FC2ブログ

19願は臨終来迎、辺地・胎生・懈慢界の往生を誓われた願であって、実践していけば20願へ進むという願ではない

会員の中で一番下の親会員の会費が月5,000円となったそうですね。これによって、ますます会員の中には「さすがにおかしい」と疑問に思う人が出てくるでしょう。なおこれとは違いますが、私がかつて会費を一燈から親会員へと下げた時、当時の担当支部長が血相変えて理由を聞いてきたことに少なからず疑問を感じました。

それにしても高すぎる。高森顕徹会長の話へのお布施が1回に5,000円ですから、普通に活動している会員なら月1回話を聞くとしてもそれだけで最低10,000円かかる計算です。月2回話を聞けば15,000円。遠方から富山へ行く会員は交通費や宿泊費もばかになりません。更に、降誕会や報恩講ではお布施が50,000円。また映画や著書への財施やら、地元会館への御報謝、地元行事の参加費等を含めると、活動費は年間100万円は固いんじゃないでしょうか。私も当時は独身だったからもっていましたが、今なら無理や・・・(;^ω^)

こう思うと親鸞会の会員は金持ちですね~。そして熱心な方々ですね~。そんな金銭的にも恵まれ、求道心の強い方々でさえ助からないのでは、その教えのどこが「全人類の救われるたった一本の道」なんだと疑問に思ってしまうのは私だけでしょうか?


さて、

『飛雲』19願を無視された歴代の獲信者、一方で19願を重要視する聖道門と高森顕徹会長

では、歴代の善知識方や妙好人が、どなたも「18願で救われるためには必ず19願を通らなければならない」とは教えられていないことが判り易く書かれています。

18願で救われるためには必ず19願を通らなければならない

そんな主張をすること自体、19願がどのような願なのか全く無知な証拠です。前々回、前回の記事で19願を実践するとはどのようなことか述べて来ました。

「発菩提心」がどのような事かも全く知らない高森顕徹会長と愉快な仲間達(1)
「発菩提心」がどのような事かも全く知らない高森顕徹会長と愉快な仲間達(2)

菩提心」をおこし、すなわち「四弘誓願」をおこし、心から浄土に生まれたいと願って、死ぬまで「修諸功徳」の善を修める。「菩提心」をおこせなければ、そしてその上で「諸功徳」を修めなければ、「至心発願」しなければ、19願の行にならんのです。もし19願の行の真似事をして、それをもって19願を通ったとするなら、それこそ「観念の遊戯」というものでしょう。如実に実践してこそ「通る」と言えるのです。

確かに親孝行や親切、慈善事業といったことは大事ですよ。でもね、それをやる時の心はどうですか? また、それが往生の業因になり得ると思いますか? 「絶対の幸福」とやらになりたいという自己の欲望の実現を願ってやっていても19願の行になりませんよ。それじゃお寺の阿弥陀仏の仏像に商売繫盛、家内安全などを祈願している人と本質的に何も変わりません。「後生の一大事の解決」とは口では言うけど、純粋に迷界からの出離を目指し、さとりの領域である阿弥陀仏の浄土に往生したい、そして必ず仏と成り、一切衆生を救おうという崇高な菩提心をおこして種々の善行を修めているんですか? それに今まで修めた善行は、阿弥陀仏が多くの聖衆を伴って来迎して下さるほど価値が高い代物ですか?

このように、19願の実践というのは口で言うほど容易いことではありません。というかこの末法の世において、在家の生活をしている煩悩具足の我々が行えるような行ではないのです。「菩薩道を作す」者が19願の対機であって、自己中心的な想念に支配され、愛欲と憎悪にまみれた我々には到底不可能な行なのです。菩提心をおこして菩薩道を歩める優れた善人が生涯修め続ける行、それが19願の行というものです。

更に、そうやって生涯懸命に19願の行に努め励んでも、臨終に阿弥陀仏の来迎がなければ往生できません。行自体大変厳しいことに加えて、臨終に往生が決まり、それまで往生できるかどうか不確定なのが19願です。また、往生できたとしても「辺地・胎生・懈慢界」の往生であって、報土往生ではありません。そのように19願をご覧になり、これは自力諸行往生を誓われた願だと教えられたのが親鸞聖人であり覚如上人でした。

来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終といふことは、諸行往生のひとにいふべし、いまだ真実の信心をえざるがゆゑなり。また十悪・五逆の罪人のはじめて善知識にあうて、すすめらるるときにいふことなり。真実信心の行人は、摂取不捨のゆゑに正定聚の位に住す。このゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。信心の定まるとき往生また定まるなり。来迎の儀則をまたず。
(中略)
定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。
『末灯鈔』1通

来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終まつこと来迎たのむことは、諸行往生のひとにいふべし。真実信心の行人は摂取不捨のゆゑに正定聚に住す、正定聚に住するがゆゑに、かならず滅度に至る。かるがゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。これすなはち第十八の願のこころなり。臨終をまち来迎をたのむことは、諸行往生を誓ひまします第十九の願のこころなり。『執持鈔』(1)

読めばお判りのように、19願について説明されているものの、18願と比較する形で教えられ、その上で18願のみを勧められています。19願を実践せよとか、実践していった先に18願の救いがあるなどとは一言も教えられていません。19願を実践していった先は臨終来迎、化土往生です。平生業成、報土往生を誓われた18願とは行も、信(菩提心)も、往生の定まる時期も、証も全く異なります。18願と19願の関係を比較すれば、

18願
行ー往相回向の念仏(他力念仏)
信ー本願力回向の信心(他力の菩提心)
往生の定まる時期ー平生(至心信楽帰命の一念)
証ー報土往生

19願
行ー自力諸善
信ー自力の信心(自力の菩提心)
往生の定まる時期ー臨終
証ー化土往生(来迎があって)


となります。18願と19願では他力回向と自力発願でベクトルも180°違う上、行から証果から全て異なります。平生に往生が定まり、報土往生する18願の救いを求め、どうして化土往生の業因を積まねばならないのか。親鸞会の理論は理解不能です。19願を実践していくと20願へ進みますよ、18願の救いに近づきますよという教えがあり、実践しなさいと勧められた根拠でもあれば話は別ですが、そんな教えも根拠も全く無いのです。

そういえば20願についての記述は?

にも書きましたが、19願の実践の先について教義の対比は以下の通りです。

19願を実践していくとどうなるか

親鸞聖人 (臨終に来迎があれば)辺地・胎生・懈慢界の往生。20願へ進むという説示は無い

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
高森会長 善のカケラもできない自己が知らされて、20願へ進む

19願を実践せよと勧める知識方も無ければ、実践していけば20願へ進むと教えられたお言葉もありません。親鸞聖人自身、高僧知識方の教えによって「19願を出た」とこそ仰せられたものの、「19願に入った」とは仰っていません。

ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。「化身土文類」真門決釈

先ほどの飛雲さんの記事にある通り、善知識方も妙好人も、どなたも19願を勧められていません。そのことを踏まえてこのお言葉を普通に読めば、善知識方の教えは「19願を出なさい」という教えだと判るでしょう。その仰せに順って聖人はその通り「19願を出た」のです。それをどう解釈すれば我々に19願の実践が必要だということになるのでしょうか。親鸞会の理論は悪意と詭弁と誤魔化しに満ちています。加えて、

それ濁世の道俗、すみやかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願ふべし。「化身土文類」真門釈

これがどうして19願を勧めた根拠になるのか理解不能です。20願を勧められているから19願を勧められていると訳の分からないことを言っています。もし善知識方の歩まれた道を通らねばならないとしたら、聖道門の修行から始めなければならないでしょう。あるいは曇鸞大師のように仙人の教えから始めなければならないかも知れません。勿論その必要は無いです。70年に及ぶ布教人生の中で、会長の口から19願を実践してきたと語られないことが何よりの証拠です。

ちょっと考えてみて下さい。高森会長は特攻隊を志願して16歳の頃は軍隊にいました。それから戦争が終わって、彼は18歳で信心決定したと言っています。そのたった2年間の間、いつどれだけの19願の善を成したのか。それで信仰が進んで18願の世界に転入できるというなら、会員の皆さんはとっくにしているはずです。なのに、一向に真仮を知らず、如来広大の恩徳を迷失しているのは一体どういうわけでしょうか?

それさえ、「先生は宿善の厚い人だったからだ」とか理由をつけておさめてしまうつもりですか、会員の皆さん。あるいは「軍隊で無常と罪悪に満ちた厳しい現実世界を見せつけられたからだ」とか? なら我々は軍隊から始めなければなりませんよ。

・親鸞聖人が19願を勧められたお言葉がない
・19願を実践していくと20願へ進むと教えられたお言葉もない
・高森会長自身、19願を通ってきたと告白していない


このように親鸞会流「三願転入の教え」は完全に破綻しています。その破綻した邪偽の教えにいつまでも付き合わなければならない愉快な仲間達は哀れ哀れです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

親鸞会の聖道門蔑視と20願無視はひどいと思います。
19願を往生とはまったく別の目的のために利用しているのは明らかですね。
阿弥陀如来がどれほど悲しまれるか・・・

Re: 名無し様

仰る通りですね。

如来大悲の恩徳、師主知識の恩徳を知らされていないとしか考えられない教義の歪曲ぶりです。恩徳に報いようなどという意思はこれっぽっちもないのでしょう。

教相判釈

ども、林遊@なんまんだぶです。

仏教諸宗には「教相判釈」といって、経典を分類・体系化し、価値を判定して仏の究極の教えがどれであるかを解釈することが最重要である。「教相判釈」がなければ、何を信じ何を行ずるかが解からないからです。

浄土真宗では「聖浄二門判」によって、仏教を聖道門と浄土門に分けるのが基本です。法然聖人はこの教判によって浄土宗を建立されたのでした。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E8%81%96%E6%B5%84%E4%BA%8C%E9%96%80

そして、御開山は、その法然聖人の示唆によって全仏道体系を「二双四重」の教判として示されたのでした。これは浄土真宗の基本中の基本の「教判」です。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BA%8C%E5%8F%8C%E5%9B%9B%E9%87%8D

また、浄土門においても詳細な教判を行い、それを、第十八願、第十九願、第二十願の違いを示す「願海真仮論」(三願真仮)でした。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%85%AD%E4%B8%89%E6%B3%95%E9%96%80

浄土教の伝統では、「第十八願」を唯一の浄土往生の正因とするのですが、御開山はその「真と仮」を考察して第十九願、第二十願を考察されたのです。
それは『大経』の胎化段の教説に依られて、第十九願、第二十願は化土往生の願だと見られたからでした。
https://goo.gl/3AmHyV

それはまた、全宗教を「真実」という視点から考察して「真実」と「仮」と「邪義」という三部類法で示された「真・仮・偽」の教判であった。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%9C%9F%E3%83%BB%E4%BB%AE%E3%83%BB%E5%81%BD

高森顕徹氏は「絶対の幸福」ということを説くそうだが、幸福という架空の餌をぶら下げて、人の欲望や煩悩を増大し満足させることを目指す邪義の宗教であろう。
ともあれ「三願真仮論」を求道の階梯と示して会員を搾取する手段としたのが高森親鸞会であった。もっとも彼の会員は三行以上の文章を読めないので何を言っても無駄かもですね(笑

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

Re: 林遊@なんまんだぶ様

お示しの教相判釈に照らして親鸞会を考察すれば、二双四重に入らない邪偽の宗教であることは言うまでもありませんね。

> 親鸞会は浄土往生を目指さず、かといってさとりを得ることも目指さず、空想の絶対の幸福を目指していますので、浄土門でも聖道門でもなく、単なる外道です。

という飛雲さんの痛烈なツッコミは言い得て妙です。

http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-f871.html


熱心な高森教徒は文章を読めないし、読もうともしないので手に負えないです。それぞれの機縁が熟する時まで辛抱強く待つよりないと思います。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

No title

「久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離れ」というお言葉は、日本語がわかる人なら、「永遠に19願から離れた(二度と戻らない)」と読める筈です。
高森会長は故意に、「永く19願にとどまった」と誤読します。
露骨に悪意があるのです。

また親鸞聖人は、「果遂の誓、まことに由あるかな」と仰っていますが、20願の大切さが感じられるお言葉だと思います。
高森会長は20願の称名念仏を絶対に勧めないところにも、仏法への無知無関心以上に悪意を感じます。

Re: 名無し様

> 「久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離れ」というお言葉

を、高森会長は

「親鸞は久しく万行諸善の仮門にいた」

と説明し、そこから19願を解説し出します。そして要門の語を出し、我々に19願の実践が要るかのように説くのです。

> 露骨に悪意がある

と仰る通りと思います。


> また親鸞聖人は、「果遂の誓、まことに由あるかな」と仰っていますが、20願の大切さが感じられるお言葉だと思います。
> 高森会長は20願の称名念仏を絶対に勧めないところにも、仏法への無知無関心以上に悪意を感じます。

20願はついには必ず弘願に転入させるという誓いですから、20願から18願ということは聖人も教えられています。

定散自力の称名は
 果遂のちかひに帰してこそ
 をしへざれども自然に
 真如の門に転入する(浄土和讃)
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E5%92%8C%E8%AE%83#no66

その20願へ入るのに19願をせよと高森会長は説きます。ここに悪意があります。20願の自力称名は勧めたり否定したりで一定しないのに、19願は否定することは絶対にありません。よほど「諸善」に用事があるのでしょう。高森会長の関心事は会員の獲信・往生とは別のところにあると見て間違いありません。

久出万行諸善之仮門

ども、林遊@なんまんだぶです。

名無しさん。
なにかの拍子で漢文を見て、高森親鸞会に騙されていたことに気づいた人もあるようです。

 久出万行諸善之仮門 永離双樹林下之往生。
  久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。
http://wikidharma.org/580f4e9251c36

久出と永離の文に要門(第十九願)は、厭い離れるべき道だと気がついたのでしょう。
御開山は、
 「真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す。」
http://wikidharma.org/5be45e84def6a

とお示しですが、真実の立場から仮の法門を俯瞰したのであって、第十九願、第二十願の仮のご法義を実践しろとは仰いませんでした。
御開山の、願海真仮論は求道の階梯を示すのではなく、仮(方便)を捨てて阿弥陀仏の勅命(なんまんだぶ)に帰せよという意味でした。

高森親鸞会は「化巻」の数行の文を根拠に、真実の教・行・信・証を破壊する団体なのでした。

善導大師は『法事讃』で、

 世尊法を説きたまふこと、時まさに 了(おわ)りなんとして、慇懃に弥陀の名を付属したまふ。
 五濁増の時は多く疑謗し、道俗あひ嫌ひて聞くことを用ゐず。
 修行(なんまんだぶ)することあるを見ては瞋毒を起し、方便破壊して競ひて怨を生ず。
 かくのごとき生盲闡提の輩は、頓教(本願の教え)を毀滅して永く沈淪す。大地微塵劫を超過すとも、いまだ三塗の身を離るることを得べからず。
http://wikidharma.org/5be46392b685c

と示しておられましたが、高森親鸞会の会員は知らないとはいえ、愚直になんまんだぶを称えている御開山と御開山の同行を莫迦にしてきたのでした。まさに、なんまんだぶ謗法の真っただ中にいたのですね。
禅語に「一盲衆盲を率いて、火坑に堕つる」という言葉が」あるそうですが、真摯に仏道を実践しているつもりで、結局は地獄の業因を積んでいるとはギャグですね。
http://wikidharma.org/5be465142e928

浄土真宗は、なんまんだぶを称え、この本願の勅命を聞く聞くご法義です。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード