いまこの『経』(同・下)のなかの一向もまたしかなり。もし念仏のほかにまた余行を加へば、すなはち一向にあらず。もし寺に准ぜば兼行といふべし。
すでに一向といふ、余を兼ねざること明らけし。すでに先に余行を説くといへども、後に「一向専念」といふ。あきらかに知りぬ、諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ。もししからずは一向の言もつとももつて消しがたきか。(三輩章)

おほよそかくのごときの三義不同ありといへども、ともにこれ一向念仏のための所以なり。初めの義はすなはちこれ廃立のために説く。いはく諸行は廃せんがために説く、念仏は立せんがために説く。
次の義はすなはちこれ助正のために説く。いはく念仏の正業を助けんがために諸行の助業を説く。後の義はすなはちこれ傍正のために説く。いはく念仏・諸行の二門を説くといへども、念仏をもつて正となし、諸行をもつて傍となす。ゆゑに三輩通じてみな念仏といふ。ただしこれらの三義は殿最知りがたし。請ふ、もろもろの学者、取捨心にあり。
いまもし善導によらば、初め(廃立)をもつて正となすのみ。(三輩章)

ゆゑに知りぬ、念仏また九品に通ずべしといふことを。二には『観経』の意、初め広く定散の行を説きて、あまねく衆機に逗ず。後には定散二善を廃して、念仏一行に帰す。いはゆる[[「汝好持是語」等の文]]これなり。その義下につぶさに述ぶるがごとし。ゆゑに知りぬ、九品の行はただ念仏にありといふことを。(三輩章)

また引くところの文(定善義)のなかに、「自余衆善雖名是善若比念仏者全非比校也」といふは、意のいはく、これ浄土門の諸行に約して比論するところなり。念仏はこれすでに二百一十億のなかに選取するところの妙行なり。諸行はこれすでに二百一十億のなかに選捨するところの粗行なり。ゆゑに「全非比校也」といふ。また念仏はこれ本願の行なり。諸行はこれ本願にあらず。ゆゑに「全非比校也」といふ。(摂取章)

定散を説くことは、念仏の余善に超過したることを顕さんがためなり。もし定散なくは、なんぞ念仏のことに秀でたることを顕さんや。(念仏付属章)

知るべし、釈尊の諸行を付属したまはざる所以は、すなはちこれ弥陀の本願にあらざるゆゑなり。
また念仏を付属する所以は、すなはちこれ弥陀の本願のゆゑなり。
いままた善導和尚、諸行を廃して念仏に帰する所以は、すなはち弥陀の本願たる上、またこれ釈尊の付属の行なり。ゆゑに知りぬ、諸行は機にあらず時を失す。
念仏往生は機に当り、時を得たり。感応あに唐捐せんや。
まさに知るべし、随他の前にはしばらく定散の門を開くといへども、随自の後には還りて定散の門を閉づ。
一たび開きて以後永く閉ぢざるは、ただこれ念仏の一門なり。弥陀の本願、釈尊の付属、意これにあり。行者知るべし。(念仏付属章)

はかりみれば、それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。
浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。
正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。
正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。(三選の文)



他にも、親鸞会にとって水爆級の御文はありますが、長くなりすぎるのでこれで引用を終わります。親鸞会会員の皆様は、実際に『選択本願念仏集』を拝読してみて下さい。

親鸞聖人も、

『選択本願念仏集』は、禅定博陸[月輪殿兼実、法名円照]の教命によりて撰集せしめるところなり。
真宗の簡要、念仏の奥義、これに摂在せり。見るもの諭り易し。まことにこれ希有最勝の華文、無上甚深の宝典なり。(『教行信証後序』)


と教えられていますので、『選択本願念仏集』を拝読したらよいと思います。

もし親鸞会では拝読することを止められているのならば、親鸞会にとって余程都合の悪いことが教えられていると思ったらよいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

教学短冊でも、会長や専任講師の法話の中でも、選択集からのお言葉が引用されることはまるで無かったと記憶してます。
ていうかハッキリ言って彼らは法然聖人好きじゃないですよね。
本物の御法義をお聴聞するようになって以来、僕は親鸞聖人と並んで偉大な方と仰いでいるんですが…

>Rudel様

法然聖人のお言葉はそのまま読むと大変誤解しやすいのだそうですよ。そのまま読む以外にどのような読み方があるのでしょうね?

法然聖人・親鸞聖人が厳しく戒められた雑行(実際は雑行でもないのですが)を会員に勧めるあたり、真宗の教えを破壊する謗法の徒だと言わざるを得ません。

以前に聖典セミナーで紹介しましたが、親鸞聖人は、自身が遇った浄土真宗は、恩師法然聖人によって開かれた教えであるといわれています。
智慧光のちからより 本師源空あらはれて
浄土真宗をひらきつつ 選択本願のべたまふ『高僧和讃』

私も法然・親鸞両聖人を大変尊敬しております。これからも両聖人の教えを学びないと思っています。

法然聖人がどのように教えられた方かを知れば、親鸞聖人が教えを聞き求める方々に19願の善を勧められたかどうかなど、論ずるまでもありません。

>法然聖人のお言葉はそのまま読むと大変誤解しやすいのだそうですよ。

こんなことを言ってた人がいたのか!これは聞いた事無かったです。
そのまま読むと誤解するから会長に依るしかないとか、彼らは文底秘沈が大好きですよね。
土蔵秘事ならぬ二千畳秘事ですな(´Д`)

>Rudel様

一例を挙げれば「念仏為本」などですね。

それどころか、親鸞聖人のお言葉もそのまま読むと大変誤解しやすいのだそうです。
親鸞聖人の真意は高森会長しか分からないようですし、30年40年聞いて分かるようなものではないとの事なので、わずか18歳で信心決定したという会長はドエライ善知識だと、会員は持ち上げて賛美しているのです。

一念(只今)の救いまで様々な道程を経なければならない時点で一念の救いではなくなっていることに、会員は早く気付いてほしいものです。

>親鸞聖人のお言葉もそのまま読むと大変誤解しやすい

僕の頃はそこまで言われたことなかったですね(;´Д`)

確かにお聖教にはうかつに読むと勘違いしやすい点はあるのは事実ですが(「たすけたまへとたのめ」とか)
いまは会員が自分で聖典を拝読する事すら、講師部員らはいい顔しないとか聞きましたが…そんな感じなんでしょうかね??

>Rudel様

確かに仰る通り、何百年も前の文章ですから、そのままでは分からない所はあります。
ただ、雑行(諸善)を救われるためにやれと言われているか、捨てよと言われているかは明らかでしょう。

聖典を読めば、どこにも救われるために諸善をせよとは書かれてませんから、誤りがバレてしまいます。
いい顔しないというのは、確かめた訳ではないので断言できませんが、あり得る話だと思います。

日常生活と往生をごちゃ混ぜにして、往生と無関係な諸善(実際は献金と人集め)を関係づけて勧めるところに誤りがあります。
速やかに救われようと思う人は、諸行は廃して直ちに南無阿弥陀仏一つに向いて下さい。

No title

糞を喰らって喜んでいたのが自分だったとは悲劇か喜劇か
うっぷんを晴らせる相手がいる間にやめたほうが吉

親鸞聖人って法然上人のご説法で信心獲得されたんだと思うんだよ。
善恵房証空上人の本も読まないし、読ませないしね
獲信されていたと知ったらどういうだろうね、会員続けている人
会長とその取り巻きにいいように利用されているとはこれは知らなかったよ

ははは 笑うしかねーや

>名無し様

これ以上騙される前に辞めた方が吉ですね。

『御伝鈔』には、

真宗紹隆の大祖聖人(法然房源空聖人)、ことに宗の淵源をつくし、教の理致をきはめて、これを述べたまふに、たちどころに他力摂生の旨趣を受得し、飽くまで凡夫直入の真心を決定しましましけり。

と書かれておりますし、『高僧和讃』には、

本師源空いまさずは このたびむなしくすぎなまし

と仰っていますので、私も法然聖人から教えを受けて信心獲得されたのだと思います。

私自身騙された怒りはありましたし、今でも思い出すと嫌になりますが、まず自身の往生を決定することが先決と、教えを学び直しました。
結果、今までどれだけ聞いてきたかや、勉強量など全く関係ない阿弥陀仏の救いに遇うことができました。とはいえ学問は不十分ですから今でも勉強中です。

失望と憤りは禁じ得ませんが、親鸞聖人の教えに遇えたのは素晴らしいご縁ですから、是非とも阿弥陀仏に救われて浄土往生を遂げて頂きたく思います。
既に救われておいででしたら失礼しました。共にお念仏称えさせて下さい。
南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード