FC2ブログ

「仮」「方便」が「方便化身・化土」のことだと分からない、本当に真宗に無知な高森顕徹会長

昨日は鳥取会館落慶行事が富山であり、そこで高森顕徹会長の話があったようです。内容は

『飛雲』再開した三願転入の妄想話

に紹介されているように親鸞会流「三願転入の教え」でした。去年復活させた親鸞会流「宿善論」といい、今年復活させた創作「二河白道の譬」といい、高森会長は徹底的に論破されて引っ込めざるを得なくなった自説をほとぼりがさめた頃にまた復活させるという手法を用いています。

『顕正新聞』等の機関誌ではちょいちょい「三願転入の教え」は出てきていました(※)。が、公に話をするのは随分久しぶりな気がします。それほど「善の勧め」をせざるを得ないという状況なのでしょう。


さて、今回は「大悲願海」について話がなされたそうです。「大悲願海」の語は、公式ホームページにあるように

仮の仏土とは、下にありて知るべし。すでにもつて真仮みなこれ大悲の願海に酬報せり。ゆゑに知んぬ、報仏土なりといふことを。まことに仮の仏土の業因千差なれば、土もまた千差なるべし。これを方便化身・化土と名づく。真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す。これによりて、いま真仏・真土を顕す。これすなはち真宗の正意なり。経家・論家の正説、浄土宗師の解義、仰いで敬信すべし。ことに奉持すべきなり。知るべしとなり。「真仏土文類」

から取ってきたものです。ここから「三願転入の教え」に結び付ける点だけ考えても、高森会長が本当に真宗に無知であること、また相当の悪意があって話をしていることが判ります。

親鸞聖人は『教行証文類』の証文類までで、真実の教行信証とは何かを教えられてきました。真実の教行信証とは、我々が真実報土に往生し、成仏する教、行、信、証のことです。証とは助かった結果で、もう後の話ですから、我々に必要なのは助かるタネ、すなわち行信です。その真実の行信とは、

行ー如来選択回向の念仏
信ー本願力回向の信心


です。共に阿弥陀仏より回向され与えられる真実行、真実信で、我々の方で何か用意することは要らないぞ、そこへ我々の方であれこれ計らって手を加えるというのは間違いだということを親鸞聖人は仰っているのです。

しかれば、もしは行、もしは信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし。因なくして他の因のあるにはあらざるなりと、知るべし。「信文類」総決

それ真宗の教行信証を案ずれば、如来の大悲回向の利益なり。ゆゑに、もしは因、もしは果、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまへるところにあらざることあることなし。因、浄なるがゆゑに果また浄なり。知るべしとなり。「証文類」総決

往生成仏の行も信も、因も果も、すべてみな阿弥陀仏の清らかな願心の回向が成就したものにほかならないというのです。対して、私達がどんなに真心を尽くして浄土に往生したいと願い、様々な行を積んだとしても、我々に清浄の真心は起こせませんから報土往生はできません。だからそのような我々が報土に到ってこの上ないさとりを開こうとするなら、ただ如来回向の他力の行信を用いよと教えられたのが親鸞聖人です。

それから、「真仏土文類」では阿弥陀如来という仏、また浄土というのが本願に報いて成就された報仏、報土であることが説かれています。阿弥陀如来の浄土というてもそれは化土ではないかという論難が中国では盛んにあったそうで、そうではない、願に報いて成就された真の報仏土なんだということを論証されているのです。


そして、いよいよ次の「化身土文類」を用意する前段階、準備として

それ報を案ずれば、如来の願海によりて果成の土を酬報せり。ゆゑに報といふなり。しかるに願海について真あり仮あり。ここをもつてまた仏土について真あり仮あり。

と仰っています。阿弥陀仏の本願に真実と方便がある、だから成就された仏と浄土にも真実と方便とがあるというのです。ここで「」(方便)とあるのは、

真実に近づけるために絶対必要なもの

と高森会長が強弁するようなことではありません。「方便化身・化土」と言われているように、方便の仏と浄土、すなわち『観経』真身観の仏、また化土、懈慢界、疑城胎宮のことです。

まことに仮の仏土の業因千差なれば、土もまた千差なるべし。これを方便化身・化土と名づく。

真実の行信、如来回向の南無阿弥陀仏によって往生する世界は、因が同じですから当然果も同じです。ところが、方便の浄土は各人各別の自力の行信によって往生する世界ですから千差万別で、同じ浄土というわけにはいきません。その千差万別の自力の行信による果報、それが「方便化身・化土」です。

ですから、「方便」というのは真実報土に到るのに絶対必要なものとして建てられた願、説かれた教え、行信ということではなく、方便化土に往生する願、教え、行信ということです。高森会長が

18願のお約束通りになるために必要な方便が「諸善」であり「念仏」であり、大切な「宿善」となる

として19願、20願の行信、自力諸善と自力念仏を勧めるということは、結果から言えば

方便化土に往生しなさい

と勧めていることに他なりません。そうやって自力の行信に囚われている間は報土往生できませんから、

真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す。

と親鸞聖人は仰っているわけです。方便の願の行信を勧められている親鸞会会員は、完全に如来広大の恩徳を迷失しています。だから心からの安心も満足も無く、勧められるまま獲信・往生とは無関係な活動をやって、信仰とやらが進んでいるつもりで喜んでいるのです。


自力の行信に囚われて「これで助かるんだ」とやっていては化土へ往ってしまいます。『歎異抄』の作者は

かなしきかなや、さいはひに念仏しながら、直に報土に生れずして、辺地に宿をとらんこと。一室の行者のなかに、信心異なることなからんために、なくなく筆を染めてこれをしるす。なづけて『歎異抄』といふべし。

と、念仏しながらも辺地(化土)へ往ってしまう同行がいることを歎いているのです。本願に真仮、行信に真仮があることを知らず、仮の行信に執心していては、その結果は方便化土への往生です。これが親鸞会の場合は、化土へ往ければ万々歳で、自力の行信もどき、善もどきの組織拡大活動に従事する会員はどう考えても流転輪廻を免れません。加えて念仏誹謗していますから、必堕無間というのもあながち間違いとは言えません。

高森会長が勧めていることは良くて方便化土への往生で、実態は流転輪廻、必堕無間の因を勧めています。会員の皆さんは、間違っても真実報土への往生、獲信を勧めているのではないと気付き、早く親鸞会を脱してその邪義から離れて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Abcです

こんばんわ、Abcです。

詳しくは、「飛雲」さんの箇所にしるしましたので、こちらに記すことは、余談として眼を通されてください。

・辺地往生(自力諸善往生 及び 自力称名往生)について

>さいはひに念仏しながら、直に報土に生れずして、辺地に宿をとらんこと

の「辺地」について記したいと思います。
 まず、辺地とは、「七宝の獄」、「辺地胎宮」、「疑城胎宮」ともいわれ、「自力を主としているものが、方便として往生させていただく場所」のことであります。この往生も「阿弥陀様のお働き」であります。ですが、阿弥陀様は「みな人わが浄土に生まれん」と願われていますように「わが浄土に招くぞ!!」と言われております。(そのいわれていることは、「私に任せよ」の意である「南無阿弥陀仏」にほかならないのです。)

以下には各書物の引用と端的な説明(※の箇所)を記します。

『教行証 第六(化土巻)』より
 「『大経』に言はく、諸の小行の菩薩及び少功徳を修習する者称計す可らず、皆当に往生す可し、と。
 又言はく、況んや余の菩薩、少善根に由りて彼の国に生ずる者称計す可からず、と。」

※「赤色」の箇所は「自力」、「青色」の箇所は「他力」であり、どちらも

自力にて諸善を行っているものは計らうことをやめよ」といわれています。ですから、『歎異抄』第八には「念仏は行者のために非行・非善なり。」といわれ、源空聖人は「義なきを義とす」といわれております。

・死んだら「必堕無間」なのか。

答えは、「念仏誹謗の者だけ」です。「自力を修する者」は上のように「化土往生」であり、「化土往生(五悪趣 辺地往生) ≠ 地獄」です。以下に「辺地の往生を遂げるひとは、終には地獄におちることではない」といわれている書物を示します。

『歎異抄』第十七
 「一 辺地往生をとぐるひと、つひには地獄におつべしといふこと。この条、なにの証文にみえ候ふぞや。学生だつるひとのなかに、いひいださるることにて候ふなるこそ、あさましく候へ。経論・正教をば、いかやうにみなされて候ふらん。

 信心かけたる行者は、本願を疑ふによりて、辺地に生じて疑の罪をつぐのひてのち、報土のさとりをひらくとこそ、うけたまはり候へ。信心の行者すくなきゆゑに、化土におほくすすめいれられ候ふを、つひにむなしくなるべしと候ふなるこそ、如来に虚妄を申しつけまゐらせられ候ふなれ。」

※ここからわかることは、「死んだら必堕無間」と言われている時点で、「『歎異抄』は間違っている」と言っていることにほかならないので、
 そのようなものが「歎異抄の映画を出す」と言っていること自体、ギャグでしかありません。

Abc

第十九願は少功徳、少善根

ども、林遊@なんまんだぶです。

Abcさん。

引用開始>>
『教行証 第六(化土巻)』より
 「『大経』に言はく、諸の小行の菩薩及び少功徳を修習する者、称計す可らず、皆当に往生す可し、と。
 又言はく、況んや余の菩薩、少善根に由りて彼の国に生ずる者、称計す可からず、と。」

※「赤色」の箇所は「自力」、「青色」の箇所は「他力」であり、
>>引用終了

何か勘違いされているのかな。「不可称計」とは、計算すること、数えはかることができないという意味で多数の意を表します。称には量るという意味もあります。
https://goo.gl/fFBZCX

ここの引文は、第十九願によって往生する者は多いのだが、「小行の菩薩、および少功徳」であり、「少善根」の輩であるということを助顕する文でした。
第十九願の「修諸功徳」は、少功徳であり少善根であることを示すのでした。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

コメント返信

Abc様
林遊@なんまんだぶ様

> 辺地とは、「七宝の獄」、「辺地胎宮」、「疑城胎宮」ともいわれ、「自力を主としているものが、方便として往生させていただく場所」のことであります。この往生も「阿弥陀様のお働き」であります。

そうですね。阿弥陀仏が救済の対象を広げて下さったわけですね。いわゆる随他意の法門です。願で言えば第19願、第20願にあたり、その第19願成就の証文として挙げられた

・『大経』(下)にのたまはく、「もろもろの小行の菩薩、および少功徳を修習するもの、称計すべからず。みなまさに往生すべし」と。

・またのたまはく(如来会・下)、「いはんや余の菩薩、少善根によりて、かの国に生ずるもの称計すべからず」と。{以上}

の御文があります。ただ、これは前半が自力、後半が他力とかそういったことではありません。現代語訳を見ますと、

・『無量寿経』に説かれている。
「さまざまな行を修め、わずかな功徳を積むものも、数えきれないほどいるが、どのものもみな往生するであろう」

・また『如来会』に説かれている。
「ましてその他に、わずかな功徳によってその国に生れる菩薩は、数えきれないほど多い」

とありまして、林遊さんのご指摘の通りです。この中の「往生」とは報土往生ではなく化土往生です。自力の執心捨てやらぬ者も本意ではないがお仲間に入れてやろうと救いの範囲を拡大して下さったわけです。そういう者をも種々に方便して弘願真実へと導いて下さっているわけですね。皆々阿弥陀さまのおはたらきです。


これを勘違いして、「方便からしか真実に入れない」等と説いて方便の教えに止まらせているのが親鸞会です。19願を勧めた根拠がないことは飛雲さんのブログを見ればよく判ると思います。建前上は化土往生の行、実態は流転輪廻の行、必堕無間の因を与えられていることに会員の皆さんは早く気付いて頂きたいものです。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・

Re:林遊さん

林遊さん
淳心房さん

おはようございます、Abcです。

ご指摘ありがとうございます。
>・『大経』(下)にのたまはく、「もろもろの小行の菩薩、および少功徳を修習するもの、称計すべからず。みなまさに往生すべし」と。

・またのたまはく(如来会・下)、「いはんや余の菩薩、少善根によりて、かの国に生ずるもの称計すべからず」と。{以上}

の御文があります。ただ、これは前半が自力、後半が他力とかそういったことではありません。現代語訳を見ますと、

・『無量寿経』に説かれている。
「さまざまな行を修め、わずかな功徳を積むものも、数えきれないほどいるが、どのものもみな往生するであろう」

・また『如来会』に説かれている。
「ましてその他に、わずかな功徳によってその国に生れる菩薩は、数えきれないほど多い」 (淳心房さんの引用)

この「どのものもみな往生する」の「往生」は「化土往生」なのですね。

そもそも、「不可称計」を、「数えきれないほど」と読まずに「計らい称(たと)える可からず」と読んでしまったところからの誤解でした。

末筆とはなりますが、ご指摘ありがとうございます。
Abc

真仮みなこれ大悲の願海に酬報せり。

ども、林遊@なんまんだぶです。

 真仮みなこれ大悲の願海に酬報せり。

とは、報という土と化という土の二つの浄土があるのではなく、化土は報土中の方便化土である特殊な浄土でした。いわゆる「報中の化土」であり、深く自らの仏智疑惑心を悔責する場なのでした。
この意を「真仮みなこれ大悲の願海に酬報せり」といわれたのでしょう。
とりあえず、WikiArtcの「報化二土」の項に追記しておきました。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%A0%B1%E5%8C%96%E4%BA%8C%E5%9C%9F

また、

 真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す。

を、高森親鸞会では仮から真へ入る必然として教えているそうですが、仮から真の山の頂上は窺うことができないのでした。
https://goo.gl/qmtd5Z

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

Re:林遊さん

林遊さん

おはようございます。Abcです。
ご指摘ありがとうございます。また、WikiArcの追記ありがとうございます。

>高森親鸞会では仮から真へ入る必然として教えているそうですが、仮から真の山の頂上は窺うことができないのでした。(林遊さん)

『正信偈』では

 還来生死輪転家 決以疑情為所止
 速入寂静無為楽 必以信心為能入

と記されております。この「決以疑情為所止」と「必以信心為能入」が安養国に生まれさせていただくことに重要な部分であると皆様に気づいていただきたいです。

なもあみだ なもあみだ
Abc
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード