FC2ブログ

浄土真宗の布教使たる者、親鸞聖人の教え、親鸞聖人のお言葉に忠実であれ

驚き、呆れられてしまったようですが、それはこちらのセリフです。

・聖教に反する間違ったことを教えている
・間違っていることに気づかない(または認めない)
・聖教の御文をえり好みして、自説に合わない御文はことごとく無視
・浄土真宗の僧侶が一生涯かけて学ぶべき『教行証文類』の「行文類」のお言葉を間違って解釈している


これを、コメント欄を見ればわかるようにけっこうな上のお立場の方がやってるんですから。

これでは、親鸞会教義、高森顕徹会長の主張の誤りを示す私としては、会員に対して示しがつかんのですよ。本願寺派の僧侶がこんなことをやっていて、それを容認していたら、高森会長の主張は聖教に反する邪義だといくら言っても説得力が無いじゃないですか。高森会長がやっていることを本願寺の僧侶が同様にやっていたら、高森会長のことを認めているも同然です。

会員が聖教に反する邪義を信じていても、それは当然だとなってしまいます。また、退会した会員に浄土真宗の話を紹介するといった場合に、その布教使の先生を自信を持って勧められなくなってしまいます。


問題点はいくつかありますが、差し当たりかの先生には

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

という主張を撤回すると共に、二度と人に言わないで頂きたいです。

直接聞いたんですが、阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていますと話す僧侶に対して、かの先生は「どこにそんなことを仰ってるんだ」と尋ねることがあるそうなんです。尋ねられた僧侶からしたら、先生はけっこうなお立場ですから違うとも何とも言えなかったんじゃないですかね。それで今まで来たけれども、私はそんな立場とかを気にするタイプの人間ではなかった。それでこの度問題が明るみに出たのだと思います。

未来の僧侶になる人を育成する立場の方があのような主張をしていたら、未来の僧侶の領解が不安で仕方ない。「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない」と平気で説く人ばかりになったら大変ですわ。


どんな人にだって間違いはあります。完璧な人間なんて一人もいないのですから。親鸞聖人でさえそうだったんです。だから教えが必要なのです。曲がった方向へ進んでも、教えがあればまた元の方向に戻れるんです。教えとは、親鸞聖人が書き残された数々の御聖教です。それは『教行証文類』のみではありません。

•浄土文類聚鈔
•愚禿鈔_(上)
•愚禿鈔_(下)
•入出二門偈
•浄土和讃
•高僧和讃
•正像末和讃
•三経往生文類
•尊号真像銘文
•一念多念証文
•唯信鈔文意
•如来二種回向文
•弥陀如来名号徳
•親鸞聖人御消息


皆々、大切な御聖教です。そこに書いてあったら、しかも1箇所や2箇所でなく、多くの御聖教で同じことを言っていたら、間違いなくそれは親鸞聖人が正しいと信じて皆さんに教えておられた「親鸞聖人の教え」です。確かにその元は「法然聖人の教え」かも知れない。しかし、それは親鸞聖人の血となり肉となって、それを書き残して下されたのですからやはり「親鸞聖人の教え」なわけです。

自分の説に都合の良い御文は採るが、都合の悪い御文は選び捨てるというのはどうかと思います。そこはきちんと「親鸞聖人の教え」として認めましょうよ。その上で、信心正因、「南無阿弥陀仏」に込められた阿弥陀仏のお心を開いていけばいいじゃないですか。

・阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない
・阿弥陀仏の仰せは「我にまかせよ」であって「念仏を称えよ」ではない


これで本当に合ってますか? 淳心房は聖教を読む限り、

・阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っている
・「念仏を称えよ」は仏の本願。念仏のこころは「我にまかせよ」


としか受け取れないです。どちらが正しいですか? あるいはどちらも正しくないですか? 判断の基準は聖人のお書き下されたものです。よく読まれて、よくお考えになって頂きたいです。


自説を述べるのは構いませんが、せめて聖教に基づいた自説にして頂きたい。後は、阿弥陀仏のお心を中心として教えを理解して頂きたい。お釈迦様や諸仏、善知識方が口を揃えて勧められることは、その裏には必ず阿弥陀仏の勧めがあってなされていることなんだということを今一度ご確認頂きたい。

阿弥陀仏は本願において念仏と信心とを両方お誓いなのですから、両方勧められているのです。念仏は信じさせる法の側、信心は法を受ける機の側であって、受ける機の側からしたら信心正因なのであって、法の側からしたら名号業因なのです。しかしややこしいでしょ? 

親鸞聖人の「行」の捉え方は一様でなく、難しいんです。難しいと、聞く人は訳が分からん。しかも昔は今と違って文字も知らない、きちんとした学問教育がなされなかった人が多い時代です。だから蓮如上人は分かり易く皆さんに伝えるために相当骨を折られたと思いますよ。その結果、上人は法を受ける機の側に立って一貫して信心正因称名報恩で人々を勧化なされたのでしょう。

しかしその蓮如上人でさえ、

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

こんなことは一言も仰っていません。せめて、

阿弥陀仏の仰せられけるやうは、念仏せよといふにあらず、ただ我をたのめとこそ仰せられたり

みたいなことが書かれていたら私も認めざるを得ません。しかしどこかに書いてありますか? ご存知の方は教えて下さい。今までの関連記事を全て削除し、厳重にお詫びして訂正いたします。


とにかく、私が言いたいのは、タイトルに示したように

浄土真宗の布教使たる者、親鸞聖人の教え、親鸞聖人のお言葉に忠実であれ

です。何を偉そうにと思われるかも知れませんが、邪教に迷って、本職ではなく、仕事と家事の合間に勉強している私に教義の捉え違いを指摘されてしまってどうするのですか? 親鸞聖人の教え、親鸞聖人のお言葉に忠実であったら、あのような解釈は出てこないのです。

どうか、親鸞聖人の教えを伝える人はそうであってほしい。私もそうでありたい。だから私が聖教に反する教えを言ったら皆さん指摘してほしい。ここは間違っている、その根拠はこのお言葉で、こう言うのが正しいと、ぜひ教えて下さい。幸い、当ブログを御覧の皆さんは私より学識も経験も上の方々ばかりですからたのもしいです。それで間違いが分かって、皆さんが正しい親鸞聖人の教えを受けて下さるなら、プライドを捨て、今までの自分に恥じて訂正していきます。そうやってより深く教えを学んでいきたいと思っています。

私なんかに言われるまでもなく、全ての先生方がそうであってほしいものです。プライドが邪魔をして、淳心房の言葉なんか聞けないかな・・・。まだまだ言いたいことは沢山あり、この問題についての考察もしていきたい所ですが、諸事情によりひとまずこの記事をもってブログでの追及は終わりとします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そこまでおっしゃるのでしたら、

おはようございます。

淳心房さま、そこまではおっしゃるのでしたら、こんなところで、匿名でおっしゃってのではなく、正式に本願寺派に 訴えられたら、如何でしょうか?
阿部先生は、本願寺派の輔教、伝道院の講師と名乗つた上で、いわば 首をかけてお話しされています。
また、本願寺派は 三業惑乱の教訓から 教義に対しては 安居などで、研鑽し合う場があるとお聞きしています。
そういう厳しい研鑽を積んでの現在のお話です。

しかし、おっしゃるように、本願寺派の輔教の方が、親鸞聖人の教えを曲げておられるとなれば、大変なことです。
伝道院での講師であれば、尚更です。

阿部先生は、輔教ですので、学階的にはその上の 勧学、 司教という方がいらっしゃって、輔教である阿部先生の正邪を判断されると思われます。
京都まで行からなくても、郵便で キチンと ご意見をおっしゃることが可能かと思います。

人の批判をされる時は、それなりの覚悟を持って、されるべきかと 思います。
もし、ご自分の身分を明かして、本願寺派に 阿部信幾先生を訴える覚悟がないのでしたら、これ以上 無責任な言葉を 吐くは、やめていただきたいと思います。

これ以上、このようなことを書かれるのでしたら、私も 阿部先生にお話しして、本願寺派としての対応を検討していただかなければならなくなります。

社会人として、常識ある対応をお願いいたします。

南無阿弥陀仏

Re: RC様

本当に貴方はどこぞの会の会員のようなことを言いますね。今重要なのは、その人の経歴や立場ではなく、言っていることが聖教に則っているかどうかです。

・大行とはすなはち無碍光如来の名を称するなり。
・しかれば名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはちこれ最勝真妙の正業なり。正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。南無阿弥陀仏はすなはちこれ正念なりと、知るべしと。(行文類)

とあるように、浄土真実の行、選択本願の行として称名念仏を選定されていることは自明の理です。これは当然私の念仏ではなく、本願力回向の他力の念仏です。それをここから証明していかれるのが「行文類」であって、

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

などという言説が「行文類」から生まれるはずがないのです。また『浄土文類聚鈔』には

行といふは、すなはち利他円満の大行なり。すなはちこれ、諸仏咨嗟の願(第十七願)より出でたり。また諸仏称名の願と名づけ、また往相正業の願と名づくべし。しかるに本願力の回向に二種の相あり。一つには往相、二つには還相なり。往相について大行あり、また浄信あり。大行といふは、すなはち無碍光如来の名を称するなり。この行はあまねく一切の行を摂し、極速円満す。ゆゑに大行と名づく。このゆゑに称名はよく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはち憶念なり、憶念はすなはち念仏なり、念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。

とあって、この称名大行の根拠として、本願成就文を引かれています。

願(第十七・十八願)成就の文、『経』(大経・下)にのたまはく、「十方恒沙の諸仏如来、みなともに無量寿仏の威神功徳、不可思議にましますことを讃嘆したまふ。諸有の衆生、その名号を聞きて、信心歓喜し乃至一念せん。至心に回向したまへり。かの国に生ぜんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住す」と。またのたまはく(同・下)、「仏、弥勒に語りたまはく、〈それかの仏の名号を聞くことを得ることありて、歓喜踊躍し乃至一念せん。まさに知るべし、この人は大利を得とす。すなはちこれ無上の功徳を具足す〉」と。{以上}

念仏往生の願なのだから、念仏往生の願成就の文にも当然念仏の意があるのです。他にも

・乃至十念」と申すは、如来のちかひの名号をとなへんことをすすめたまふに、遍数の定まりなきほどをあらはし、時節を定めざることを衆生にしらせんとおぼしめして、乃至のみことを十念のみなにそへて誓ひたまへるなり。(尊号真像銘文)

・本願の文に、「乃至十念」と誓ひたまへり。すでに十念と誓ひたまへるにてしるべし、一念にかぎらずといふことを。いはんや乃至と誓ひたまへり、称名の遍数さだまらずといふことを。この誓願はすなはち易往易行のみちをあらはし、大慈大悲のきはまりなきことをしめしたまふなり。(一念多念証文)

・しかれば選択本願(第十八願)には、「若我成仏 十方衆生 称我名号下至十声 若不生者 不取正覚」(礼讃 七一一)と申すは、弥陀の本願は、とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり。念と声とはひとつこころなりとしるべしとなり。念をはなれたる声なし、声をはなれたる念なしとなり。(唯信鈔文意)

・弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。(末灯鈔12通)

・十七の願に「わがなをとなへられん」と誓ひたまひて、十八の願に、「信心まことならば、もし生れずは仏に成らじ」と誓ひたまへり。(御消息集(善性本)(7))

・行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。この御ちかひをききて、疑ふこころのすこしもなきを信の一念と申せば、信と行とふたつときけども、行をひとこゑするとききて疑はねば、行をはなれたる信はなしとききて候ふ。また、信はなれたる行なしとおぼしめすべし。これみな弥陀の御ちかひと申すことをこころうべし。行と信とは御ちかひを申すなり。(末灯鈔(11)真蹟「信行一念章」)

・念仏の一行はこれ弥陀選択の本願なり、釈尊付属の行なり、諸仏証誠の法なればなり。釈迦・弥陀および十方の諸仏の御こころにしたがひて 念仏を信ぜんひと、かならず往生の大益を得べしといふこと、疑あるべからず。かくのごとく一向に行じ、一心に修すること、わが流のごとくなるはなし。(浄土真要鈔)

と、まだまだキリがありませんが、親鸞聖人は「阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っている」と明文化されて、それが沢山残っています。こういった根拠を全て無視して

阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

と主張して、親鸞聖人のお言葉を受け入れないからそれを指摘しているのです。親鸞聖人のお言葉に順わないというならそれまでです。その先は浄土真宗でも何でもありません。


それと、記事に書きましたが気付いてもらえなかったでしょうか?

阿弥陀仏という仏名が、ただの仏名ではなくて、往生の行でありうるのは、法蔵菩薩が平等の大悲心にもよおされて、一切の衆生を善悪・賢愚の隔てなく救いうる行法として選択された選択本願があるからです。すなわち自力の諸善万行を難劣の故をもって選び捨て、最勝にしてしかも至易の徳をもつ名号を選び取り、「我が名を称えんものを必ず救う」と選定された選択本願の行であるから、仏名が往生行となるのです。こうして称名は、阿弥陀仏の救済意志の顕現であるような選択行であるから衆生がことさらに回向しなくても自然に往生の行となる不回向の行であるといわれたのです。それを親鸞聖人は、念仏が不回向の行であるのは、阿弥陀仏が大悲をこめて選択して私たちに回向された大行であるからと展開されたのです。それをここでは、「即是其行といふは、すなはち選択本願これなり」といわれたのです。(p.242~p.243)

これは梯實圓勧学が書かれた『聖典セミナー』の文章の一説です。輔教でも司教でもなく、勧学が書かれた本です。

「我が名を称えんものを必ず救う」と選定された選択本願

と書いてあるでしょう。貴方が信奉されている先生は梯實圓勧学より碩学な方なんですか?


名前を明かす明かさないではなく、書いてあることは聖教に則っているかどうかで事の真実性を判断して頂きたいです。貴方の健康を心配される方がおられたのでこれ以上ブログでやるのはどうかと思ってやめようと考えていましたが、そのように言われるならこのままブログでの検証を続行せざるを得なくなります。

どうぞ、誰々という先生が仰っているからではなく、親鸞聖人のお言葉を物差しとし、それに従って頂きたいと思います。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

追伸

ご自分のブログだからと言って、何を書いても許されるわけではないと思います。

埼玉恵日会の場では、こんな風におっしゃっていなかったのに、阿部先生のいらっしゃらないところ、知らないところ、反論できないところでのこような発言は、既に 法的に 問題になる可能性が考えられると思います。
阿部先生は、浄土真宗の布教使をお仕事としていますので 業務妨害は成り立つでしょう。淳心房さんの言葉で 阿部先生の布教使としての立場が危うくなって、更に 淳心房さんの非難が的外れだとわかった場合に、その損害の責任は、淳心房さんが負うことになります。
また、公人としての名誉もありますので、名誉毀損ということも あると思います。

他人の批判をされる前に、ご自分が、社会人としての常識を逸脱して、自己主張をしていないか、考えてみていただきたいと思います。

阿弥陀さまのお話しは、それからにされたら、どうでしょう。

また、誰かを批判せずに、阿弥陀さまのお慈悲をお伝えすることは、充分に出来ることだと思います。

親鸞会は、破邪顕正としきりに言っていましたが、宗祖はこんな風に 反論のできない場所で 人をご批判されたのでしょうか。

淳心房さんのブログの言葉、態度は、阿弥陀さまのお慈悲をお伝えする方の言葉としては、適当でないように感じます。


淳心房さま

私が、ここで、淳心房さんの主張をに対して、どうこう言っても、淳心房さんの主張も変わらないでしょうし、また阿部先生の主張も変わらないと思います。

ですから、
淳心房さんの主張を本願寺派で、堂々とされて、本願寺派の問題として 考えていただくのが、いいと思って 提案したのですが。

ブログの中で、おっしゃっていることを
本願寺派へ訴えて、阿部先生が間違えているなら 布教の内容を変えてもらう行動をされる方が、いいのでは、と思いますが。

No title

教義批判して、営業妨害だの損害賠償だのと訴えられるなら、親鸞会はとっくの昔に批判のブロガーを訴えていたでしょう。
しかし、教義批判で訴えられたことは一度としてないです。
あの親鸞会でさえ無駄だとあきらめていることを、もしする人があれば、余程の世間知らずです。

No title

淳心房先生

お聖教を読むご縁とさせて頂きます。
難しいですね。「阿弥陀仏が念仏を称えよと勧められている」のは、大経に於いては端的にどのご文になるのでしょうか。

Re: RC様

まるで脅しのような事を言いますね。そういうところまでどこぞの会の会員のようです。

ちなみに私は貴方や、貴方が信奉する先生の信心が間違っていると言うつもりもありませんし、その他の教説が間違っていると言うつもりもありません。直して頂きたいのはここだけです。

教義についての誤解や偏見は信心の有無に限らずあるのですよ。そこは親鸞聖人のお言葉という物差しがあるのですから、そこに根拠を見出し、間違っていることは間違っていると素直に認めて頂き、改めて頂きたいだけです。しかし先生も貴方も、3回もの質問やその間のメールのやり取りでも親鸞聖人のお言葉に順う姿勢が無く、自説に固執するのみです。

親鸞聖人のお言葉に素直に従わずに、浄土真宗の人と言えますか? 挙げた御文や梯實圓勧学の文章などをよくよくお読み下さい。答えはもう出ています。後は貴方がそれを受け入れるかどうかです。

なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

Re: 名無し様

私は先生ではなく、ただの一念仏者ですのでお間違いなく。

乃至十念の文ですね。これを聖人は釈して

「乃至十念」と申すは、如来のちかひの名号をとなへんことをすすめたまふに、遍数の定まりなきほどをあらはし、時節を定めざることを衆生にしらせんとおぼしめして、乃至のみことを十念のみなにそへて誓ひたまへるなり。(尊号真像銘文)

と仰せられています。これは法蔵菩薩の誓願ですが、既に阿弥陀仏と成っておられますから阿弥陀仏のお言葉です。そのお言葉の解説ですから、「如来のちかひの名号をとなへんことをすすめたまふ」のは阿弥陀仏ご自身です。

この聖人の仰せが受け容れられない方々とは、残念ながら浄土真宗の話になりません。

No title

皆さん暫くの間コメントを停止しませんか。何のための論議でしょうか。
宗教的な意味合いのある素晴らしい議論もこのようなやり取りでは無意味になります。(偉そうに言って申し訳ありません。)
私も書きたいことはありますが冷静な環境になるまでは停めておきます。
南無阿弥陀仏

淳心房さま、皆さまへ。


ここで、どんなに書いても、阿部先生は知らないわけで、意味がないと思います。

阿部先生は、質問にも 反対意見にも
いくらでも 対応されると思います。
埼玉恵日会でも、質問を拒否されたことなどありませんでした。

淳心房さんから、同じ内容の質問が続いていて、平行線だと思ったので、淳心房さんの質問は、私が、先生とじっくりお話し出来るときに良くお聞きして、お答えするつもりでいましたし、そのようにメールで、お伝えしましたよね。
なのに、いきなり、あのような 批判の記事が出て、驚きました。

淳心房さんが 良ければ、次回の埼玉恵日会は、淳心房さんと 阿部先生とのやり取りに絞りましょう。
また、淳心房さんと同じご意見の方も 参加していただき、阿部先生の主張、淳心房さんの主張を良く聞き、共に 親鸞聖人の教えを 学ぶ機会にされたらと思います。

ですので、ご自分の主張と違うからと言って、ご本人の知らないところで、先生のおっしゃった意図も確認せずに、一方的に批判を繰り返すのは、とりあえず、やめていただきたいです。

次回の埼玉恵日会は、4月21日、熊谷ロイヤルホテルすずき で、14時から17時開催予定です。
遠方の方もあるかと、思いますが、大切な問題と思うから、ご批判をされているのだと思います。
どうぞ、相手に意見が伝わる距離で、ご意見を述べて、阿弥陀さまのご本意を確認し合うご縁にしませんか?
阿部先生のご縁は、今度の日曜日にも 築地本願寺で東京恵日会もあります。
質問も いつも受け付けておられます。
お急ぎで、お聞きされたい方は 築地本願寺でお聞きしたらいいと思います。

南無阿弥陀仏

No title

もし議論されるなら、事前に主張と根拠を阿部さんに示しておいた方が良いでしょう。その上で阿部さんがどういう根拠でどういう判断をされるのかを聞かれるのが良いかと思います。
阿部さんが断ってきたら、そういうことです。3355

Re: RC様

せっかくのご提案ですが、それでは不満な方々がおられましょうし、私は勿論皆さん有難く法を聞かせて頂けないでしょうから、法話は法話でなさって下さい。

私からの提案ですが、改めて質問を文章で送りますから、文章で答えて頂くという形式はどうでしょうか。その方が、言葉のニュアンスがどうとかいった曖昧さもありませんし、言った言わないの水掛け論を防ぐことができます。また私も回答文書を読んでじっくりと考えることができます。その方法でいかがでしょうか?

それとすみません、数多くのメールの中に紛れてしまってRCさんのメールに気付きませんでした。これに関しては誠に申し訳ございませんでした。

親鸞聖人、蓮如上人、覚如上人だよ!

三方々の教えの貫いて始めて浄土真宗

Re: 元会員様

だからお三方を貫かない親鸞会の教えは浄土真宗に非ずと言いたいのかな?

No title

淳心房さん

宗祖の釈をあげて頂きました。
あげて頂いた乃至十念の釈と、

如来より御ちかひをたまはりぬるには、尋常の時節をとりて臨終の称念をまつべからず、ただ如来の至心信楽をふかくたのむべしとなり。この真実信心をえんとき、摂取不捨の心光に入りぬれば、正定聚の位に定まるとみえたり。

この「ただ」とはどういう関係になるのでしょうか?
この文は、何を往因とされている文なのでしょうか?

「御ちかひをたまはりぬる」とは、どういうことなのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないのですが、教えて下さい。


Re:質問さん

こんばんわ、Abcです。

淳心房さんに尋ねられているものを、私が答えるのもおこがましいですが、記させていただきます。

>如来より御ちかひをたまはりぬるには、尋常の時節をとりて臨終の称念をまつべからず、ただ如来の至心信楽をふかくたのむべしとなり。この真実信心をえんとき、摂取不捨の心光に入りぬれば、正定聚の位に定まるとみえたり。

>この「ただ」とはどういう関係になるのでしょうか?
>この文は、何を往因とされている文なのでしょうか?

 →「ただ如来の至心信楽をふかくたのむべし」は平たくいいますと、
「ただ阿弥陀様が回向していただける信心を、「ふかくたのむ」(深信 執心 ...)と行いなさい」であります。この「信心」は「念仏」と同義でありますから、

「ただ如来の至心信楽をふかくたのむべし」 は、
「ただ念仏のみぞ、まことにておはします。」 と同じであります、

「ただ」とは、「唯」(偏へに 専ら ふたごころなく(一心に 一向に やうもなく(様もなく)))であります。『正信偈』のなか、を例えますと

「専雑執心判浅深 報化二土正弁立」
 → 専心であったなら深心であるから 報土往生となり、
   雑心であったなら浅心であるから 化土往生となる。
   なお、「自力専心」は「計らいを交えている」ので、「雑心」であるとされる。

「偏帰安養勧一切」
 → 偏えに安養(安楽国、西方浄土)に帰せよ、と一切に勧めしむ

「世尊我一心 帰命尽十方無碍光如来 願生安楽国」 (『願生偈』 回向文)
 → 世尊は私たちに、「一心に 尽十方無碍光如来に帰命し(念仏し)、安楽国に願生させていただき(信心をいただき)なさい」といわれました。

「「本願名号信受して寤寐にわするることなかれ」といふは、かたちはいかやうなりといふとも、また罪は十悪・五逆、謗法・闡提の輩なれども、回心懺悔して、ふかく、かかるあさましき機をすくひまします弥陀如来の本願なりと信知して、ふたごころなく如来をたのむこころの、ねてもさめても憶念の心つねにしてわすれざるを、本願たのむ決定心をえたる信心の行人とはいふなり。さてこのうへには、たとひ行住坐臥に称名すとも、弥陀如来の御恩を報じまうす念仏なりとおもふべきなり。これを真実信心をえたる決定往生の行者とは申すなり」(『御文』1帖目2通)

 →この文章は、「本願たのむ決定心をえたる信心の行人とはいふなり。さてこのうへには、たとひ行住坐臥に称名すとも、弥陀如来の御恩を報じまうす念仏なりとおもふべきなり」と「信心正因 称名報恩」のもとにて記されていますが、「称名」というのは「弥陀が勧められている行」でありますから、「報恩」のみには留まりません。先述しましたように、私が親鸞からお聞きしていることは、「「ひとえに弥陀に帰せよ」と一切を勧め、(『正信偈』より)「われも信じ、人にも教えきかしむるばかり」(『御文』より)(「自信教人信」(善導禅師の書物より))である。」ということであります。
 また、私たちの師である源空聖人が言われた、「正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。」(『選択集』より)のいわれを伝えるとともに、「本願名号正定業 至心信楽願為因」(『正信偈』より)と「七高僧の教え」であるとともに、「親鸞の教え」でもあると明言されております。

>「御ちかひをたまはりぬる」とは、どういうことなのでしょうか?
 →「お誓いをもらい受ける」の意ですから、
  「法然聖人の仰せには、「源空が信心も、如来よりたまはりたる信心なり、善信房の信心も、如来よりたまはらせたまひたる信心なり。されば、ただ一つなり。別の信心にておはしまさんひとは、源空がまゐらんずる浄土へは、よもまゐらせたまひ候はじ」と仰せ候ひしかば、当時の一向専修のひとびとのなかにも、親鸞の御信心に一つならぬ御ことも候ふらんとおぼえ候ふ。」(『歎異抄』より)

 といわれております。もし、ご不審に思われるのでしたらあなたが持たれている『お聖教』とつけあわせてみてください。  よろしくおねがいします。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

教えて君(笑

ども、林遊@なんまんだぶです。

質問さんは、なつかしい新人太郎さんですか?
「ただ」というのは、『唯信鈔』には、

 「唯信抄」といふは、「唯」はただこのことひとつといふ、ふたつならぶことをきらふことばなり。また「唯」はひとりといふこころなり。「信」はうたがひなきこころなり、すなはちこれ真実の信心なり、虚仮はなれたるこころなり。虚はむなしといふ、仮はかりなるといふことなり、虚は実ならぬをいふ、仮は真ならぬをいふなり。本願他力をたのみて自力をはなれたる、これを「唯信」といふ。「鈔」はすぐれたることをぬきいだしあつむることばなり。このゆゑに「唯信鈔」といふなり。また「唯信」はこれこの他力の信心のほかに余のことならはずとなり、すなはち本弘誓願なるがゆゑなればなり。

と、あるように「本弘誓願」(第十八願)です。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%AC%AC%E5%8D%81%E5%85%AB%E9%A1%98

この第十八願には、三心即一の信楽と、その信楽の内容を実現する一行のなんまんだぶがとかれています。仏教がキリスト教などの信仰の宗教と違うのは「行」が説かれていることは御存じでしょう。
御開山が主著を教・行・証と、教え、行い、証(あかし)とされたことでもキリスト教のような「信」のみによる宗教と基底が違うのでした。
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E6%B8%88%E5%BA%A6

学問とは、学んで後に疑いあり、疑いて後に問ありということといわれますが、せめて自分の考えを述べてから質問しましょうよ。質問攻めで相手を疲弊させ、対話者があきれて議論を放棄した後に勝利者宣言をした新人太郎さんじゃないんだから(笑

高森親鸞会(徹信会)とは、反面教師として古い付き合いがあり、初期の会員は、盛んに「明信仏智」という自覚語を語り、家の爺さんを尋ねて問答していた記憶がある。若者にありがちな真実探求の問いであり、お仏壇の前での真摯な会員の問答に耳を傾けたこともあったものである。

しかして、その真摯な姿勢が、実は阿弥陀如来の真実を覆い隠しているのであった。

ともあれ、あなたの妄想する信(真)を捨てなさい。そうすれば「一一光明 遍照十方世界 念仏衆生摂取不捨」という「摂取不捨の心光に入りぬれば、正定聚の位に定まるとみえたり」という言葉の意味が解るかもです。知らんけど。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


No title

はい、ありがとうございます。
盲信する信を捨てなさいって、別にそういうことで質問してるのではないですよ、はい。
超老婆心は分かりますのでありがとうです。
なんか『銘文』が出ましたのでこのご文に於いて所信の法は何を指しているのかなってこと、何故にそうなるのかということ、文に則して考えたかった訳です。少し疑問があったので。どうも、変に教え諭されても少し困惑してしまいます。
うんこをぶりぶり出してラーメン食べて寝るので、この件はもういいです。
逆の方がいいか。

御同行のみなさま

初めてコメントします。

議論に参加していなかった者が言うことではありませんが、本文の最後に書かれていたとおり、もう追及はやめにしませんか。

ここまでいってしまった以上、今さら文書でやりとりをしても、よい結果になるとは思えません。

RCさんも、誰々先生が仰っていることに間違いはない!ってことを主張されたいのではなく、淳心房さんが言われていることがわからなかっただけなのでは。
お聖教にそのような御文があることはわかっても、それが自らが出遇っているお救いとどういう関係にあるのか、腑に落ちていないのだと思います。
お聖教に書いてあるから、読めばわかるでしょ、と言われればそれまでですが、そうでない方もわかるようなやりとりになっていけるとより意義のあるものになったのではないでしょうか。
他の方もいろいろ書き込まれているため、論点が見えにくくなってしまったようにも感じます。

ともかく、このブログの目的は、そもそも親鸞会教義の誤りを示すことであるということを再認識しました。
言いたいことが残っている方もあるかもしれませんが、この件についてはここまでにしていただきたいです。

同行から

ども、林遊@なんまんだぶです。

ネット上の識別子のHN(ハンドル・ネーム)を「名前はまだありません」と記す神経に傲慢を感じるのだが、ここはBBSじゃなくてブログのコメント欄ですよ。
その意味では、読むのが嫌なら読まなければいいのであって、投稿の是非を判断するのはブログの主催者の権限です。
その書き込みの意図を判断するのは、読者(読む者)の判断であって、貴兄/貴姉の思想遍歴とは関係がないのでした。

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ


Re:名前はまだありません さん

こんばんわ、Abcです。

>RCさんも、誰々先生が仰っていることに間違いはない!ってことを主張されたいのではなく、淳心房さんが言われていることがわからなかっただけなのでは。

 →RCさん自身が「誰々先生が仰っていることに間違いはない!ってこと」をいっているとされるならそのようにいわれていることが事実でありますから、まだ理解できるのですが 第3者がいわれるとなりますと 憶測の域を越えない こととなります。

>お聖教にそのような御文があることはわかっても、それが自らが出遇っているお救いとどういう関係にあるのか、腑に落ちていないのだと思います。
>「お聖教に書いてあるから、読めばわかるでしょ、」と言われればそれまでですが、そうでない方もわかるようなやりとりになっていけるとより意義のあるものになったのではないでしょうか。

 →私は、真宗をお伝えする際には「お聖教に書いてあるから、読めばわかるでしょ」とは絶対に言わないようにしております。
 なぜならば、「お聖教に書いてあること」を「そうでない方もわかるようなやりとり」を行うことを「布教使の意義」であるとしておりますので、「読めばわかるでしょ」とは伝えません。

>他の方もいろいろ書き込まれているため、論点が見えにくくなってしまったようにも感じます。

 →「論点が見えにくくなってしまった」と感じたならば、「淳心房さんの書かれたエントリー」を基として、コメントしていただきたいと思いますが、RCさん自身が、
「人の批判をされる時は、それなりの覚悟を持って、されるべきかと 思います。
もし、ご自分の身分を明かして、本願寺派に 阿部信幾先生を訴える覚悟がないのでしたら、これ以上 無責任な言葉を 吐くは、やめていただきたいと思います。」と「お聖教を基とした批判」をなされていない所を観ますと、「論点以前」としか見受けられません。

 まずは、ご返信まで。
Abc

RC様へ

この一連のやりとりを見ていますと、RC様はさぞ悲しまれ、苦しまれ、怒られ様々な感情が去来し、心穏やかならざる心境であると拝察されます。

しかしながら、RC様の数々のコメントを拝見いたしますと、信心と念仏の関係、信心正因と念仏往生の関係等を誤解されているのではないかと思われるのです。

安心論題の中には、お念仏についての論題も種々ございます。

念仏為本
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E5%BF%B5%E4%BB%8F%E7%82%BA%E6%9C%AC

十念誓意
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E5%8D%81%E5%BF%B5%E8%AA%93%E6%84%8F

行一念義
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E5%AE%89%E5%BF%83%E8%AB%96%E9%A1%8C/%E8%A1%8C%E4%B8%80%E5%BF%B5%E7%BE%A9

心が落ち着かれましたら、どうかこれらに目を通されて、宗祖が教えられた信心と念仏について学ばれることを切に願います。

心苦しいことが多々あるかと思いますが、ご自愛ください。

「ご門徒たるもの、親鸞聖人のみ教え、親鸞聖人の書かれたもの、また、それらを分かりやすくなされた、蓮如上人、覚如上人のみ教えに忠実なれ」

Re: 元会員様

つまり親鸞聖人、蓮如上人のみ教えに忠実どころか正反対のことを説いている高森顕徹会長や、その親鸞会教義を信じている愉快な仲間達は「ご門徒」ではないということだね。

No title

少し落ち着いたようですので。

>阿弥陀仏は念仏を称えよと仰っていない

以下個人的意見です。
聞こえていない人には聞こえていないということでしょうか。恐らくそれは事実で、本当に聞こえていないのだと思います。その人を責めることはできません。でも念仏はすべての人に称えさせて救うために阿弥陀仏が作って下さり、すべての人に今、ここに平等に与えられていると思います。

私はある時、18願を聞き、不思議にもその後から自然と念仏が出てくるようになりました。自力の念仏は無意味と、思い込んでいた心が消えて、それからは南無阿弥陀仏は尊い。念仏は有難いと思うようになりました。18願が、私に南無阿弥陀仏を称えさせるはたらきをして下さったのだと今は思っています。
南無阿弥陀仏を忘れてしまう自分なので南無阿弥陀仏を称えよと教えて下さる先生が本当に有難いです。

「愚愚流いくつになるぞ。 愚愚流念仏申さるべし。」と肩書きが有っても無くても一生涯教えて下さる方のお話を聞きたいと思います。
南無阿弥陀仏
プロフィール

淳心房&しゃあ

Author:淳心房&しゃあ
(淳心房)
平成21年10月に親鸞会を退会し、「親鸞聖人の正しい教えを真偽検証する」ということで、専らコメンテーターとしてやってきました(^^)v
しかし、ようやく自分の中での真偽検証は終了したので、名前も改め、淳心房と名乗ります♪
ただし「真偽検証」は今まで馴れ親しんだ名前ですし、親鸞会教義が親鸞聖人の正しい教えなのかどうなのか、一人一人が真偽を検証して頂きたいと思い、ブログのタイトルとして残しました。
一人でも見て下さる方があれば幸いです☆


(しゃあ)
平成21年8月に親鸞会を退会しました。淳心房さんと共同でブログを書いています。何かありましたらメール下さい~
singikensho@yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を大文字にしてあります。メール送信時は小文字に変えて下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード